| ホーム | 「こ れ論」出版後の進行状況(要は日記です)|
| これから論文を書く若者のためのお経集 | 書籍版 「これから論文を書く若者のために」|
|これからレポート・卒論を書く若者のために |こ れから学会発表する若者のために:ポスターと口頭のプレゼン技術|
|これから研究を始める高校生と指導教員のために|100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに|
| 発表用資料 | リ ンク | 著書 | 自己紹介 | その他 | 陸 女寿司 |

「これ論」出版後の 進行状況

2005.10.20 から数え直し

論文の書き方・プレゼ ンの仕方に関する出張講義を承ります。お気軽にお声がけ下さい(私のアドレス;sakaiあっと tohoku.ac.jp)。こんな日記を書いている人なので大丈夫かと思われるかもしれませんが、かなり良い講義をすると自分では 思っています。

これから学会発表する若者のために
ポスターと口頭のプレゼン技術
第2版

 出来のお知らせ

2018年7月15日刊行
本体2700円 (税込 2970円)

本書初版が出版されてから9年半が経ちました。その間も私は、わかりやすいプレゼン技術をずっと 追求してきました。発表内容の練り方に関しても思考を続けてきました。そして、この9年半に得たものをすべて注ぎ込み、第2版を完成させ ました。説明の仕方も大きく変えましたた。各章の冒頭に要点をおき、重要なことがすぐにわかるようにしました。ポスター・スライドの良い 例と悪い例を対にして出し、良い点と悪い点が明確になるようにもしました。わかりやすさという点でも大きく進歩したと思います。
 本書は、学会発表の仕方に関する私の到達点と言えるもので、単なる第2版というより、究極の大改訂版と思っています。本書を読めば、学 会発表の仕方のすべてを理解できると確信しています。

日記へのリンクの仕方
20YY 年 M 月 D 日の日記へのリンクは、 http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/YY-M.html#D でお願いします。
2010 年 3 月 15 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/10-3.html#15
2009 年 11 月 2 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/9-11.html#2



若手研究者のお経
2022 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7
2021 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2020 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2019 年 1, 2, 3, 4 ,5 ,6 ,7 ,8 ,9 ,10 ,11 ,12
2018 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2017 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2016 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2015 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2014 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2013 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2012 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2011 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2010 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2009 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2008 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2007 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2006 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2005 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2004 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2003 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2002 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2001 年 11, 12
これから論文 を書く若者のために 究極の大改訂版

ア マゾンで買う
これ か ら学会発表する若者のために:ポスターと口頭の プレゼ ン技術

ア マゾンで買う
これか らレポート・卒論を書く若者のために

ア マゾンで買う
こ れから研究を始める高校生と指導教員のため に:研究の進め方・論文の書き方・口頭とポスター発表の仕方

ア マゾンで買う
100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに

ア マゾンで買う
生き物の進化ゲー ム〜進化生態学最前線: 生物の 不思議を解く〜 大改訂版

ア マゾンで買う

7/1(金) の進歩 明日は町田戦
ベガルタ仙台は明日、FC町田ゼルビアと敵地で闘う(18時試合開始)。ここ4試合勝ちがない我がクラブである。敵地といえど必ずや勝利して久し ぶりの歓喜を味わおう。
 河北新報の記事に なっていたけれど、今季の我がクラブはGKが定まっていない。去年の正GKスウォビィクが移籍し、その後を埋める絶対的存在が出て来ていない。小 畑・杉本・ストイシッチの3人が団子の争いという状況だ。GKは守備の要であり攻撃の起点でもある。3人の成長を期待しよう。そうすれば勝利もつ いてくるであろう。

論文が戻って来た。レフリーは二人とも好印象のようだ。頑張って、必ず通そうね!
この日記の良いところは、自分の過去の行動を知ることができることだ。あれを行ったのはいつだっけ? そういえばそんなこともあったな? こうしたことを、過去記事を検索して確認する。のであるが。検索がどうも万全ではない。自分のMac内での検索は論外。ほとんど引っかからない か、関係のないものが山ほど出て来て、目当てを探し出すのが大変である。Googleはずっとましではある。しかし完全ではない。やはり、目当て のものが出て来ない。たとえば、「"和食ゼミ" "出版後の進行状況"」で検索しても何も出て来ないのはなぜなの? 2015年11月の進歩に書いてあるのだけれど。いらいらする。
 これってもしかして、Googleで普段行っている検索も、実は多くのものを落としているということなのか?

生物学科三年生向けの再来週の講義の準備をした。頑張った甲斐あって完了した。すかさず、その次の週の講義の準備も始めてしまった。
 かたや、Mathematicaの本格お試し計算も続けている。

6/30(木) の進歩 梅雨が明けた
東北南部の梅雨が明けた。6月に明けたのは初めてだそうである。宮城の梅雨はわずか2週間しかなかった。しかも、梅雨らしい日々はもっと短かっ た。これも、地球温暖化に伴う異常気象の一環なのだろうか。
 これからが恐ろしい。6月というのにはや猛暑である。こんな猛暑がずっと続くのか。水不足も心配だ。宮城の梅雨の雨量は平年の2割だったそう だ。取水制限にならないことを祈るしかない。

研究セミナーをした。このところずっと行ってきたMathematicaシミュレーションの研究の途中経過である。けっこう良い感じの結 果が出ているので、それを紹介した。ご清聴ありがとうございました。
生物学科三年生向けの再来週の講義の準備をした。生活史戦略の進化というお題である。去年は20分も余ってしまった。なので今年はもっと 内 容を増やす。昨日に新論文を集めておいたので、今日はまずそれらに目を通した。面白そうな論文がいくつかあった。そして、それらを紹介するスライ ドを作っていった。残りは明日以降に。
うーむ、不景気な三文字が。なぜだ? 絶対に通ると思っていたのに。
6/29(水) の進歩 時間を無駄にしている
パソコンのキーボードの入力を始めてもう何十年か。いっこうに上手くならない。そりゃ、手元を見ずに入力することは出来る。しかし打ち間違いが多 い。そのため、画面を見て確認しながら打たないといけない。手元も画面も見ずに打ったら間違いだらけの文章になってしまう。でもって、画面を見て いると、いかに打ち間違いが多いのかを知る。そのたびに打ち直しである。入力時間の1/5くらいは打ち直しをしている気がする。これって、かなり の時間の無駄ではあるまいか。間違い無しの入力と比べると、ウサギとカメほどではないがかなりの差がつく気がする。

試しにこの行は手元も画面も見ずにうったものである。記録のためにそのまま残しておく。

と試してみたら間違いがないことに気づき(「うった」が平仮名なのはやむなしである)、この話をどこに持っていくのかちょっと困っている。ともか くも、キーボードの入力技術をもっと高めたいと思った。

生物学科三年生向けの講義をした。植物と動物の共進化というお題であった。湿気と暑さで今にも倒れるのではないかと思いなが始めたけれ ど、いつも通りにちゃんとやり終えた。私は、プレゼンとなると人格が変わるのだけれど(始めると急にスイッチが入る)、体力面も変わるみたいで あった。
数理モデル三人組と研究相談をした。皆、解析結果をまとめる段階に入ってきている。自分が面白いと思う部分を掘り下げていこう!
Matheamticaのお試し計算を終えた。いよいよ次は本格的なお試し計算に入る。っ て、なんだそれ。
6/28(火) の進歩 疲れる
もはや完全に夏になってしまった。仙台でも、最高気温は連日30度を超えている。そして何より、あの嫌な湿気が出て来てしまった。高温多湿の日本 の夏到来である。この湿気のせいでじわじわと体力が奪われていく。朝7時過ぎから研究室のパソコンに向かっているのだけれど、14時位には体力も 気力も喪失してしまった。一日がとても長い。こんな調子では、この夏を越せるのかと危ぶんでしまう。
 仙台は冷害の地。5月の暖かな陽気を終えて梅雨に入ると、ひたすら寒い日が続くものであった。6月以降はどんどんと気温が低下するといっても過 言ではなかった。しかし今年はそんなの皆無だ。5月に寒くなった時期はあったけれど、6月中旬以降ははひたすら暑い。梅雨の肌寒さはどこへいっ た?

そんな中、生物学科三年生向けの来週の講義の準備をした。昨日に引き続き、新しい論文の紹介を加えていった。スライドが多くなり時間内に 収まらない気がしてきたので、さして面白く無さそうな話題を1つ削った。スライドを削るなんて、コロナによりスライドのみの講義に移行してから初 めてではないか。コロナ前は、スライドと板書併用の講義をしていたのだ。スライドのみにしてみると随分と時間が余ってしまった。そのためスライド 膨張の一途であった。ここに来てついにバブル崩壊か?
明後日の研究セミナーの準備もした。最後の計算をやらせたところ、パラメータ値を0.7にすべきところを0.5にしていた。このパラメー タ、0.7のままでずっと行ってきたものである。だからこれまでの再計算では、このパラメータ値に触ることがなかった。なのになんでわざわざ変更 したのか、自分でも謎である。
6/27(月) の進歩 植物探しの旅
学生と一緒に植物探しの旅に出た。まずは、秋保大滝植物園へ。事前に電話確認をしたところ、その植物を下さるとのことであった。到着して入り口に いた方にお話しをした。そうしたら、すぐ目の前の植物を指し示して下さった。なんと、ほとんど一歩も歩かずに見つかるとは嬉しい。これまでの植物 探しの旅とは大違いであった。ついで他の場所にも探しに行った。しかしここからはこれまで通りの旅となった。見つからない。ひたすらに下を向いて 歩く。なんとか1個体だけ発見して研究室に戻った。
生物学科三年生向けの来週の講義の準備をした。食害への対抗戦略の話をする。面白い新論文がたくさん見つかり、さてどれを紹介するかと悩 んでしまう。とりあえず二つ選んで紹介スライドを作った。もう1-2本付け加えてもよいかも。
Mathematicaお試し計算が続く。自宅でもやっているのだけれど、Macが止まっておじゃんになっていた。???。そういえば夜 中に雷が激しく鳴った。もしかして停電したのか?