つき
| ホーム | 「こ れ論」出版後の進行状況(要は日記です)|
| これから論文を書く若者のためのお経集 | 書籍版 「これから論文を書く若者のために」|
|これからレポート・卒論を書く若者のために |こ れから学会発表する若者のために:ポスターと口頭のプレゼン技術|
|これから研究を始める高校生と指導教員のために|100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに|
| 発表用資料 | リ ンク | 著書 | 自己紹介 | その他 | 陸 女寿司 |

「これ論」出版後の 進行状況

2005.10.20 から数え直し

論文の書き方・プレゼ ンの仕方に関する出張講義を承ります。お気軽にお声がけ下さい(私のアドレス;sakaiあっと tohoku.ac.jp)。こんな日記を書いている人なので大丈夫かと思われるかもしれませんが、かなり良い講義をすると自分では 思っています。

これから学会発表する若者のために
ポスターと口頭のプレゼン技術
第2版

 出来のお知らせ

2018年7月15日刊行
本体2700円 (税込 2916円)

本書初版が出版されてから9年半が経ちました。その間も私は、わかりやすいプレゼン技術をずっと 追求してきました。発表内容の練り方に関しても思考を続けてきました。そして、この9年半に得たものをすべて注ぎ込み、第2版を完成させ ました。説明の仕方も大きく変えましたた。各章の冒頭に要点をおき、重要なことがすぐにわかるようにしました。ポスター・スライドの良い 例と悪い例を対にして出し、良い点と悪い点が明確になるようにもしました。わかりやすさという点でも大きく進歩したと思います。
 本書は、学会発表の仕方に関する私の到達点と言えるもので、単なる第2版というより、究極の大改訂版と思っています。本書を読めば、学 会発表の仕方のすべてを理解できると確信しています。

日記へのリンクの仕方
20YY 年 M 月 D 日の日記へのリンクは、 http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/YY-M.html#D でお願いします。
2010 年 3 月 15 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/10-3.html#15
2009 年 11 月 2 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/9-11.html#2



若手研究者のお経
2019 年 1, 2, 3 , 4 ,5 ,6 ,7 ,8 ,9 ,10
2018 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2017 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2016 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2015 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2014 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2013 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2012 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2011 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2010 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2009 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2008 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2007 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2006 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2005 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2004 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2003 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2002 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2001 年 11, 12
これから論文 を書く若者のために 究極の大改訂版

ア マゾンで買う
これ か ら学会発表する若者のために:ポスターと口頭の プレゼ ン技術

ア マゾンで買う
これか らレポート・卒論を書く若者のために

ア マゾンで買う
こ れから研究を始める高校生と指導教員のため に:研究の進め方・論文の書き方・口頭とポスター発表の仕方

ア マゾンで買う
100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに

ア マゾンで買う
生き物の進化ゲー ム〜進化生態学最前線: 生物の 不思議を解く〜 大改訂版

ア マゾンで買う

10/17(木) の進歩 横浜へ
明日、パシフィコ横浜で行われている日本整形外科学会基礎学術集会において論文の書き方の講演を行う。そのため今日から横浜へ。
 夜は、横浜近辺の酒井研出身者と会食をする。Kちゃんに声を掛けたら、何人かに呼びかけてくれたのだ。平日なので、横浜近辺の人だけである。で も、私を含めて5人が来てくれる。楽しみだな。
 戻るのは18日である。次回更新はいつのことか。

今朝も泉ヶ岳へ。もう終盤だ。あと三花を残すのみ。
論文セミナーがあった。面白い植物だ。お疲れ様。
Mathematica解析 ……… の前に、紙に書いて考えてみた。じっくり思考したら、わかってきた気がする。そうか、やはり私が正しい。こうやって考えたことを、Mathematica の数値計算で確認してみよう。

10/16(水) の進歩 ねじ伏せた
昨夜、ワールドカップ2次予選の第3戦があった。日本代表3-0タジギスタン代表。前半は、相手の勢いに吃驚する展開となった。GK権田と1対1 でシュートを打たれたりと、心臓に悪い時間が続いた。しかし後半になって地力の違いが出た。新エース南野の2得点もあり、タジギスタンをねじ伏せ た。一番難しいと思われていた試合を勝利することができた。これで予選3連勝。次は、久保をもっと長い時間みたい。後半の最後の方に出て来て魅了 しちゃうのだから、楽しみったらありゃしない。
今日も泉ヶ岳へ。まさに秋の空。今年ずっと通ってきたけれど、今までで一番美しい泉ヶ岳だった。紅葉が進むともっと美しくなるだろう。し かし、その時期まで調査を続けることにはなりたくない。今週中には一段落着いて欲しい。
心を込めて書いた。上手くいくことを祈る!
来週の24日に我が家で、新卒研生の歓迎会を行う。本日、その献立会議を開いた。ほとんど関係ない話であると思うが、ここにお品書きを書 いておく。

秋刀魚塩焼き <-- 品薄が心配
干し柿の天ぷら <-- テレビで見たらしい
薩摩芋の天ぷら <-- 天ぷらというより薩摩芋を頂きたいとのこと
舞茸の天ぷら <-- 天ぷらをするのだから
茄子の天ぷら <-- 同上
焼き鳥 <-- 食材「鶏」という希望から
豪華刺身 <-- 魚の下ろし方の講習付き
アップルパイ <-- リンゴが恋しい
その他2-3品 <-- 私が作る。価格と私の高揚度しだいだけど、松茸の登場もあるかも!


10/15(火) の進歩 祝アクセプト!
ふーちゃん論文がAnnals of Botanyにアクセプトされた。

Furukawa, T., Itagaki, T., Murakoshi, N., and Sakai, S. Inherited dimorphism in cleistogamous flower production in Portulaca oleracea: comparison of 16 populations growing under different environmental conditions. Annals of Botany in press.

スベリヒユにおいて、開放花のみを付けるタイプと閉鎖花のみを付けるタイプが遺伝的に分化していることを示したものだ。これまで知られている閉鎖 花植物は、同一個体が、開放花・閉鎖花の両方を付ける。これに対して、どちらかのみを付けるタイプに分化している種が存在することを示した。新発 見である。
 ふーちゃんら皆の努力が実った。おめでとう、おめでとう!

理薬キャンパスへ向かう道は今日も通行止めになっている。そのため皆、工学部の方へ迂回している。朝、研究室に来たときはすんなりと通ることが出 来たのだが。9時過ぎに、泉ヶ岳へと向かって出発した。工学部の方の道路を、通勤の車とは逆方向に走ることになる。見ると渋滞が出来ていた。どこ までも出来ている。なんと、青葉山を下りきって、川内キャンパスの所まで渋滞していた。なんと。こんなのを見るのは初めてである。昨日まで休日 だったので、道路が通行止めになっていることを知らない人がほとんどであろう。いったい何が起きたのかと思っているだろうね。

ハチ小屋作りの締めにかかった。まずは、足りない部品を買いにダイシンに行った。在庫全部を買い占めてしまった。戻ってDIY。始めた瞬 間、部品がまだ足りないことに気づいた。されど、在庫を全部買ってきていた。とりあえず、ある部品だけで済まそう。というわけで一応完成した。次 はお花ね。
Mathematia解析を再開した。行き着くのは結局、どうやって解析するのかである。たぶん、正解もなければ模範もない。えいやとや るしかないだろう。
10/14(月)  大学への道路が一部通行止め
今日は泉ヶ岳に調査に行く。Sちゃんと合流するため研究室に向かった。途中、仙山線の踏切を通った。終日運休のはずである。踏切横の線路にトラッ クが入っていて、何かの作業をしていた。青葉山を登る道路に入った。理薬キャンパス(研究室がある所)と工学キャンパスとの二叉路に出た。ところ がなんと、理薬キャンパスに向かう道が通行止めになっていた。この先に橋がある。もしや橋が崩れた? いや、それはないだろう。倒木か土砂崩れか? やむなく、工学部への方に向かい、迂回して反対側から入ることにした。問題は、どの範囲までが通行止めになっているかである。キャンパス入り口も通行止め の範囲内だったら中に入ることができない。心配しつつ向かったところ、キャンパス入り口のちょっと先から通行止めになっていた。キャンパスに入る ことはできた。しかしこの通行止め、いつまで続く?

泉ヶ岳へと向かった。調査地がどうなっているのか心配だった。小川が流れているところだし。着いてみると、水没の形跡は無かった。され ど、風は強かったようである。看板の掛かった木が傾いていた。確か、真っ直ぐに立っていたはずだ。枝葉もたくさん落ちていた。思ったほどではな かったので安心はした。
今日は、ベガルタ仙台レディース対AC長野パルセイロレディースの試合が長野で行われる予定だった。しかし、台風の影響で順延となった。 長野はかなりの被害を受けてしまったから。代替日はいつになるのか?残留を争う大切な試合なので、応援に行ける日に開催して欲しいな。
10/13(日)  目覚めたら
目覚めたら、カーテン越しに明かりが差し込んでいた。晴れている。寝ているうちに台風が通過したようだ。庭を見てみると、昨日までと変わらない風 景だった。風でやられている木が枝があるかもと思っていた。被害無し。しかし、テレビをつけてみると凄いことになっていた。堤防が決壊し水没して しまった地域がある。宮城県の丸森町も。建物の半分近い高さまで水に浸かっているのを見て呆然とした。鉄道も止まり、高速道路も通行止めになって いる。テレビは、ほとんど一日中、その被害のすさまじさを伝えていた。心より、お見舞い申し上げます。

実は今日は、恒例の芋煮会の予定であった。しかし、交通が遮断されているので来仙不可。中止となった。また来年。
快晴。台風一過という言葉を遣う気にはなれないが、状況はそれである。雲一つない青い空。夜になると満月があがった。美しかった。庭の テーブルで、月を見ながら晩酌をした。ずーっと見つめてしまった。
10/12(土) 台風19号
日本列島を、すさまじい大きさの台風が直撃しようとしている。かつて大災害をもたらした狩野川台風に匹敵するとか。おびえつつ朝を迎えた。仙台 は、雨は降っているもののさほどの降りではない。まだ上陸していないようだ。午後になって段々と雨足が強くなってきた。テレビは、台風の状況を 刻々と伝えていた。東海に上陸するらしい。関東も直撃のようだ。夜になるとかなりの雨になった。風もそれなりに。携帯に、仙台市からの警戒警報が 4回ほど来た。七北田川上流域に避難指示が出ている。我が家から、近くはないがそんなに遠くでもない所だ。テレビでも、仙台市に避難指示が出てい ることになっていて、自分も対象なのかとちょっと悩んだ。夜中には猛烈な雨となった。あんを、トイレのために外に出したところ、傘をさしているの にかなり濡れてしまった。不安なまま就寝。

10/11(金) の進歩 組み立て
室内実験のため、ハチ小屋を作ることになった。友蔵が送ってくれたTさん論文を参考にして、というよりそのままの再現を目指す。というわけで、C ちゃんと一緒にダイシンに行った。レジに、ベガルタ仙台レディースのMF佐藤 瑞夏選手とFW白木 星がいた。なんといきなり遭遇。しかし、資材探しをほっていきなりレジに歩いて行くのは指導教員としてまずい。ぐっとこらえて売り場へと歩いて行った。最 初はユニット家具売り場に行った。しかしこれは違う。別の場所を探したら、Tさんらがまさに使ったものが置いてあった。その場で設計図を作り、必 要な部品を必要なだけ籠に入れていった。しかしこういうの、ぴったり正しく買う自信がまったくない。何度も確かめながら揃えた。帰り際に、瑞夏選 手に挨拶できた!
 研究室に戻り、皆が総出で組み立てをした。するとやはり、必要な部品が足りないことが判明した。そのかわり、謎の部品が出て来た。???。おそ らく、売り場のケースに混入していたのだと思う。週明けに買い足さないといけない。でもとりあえず、ある部品で組み立ててみた。おお、立派。これ ならばいけそうだ。実験を頑張ろう。
 友蔵・Tさん、どうもありがとう。二人の力がなければ、ゼロから試行錯誤するところだった。10くらいからの試行錯誤ですみそうだ。おおいに助 かる。

書類にコメント。頑張ってね。
Mathematica解析。明かりが見えてきた、気がする、ことにする。
10/10(木) の進歩 今夜はモンゴル戦
日本代表は今夜、ホームでモンゴル代表と戦う(19:35試合開始)。ワールドカップ2次予選の第2戦である。格下の相手に確実に勝利し勢いに乗 ろう!

午前中は泉ヶ岳に行った。晴れ渡った秋空が気持ち良かった。調査も終盤、果実が実ってきた。
論文セミナーがあった。我が一番弟子の論文を紹介してくれた。良い研究だね。お疲れ様。
 その後、三年生二人と卒研のテーマのお話をした。第1回目のお話である。大まかな方向性を話した。関連文献を探して頂戴ね。

椅子を5脚新調した。段ボールで届き、組み立ては自分たちで行う。5脚なのに段ボール6個なのでいきなり悩んだ。段ボール1つは袖がまと めて入ったものであった。組み立てを開始。部品が意外と多い。完成品と見ると、思ったよりも普通であった。座り心地も思ったより普通だった。とり あえず、壊れている椅子3つと交換した。残りの2つは、交換を希望する学生に使って貰うつもりだった。しかし希望者なし。確かに、今使っている椅 子の方が座り心地が良さそうだ。うーむ、失敗したかも。
Mathematicaのプログラムを修正した。実行したところぴったりな結果が出た。ただし、期待ぴったりではない。二つの数値がなぜ かぴったり一緒になったのだ。これは望む結果にあらず。明日検討しよう。
10/9(水) の進歩 秋空
ようやくにして秋らしくなった。雲一つない真っ青な空が広がっている。湿度の低い大陸性高気圧だ。気温も低く涼しい。これが日本の秋。もっと早く こうなってよ。

午後は、四人で青葉山治山の森に行った。今日明日で調査完了にしたい。されど、思ったよりも時間がかかった。夕刻に研究室に戻った。明日 も頑張ってね。<-- 私は明日は泉ヶ岳へ。

Matuematica解析。とりあえず、別の仮定の元で試してみることにした。そのためには、プログラムを少しだけ書き変える必要があ る。慎重に修正した。新プログラムで実行してみると、やった、期待している結果が出た。これはよい。<<ここで、別の作業のために1 時間経過>>プログラムを改めて確認したところ、間違いがあることに気づいた。修正して再実行したところ、望まぬ結果になってしまっ た。ああ、もう。幸せだった1時間が消え去った。改めて考えたら、この仮定ではこの結果が出るのが当たり前だと気づいた。プログラムを再修正する 必要がある。ここで本日は終了。
10/8(火) の進歩 台風13号が
台風13号が近づいている。予報では、列島を直撃しそうだ。13日に東日本へ。心配なり。
 この日、芋煮を予定している。楽しみにしているのに。河原が水没していたらどうしよう。いや、そもそも、台風が来ているのなら外での芋煮は中止 だろうが。研究室でやるか。

久しぶりに泉ヶ岳へ。もう花期が終わり ……… という雰囲気がまったく醸し出されていない。いつまで咲き続けるのか。かなり発達した果実と蕾が混在する姿を見て、時の流れを感じる。もう終わりを迎えよ うとしている者とこれから生まれる者。なんで、開花状態を見て黄昏れないといけないのか。

Matuematica解析用のファイル。"[5]"であるべきものが"[1]"になっていることに気づいた。しかも、この間違いが多数 ある。これではめちゃくちゃな計算結果になる。期待した結果がでない原因はこれか。慎重に修正して間違いをなくした。再実行すると、やはり期待通 りにいかなかった。とっても意地悪だと思う。
10/7(月) の進歩 わたしがナナ
驚きの報せが届いた。ベガルタ仙台レディースのDF市瀬 菜々選手を主人公とする4コマ漫画が始まるそうだ(「わたしがナナ」)。 描くのはなんと、大ヒット作「ぼのぼの」で知られるいがらし みきお先生である。ぼのぼのの、微妙にして絶妙な笑いにはまったものだ。いがらし先生が仙台在住とは知らなかった。ベガルタ仙台サポであることも知らな かった。「創立25周年を迎えて、チャレンジを続けるベガルタ仙台は、熱心なサッカーファン、ベガルタ仙台を応援するまんが家 いがらしみきお先生のもとへ、コラボレーションできることはないかと相談に伺いました」とのことである。連載が楽しみだ。
 私だって、拙著を通してベガルタ仙台をさんざん宣伝しているのに、こういう話はまったく来ない。ちぇっ、ちぇっ、ちぇっ、ちぇっ。

論文を英文校閲に出した。よろしくお願いします。
Mathematica解析。とりあえず、出来る方法でやってみた。ますます、茨の道にはまった。

10/6(日) の進歩 なでしこ躍動
ワールドカップでの涙から3ヶ月半が経った。東京五輪に向けて、なでしこが新たな一歩を踏み出した。なでしこ 4-0 カナダ女子代表。連動した攻撃がすごかった。見ていて、ほんに楽しかった。これからがますます楽しみになった。

うー、疲れが抜けない。毎週毎週、月曜日の朝からどんよりと疲れている。休みならいくらあっても良いという勢いだ。これではいけないと、 今日は何もしないことにした。買い物にも出ないつもりであった。しかし、ヨーグルトを切らしていたので、薬王堂まで行くことになった。それ以外 は、テレビを見たり、ちょこちょこと料理をしたりして過ごした。でも、英気を養うという感じではなかった。この疲れは、完全に気持ちの問題。

夕刻、栗ご飯を炊いた。今宵は晩酌をするので、少しだけ試食。美味しかった。明日以降、本格的に頂くことにする。

10/5(土) の進歩 苦杯
ベガルタ仙台 0-1 松本山雅FC。下位に負けている場合か。
 自宅で昼食を摂ってからユアテックスタジアム仙台へ。いつも通りに牛タン定食を頂かなかったのが敗因か。
 試合が始まった。開始2分、「あれっ?」という感じで弾丸シュートを決められてしまった。何が起きたのかよくわからなかった。気を取り直してい こう。その後は仙台が攻め立てる展開となった。松本は、5-3-2で自陣にブロックを形成。仙台は、サイド攻撃を中心に切り崩そうとする。しか し、松本ゴール前に送るクロスを跳ね返されるばかりであった。コーナーキックをGKに直接捕られることも多かった。どうも工夫がない。そして時間 がどんどん過ぎていった。結局、最後まで崩しきることができなかった。残留を争う相手に完敗。
 勝って突き放さないといけなかったのに。非常に痛い敗戦だ。14位に落ち、入れ替え戦圏の16位との勝ち点差は1である。これからは連勝あるの み。

この週末は秋の味を楽しむ。まずはイクラ。昨日に朝市ではらこを買ってきた。ばらして醤油漬けに。美味なり。ついで栗ご飯を頂く予定であ る。栗を頂戴したのだ。包丁で剝くのは大変という印象があるので、栗向き専用の鋏を買ってしまった。使ってみたところ、ちゃんと剥けた。ただし、 包丁に比べてどれくらい楽なのかはわからない。実をいうと、栗を剝いたことがほとんどないので。渋皮を完全に取ろうとすると実も剝いてしまうこと に葛藤しながら剝いていった。栗ご飯を炊くのは明日の予定。
10/4(金) の進歩 明日は松本戦
ベガルタ仙台は明日、ユアテックスタジアム仙台に松本山雅FCを迎え撃つ(14時試合開始)。残留を争う相手との直接対決である。必勝あるのみ!
 試合後の17時から、クラブ創設25年を記念して、OB選手とユースチームとの試合が行われる。歴代の戦士達が戻ってくるらしい。懐かしい。し かし、ユースにこてんぱにされる気がする。

論文にコメントした。面白い。きっといけるであろう。修正して、英文校閲に出そう。
Mathematica解析。間違いを直すため、新たな計算をしないといけない。しかしこの新たな計算、やりたくないと避けていたもの だ。どうやれば良いのか、極めて難解なのだ。本日、思い切って挑み始めた。思った通り難解だ。道が見えない。
10/3(木) の進歩 談話会
月初めの談話会があった。新学期最初の談話会である。新卒研生も初参加だ。おかげで、とてもフレッシュな談話会となった。今月も頑張っていこう!
久しぶりに泉ヶ岳へ。花期が最盛期を迎えていた。綺麗なり。そんな中、作業を進めていった。場所によって花色の濃さに違いがあるんだね。
論文が来た。さっそく読み始めた。明日には返すからね。
10/2(水) の進歩 久しぶりにサイン
今日の夕刻、東北大学医学部において論文の書き方の講演を行った。出席者は60人ほど。序論の書き方とタイトルの付け方を解説した。
 終了後、K先生という方がご挨拶下さった。初版の頃からこれ論を読んで下さっているという。ありがとうございます。そして、ご持参の究極の大改 訂版にサインをさせて頂いた。私の記憶では、究極の大改訂版にサインをするのは2冊目である。前の版の時には、講演のたびに何冊かにサインをして いたのであるが。久しぶりにサインをさせて頂き嬉しかった。
 講演会ご担当のO先生、お世話になりました。お声がけ下されば、また喜んで伺います。

新三年生二人に、Web of Scienceを用いた文献検索の仕方とEnd Noteを用いた文献管理の仕方の講習を行った。文献を探して管理することは研究生活において極めて重要である。しっかりと身に付けて頂戴ね。
 その後、四人で青葉山治山の森に調査に行った。相変わらず暑い。もう10月というのに27度? 植物の調子がおかしくなるのではないか。そんな心配をしつつ、調査は終盤に入っていく。
シミュレーション論文を投稿したので、解析的な方を再開した。期待した結果が出ずに困っていたのであるが、久しぶりに見てみて気づいた。 とんでもない勘違いをしていた。おかしな結果が出るわけだ。修正しないといけない。でも、どう修正するのか。それが難しそう。
10/1(火) の進歩 やはり挑戦!
Mathematicaシミュレーション論文。やはり挑戦することにした。そうだ挑戦だ。姉妹誌のオンラインジャーナルへ乗り換えることを奨めら れ、なんとなくその気になっていけれど、我を思い出して奮い立った。この論文には、もっとふさわしい雑誌がある。あくまでも上を目指す。高揚しつ つ投稿した。今度こそ上手くいきますように。

一コマ目に留学生相手の講義。今年の学生は真面目で吃驚した。

今日は、午後から仙台一高に行く。そのため、一緒に調査に行くことができない。かといって、車でないと行くのが大変だ。タクシーで行って 貰うかと真剣に話したのであるが、送りは出来ることに気づいた。というわけで調査地入り口まで車で送った。調査頑張ってね。お迎えにはI君が来て くれる予定。
仙台一高で、研究発表の仕方の講演を行った。全二年生300人を対象とした講義である。序論の書き方・タイトルの付け方・ポスター発表の プレゼン技術の話などをした。発表会頑張ってね。
 担当のI先生、お世話になりました。次回の一年生向けの講演も頑張ります。

9/30(月) の進歩 多部ロス
このところはまっていたドラマ「これは経費で落ちません」が終わってしまった。多部 未華子さん演じる森若をとても気に入っていたのであるが。あの表情が特にすごかった。もう会えないとは。続編を期待したい。
 こういう場合、「森若ロス」と言うのが普通であろう。「多部ロス」では、多部 未華子さんにもう会えないみたいである。しかしもちろん、これからもいくらでも彼女の演技を見ることができるはずだ。しかし、森若を演じる多部さ んを見る ことはできない。なんか、「多部ロス」の方がしっくりくる。

今日は二人で青葉山治山の森へ。花期が終わりに近づいている。今週いっぱいくらいか。
Mathematicaシミュレーション論文を返送するために、レフリーへの反論を考えている。コメントを改めてじっくりと読んだのだが ………。こうした理不尽なコメントをするのは、要するに、自分の論文を守りたいからだろう。新しい説が出て自分のがかすれるのは困る。だから無理 矢理否定しようとしている。そうとしか思えない。
 この論文、推薦された姉妹誌に返送しようとなんとなく思っていた。しかしここに来て、他の雑誌に出すのもいいかと思って来た。もっと良い雑誌は ある。挑戦すべきでは。かたや、もう疲れ果てたという気持ちも否定できない。さっさと通してしまいたい。どうしよう。

9/29(日) の進歩 いいのかなと思ってしまう
来月から消費税が10%に上がる。ただし、軽減税率が適用され、8%のままの品目もある。食品などがそうだ。でも、店で飲食する場合は10%であ る。
 朝市の行きつけの八百屋さんで、ここの品は全部8%なのか確認した。ほとんどがそうだという。「松茸も?」と訊くと、「はい、そうです」とのこ とであった。よかった。このところの贅沢な楽しみが、松茸のお吸い物や炭火焼きを頂くことなのだ。3週連続で、この店で松茸を買っている。香りと 味が堪らない。
 しかし ………、松茸を買って帰ってお吸い物や炭火焼きにしたら8%で、吉野屋とかで牛丼を食べたら10%というのは、それでよいのだろうかと思わないではない。

ベガルタ仙台レディース2-2ジェフユナイテッド市原・千葉レディース。逆転したのに終了間際に追いつかれてしまった。残念。しかし、勝 ち点1を取ったことをよしとしよう。
 残留を争う他クラブの結果も気になる。最下位10位の日体大FIELDS横浜は昨日引き分けた。9位の我がクラブとは、勝ち点差2のままであ る。8位のAC長野パルセイロレディースは、INAC神戸レオネッサと本日闘う。途中経過を見たら「長野1-0神戸」で吃驚した。しかし逆転負 け。長野との勝ち点差が2に縮まった。
 次節は、長野との直接対決である。必ずや勝利して8位に上がろう。

9/28(土) の進歩 瑞兆
今日は午後から、青葉山治山の森に行く。でも、出来るだけ早く研究室に出ようと思った。昨晩、Fちゃん論文の英文校閲が戻って来ており、それをダ ウンロードしてFちゃんに送りたいのだ。研究室に出ないとパスワードがわからない。というわけで、9時くらいには研究室に出た。そして、英文校閲 されたファイルをFちゃんに送った。確認して返送しようね。
 今日の調査には新卒研生も来てくれる。そして気づいた。土日祝は、研究棟入り口の鍵が閉まっている。解錠のためのパスワードを教えてあげない と。LINEで送ったら、その5分後くらいに研究室にやって来た。中に入れなくて困っていたところに私から連絡が来たのだという。何というタイミ ング。やや強引かもしれないが、恵まれた研究室生活になる予兆と思う。
 午後から三人で、青葉山治山の森へ。車中で、蚊よけのネット(頭からすっぽり被る)の話が出た。ワークマンで売っているそうだ。ならば後で買い に行こう。快調に調査を済ませ、西多賀のワークマンに行った。確かに置いてあった。これは良さそうだということで購入。明日からさっそく使おう。

ベガルタ仙台1-1横浜Fマリノス。激戦だった。
 帰宅後、しばし休憩をした。そして17時前に、ユアテックスタジアム仙台へと向かった。
 試合が始まった。立ち上がりから、横浜の鋭い攻撃を凌ぐ展開となった。横浜は、パススピードも選手の動きも速い。まさに華麗なる攻撃だった。そ れに対して仙台は、自陣でブロックを作って守っていた。しかし前半21分、走り込んできた横浜DF松原を抑えることができず先制を許してしまっ た。その後も、攻める横浜、守る仙台という展開が続いた。後半30分くらいになると、横浜の足が止まりだした。それからは、仙台が一方的に猛攻を 仕掛けるようになった。そして後半44分、DF永戸が流し込んで追いついた。そしてそのまま試合終了。白熱の攻防は、1-1の痛み分けとなった。
 暫定ながら11位に上がった。これからも勝ち点を積み上げていこう。

9/27(金) の進歩 っちs
新卒研生の二人が揃って登場した。改めて、酒井研へようこそ。共に頑張って、素晴らしい研究室生活にしよう!
 呼び名も正式決定した。Mさんの方は「Mちゃん」で決まっていたはずであった。ところがそこへ「Mっち」が提案された。本人の希望により「Mっ ち」になった。かたやN君は、候補多数の中で本人がどれを選ぶのか注目されていた。私は昨日くらいから、暫定で「Nっち」と呼んでいた。そして本 日、本人も「Nっち」を選択。なんと、「っちs」が誕生した。「っ○ーs」(○にい行が入る)以来の結成である。輝かしき名前で素晴らしき研究 を!
 というわけで、四人でさっそく青葉山治山の森へ。山の蚊のすごみを体験して貰った。

ベガルタ仙台は明日、ユアテックスタジアム仙台に横浜Fマリノスを迎え撃つ(19時試合開始)。残留争いの主役級になっている我がクラブ である。端役にならなくてはいけない。強敵なれど必ずや勝利しよう。
 ベガルタ仙台レディースは明後日、ユアテックスタジアム仙台にジェフユナイテッド市原・千葉レディースを迎え撃つ(13時試合開始)。レディー スの方は、残留争いの主役といってよい。こちらも必ずや勝利し、さっさと主役を降ろされるようにしよう。

Mathematicaシミュレーション論文の改訂を続けた。頭を使わなくてすむ改訂から進めていった。かなり面倒くさい作業である。間 違えぬように注意力もいる。作業量も多い。頭は使わないけれど頭が疲れた。
我が家の芝は、無事に夏越しをしたと判断した。これから、刈り高を低くしていく。今日は刈り高3で刈った。
夜は、街に出て従姉妹と会食をした。岩手の大槌町に出張に行き、その帰りに寄ってくれたのだ。久しぶりの会話を楽しんだ。