つき
| ホーム | 「こ れ論」出版後の進行状況(要は日記です)|
| これから論文を書く若者のためのお経集 | 書籍版 「これから論文を書く若者のために」|
|これからレポート・卒論を書く若者のために |こ れから学会発表する若者のために:ポスターと口頭のプレゼン技術|
|これから研究を始める高校生と指導教員のために|100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに|
| 発表用資料 | リ ンク | 著書 | 自己紹介 | その他 | 陸 女寿司 |

「これ論」出版後の 進行状況

2005.10.20 から数え直し

論文の書き方・プレゼ ンの仕方に関する出張講義を承ります。お気軽にお声がけ下さい(私のアドレス;sakaiあっと tohoku.ac.jp)。こんな日記を書いている人なので大丈夫かと思われるかもしれませんが、かなり良い講義をすると自分では 思っています。

これから学会発表する若者のために
ポスターと口頭のプレゼン技術
第2版

 出来のお知らせ

2018年7月15日刊行
本体2700円 (税込 2916円)

本書初版が出版されてから9年半が経ちました。その間も私は、わかりやすいプレゼン技術をずっと 追求してきました。発表内容の練り方に関しても思考を続けてきました。そして、この9年半に得たものをすべて注ぎ込み、第2版を完成させ ました。説明の仕方も大きく変えましたた。各章の冒頭に要点をおき、重要なことがすぐにわかるようにしました。ポスター・スライドの良い 例と悪い例を対にして出し、良い点と悪い点が明確になるようにもしました。わかりやすさという点でも大きく進歩したと思います。
 本書は、学会発表の仕方に関する私の到達点と言えるもので、単なる第2版というより、究極の大改訂版と思っています。本書を読めば、学 会発表の仕方のすべてを理解できると確信しています。

日記へのリンクの仕方
20YY 年 M 月 D 日の日記へのリンクは、 http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/YY-M.html#D でお願いします。
2010 年 3 月 15 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/10-3.html#15
2009 年 11 月 2 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/9-11.html#2



若手研究者のお経
2019 年 1, 2, 3 , 4 ,5 ,6 ,7 ,8 ,9 ,10 ,11
2018 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2017 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2016 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2015 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2014 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2013 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2012 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2011 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2010 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2009 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2008 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2007 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2006 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2005 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2004 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2003 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2002 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2001 年 11, 12
これから論文 を書く若者のために 究極の大改訂版

ア マゾンで買う
これ か ら学会発表する若者のために:ポスターと口頭の プレゼ ン技術

ア マゾンで買う
これか らレポート・卒論を書く若者のために

ア マゾンで買う
こ れから研究を始める高校生と指導教員のため に:研究の進め方・論文の書き方・口頭とポスター発表の仕方

ア マゾンで買う
100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに

ア マゾンで買う
生き物の進化ゲー ム〜進化生態学最前線: 生物の 不思議を解く〜 大改訂版

ア マゾンで買う

11/13(水) の進歩 どっちなのか
今日も、2遺伝子座2対立遺伝子モデルの解析に取り組んだ。結果を図にしてみたり、非常に簡単な場合で考えてみたり。色々とやっている内に、簡単 なパラメーターにすると結果も簡単になることがわかった。簡単にしたから簡単になるのは当たり前と思ってはいけない。想像以上に簡単になったの だ。そして、この簡単な結果を元に考えてみた。……… あれ、もしかしてこれは、極めて当たり前のことを言っているだけではないのか? 大して意味なし? いや、そんなはずはない。深い意味があるはずなのだ。悶々とすること30分。そしてぱっと閃いた。なるほど、もしそうならば …………。さて、どっちなのか。今は、長い坂を勢いよく滑り降りているような状況である。空高く飛翔するのか、それともそのまま地面に激突 するのか。まさに運命の瞬間に立とうとしている。

若い世代でほうじ茶が人気だそうだ(ヤ フーニュースより)。やった、私もほうじ茶が好きなのだ。日本茶といえばほとんどほうじ茶である。毎朝、急須に入れたほうじ茶を二服 頂く。若者の嗜好と同じであったか。そう思い記事を読むと、ペットボトル入りのほうじ茶飲料だの、ほうじ茶ティーラテだの、ほうじ茶のアイスだの であった。早々に敗退。
福島県立安積高校で行う講演の準備を終えた。きっと、良い講演になると思う。頑張ります。
11/12(火) の進歩 ほぼ丸一日講演準備
今週の土曜日に、福島県立安積高校において課題研究の仕方・研究発表の仕方の講演を行う。今日は、ほぼ丸一日その準備に費やした。他校での講演に 使ったファイルがあるので、それらを元にちゃちゃっと出来るのかと思いきや。ファイルを見直すと、気になるところがけっこうある。講演中に、「こ この説明は変だな」「説明がし難い」と思ったり、「この話はもう不要だろう」と思ったりしたところだ。こうしたところを直していくと、思いのほか 時間がかかってしまった。ただし、「日本代表の選手は、寿司のおかげでお肌つるつる」という喩え話に合わせて使おうと、JKが寿司でメイク している写真の合成に30分かかったりと、必ずしも本質的ではない部分にも時間を取られてしまった。しかしまあ、頑張った甲斐あって あらかた終わった。明日には完了としたい。
寒くなってきた。研究室の私の居住域にはもう暖房を入れている。古い空調で温度調節がおかしくなっていて、なんか寒いか暑過ぎかのどちら かになってしまう。真冬になると、なんか寒いの状態で安定する。空調を直して欲しいのだけれど、もう部品も無いそうだ。耐えるしかないのか。
11/11(月) の進歩 よかったね
昨日のなでしこの試合で、DF熊谷 紗希選手がコーナーキックの混戦からヘッドでゴールに流し込んだ。代表初得点である。110試合目の初得点で、史上最も遅い初得点だそうだ。ちょっと意 外。背が高いDFなので、セットプレーのヘッドの得点源となっているはずだから。得点してすぐに、解説の澤さんも「初得点」と言っていた。チーム 内でもいじられていたそうである。ま、良き記録ということで、誇りにして頂戴。

月初めの談話会があった。三年生二人も話をしてくれた。この調子で頑張ってね。
 その後論文セミナーがあった。自分の研究に関連しそうだね。お疲れ様。

論文セミナーの準備。ああ、中身がない考察だ。こいつ、長千家に違いない。

長千家;考察がやたら長い流派。

11/10(日) の進歩 残留に大きく前進
ベガルタ仙台2-0清水エスパルス。快勝だった。
 試合は昼から。珍しく、自宅で昼食を頂いてからユアテックスタジアム仙台に入った。ピッチ内でショーをやっていた。懐かしの沢田研二の歌であっ た。歌っている人を見たら、え、当人? よく似ている。しかしまさか本物ではあるまい。実は、「仙台のジュリー 沢田研史」であった。そんな人がいるとは。なかなか面白かった。
 試合が始まった。立ち上がりから好調に攻め立てた。そして前半20分、左サイドを突破してMF関口が流し込んだ。後半3分にはコーナーキックか らDF平岡が決めて2-0。これで、勝利はほぼ決まった。攻守に安定していて、負ける気がしないのだ。そのまま試合終了。快勝であった。
 これで、入れ替え戦圏の16位湘南との勝ち点差が7に開いた。残りは3試合である。残留に向けて大きく前進した。

なでしこ 2-0 南アフリカ女子代表。楽しかった。相変わらず、華麗なパスワークを見せてくれた。でも、シュートの意識をもう少し高める方がいいのでは? ここは打つべしというところでパスをする場面が多々あったような。
 この試合、代表の新ユニフォームのお披露目でもあった(こ れ;サッカーキングより)。デッサン画を最初に見たときは、何だこれはと思った。写真を見たらけっこう良いではないかと思った。そし て今日、新ユニフォームをまとった選手達を見たら。良いのか悪いのか判断がつきかねてしまった。色調は綺麗で良いと思う。しかしあの迷彩柄は判断 に困る。その内に慣れるのだろうか。

20時に晩酌を終了してさっさと就寝するつもりが。居間で寝込んで夜中になっていた。ああ、駄目な自分。
11/9(土) の進歩 わたしがナナ ではなかった
昨日、仙台市在住の漫画家いがらし みきおさんに密着取材した番組をNHKでやっていた。「ぼのぼの」の作者である。なんと、33年も連載が続いているそうだ。ベガルタ仙台の熱烈なサポー ターでもあるらしい。実際、仕事場にベガルタの旗が飾られ、レディースのレプリカユニフォームを着ている姿もあった。そのいがらしさんが新しい仕 事に挑むというので、その密着取材が行われた。新しい仕事とは、「わたしがナナ」か? ベガルタ仙台レディースのDF市瀬 菜々選手を題材とした漫画の連載を始めたのだ。わくわくして見続けたら ………、違った、他の仕事だった。ともかくも、我がクラブへの応援をこれからもよろしくお願いします。

我が家の居間の窓に付けているタテ型ブラインド、お洒落に言うならラインドレープというらしいが、老朽化してしまった(11/2 の進歩参照)。羽根を付けているプラスチックがもろくなっており、ちょっと刺激を与えるだけで折れて しまうのだ。交換部品を3つ頼ん だものの、その後にさらに3つ折れた。こんな調子では全部折れるであろう。やむなし、丸ごと交換、新しいラインドレープ(ああ、とくに勘にさわる カタカナ語だな)に付け替えるか。そう思い、東京インテリアに行ってみた。見積もりを頼んだところ、思ったほど高くなかった。じゃ、付け替えま しょうかね。問題は羽根の色である。今までのはベージュで、その気になって見るとお洒落感がない。もう少し濃い色の方が良いのではないか。あるい は、羽根ごとに色を変えることも出来るそうだ。ベージュ・薄茶・濃茶と組み合わせたりとか。立川ブラインドのウェブページで色の組合せのシミュ レーションが出来るので、色々と試してみた。楽しいけど難しい。試すほどに、どれが良いのかわからなくなってきた。さて、どうしましょ。
朝市で、大根一本100円で売っていた。これは安いと購入。一本まるまるを風呂吹き大根にした。これ、大好きなのだ。ただし、味噌だれは かけないことが多い。ちょっと濃いめの味付けにして大根のみを頂く。そうすると大根そのものを味わえる。お奨めなり。
11/8(金) の進歩 明日は清水戦
ベガルタ仙台は明後日、ユアテックスタジアム仙台に清水エスパルスを迎え撃つ(13時試合開始)。現在、仙台は12位、清水は13位である。され ど、勝ち点は35で並んでいる。入れ替え戦圏の16位とは勝ち点4の差しかない。必ずや勝利して残留争いから抜けだそう。

昼に芋煮会をした。河原ではなく研究室での芋煮会である。研究科のソフトボール大会の時に河原で芋煮をする予定だったのだけれど、台風 19号の大雨で河原が水没した。水が引いた後も、河原に出来た池に魚がたくさん泳いでいたそうな。河原が利用できなくなったので、研究室に材料を 配り、各自でやって貰うことになった。というわけで研究室での芋煮となった。
 今季の芋煮会は三度目である。1回目は結婚祝賀会。夜なので研究室で行った。2回目は、つくばから来訪予定の会だった。ところが台風で交通が遮 断され中止となった。材料は買ってあったので、研究室で作って頂いた。かくして、三度の芋煮会がいずれも室内という記録となった。

論文セミナーの準備を進めた。読み込むと、書き方がけっこういい加減なことに気づく。方法の説明での順番と結果での順番が違っていたり。 同じ解析なのに、それを指す言葉が場所によって違っていたり。こういうの、けっこう苛々する。
 かたらわで2遺伝子座2対立遺伝子モデルの解析。だいたいわかってきた。結果も期待通りだ。さあ、仕上げに入るか。
11/7(木) の進歩 仙台一高で講演
宮城県仙台第一高校において、「研究とは何か」という講演を行った。一年生全員が対象である。これから課題研究を始めるところであり、今は、研究 テーマを設定しているところらしい。なのでこの時期に、研究とはどういう行為なのかを知って貰おうという訳である。というわけで、仙台一高へと向 かった。心配性なので、どうしても早く着いてしまう私。近くのコンビニで時間を潰してから一高に入った。そして、14:50から講演を始めた。 皆、とても熱心に聴いてくれた。反応も良かった。となると私の気持ちも乗る。おかげで充実した講演となった。皆さん、研究頑張って頂戴ね。
 C先生・K先生・I先生、お世話になりました。また来年も伺います。

論文セミナーの準備を続けた。三年生のために、概念の説明も加えるようにしている。たとえば、多数回の検定を行うときに注意することと か。凝り性なので、こうした説明が色々と加わっていく。
2遺伝子座2対立遺伝子モデルの解析。Mathematicaが謎の挙動をしている。パラメータの値を1から10まで1刻みに変えて命令 を実行させたい。1から10まで一挙に計算させるようにすると、いつまで経っても計算が終わらない。ところが、1で計算、2で計算、3で計算 ……… と一つずつやらせると、各計算がほぼ一瞬で終わってしまうのだ。???。何なんだ、この現象?

11/6(水) の進歩 歩くのが嫌な訳ではない
あんの散歩距離がすっかり短くなってしまった。家を出てトイレを済ますと、もう帰りたがる。歩く速度が遅くなり、引っ張っても前に進まなくなるの だ。散歩距離は50mほどである。この頃では、回転トイレという技を使うようになった。排泄しながら右に180度回り、出し終わった時には 家の方向を向いているのだ。そして、そのまま何気なく戻ろうとする。健康のためにもっと歩いて頂戴よ。
 ところがどうも、歩くこと自体が嫌な訳ではないらしい。ドライブに連れて行き見知らぬ場所で散歩をさせると、興奮気味にぐいぐいと歩くのだ。新 しい景色に大喜びのようである。先日に須川高原温泉に連れて行った時もそうだった。須川湖畔で散歩をさせたら、大喜びでぐいぐいと歩いて行った。 止まる気はなし。家の近所を散歩するときと大違いである。その夜に帰宅した時、車から降ろしてそのまま散歩に行った。辺りは真っ暗である。と、須 川湖畔の時と同様にぐいぐいと歩いて行った。家に入らなかったので、近所であることに気づかなかった模様である。近所であるとわか らないとちゃんと歩くことから、歩くこと自体が嫌ではないことが見事に証明された。

来週の14日に論文セミナーの担当があたっている。今日から準備を始めた。まずは論文探し。せっかくだから、皆のテーマに関連したものに したい。そう思って検索したら、よさそうな論文があっさりと見つかった。これを紹介しよう。まずはざっと読んだ。面白い。
2遺伝子座2対立遺伝子モデルの解析。パラメータの値設定に悩む。どういう結果を示せば納得してくれるのか。
11/5(火) の進歩 勉強になります
論文書きに関する私の講演を聴いて下さり、「これから論文を書く若者のために」も読んで下さっている方からメールが来た。序論の骨子を読んで欲し いとのことである。ありがとうございます。さっそく拝読した。拙著を参考に、丁寧に骨子を練って下さっていた。説得力のある骨子だ。私の専門とは 異なるので、恐縮しつつコメントをした。お役に立てば幸いです。
 このように、異なる分野の方とのやりとりは大いに勉強になる。これ論流が他分野にどれくらい通用するのかも知りたいところだし。こうしたこと、 いつでも歓迎です。

解析結果を見せて貰った。うむ、引き続き頑張って。
Nちゃん論文が戻って来たそうだ。レフリーコメントにどう対応するか相談。改訂よろしくね。頑張って頂戴。
泉ヶ岳へ。草刈り前に回収。
 調査地は冬枯れになりつつある。すっかり寒くなった。春先から通い続け、季節の変化をしっかりと実感している。

11/4(月) の進歩 庭仕事の日
今日は庭仕事に捧げる。
 まずは芝刈りをした。3週間ぶりくらいになってしまった。伸びは悪くなっているけれど、10センチくらいの所もある。全体を刈り高1で刈って いった。すっきりした。その後肥料を播いた。冬に緑を保つためには、今の時期に窒素を吸わせていくことが大切だそうな。ただし、上手くいったこと がない。
 ついで花の総入れ替えをした。今植わっている株は花が終わりかけている。それらをすべて粛正、新しい株に替えるのだ。というわけでガーデン・ ガーデンへ。パンジー・ビオラが山ほどあった。一口にパンジー・ビオラといっても、1株130円くらいのものから1株500円近いものまである。 この値段の違いは、品種改良のコストということか。一番安いものを40株ほど買った。それ以外にも30株ほど買い帰宅。さっそく、粛正と植え付け を行った。すっきりと綺麗になってご満悦。園芸というものは、ほんに血塗られたものよのう。<- 70株を粛正

終了後、週日のお弁当のおかず作りをした。出汁巻き卵にも挑んだのだけれど。作り方の道を完全に失ってしまっている。このところ失敗しか していないのだ。京都巻(手前から奥に巻くという難度の高い技;通常は、奥から手前に巻く)を究めようとY-tubeで研究したことがかえって良 くなかったか。多くのプロが、菜箸を卵の底に入れて回すのではなく、横から掴むようにしていることに気づいた。これまで私は、前者のやり方で成功 率5割くらいであった。後者のやり方を真似ようとしたところ全てを失った。どちらのやり方でも成功率0割である。泣けてきますな。

11/3(日) の進歩 秋の恒例行事
今日は秋の恒例行事の日である。栗駒の須川高原温泉に行くのだ。今日が営業最終日ということで、ちょっと慌てて出かけた。はっきりしない天気の中 を車を走らせる。途中、栗駒神水に寄り、ペットボトル9本に神水を汲んだ。美味しい水にはまったきっかけがこの神水なのだ。昼前に、子安峡温泉に 到着。ここにある栗駒高原フーズで、ソフトクリームを頂きヨーグルトを購入するのも恒例行事のうちなのだ。連休ということでかなり混んでいた。そ の後、須川高原温泉に行った。辺りははや冬支度であった。須川湖の公衆トイレは、冬囲いされ閉鎖されていた。変な品を売っていることで有名な売店 も休みに入っていた。温泉も、本日の15時までだそうな。ま、間に合ってよかったという感じで、こてこての硫黄泉を楽しんだ。源泉掛け流しは気持 ちが良い。-------- 連休は明日までなのに、なんで今日で営業終了なの?

11/2(土) の進歩 予定とだいぶ違った
19-0で勝つ予定が0-4で負けてしまった。
 今日は、ホームでのなでしこリーグ最終戦である。対戦相手は日テレベレーザ。優勝をほぼ手中にしている。ホームでの胴上げを阻止するためには 19-0で勝つしかない(昨日の進歩参照)。中2日での試合ということもあり、先発を何人か入れ替えて臨んだ。試合はやはりベレーザが支配する展 開となった。しかし仙台もよく守っていた。されどシュートを打つことができない。そして前半43分、ベレーザの個人技連続にとうとう失点してし まった。前半を無失点で終えていたら。後半になると、ベレーザの攻勢がさらに強まった。あれよあれよの3失点。0-4の完敗であった。
 終了後、ベレーザの優勝表彰式を見た。カップやメダルなどがちゃんと用意されていて、「仙台が19-0で勝つと思っていなかったな」とむっとし た。いつか、我がクラブがあの表彰台に立ちたい。
 我がクラブによる、リーグ終了の式典もあった。辛島監督と安本紗和子主将が挨拶。結果に対する悔しい思いを語っていた。そう、来季こそ。いやそ の前に皇后杯で悔しさをはらそう。

我が家の居間の窓は、タテ型ブラインド(ラインドレープというやつ)で被っている。老朽化なのか、レールに掛かっている、ブラインドの羽 の留め具が折れてしまった。羽 が3つ落脱。折れた部分を瞬間接着剤で着けようとしたものの上手くいかない。やむなく、購入した東京インテリアに行ってみた。部品の交換が出来る のか。と、ブラインドを外して持ってきてという旨のことを言われた。横幅2.7mで高さ2mなんだけど。素人が外すのは不可能。結局、交換部品が あるか業者に問い合わせてくれることになった。どうぞよろしく。
11/1(金) の進歩 明日はリーグ最終戦
なでしこリーグは明日、リーグの最終戦を迎える。ベガルタ仙台レディースは、ユアテックスタジアム仙台に日テレベレーザを迎え撃つ(13時試合開 始)。優勝をほぼ手中に納めているベレーザである。2位浦和との勝ち点差は3、得失点差でも19上回っているのだ。しかし、我がホームで胴上げさ せたくない。だから、19-0で勝てばよいのだ。今まで一度も勝ったことがない相手であるが、壮大にお返しをしよう。

台風19号による土砂崩れのために通行止めとなっていた、キャンパスに通じる道路が開通した。復旧まで長引くと思っていただけに嬉しい。 通ったところ、かなり盛大に崩れたらしい跡があった。ガードレールも押し流されたらしく、新しい物になっていた。どんな雨だったのやら。
久しぶりに青葉山に調査に行った。台風19号以来初めてである。見ると、草むらが土砂に埋まった一角があった。なんか、風景が変わってい た。かなりの増水だったようだ。調査地は無事でよかった。
今日も、2遺伝子座2対立遺伝子モデルの解析を進めた。好調で嬉しい。