つき
| ホーム | 「こ れ論」出版後の進行状況(要は日記です)|
| これから論文を書く若者のためのお経集 | 書籍版 「これから論文を書く若者のために」|
|これからレポート・卒論を書く若者のために |こ れから学会発表する若者のために:ポスターと口頭のプレゼン技術|
|これから研究を始める高校生と指導教員のために|100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに|
| 発表用資料 | リ ンク | 著書 | 自己紹介 | その他 | 陸 女寿司 |

「これ論」出版後の 進行状況

2005.10.20 から数え直し

論文の書き方・プレゼ ンの仕方に関する出張講義を承ります。お気軽にお声がけ下さい(私のアドレス;sakaiあっと tohoku.ac.jp)。こんな日記を書いている人なので大丈夫かと思われるかもしれませんが、かなり良い講義をすると自分では 思っています。

これから学会発表する若者のために
ポスターと口頭のプレゼン技術
第2版

 出来のお知らせ

2018年7月15日刊行
本体2700円 (税込 2916円)

本書初版が出版されてから9年半が経ちました。その間も私は、わかりやすいプレゼン技術をずっと 追求してきました。発表内容の練り方に関しても思考を続けてきました。そして、この9年半に得たものをすべて注ぎ込み、第2版を完成させ ました。説明の仕方も大きく変えましたた。各章の冒頭に要点をおき、重要なことがすぐにわかるようにしました。ポスター・スライドの良い 例と悪い例を対にして出し、良い点と悪い点が明確になるようにもしました。わかりやすさという点でも大きく進歩したと思います。
 本書は、学会発表の仕方に関する私の到達点と言えるもので、単なる第2版というより、究極の大改訂版と思っています。本書を読めば、学 会発表の仕方のすべてを理解できると確信しています。

日記へのリンクの仕方
20YY 年 M 月 D 日の日記へのリンクは、 http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/YY-M.html#D でお願いします。
2010 年 3 月 15 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/10-3.html#15
2009 年 11 月 2 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/9-11.html#2



若手研究者のお経
2020 年 1, 2, 3 , 4 , 5 , 6 , 7
2019 年 1, 2, 3 , 4 ,5 ,6 ,7 ,8 ,9 ,10 ,11 ,12
2018 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2017 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2016 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2015 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2014 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2013 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2012 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2011 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2010 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2009 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2008 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2007 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2006 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2005 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2004 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2003 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2002 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2001 年 11, 12
これから論文 を書く若者のために 究極の大改訂版

ア マゾンで買う
これ か ら学会発表する若者のために:ポスターと口頭の プレゼ ン技術

ア マゾンで買う
これか らレポート・卒論を書く若者のために

ア マゾンで買う
こ れから研究を始める高校生と指導教員のため に:研究の進め方・論文の書き方・口頭とポスター発表の仕方

ア マゾンで買う
100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに

ア マゾンで買う
生き物の進化ゲー ム〜進化生態学最前線: 生物の 不思議を解く〜 大改訂版

ア マゾンで買う

7/10(金) の進歩 植物探し
四年生と一緒に、青葉山に植物探しに行った。次の研究材料である。下の方から入り沢沿いを歩いて行く。卒研生は右側、私は左側を見ながら歩いた。 しかしなかなか見つからない。しばらく歩いてようやく発見。その場所に20個体くらい見つかった。しかしこれでは足りない。と、散策の方と会っ た。日課としているようで、以前にも何度かお会いしたことがある。その方から情報を得て奥の方へ。確かにあった。でもやはり個体数が。これなら、 大学の圃場近辺でやる方が良い感じだ。かくして青葉山は諦めることにした。もっと他を探そう。
出発前と帰宅後に、生物学科三年生向けの再来週の講義の準備をした。文献探しは終わったので、スライドを作っていった。そこそこの進行速 度であった。と、去年のスライド全体を見直して愕然としてしまった。ウケ狙いのスライドが一枚もない。毎回仕込んでいるつもりで あったが、この回はなかったのか。ウケ狙いのスライドを2枚は仕込む。なんか、重い使命を課せられた気持ちになった。

大学生のためのレポート作成法で課しているレポートの初稿が送られてきた。読んで評価をし、最終稿に向けて修正して貰うのだ。明日から読 む。どんなレポートなのか楽しみだ。
夕方、トイレのためにあんを外に出した。戻って来て洗面所に立たせて足を洗った。そのときふと思い立ち、あんは悲しい運命となった。久し ぶりのお風呂の刑。今現在、「お風呂に入れられたーー」と後ろで暴れている。
7/9(木) の進歩 コメントなし
今日も論文の改訂に勤しんだ。出来るところに集中したら、出来るところの修正はだいたい終わった。後は、頭を使って大改訂するところ。どう大改訂 するか。これを上手くやることが鍵だ。
 それにしても、一人のレフリーは、理解できないのでコメント無しとのこと。何度か読んだけれど理解でなかったそうだ。ただ、理解できるように改 善されることを祈るとのことであった。コメント無しというコメントは初めてである。申し訳ない。理解できるよう蘇らせねば。
論文セミナーと研究セミナーがあった。論文セミナーお疲れ様でした。研究セミナーは私が担当であった。新しい研究の計画を紹介した。論文 の改訂が終わったら即取り組みたい。
昨日行った生物学セミナーの講義の感想を二年生が送ってきてくれている。どうもありがとう。質問を含むものについては返答を送った。参考 にして下さい。
生物学科三年生向けの再来週の講義の準備を始めた。まずは文献探し。今現在盛んに研究されているテーマなので、新しいものがぼんぼん見つ かる。とりあえずは、html版の論文に片端から繋げていった。その後、スライドの作り直しに入った。本日、8枚ほど終えたところで終了。
7/8(水) の進歩 講義二つ
今日は二つの生配信講義をした。
 一つ目は、生物学科三年生向けの通常の講義(植物進化生態学)であった。「訪花者の行動」というお題を話した。花粉不足になったら、マルハナバ チが植物の葉を傷つけて開花を促すという最新の研究も紹介した。植物と訪花者の共進化はすごい。質問1回。ありがとうございます。
 二つ目は、同じく生物学科三年生向けの生物学へのアプローチであった。全教員が一回担当する講義で、今日が私の担当。時間になってZoomに 入った。しかし学生は一人も入っていない。???。そこまで人気がないのかと嘆きかけたとき、時間を間違えていることに気づいた。開始は1時間後 であった。正しい時間が近づいたら、皆が入ってきてくれた。45分ぴったりで終了。
 両講義とも、お疲れ様でした。

ようやくにして、戻って来ていた論文の改訂を始めた。まずは簡単なところから。直せるところからちゃっちゃと直していった。それでも時に 考え込むコメントもある。そのため停滞。結局、あまり進まなかった。
ベガルタ仙台1-2浦和レッズ。お互いに持ち味を発揮した良い試合だった。どちらが勝ってもおかしくなかったと思う。1-1で引き分けの 雰囲気が漂っていた後半38分、浦和FW興梠に見事にやられてしまった。くーーー。
 我がクラブ、去年よりもずっと強くなっていると思う。見ていて面白い。これからが楽しみだ。

7/7(火)  大雨
雨がすごいことになっている。九州では甚大な被害が。被災された方々にお見舞い申し上げます。
 もう、毎年のように大雨による被害が出ている。地球温暖化の影響であろう。地球はいったいどうなっていくのか。

Meetで研究計画の相談をした。材料は決まった。明後日、様子を見に行く。今回も頑張っていこう!
今日も、生物学科三年生向けの再来週の講義の準備に勤しんだ。今日中に終わらせよう。朝から始めて午後に。ここで嫌な予感が ………。その予感通り、夕方になっても終わる雰囲気なし。夕食後も頑張ったけれど、あと少しのところで力尽きてしまった。明日、スライドを1枚作ったら終 わるはず。……… と、信じたい。
スライド作りをしていてPowerPointにぶち切れ。図や文字などを描き、それらを接近させようと近づける。たとえば、円と矢印を描 き、矢印で円を指し示すようにしようと両者を接近させる。そうすると、円の輪郭に沿って点が出現し、矢印がその点にくっついてしまうのだ。私が矢 印を持っていきたい場所はそこではない。でも勝手に吸着して、動かしたい場所に動かせなくなる。実はこれ、前々から苛立っていたことである。色々 調べても解除方法がわからない。もうぶち切れ。責任者出て来い。なんで、こんな無意味な機能を持たせているのか。
7/6(月) の進歩 今日も一日頑張りました
今日も朝から生物学科三年生向けの講義の準備をした。今日は主に、昨年までのスライドの作り直しであった。なので昨日よりは楽。29枚仕上がっ た。でも、全体としてはまだ2/3くらいしか出来ていない。あと30枚くらいスライドを増やさないと。その内、ウケ狙いは2枚の予定なので実質 28枚か。
 その後、大学生のレポート作成入門の講義の動画を作った。明日の講義のものである。Google Meetに一人だけ入り、他の参加者なしの状態で講義をする。それを録画しておくのだ。考えてみると生配信でもよかったのだが、なんか録画配信にしてし まった。
 大学生のレポート作成入門が、私が初めてやったオンライン講義であった。当初は、どうすれば上手くできるのかとかなりびびっていた。そもそも、 MeetだのZoomだのがあって、どっちをどう使うのかもわからなかったし。でもかなり慣れた。もう、いくらでもできるであろう。ただし、対面 講義の方が良いと思うのは変わらないところ。

毎年8月に行われている、スーパーセイエンスハイスクールの全国生徒研究発表会。てっきり今年は中止だと思っていた。そうではなく、オン ラインでやるらしい。そうなんだ。本日、とある高校の研究発表ポスターにコメント。面白い研究だ。頑張って頂戴!
7/5(日) の進歩 遅々として進む
今日も朝から生物学科三年生向けの講義の準備をした。昨日見つけた論文を紹介するのだ。まずは論文の読み込み。これがけっこう大変だった。理解し た上でスライドを作っていく。これもまた大変。結局、6時間かけて出来たスライドは11枚だけ。異様に遅い。こんな調子で大丈夫か。休日なので、 15時くらいまでに済ませてその後は休むつもりだった。しかし16時までかかってしまった。大して変わらないだろうという反論は正しい。

アマゾンプライムビデオの会員になっているので、映画をいろいろと見ている。しかし、途中で見る気を失うものが多い。半分くらいが途中で やめている。他にも色々な映画があるというのも、途中でそれを見るのを止めてしまう理由ではあるのだが。しかし思うに、作り方の意識の問題という 気もしてきた。私の場合は基本的に、最初の5-10分で見続けるかどうかが決まる。最初のちょっとを見て、引き込まれないと見るのをやめてしま う。しかし映画の作り手はそう意識しているのか。これまでの視聴者は、いくばくかの金を払い(映画館で見るにせよ、借りてくるにせよ)見ると決め たら、元を取るために最後まで見たと思う。しかし、動画配信サイトが発達していくらでも見ることができるようになると話は変わる。もしかしたらこ れからは、映画の作り方が変わってくるかもしれない。
7/4(土) の進歩 戻って来た
J1がついに再開した。2/22に、ユアテックスタジアム仙台で開幕戦を応援して以来である。DAZNの再加入に手間取ったものの、ベガルタ仙台 対湘南ベルマーレの試合を見ることができた。選手は、整列せずにばらばらにピッチに入ってきた。試合前の、選手同士の握手もなし。審判団と選手の 握手もなし。試合開始前の円陣も、選手達が距離を取っていた。そして、掌と掌を合わせるのではなく、肘と肘をぶつけて気合いを入れていた。試合が 始まった。ああ、この光景。この光景が生活から欠落していたんだ。それが戻って来た。喜びをしみじみと感じてしまった。
 試合は、前半3分早々に、仙台FWジャーメインのクロスがそのままゴールに入るという、ちょっと幸運な展開から始まった。その後も、小気味よく パスを回しながら両サイドから攻め込んでいった。ボールを握られる時間帯も長かったけれど、組織だった守備で危なげがなかった。決定機をあまり作 ることができなかったのは残念。それでも、1点を守りきりしっかりと勝利した。1勝1分の4位! 今季は降格がないので、例年参加していた残留争いがない。そのかわり、優勝争いの方に加わることにしよう。
 ユース出身の新人GK小畑が先発していて驚いた。正GKのはずのスウォビィクはどうしたんだ? でも小畑、落ち着いたプレーで勝利に貢献してくれた。これは大きな自信になっただろう。

論文に対するコメントで理解できないことが一つあった。でも、調べたら理解できた。これで対応できる。さあ、時間を作って改訂していこ う。
生物学科三年生向けの再来週の講義の準備をした。まずは文献検索。面白そうな論文がたくさん見つかった。さて、どれを紹介するか。
7/3(金) の進歩 いよいよ明日J1再開
待ちに待った日が来る。いよいよ明日、J1が再開される。2/21,22に開幕戦を行ったものの、その後はずっと中断となっていた。4ヶ月半ぶり の再開である。日本に日常が戻ってくる。
 我がクラブは、湘南ベルマーレと敵地で闘う(19時試合開始)。長期中断で調整が難しかったと思う。おまけに無観客試合である。未知の部分も多 いが、両クラブが全力で激突してくれるであろう。そして我がクラブが勝利する。
 私は、DAZNに再加入し応援する。ちゃんと見ることができるのかちょっと心配。以前入っていたときは、繋がらずにいらいらすることが多かっ た。なので止めてしまった。あれから改善されていることを祈る。

久しぶりに研究室に出た。そして果実の様子を見に行った。するとなんと、かなりの果実が裂開していた。大慌てで回収。袋掛けをしておいて よかった。
返ってきていた論文のコメントを改めて読んだ。うーん、理解できない部分がある。これをどうにかしないと。しかし、全体的にはコメントに 対応できそうな気がしてきた。全面改訂することにはなるだろうが。
土日は天気がすっきりしないらしい。ならばと、本日の帰宅後は庭仕事の時間とした。まずは芝刈り。暑さに備え刈り高3にした。ついで、庭 の池の徹底掃除をしようと思った。アオコが蔓延ってすごいのだ。メダカがいたのだけれど全滅みたい。ならば、水を完全に取り去り掃除をしよう。そ う思って水を抜いていったのであるが、なんとメダカ発見。全面掃除は中止にした。アオコを取れるだけ取って終了。でもすぐにまた蔓延るのであろ う。最後は雑草取り。ほんに、飽きもせずによく生えてくるわ。
7/2(木) の進歩 やべっちFCが
なんと、やべっちFCが放送終了となるという報道が一部に出ている。日曜の深夜番組で、サッカーを深く愛する矢部 浩之さんが司会を務める番組だ。Jリーグ・日本代表・海外の日本人選手を大切に取り上げてくれている。私も毎週録画しておいて、月曜日の夜に見ていた。好 きな番組なのだ。誤報であることを祈りたい。

月初めの談話会があった。みんな、順調に進んでいる。今月も頑張っていこう!
ようやく、生物学科三年生向けの来週の講義の準備を終えた。やり遂げ感。しかし、本番で面白がって貰わないと意味がないのだよ。
 すかさず、生物学へのアプローチという講義の準備を始めた。全教員が1回45分を担当して、自分の研究分野を紹介する講義である。私は、7/8 に担当する。毎年やっているのだけれど、私の担当はあまり受けていないという自覚がある。なんとかしたい。今年は、話す内容を少し変えてみること にした。そして、関連する論文を探してみた。と、

Sakai, S. (2013) Evolutionarily stable size of a megagametophyte: evolution of tiny megagametophytes of angiosperms from large ones of gymnosperms.  Evolution 67:539-547.

という論文が見つかった。???。こんな論文書いたっけ? すっかり忘れていた。

7/1(水) の進歩 レジ袋有料化
今日からレジ袋の有料化が義務づけられた。なんで今さらという気もする。スーパーとかではずいぶん前から有料になっているから。しかし他の種類の 店舗はどうだったのか? たとえばコンビニとか。私は、レジ袋を受け取ることがないのでよくわからない。でも、園芸店で花を買うときは袋に入れて貰う。あの袋も有料になったという ことか?
 それにしても、世の中にはビニール袋が溢れている。クリーニングに出すと、一つ一つがビニール袋に入って戻ってくる。新聞もビニールに包まれて 届く。ちょっと高級な日本酒(一升瓶)もビニール包みである。本当に必要なのかと思うものが多い。レジ袋だけでなく、こうした無駄も無くして欲し い。

生物学科三年生向けの講義をした。「自殖の生物学」というお題であった。本日も、理論的予測と現実が合わない世界だった。でも、合わない からこそ面白いのだ。

質問1回。ありがとうございます。

生物学科三年生向けの来週の講義の準備をした。今日で三日目である。何とかして今日中に終わらせたいと頑張ったのであるが ………。終わらず。頭が疲れてもう動かない。あとは明日だ。

6/30(火) の進歩 5%還元が終わる
現金を使わずにカード等で払うと5%が還元されるという制度が今日で終わってしまう。コロナ渦で経済がこんなことになっているので、延長するのか と思っていた。延長なしか。それはともかく、私は1円の払いでもカードでする人だけれど、はたしてどれくらい還元されたのか。ちょっと気になる。

今日は丸一日、生物学科三年生向けの来週の講義の準備をした。講義内容の構成が固まったので、ちゃっちゃとスライドを、て、ちゃっちゃで もないか、ともかく作っていった。途中、ウケ狙いのネタを思いつき、ふさわしい絵をイラストACで探し始めてしまった。「準備がまだ全然終わって いない、やめろ、後にしろ」と心が叫んでいるのだけれどやめられない。ならばもう、夕食の支度を始めてしまおう。ネタの構成を考えながら支度をす るのなら時間の消失感がない。そして、支度を終えてすぐにネタのスライドを作った。その時にはもう頭が力尽きていて、講義内容のスライドを作る気 力が失せていた。ああ、もう。後は明日。
6/29(月) の進歩 Megane
久しぶりに研究室に出た。車を運転中、右隣の斜線に、車両後部中央のロゴの下に"Megane"と記された車を見つけてしまった。「眼鏡」という 名の車か。どう見てもそうだ。痛く感銘してしまった。
 調べたところ、ルノーのメガーヌというのだそうだ。いーや、日本ではあれは「眼鏡」と読む。
ようやくにして、返ってきていた論文のコメントを読んだ。ひと言で言うなら、「理解不能」というコメントであった。何度も読んだけれど理 解できず。良いのかも悪いのかもわからないということであった。すいません。頑張って改訂しよう。
生物学科三年生向けの来週の講義の準備を始めた。「訪花昆虫の行動」という話をする。まずは文献探しをした。たくさん見つかった。その 後、講義内容の構成を考えた。去年までの構成を大幅に変える。さて、どういう構成ならすっきりとするのか。かなり頭を悩ましてしまった。
6/28(日) の進歩 コマクサ
二日連続で温泉に行くことにした。今日は、蔵王温泉の大露天風呂に行く。というわけで10時位に出発した。山形市内に着き、霞城を散策。最上 義光が建てた城で、発掘調査が進んでいるらしい。門も復元されていた。昼食後、蔵王温泉へと向かった。大露天風呂への道はいつも迷うのであるが、今日も迷 いつつ到着した。思ったほど人はいないのか、思ったよりはいるのか。ま、いつもの土日よりはずっと少ない人手であった。落葉樹林を眺めながらゆっ くりと入浴した。やはり、温泉に景色は重要だ。帰りは、宮城蔵王の方を通ることにした。久しぶりにお釜でも見るか。ところが雨が降り出してしまっ た。かなりの本降りである。見る気を喪失し、お釜への道を通りすぎた。しかしやはり観光らしきことをしたい。そして思い浮かんだ。この先にこまく さ平がある。コマクサの群生地である。今が盛りではないか。そう期待して、こまくさ平に行ってみた。そして雨の中を歩いて行った。と、コマクサが 咲いていた。しかも真っ盛りであった。一面に群生している。これはすごい。滅多に見られない風景であった。他にも何組か観光客がいたけれど、皆、 コマクサには目もくれていない。なんで、もったいないよ。

二日連続の長距離運転。疲れた。なんか、食欲もないし。それでも、食事の時間になると普通に頂いてしまうのだけれど。最近、こんな状態が 続いている感じ。
6/27(土) の進歩 藤七温泉
久しぶりに行楽をすることにした。となるとやはり温泉だ。今日は新しい所に行ってみよう。そう思い、藤七温泉を探し当てた。標高1400mにあ り、露天風呂からの眺めがとても良いそうだ。楽しみなり。さっそく出発した。仙台の天気は良かった。しかし、岩手に入ると雨が降ってきてしまっ た。高速を降りて山道へ。ますます天気が悪くなってきた。八幡平樹海ラインに入ると雲の中になってしまった。視界なし。本当は眺めが良いのであろ う。雨もすごくなってきた。藤七温泉に着いた。正直、建物がぼろくて汚い感じの宿であった。でも、露天風呂は良かった。広々とした湯船が5つくら いあった。1つを除いてぬるかったけど。雨に濡れながら入浴。晴れたらどんな眺めなのか。かくして、天気の良い時にまた来てみたいと思う藤七温泉 であった。麓に降りて昼食を摂った。時間はまだ13時位。はしごをしようと、今度は、松川温泉峡雲荘に行った。相変わらずの雨の中を入浴。されど 気持ち良かった。久々のはしご風呂は充実していた。

帰宅後、庭で晩酌をした。テーブルを出してランプを灯す。お洒落なり。星空も気持ち良かった。夏の夜はこれに限る。