| ホーム | 「こ れ論」出版後の進行状況(要は日記です)|
| これから論文を書く若者のためのお経集 | 書籍版 「これから論文を書く若者のために」|
|これからレポート・卒論を書く若者のために |こ れから学会発表する若者のために:ポスターと口頭のプレゼン技術|
|これから研究を始める高校生と指導教員のために|100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに|
| 発表用資料 | リ ンク | 著書 | 自己紹介 | その他 | 陸 女寿司 |

「これ論」出版後の 進行状況

2005.10.20 から数え直し

論文の書き方・プレゼ ンの仕方に関する出張講義を承ります。お気軽にお声がけ下さい(私のアドレス;sakaiあっと tohoku.ac.jp)。こんな日記を書いている人なので大丈夫かと思われるかもしれませんが、かなり良い講義をすると自分では 思っています。

これから学会発表する若者のために
ポスターと口頭のプレゼン技術
第2版

 出来のお知らせ

2018年7月15日刊行
本体2700円 (税込 2970円)

本書初版が出版されてから9年半が経ちました。その間も私は、わかりやすいプレゼン技術をずっと 追求してきました。発表内容の練り方に関しても思考を続けてきました。そして、この9年半に得たものをすべて注ぎ込み、第2版を完成させ ました。説明の仕方も大きく変えましたた。各章の冒頭に要点をおき、重要なことがすぐにわかるようにしました。ポスター・スライドの良い 例と悪い例を対にして出し、良い点と悪い点が明確になるようにもしました。わかりやすさという点でも大きく進歩したと思います。
 本書は、学会発表の仕方に関する私の到達点と言えるもので、単なる第2版というより、究極の大改訂版と思っています。本書を読めば、学 会発表の仕方のすべてを理解できると確信しています。

日記へのリンクの仕方
20YY 年 M 月 D 日の日記へのリンクは、 http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/YY-M.html#D でお願いします。
2010 年 3 月 15 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/10-3.html#15
2009 年 11 月 2 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/9-11.html#2



若手研究者のお経
2022 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9 , 10, 11, 12
2021 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2020 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2019 年 1, 2, 3, 4 ,5 ,6 ,7 ,8 ,9 ,10 ,11 ,12
2018 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2017 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2016 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2015 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2014 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2013 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2012 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2011 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2010 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2009 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2008 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2007 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2006 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2005 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2004 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2003 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2002 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2001 年 11, 12
これから論文 を書く若者のために 究極の大改訂版

ア マゾンで買う
これ か ら学会発表する若者のために:ポスターと口頭の プレゼ ン技術

ア マゾンで買う
これか らレポート・卒論を書く若者のために

ア マゾンで買う
こ れから研究を始める高校生と指導教員のため に:研究の進め方・論文の書き方・口頭とポスター発表の仕方

ア マゾンで買う
100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに

ア マゾンで買う
生き物の進化ゲー ム〜進化生態学最前線: 生物の 不思議を解く〜 大改訂版

ア マゾンで買う

12/8(木) の進歩 病院へ
このところ掌が赤くなることがある。ネットで調べたところ肝臓病の疑いありであった。今年の人間ドックの結果を見直すと、肝臓の数値で1つだけ異 常値があった。これはいけないと悲観し、仙台厚生病院に行くことにした。紹介状が必要なはずだが、人間ドックの結果が紹介状代わりになると以前に 聞いた。というわけで仙台厚生病院へ。受付で話すと、人間ドックの結果は紹介状にならないと言われてしまった。???。でも、何度が受診したこと があるので(人間ドックも厚生病院でやった)、予約の合間に診察してくれるとのことであった。かなり待ってようやく診察。人間ドックの数値も悪く ないのにどうして受診したのかと聞かれた。掌が赤くなると答えると、「それは肝臓とは関係ありません」とのことであった。ネットで赤い掌が出てい るけれど、あれは末期癌の場合だと。………………、がーーーん、私は末期癌なのか。とは思わずに安心した。肝臓の異常値も、体質的に出る範囲内だ という。でも一応、色々と検査をしてくれることになった。まずは採血。チューブがどさっと置いてあるなと思ったら、なんと11本も採取された。普 通は2-4本くらいだったのに。ついでエコー検査。これも、人間ドックよりも念入りであった。来週にCT検査である。ま、これを機会にじっくり調 べて貰うということで。
宮城県仙台第二高校で「性の生物学」という話をした。一年生30数人が対象である。皆、熱心に聴いてくれた。質問もたくさん出た。恋をす るのが虚しくなったでしょう。
12/7(水) の進歩 8強が出揃った
8強に進出した国が出揃った。

クロアチア対ブラジル
オランダ対アルゼンチン
モロッコ対ポルトガル
イングランド対フランス

どれもわくわくする対戦だ。午前0時からのは生で見て、午前4時からのは録画を情報封印して見よう。
 スペインが負けた。しかもPK戦で3人が外して負けた。日本と同じではないか。今大会のPK戦は2回目だけれど、何か呪われている?

プロジェクトK。Rの説明を書き進めた。ただし、「Rの説明書にはならないように」という難しい使命が課せられている。私の場合、凝り性 なのでどんどん書き加え、気づくと立派な説明文書になってしまうのだ。これをやっては分量が堪らない。だから最小限のものに抑える必要がある。R のことがよくわかるけれど最低限というぎりぎりの線を狙う。
このところたまに掌が赤くなる。常にではないのだけれど。まずいかも、病院に行こう。
12/6(火) の進歩 遠い8強
決戦の夜となった。ワールドカップ初の8強を賭けてのクロアチア戦である。その決戦をABEMAで見ることにした。本田圭佑の解説が良いとの話し だからだ。試合が始まった。立ち上がりから互角に近い展開であった。ドイツ戦やスペイン戦よりもボールを持つことが出来る。しかしクロアチアは屈 強で、その守備を切り崩すことが出来ない。心臓に悪いじりじりとした展開が続いた。前半43分、日本がコーナーキックを得た。解説の本田が、 「ショートコーナーをすれば。向こうは全然対応できていない」という趣旨のことを話した。と、その言葉通りにショートコーナーをし、クロスボール の落としをFW前田が流し込んだ。日本、本大会初めての先制だ。本田もすごいわ。ほくほく気分で前半を終えた。ひょっとしていけるのでは。後半に なると、じりじりとクロアチアに押し込まれる時間が増えた。後半10分、クロスをヘッドで合わされて失点。一瞬のできごとだった。がっかりするこ とはない。振り出しに戻っただけだ。その後、FW浅野とMF三苫が投入された。しかしクロアチアも対策済みのようで、完全に封じ込まれてしまっ た。それでもお互いに点を許さない展開が続いた。そのまま後半を終えて延長戦に。延長戦もじりじりとした展開となった。疲れが見えてきて、日本は 点を取れる感じではなくなってきた。クロアチアの攻めを凌ぎPK戦に持ち込むしかない雰囲気となった。なんとか守り切って延長戦を終えた。1-1 でPK戦という、影山 優佳さんの予想がここまでは当たった。のだが……。先行は日本である。PK戦は先行の方が有利なので良いと思った。しかし、一番手南野が蹴るときに、GK が守るゴールがなんか小さく見えた。入る場所あるのかと思ってしまった。実際に入らず。結局日本は3人が外してしまった。PK戦で3人も外すなん てあるのか。
 日本の闘いが終わった。またしても、決勝トーナメント1回戦で敗れた。8強の壁は、今回も頑として存在していた。一つ勝てばいいだけのように思 えるが、その壁は、日本と世界トップを厳しく分け隔てていた。日本も進歩しているけれど世界も進歩している。日本の進歩の方を1ミリでも大きくす る闘いが、これからも果てしなく続く。頑張れ日本。
4人と研究相談。みんな頑張って頂戴ね。日本の進歩は皆の肩に掛かっている!
レポート作成法の講義をした。60分で終わってしまい焦った。
12/5(月) の進歩 決戦
いよいよ今夜、日本代表がクロアチア代表と闘う(12/6午前0時試合開始)。ベスト8を賭けた決戦である。日本はかつて3度挑み、いずれも跳ね 返されてしまった。2002年日韓大会のトルコ戦。宮城スタジアムで行われたので生参戦することができた。コーナーキックからの1発に沈み、 0-1で敗れた。雨のせいで皆が白い合羽を着たため、スタジアムの青さが薄れたのが敗因の一つでもあった。2010年の南アフリカ大会。0-0の ままPK戦になった。PK戦は時の運。それが日本に微笑まなかった。そして記憶に新しい2018年ロシア大会。ベルギーに2-0としながら、最後 の最後に逆転されてしまった。日本のコーナーキックからの逆襲が決勝点で、試合地の名を取り、「ロストフの14秒」と語り継がれることになった。 三苫の1ミリとは単位が違うが、14秒があったからこそ1ミリが生まれたのであり、1ミリがある今14秒は昇華された。今夜日本は、きっと新しい 世界を切り拓くであろう。必勝、日本!
修論にコメント。引き続き頑張ってね。
プロジェクトK。データの示し方とRの使い方の説明で悩む。これまでは、データの示し方というよりRの使い方の説明になっていた。しかし 逆であるべきでは。データの示し方の方が大切だろう。ではどういう構成にすればよいのか。悶々と悩んでいる。
12/4(日) の進歩 ABEMA
DAZNを見るためにFire TV Stickを付けている。本日ようやく、ABEMAもこれで視聴できることに気づいた。さっそく見てみた。まずは、日本対スペイン戦から。感動を もう一度 味わってしまった。試合後、日向坂46の影山優佳さんがスタジオで泣いていた。その姿に感激。このワールドカップで急に露出を強めてはいるが、影 山さんは、アイドル界一のサッカー通としてかなり以前から有名である。ちなみに私は、彼女のブログとインスタをずっと追いかけている! その後、アルゼンチンの試合を中心にいくつか見た。メッシは今大会で最後というので見ておきたかった。さすがメッシというプレーで、ミスが無いか ら見てい て安心だ。ABEMAは確かに便利なり。録画しておかなくても、過去の試合を好きなだけ見ることができる。それにしても、全試合を無料配信なんて すごいね。放映権料、相当な額らしいのに。
今日も庭仕事に勤しんだ。まずは、昨日買っておいたビオラを植え付けた。マリーゴールドは、まだ花が残っていたものの粛正である。ビオラ のみの玄関周りになった。その後にツル薔薇の誘引をした。3株終了で、道路フェンス沿いの薔薇の誘引が全部終わった。精神的にかなり楽になった。
12/3(土) の進歩 三苫の1ミリ
今年の流行語大賞は「ブラボー」だと思った(昨日の進歩参照)。しかし、今日の朝日新聞に「三苫の1ミリ」と出ていて、これは鮮烈だと思った。私 が昨日書いた「皮半分」よりもずっとすごい。「三苫の1ミリ」も有力候補ではないか。ちなみに、「三苫の皮半分」は全然駄目だと思う。
ワールドカップ中も女子サッカーは行われている。仙台レディースは今日、敵地でノジマステラ神奈川相模原と闘う。DAZNで応援だ。前節は酷い試 合をしてしまったけれど修正できているのか。試合が始まった。立ち上がりから互角の展開であった。内容的にも良かったと思う。しかし前半終了間 際、コーナーキックから失点してしまった。後半開始から、FWブラトヴィッチとMF船木が投入された。その船木がやってくれた。後半15分、左サ イドの崩しから綺麗に流し込んで同点。後半33分には逆転弾を決めてくれた。それをきっちり守り切り2-1で勝利した。
 これで、ドイツ戦・スペイン戦に続き、2-1で逆転勝利となった。この勢いで勝ち続けよう、日本代表も仙台レディースも!
早くも12月である。色々とやることがあるので、心が焦りに満ちてきた。まずは庭仕事だ。花を入れ替えないといけない。というわけで、 ザ=ガーデンでビオラを52株買ってきた。ビオラのみである。他の花だと冬にまた植え替えることになり面倒だから。帰宅後、ツル薔薇の誘引を始め た。ビオラを植えるのは明日。誘引も少しでも進めておきたいのだ。今日は、フィオーラ・ルージュ=ピエール=ドゥロンサール・マニュエルカノバス の誘引をした。例によって、フェンスの間を無理矢理通そうとして枝を折ってしまうこと2本ほど。もはや織り込み済みである。
12/2(金) の進歩 ブラボー
今年の流行語大賞が発表された。いや、今年の大賞は「ブラボー」だろう。今朝の長友の「ブラボー」を見たか!
 昨夜は21:30くらいに就寝した。そして3:45に起床した。起床直後から気合い十分。
 入場選手を見てちょっと驚いた。谷口だ。富安ではないのか。他は予想通りだった。遠藤はやはりいなかった。3バック、というより5バックで前半 は行くらしい。
 試合が始まった。やはり、スペインに圧倒的に支配される展開となった。スペインの華麗なパス回しを前にボールの奪い所がない。ハイプレスなど無 理で、自陣でブロックを組むしかなかった。何とか前半を無失点でと願ったのであるが、前半11分に早くもヘッドで決められてしまった。正直、これ はどうなるかと思った。後半開始から、三苫と堂安が投入された。そして後半3分、堂安が得意の位置から早々に決めてくれた。同点! これで日本に勢いが出た。後半6分には、ゴールラインを割ったかというボールを三苫が折り返し、走り込んだ田中が流し込んだ。ボールが出ていたか どうか VARの確認に入った。横からの映像では出ていたように見えたけれど、真上からの映像では皮半分残っているように見えた。緊張して待つこと3分、 ゴールが認められた! 皮半分とVARのおかげだ。ドイツ対コスタリカは1-1であった。このままなら引き分けでも決勝トーナメント進出である。どきどきしながらも、少 し余裕を 感じながら応援した。と、コスタリカ2-1ドイツ。これだと、引き分けでは決勝トーナメントに進めなくなる。心の余裕が完全に消えた。スペインの 攻めが続くけれど、日本の固いブロックに攻めあぐねていた。やがて、ドイツ3-2コスタリカと逆転した。アナウンサーは、引き分けだとやはり決勝 トーナメントに進めないと言っていた。そうなのかと疑問に思ったけれど、確かめる余裕もなかった。ともかく時間が過ぎるのを待った。ドイツ4-2 コスタリカ。こうなったら確かに引き分けでは駄目である。必死に守る代表を応援し続けた。そして7分という長い追加時間の後、主審が長い笛を吹い た。2-1で勝利!
 またしても生きた心地のしない闘いだった。我らが代表は必死に闘い抜いてくれた。これでなんと首位で通過である。誰が、ドイツとスペインを日本 が倒すと思ったであろうか。歴史的な快挙だ。
 決勝トーナメント1回戦の相手はクロアチアに決まった。ワールドカップでの対戦は3回目となる。強敵だけれど、スペインやドイツよりも与しやす いように思う。必ずや勝利して、まだ見たことのない世界に行こう!
修論にコメント。頑張って!
12/1(木) の進歩 決戦
決戦の夜である。日本代表は2日午前4時からスペイン代表と闘う。勝てば決勝トーナメント進出、負けたら敗退、引き分けたらややこしいという、ま さに命運を賭けた闘いである。圧倒的にボールを回される展開となるであろう。いかに守るか、それがまずは鍵となる。そして後半に1点を取って勝利 する。これが目指す闘いである。後半から柴崎と浅野を投入か。柴崎のパスに浅野が抜け出してゴールを決める。この場面をわくわくしながら待とう。 三苫をどう使うのだろう。先発か切り札か? 森保監督の決断を信じたい。さあみんな、4時前に起床して全力で我らが代表を応援しよう。

月初めの談話会があった。そうなんだ、おめでとう、おめでとう! いよいよ12月で、博論修論執筆の時である。他の学生も、面白い方向に着々と進んでいる。みんな、頑張って行こう!
 その後研究セミナーがあった。データが増えてより良くなった。お疲れ様でした。

プロジェクトK。Rで、平均値±標準誤差の作図をしようとした。命令文+オプションで簡単に描けるのかと思っていたら …………。標準誤差を自分で計算して、その値を命令文に書き込んでやらないといけないのだね。面倒な。これではExcelレベルだ。Rというのは何でも簡 単に出来ると思っていたのだが。それと、標準誤差を計算するコマンドがないのは何故? 標準偏差を元に計算しないといけない。これまた面倒ではないか。

11/30(水) の進歩 決戦前夜
いよいよ明日の深夜(2日午前4時試合開始)スペインとの決戦が行われる。スペインのボール回しは確かにすごい。しかし恐れることはない。サッ カーの目的は点を取ることであってボールを回すことではないのだ。回されるだけなら何も問題ない。ここぞというときに奪い返し、一挙に得点してし まえばよい。1-0で日本勝利!
修論が早くも届いた。さっそくコメント。改訂を頑張ってね。
研究相談。どういうモデルにするのか話をした後、Mathematicaのプログラム作りを始めて貰った。私が今現在行っているシミュ レーションのプログラムを活用できるので助かる。しかし、Mathematicaに謎のバグが。命令文に間違いはないのにエラーが出る。文を打ち 直したら問題なく実行できた。いったい何が起きたのか?
11/29(火) の進歩 目標は首位突破
コスタリカに負けて弱気になっていないか。決勝トーナメント進出のためには引き分け以上でないといけない、いや、勝つ必要があるとか。そうではな い。我々の目的はグループリーグを首位で突破することである。だからスペインを撃破するのだ。首位通過のためにスペインに必ず勝利 する。それが目 的だ!
昨日は、クラフトビールの店に学生と行った。5コマ目に講義があったので、大学に車を置いて地下鉄で店に行った。家にいったん帰ること なくである ……。こんなこといつ以来だろう。記憶にない。あんを世話するために、必ずいったん帰宅していたのだ。飲み終えて帰宅したときは、足早になって「あんっ」 と呼んだものだ。あんの世話のためにいったん帰宅することもなく、留守番で寂しがっているあんの名を呼ぶこともない。こんな暮らしが続くのか。
 クラフトビール美味しかった。修了生も来てくれて、楽しく会話も出来た。こういう不定期な飲み会もよいね。またやろう。
プロジェクトK。データの提示の仕方について考えた。要点をまとめた表が必要か。標準誤差と標準偏差の違いもその表にまとめて。こうしてどんどんと中身が 増えていく。増やすわけにいかないのだけれど。
11/28(月) の進歩 サッカーは厳しい
一夜明けて思うこと。つくづくサッカーは厳しい。世界中で愛され、世界中で盛んに行われている。なので、世界のあちこちに強豪がいる。まして、 ワールドカップに出てくる国に弱者などいない。願わくば昨日の試合をもう一度やり直したい。それも無理な話なので、大きな教訓として日本サッカー 史に刻み込んでいくしかない。
  スペインは、かのドイツよりもずっと強いとの噂である。引き分けに持ち込まれたものの内容ではスペインが上だったとか。でもまあ、 気にしている 暇は無い。全力で挑んで勝利あるのみ。
本日は、博士論文・修士論文の題目の提出日である。三人とも無事に提出したようだ。執筆を頑張ってね。
プロジェクトK。先週まで書いていた実験内容の確認をした。良い実験なのか、それとも当たり前のことの確認でしかない実験なのか。自分で わからなくなってきた。統計のことをまったく知らない人々に聞いてみたい。