つき
| ホーム | 「こ れ論」出版後の進行状況(要は日記です)|
| これから論文を書く若者のためのお経集 | 書籍版 「これから論文を書く若者のために」|
|これからレポート・卒論を書く若者のために |こ れから学会発表する若者のために:ポスターと口頭のプレゼン技術|
|これから研究を始める高校生と指導教員のために|100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに|
| 発表用資料 | リ ンク | 著書 | 自己紹介 | その他 | 陸 女寿司 |

「これ論」出版後の 進行状況

2005.10.20 から数え直し

論文の書き方・プレゼ ンの仕方に関する出張講義を承ります。お気軽にお声がけ下さい(私のアドレス;sakaiあっと tohoku.ac.jp)。こんな日記を書いている人なので大丈夫かと思われるかもしれませんが、かなり良い講義をすると自分では 思っています。

これから学会発表する若者のために
ポスターと口頭のプレゼン技術
第2版

 出来のお知らせ

2018年7月15日刊行
本体2700円 (税込 2916円)

本書初版が出版されてから9年半が経ちました。その間も私は、わかりやすいプレゼン技術をずっと 追求してきました。発表内容の練り方に関しても思考を続けてきました。そして、この9年半に得たものをすべて注ぎ込み、第2版を完成させ ました。説明の仕方も大きく変えましたた。各章の冒頭に要点をおき、重要なことがすぐにわかるようにしました。ポスター・スライドの良い 例と悪い例を対にして出し、良い点と悪い点が明確になるようにもしました。わかりやすさという点でも大きく進歩したと思います。
 本書は、学会発表の仕方に関する私の到達点と言えるもので、単なる第2版というより、究極の大改訂版と思っています。本書を読めば、学 会発表の仕方のすべてを理解できると確信しています。

日記へのリンクの仕方
20YY 年 M 月 D 日の日記へのリンクは、 http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/YY-M.html#D でお願いします。
2010 年 3 月 15 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/10-3.html#15
2009 年 11 月 2 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/9-11.html#2



若手研究者のお経
2019 年 1, 2, 3 , 4 ,5 ,6 ,7 ,8 ,9
2018 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2017 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2016 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2015 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2014 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2013 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2012 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2011 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2010 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2009 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2008 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2007 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2006 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2005 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2004 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2003 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2002 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2001 年 11, 12
これから論文 を書く若者のために 究極の大改訂版

ア マゾンで買う
これ か ら学会発表する若者のために:ポスターと口頭の プレゼ ン技術

ア マゾンで買う
これか らレポート・卒論を書く若者のために

ア マゾンで買う
こ れから研究を始める高校生と指導教員のため に:研究の進め方・論文の書き方・口頭とポスター発表の仕方

ア マゾンで買う
100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに

ア マゾンで買う
生き物の進化ゲー ム〜進化生態学最前線: 生物の 不思議を解く〜 大改訂版

ア マゾンで買う

9/20(金) の進歩 N君登場
新卒研生のN君が早くも登場してくれた。そしていきなり調査に同行。当人はそのつもりで来たのではないはずであるが、誘ったら喜んでついて来てく れた。こうやって先輩の調査を手伝い、いろいろと勉強していこう。
ベガルタ仙台レディースは明後日、ユアテックスタジアム仙台に伊賀フットボールクラブくノ一を迎え撃つ(13時試合開始)。残留のために 絶対に勝たなくてはいけない試合である。ホームの大声援で選手を後押ししよう!
Mathematicaによる数値解析は今日もうまくいかず。プログラムにバグがあるのを期待したのであるが、どうもないようだ。でも、 期待しない結果になる理由がうっすらとわかってきた。同様にうっすらとわかってきた、解決しようがないことも。
9/19(木) の進歩 ようこそ酒井研へ
新卒研生として、二人の三年生が酒井研に入ることになった。ようこそ酒井研へ。共に頑張って、充実した研究室生活にしようね。

今日の午後は、その新卒研生を迎えるための大掃除を行う。年末ではなくこの時期に行うのである。新卒研生を、気持ち良い部屋で迎えたいか ら。まずは、テーブル・椅子を廊下に出し、床掃除を行った。床用の洗剤をまいて、デッキブラシだの掃除用たわしだので磨いていく。これがかなりの 重労働である。それでも、綺麗になっていくのが気持ちがよい。ついでワックス掛けをした。私はやらなかったけれど、モップで擦るのも重労働だった とか。ワックスが乾くのを待つ間、廊下に出したテーブルにケーキ・お茶を用意して休憩した。ケーキは私の差し入れ。一人二個買ってあげた。30分 ほど後に、テーブル・椅子を戻した。最後に、新卒研生が使う予定の机を整理した。物置状態になっていたので、不要な物は捨て、必要な物は別の所へ 移動した。

別の所に移動した例。
 綺麗になった部屋を見渡す。新卒研生を迎えるためにこうして準備をする。我ながら、暖かい研究室だなと思った。思い返すと、去年の新卒研生だっ たSちゃんは、研究室に来た最初の仕事がこの大掃除だった。ごめんねー。今年はそういう思いをさせなくてよかったと感じ入った。

午前中はNちゃんと調査へ。順調にデータが増えていて嬉しい。
9/18(水) の進歩 今日も論文改訂
昨日の夜、Fちゃんが改訂してくれた論文を半分くらいまで読んでコメントを付けた。今朝も続きに没頭した。集中した甲斐あり、10時くらいにコメ ントを付け終えた。即、皆に送った。よろしくね。
 編集者は、改訂すればアクセプトすると言ってくれている。レフリーコメントに完璧に答えることが出来たと思う。あとは返送あるのみ。

今日は午後のみ。Sちゃんと一緒に泉ヶ岳へ。調査地の隣はキャンプ場である。帰り際、行きにはなかったテントが出現していた。今宵はキャ ンプか。ご飯はなんだろ。
久しぶりに、Mathematicaによる数値解析を再開した。こうすればうまくいくと思っていたことを試してみた。………ところが。 うーむ、じゃあ、どうすればいいんだ? 謎が深まるばかり。

9/17(火) の進歩 論文改訂
しばらく前に、今春に修士を修了して就職したFちゃんの論文が戻って来てた。非常に良い評価であった。Fちゃんは、仕事をしながら改訂を進めて くれた。先週末は、貴重な連休というのに改訂に没頭してくれたようである。すごい。改訂稿を送ってくれたので、さっそく目を通し始めた。明日には 私のコメントを送りたい。
午前午後と調査。まずは、Nちゃんと一緒に青葉山治山の森に行った。いつも通り2往復である。13時50分頃に研究室に戻った。そして 14時から、Sちゃんと一緒に泉ヶ岳へ。調査地の対面が草刈りされていて驚いたが、調査地を刈るのは待って下さるそうである。どうもありがとうご ざいます。16時30分くらいに研究室に帰還。晴れていて気持ち良かった。
昨夜は、植物学会の奨励賞を受賞したT君の祝賀会に参加した。植物学会に出ていないので、飲み会だけである。久しぶりに話すことが出来 た。受賞おめでとう! 益々のご発展を祈っている!

9/16(月) の進歩 雨でもやるのか
今日の午後、Sちゃんと泉ヶ岳に調査に行った。午前中は激しい雨。午後になって止んだので良かったと思っていた。しかし、車で走っている途中で雨 が降ってきた。泉ヶ岳に近づくと本降りとなり、どうしてこうなのかと驚きを隠せなかった。泉ヶ岳の大駐車場に着いた。かなりの雨というのに車が多 かった。連休だからか。併設されているキャンプ場では、なんと、バーベキューをしている団体がいた。大テントおよび屋根付きの焼き場の下にたくさ んの人がいた。こんな雨でもやるのか。しかし、人ごとながら、あまり楽しくないのではないかと心配になった。
重要書類書き。勝負。
 その後、医学部で行う講演の準備の締めをした。いい加減、論文集めを止めにする。もうこれで区切りとしないと。

9/15(日) の進歩 八木山コム
「八木山混む」と書こうとして「八木山コム」と誤変換された。格好いいのでそのままにする。
 というわけで、Nちゃんと一緒に青葉山治山の森に調査に行った。今日は、車で、八木山を通って林道入り口まで行く(ただし、一昨日の日記に書い た林道とは別の林道)。八木山は、青葉城趾・ベニーランド・八木山動物公園という三つの観光施設がある場所である。朝はすんなりと八木山を抜ける ことができた。ところが、午後の調査のために再び八木山を通ろうとしたら、車がびっしりと繋がっていた。1分に50mくらいしか進まない。そう か、連休で混んでいるのか。そういえば、午前の調査の帰りは、ベニーランド駐車場の入り口がちょっと渋滞していた。しかしその比ではない。実際、 ベニーランド駐車場入り口まで辿り着くも、出入りの渋滞はなかった。渋滞の原因は、八木山動物公園の駐車場であった。結局、抜けるのに1時間くら いかかってしまった。普段なら5分というのに。ゴールデンウィークの時の渋滞の凄まじさは知っていた。しかし、3連休でこんなになるとは。来週の 3連休も調査でここを通るであろう。さてどうしよう。

ベガルタ仙台レディース 0-2 浦和レッズレディース。You-tubeで応援した。立ち上がりこそ互角の展開だった。しかし、段々と浦和に支配されるようになった。そして前半22分、 前がかりになったところを逆襲され、仙台の中盤が大きく空いてしまった。戻って埋めようという選手がいない。そこから崩されて失点。前半を0-1 で終えた。後半が始まった。さあ1点返そう! FW浜田 遙選手が個人技で右サイドを突破、強烈なシュートを放った。しかしバーに跳ね返されてしまった。惜しいと思ったその次の瞬間、一発のロングボールで浦和 FW菅沢選手に抜け出され、ループシュートを決められてしまった。この失点が痛かった。結局、浦和に力の差を見せつけられて、0-2で終わった。
 暫定首位の相手なのだから仕方がない。次こそ勝利を!

快晴の一日だった。秋の空なり。夜は、庭のテーブルで月を眺めながら晩酌をした。気持ち良かった。
9/14(土) の進歩 iPhone XR
スマートフォンを買い替えた。まずは、ヤマダ電器のAUに行ってみた。「11とXの安い方にする」という旨のことを告げると、Xはもうどこにも 売っていないと言われた。うーんと思い退散。auの直営店に行ってみた。と、ちゃんとXがあった。11が出たので安くなったのだろうと思い込み、 Xを買うことにした。手続きに1時間半。お店の方が、データの移行のかなりの部分をやってくれた。帰宅後、icloudからバックアップをとり完 了。設定もデータもすべて復元された。Xは、今まで使っていた6よりも二回り大きい。こんな大画面、不要なのだけれど。ま、いいか。
気持ち良い秋空が広がっている。久しぶりに、庭で晩酌をした。ランプを灯してビールを飲む。気持ちがよい。されど、蚊に刺されること3ヶ 所。痒い。1時間ほどで室内に撤収した。
ベガルタ仙台3-1コンサドーレ札幌。これまで1分8敗と鬼門の厚別で初勝利を上げた。内容も良かったらしい。順位も一つ上がって14位 に。このまま上昇していこう!
9/13(金) の進歩 明日は札幌戦、明後日は浦和戦
ベガルタ仙台は明日、敵地で北海道コンサドーレ札幌に挑む(14時試合開始)。ここ4試合勝ちが無く、15位に沈んでしまっている我がクラブであ る。もう、上に行くしかない。敵地といえど必ずや勝利して、浮上のきっかけにしよう。
 ベガルタ仙台レディースは明後日、敵地で浦和レッズレディースに挑む(17時試合開始)。現在9位と、2部との入れ替え戦圏に沈んでいるレ ディースである。そこへ、首位浦和との闘い。四の五の言わずに勝利するしかない。もう一つも負けられない!

Nちゃんの調査が本格的に始まった。今日は、青葉山治山の森の奥の方に一緒に行った。徒歩20分ほどで、行きは下り、帰りは登りである。 帰りの登りがけっこう辛い。調査地に着いた。と、舗装された林道があった。前にも目にしたはずであるが、改めて気づいた感じである。近くで工事が 行われており、工事車両がこの林道を通っている形跡がある。となると市街地の道路に続いている? 林道の先の方へと歩いてみると、200mほどで市街地に出た。やった、街の道路と繋がっている。林道入り口は車止めで塞がれているけれど、入り口まで車で 来ることができる。そうすれば、調査地まで平坦な道を歩くだけですむ。やった! 明日からはそうしよう。
 この調査地は、去年の調査地よりもちょっと奥にある。去年の調査地へも、この林道を使えば楽に行くことができた。しかし去年は、山道を使ってい た。だぶん、60往復位したと思う。去年の私たちに教えてあげたかった。

今日も、合間をみて東北大医学部での講演準備を進めた。論文の例探しに凝ってしまう。いい加減に止めなさいという声が、あと一つだけとい う声に負けてしまう。凝り性な私。
9/12(木) の進歩 iPhoneを買い替えよう
今私が使っているスマートフォンはiPhone6である。バッテリーの持ちが悪くなってきたこともあり、いい加減に買い替えようかと思っている。 さて、どの機種にするか。9/20にiPhone11が発売される。となると、iPhone10が安くなる? 悩ましいのは、新機能にまっ たく興味がないのに最新のものが好きだということである。冷蔵庫にしても洗濯機にしても、その時の最新機が欲しくなってしまう。新機 能に興味がないのならiPhone10で十分ではないか、iPhone11だって、一年経てば最新ではなくなる。そう考えつつも、最新機でありた いという思いを断てない。さてどうするか。

修論調査のために治山の森へ。咲き始めている。明日から本格的に始めよう。
修士生が、数理生物学会での口頭発表の練習をした。初めて挑む口頭発表である。スライドがすっきりしていて良かった。本番を頑張っておく れ!
今日も、東北大学医学部で行う、論文の書き方の講演の準備をした。頑張った甲斐あり、序論の例はだいたい揃った。あともう少し頑張れば序 論の準備は完成だ。次はタイトルの準備をしないと。
9/11(水) の進歩 大迫、半端ある
昨日のワールドカップ予選で、日本代表はミャンマー代表に2-0で勝利した。勝ったのはもちろん良い。しかし、もっともっと点を取れる相手だっ た。一方的に攻め込むも、ゴール前を固める相手を粉砕することができなかった。見ていて、だんだんといらいらしてきた。とくに大迫。後半の中頃、 ゴール目の前でフリーになった大迫に、ぴったしのクロスが入った。あとはヘッドで決めるだけと思いきや、なんと、シュートをせずに味方に落とし た。ゴール目の前でフリーなのにシュートしないストライカーなんて。大迫、半端ある。

午前中は泉ヶ岳へ。雨の予報だったけれど保ってくれた。おかげで捗った。
 天気予報が良い方向に外れたのは嬉しかった。かたや、この頃の予報はわざと悪い目に出しているのではないかという話になった。そうすれば、「予 報に反して雨が降った」と文句を言われることが減る。外れたときには喜ばれる。………、考え過ぎか。

今日も宇宙語との格闘を続けた(昨日の進歩参照)。医学の英単語がさっぱりわからないので、いちいち調べるのが超大変である。あまりに効 率が悪いと茫洋としていたら。ふと思い立ってしまった。google翻訳。ずいぶんと昔に試したときは、あまりの酷さに笑ったのであるが。格段に 改善されていた。十分に使える。完璧な日本語とはほど遠いことは確かであるが、翻訳精度はかなり高い。おかげで、読解効率が100倍くらいになっ た。………、禁断の道に踏み込んでしまった。
9/10(火) の進歩 ワールドカップ予選始まる
いよいよ、カタールワールドカップに向けての予選が始まる。我らが代表は今夜、敵地でミャンマーと闘う(日本時間21:20試合開始)。日本の方 がはるかに格上である。しかし敵地では何が起こるかわからない。初戦という緊張感もある。心して挑み必ずや勝利しよう。前回の予選初戦みたいに、 引き分けなんてやめてくれよ。

卒研のために泉ヶ岳へ行った。ぽちぽちと咲き始めている。秋の調査開始だ。
口頭発表予定のスライドを見せて貰った。すっきりしていて見やすい。少々の意見を述べた。引き続き頑張って。
 その後、卒研のデータ解析のお手伝いをした。いやその前に、まとまった部数のコピーのとり方に革命を起こしてあげた。楽でしょ。解析も頑張って 頂戴。

今日も、医学部で行う講演の準備を進めた。Natureの論文に良いイントロを見つけた(※)ので翻訳に取りかかった。多発性硬化症とい う神経疾患の病理を調べた論文(Nature 2019:75-82)である。単語がさっぱりわからない。だいたい、4,5単語に1単語はわからない。もう宇宙語だ。たとえ ば、"oligodendrocytes (OLs) causes demyelination and focal plaque formation accompanied by progressive axonal damage in white matter (WM), and active MS plaques typically show a rim of inflammation with myelin phagocytosis"とか、"Cortical GM pathologies include demyelination and damage to the axon, neurite and neuron cell body, particularly in areas underlying meningeal inflammation with plasma cell infiltration"とか。わからない単語を一つ一つ調べ日本語に置き換えていった。そうしたら理解できた。漢字ってすばらしい。読めば意味が理解 できる。かたや、"oligodendrocytes"とかって、英語母語でも、非専門家はさっぱり理解できないのではあるまいか。

※ 考えてみると、Natureに対してずいぶんと上からな物言いであるな。「良いイントロを見つけた」とは。

9/9(月) の進歩 祝アクセプト
来月、東北大学医学部および日本整形外科学会において論文の書き方の講演を行う。早くも今日から準備を始めた。学生の調査が始まるので、これから どれだけ準備の時間を取れるのかわからない。なので早めにということである。
 せっかくだから、論文の実例を医学系のものにしたい。というわけで、Nature, Scienceの論文を読み始めた。明日も続けよう。

Nちゃんと研究計画について議論。その方向でいこう。去年のデータを解析したものも見せてくれた。面白い。今年もデータを取ってみて、結 果を補強しようね。
9/8(日) の進歩 祝アクセプト
もっちー論文1号がAoB Plantsにアクセプトされた。

Mochizuki, J., Itagaki, T., Aoyagi Bule, Y., Ito, M., and Sakai, S. Ovule and seed production patterns in relation to flower size variations in actinomorphic and zygomorphic flower species. AoB Plants in press.

放射相称花・左右相称花の胚珠・種子生産の違いを解析した論文である。両者は訪花者が異なるので、それが胚珠・種子の生産戦略にも影響することを 示した。49種ものデータを取り、説得力のある結果を示してくれた。もっちーを始めとする皆の努力がついに実った。おめでとう、おめでとう。

実は昨日の昼に、とてもまずい蕎麦を食べてしまった。口直しに山形に行こう。そう思い立ち、せっかくだからとまずは蔵王温泉の大露天風呂 に行った。温泉街に着き、大露天風呂を探してしばし迷う。毎度のことだけれど、今日はしっかり迷ったので、次回以降は迷うこともないだろう。温 泉、気持ち良かった。帰路、道沿いにあった古民家の蕎麦屋に入った。美味しかった。昨日の仇を取ることができた。
9/7(土) の進歩 苦杯
ベガルタ仙台レディース 1-2 ノジマステラ神奈川相模原。試合運びの不味さよ。
 最下位を脱出したものの、残留争いはまだまだこれからである。今日ももちろん必勝あるのみ。そう決意して角田市陸上競技場に向かった。暑い。な んだこれ、夏がぶり返した。
 試合が始まった。新外国人の二人は今日も控えに。うーむ、そういう実力の選手なのか。試合の方は仙台が優勢に進めた。PKを取られるも、気合い で外させてますます快調となった。後半6分、右サイドを崩して、FW浜田 遙選手が先制点を上げた。その後も何度か好機を作るも、最後の精度を欠いて決めることができず。追加点を奪えなかったことが痛かった。そして後半29分に 追いつかれてしまった。後半36分には、一瞬の隙を突かれて、自陣ゴール前で数的不利になってしまった。元仙台の佐々木 美和選手に決められてしまった。その後の反撃も及ばず。1-2で逆転負けを喫した。
 取るべき時に取る。当たり前だけどこれが大切だ。次節こそは勝利を!

それにしても暑かった。こんな中でやる選手達が可哀想だった。涼しくなって、夏は終わったと思ったのに。やってられない。
9/6(金) の進歩 気仙沼高校で講演
今日は、宮城県気仙沼高校において、論文の書き方・ポスター発表の仕方の講演を行う。10時過ぎに自宅を出て気仙沼へと向かった。
 せっかくだからフカヒレラーメンを頂いてみよう。そう思って、シャークミュージアム内の店に行った。店外のメニューを見ると、フカヒレラーメン 一杯2500円であった。ラーメンにそんな金を払えるか。予定変更して、普通にカツ丼。
 気仙沼高校に着き、担当のC教頭先生・S先生らにご挨拶。14:50分からまずは、生徒さん向けの講演である。最前列に、前回の講演の時に質問 をしてくれた生徒さんが座っていた。ちょっとお話をして、研究の進捗状況を尋ねた。講演が始まった。時間が足りるのか足りないのかよくわからない まま、話を進めていった。もうすぐ終わるというところで、授業終了の鐘がなった。わっ、高校では、終わっても話を続けると大ひんしゅくを買うん だっけ? しかしやめる訳にもいかず、2分ほど超過してしまった。御免なさいね。その後、先生向けの講演を行った。こちらはほぼ時間通りに終わった。
 担当のC教頭先生・S先生、お世話になりました。お声がけ下されば、また喜んで伺います。

実は今宵は陸女寿司に行く。高速に乗って一挙に帰ろう。そう思ったところで、ガソリンが少なくなっていることに気づいた。それでもしばし 高速を走ったけれど、「三陸道に給油所なしか?」と不安になって下道に降りた。ところが下道も、建物さえもない状態が延々と続いた。建物だと思っ たらセブンイレブンで、しかもそれが二回も続き、「セブン要らない」とかなり真剣に思った。ようやくガソリンスタンドを見つけたときは心底ほっと した。

久しぶりに陸女寿司へ。今宵も美味しかった。ご馳走様でした。
9/5(木) の進歩 祝仮アクセプト
もっちー論文1号が戻って来た。仮アクセプトだ。あとちょっとだけ直せばアクセプトするとのこと。やった! 嬉しい。さっそく改訂して返送した。正式なアクセプト通知が早く来ますように!
 論文はレフリーの元に送られていた。9/3の進歩に書いたような状況だったので、レフリーに送られなかったのかと思っていた。送られたのな ら、"reviewer assigned"とかになるはずだが。ちょっと不思議だ。

研究相談。うん、この方針で行こう。
 その後、泉ヶ岳へ。車一台がぎりぎりで、道の両脇の草本が車側面にかさかさとぶつかる道を1kmくらい走った。車の底部からは、何かを引きずっ ているようなカラカラという音が聞こえてくる。ようやくにして目的地に着いた。車を降り底部を覗き込むも、何も引っかかっていなかった。よかっ た。目的を果たすべく、植物を探ししばし歩き回った。と、ベンチとテーブルが設置された一角があり、こんなところに誰が遊びに来るのかと思った。 植物は見つかった。されど個体数が少ない。
今夜はパラグアイ戦である(19:30試合開始)。ワールドカップ予選が早くも始まるので、そのための調整試合である。久保ら若手も招集 されている。どんなメンバーで挑むのか楽しみだ。
9/4(水) の進歩 探究活動
高校では現在、「総合的な探究の時間」というものが行われている。「課題を発見し解決していくための資質・能力を次のとおり育成することを目指 す」
(文部科学省高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説より)ものである。要は、問題の発見と解決の高度な能力を養うためのものだ。研究活動に 近い。これ以外にも、古典探究・地理探究・日本史探究・世界史探究・理数探究基礎・理数探究といった科目も新規に開設されるらしい。これまで、理 科系の一部の生徒さんのみが行っていた課題研究を、全生徒さんに広げるということである。良い試みだ。そうはいっても、指導する先生方も大変であ る。いきなり、探究活動の指導をせよと言われても。しかも、全生徒さんが対象。
 というわけで、「これから課題研究を始める高校生と指導教員のために:研究の進め方・論 文の書き方・口頭とポスター発表の仕方」の著者として、力になれることがあるのではないかと思っている。7月には、豊島岡女子学園で 探究活動の仕方の講演を行った。今月の25日には、宮城県の高校の先生方を対象に、探究活動の指導についての講演を行う。お呼びが掛かればどこに でも講演に出向く所存である。どうぞお声がけ下さい。

月初めの談話会があった。秋の調査が始まる。新しい実験も。今月も頑張っていこう!
9/3(火) の進歩 良き日なり
起床してメールを確認すると、Fちゃんからメールが届いていた。論文が戻って来て、担当編集者・レフリーのコメントを転送してくれたのだ。読んで みると、とても高く評価してくれていた。"exciting"などと書いてある! でももちろん改訂が必要である。慎重に改訂して、必ずや受理させよう!
 かたや、Mちゃん論文1号の様子も気になっていた。要改訂で戻って来たのを、先月上旬に返送していたのだ。投稿先のサイトで審査の進捗状況を確 認したところ、

Under Review    2019-08-09 07:37:18
Handling Editor Assigned    2019-08-09 07:37:18

であった。担当編集者決定と同時にunder reviewになっているのだから、担当編集者によるreviewということであろう。そして先ほど再確認したら、

Processing Decision    2019-09-02 21:19:03

になっていた。「レフリーが決まった」が間に入っていないので、担当編集者が判定をしたということであろう。コメントは好意的だったし、完璧に直 したつもりである。良い判定を期待しよう。いきなりリジェクトだったら泣くぞ。
  同じく先月返送したMathematicaシミュレーション論文も、レフリーに行ったらしい。初稿は、レフリーに送ることなしの要 改訂であった。担当編集者が高く評価してくれていて、でも、レフリーに送る前に直して欲しい点があるということだった。再シミュレーションするな どして完璧に応えた。その甲斐あってレフリーに送ってくれたらしい。嬉しい。と、受理させるためにはこれからが勝負なのに、すでに浮き浮きしてし まっている私。

今月の25日に、宮城県の高校教員を対象に探究活動の指導についての講演を行う。高校のカリキュラムに、探究活動というものが導入された のだ。早くも今日から準備を始めた。まずは、探究活動について色々と調べた。
Mathematicaの解析。うーむ、わからない。どうしたら望む解が出るのか。何が鍵なのか。模索が続く。
9/2(月) の進歩 男子はまずい
書くのを忘れていたけれど、ベガルタ仙台の男子はまずい状況になった。土曜日のサガン鳥栖戦に1-2で敗れてしまった。現在15位。J2との入れ 替え戦に行く16位との勝ち点差はわずかに1。即降格の17位との勝ち点差も4しかない。救いは、9位との勝ち点差も3しかないということか。残 留争いは稀に見る大混戦である。勝利勝利で抜け出さないといけない。

葛岡霊園へ。火葬されに行った訳ではない。ただっ広い。ここだけ異世界のようだった。探し物は見つからず。
Mathematicaの解析。改良すべき点を見つけ、プログラムの修正に勤しんだ。頑張った甲斐あり完成 ……… のはずである。実行結果は、半分は期待通りで半分はそうではなかった。バグによるものなのか、これが正しい結果なのか。バグはないと思うけれど、確信を持 てないところが恐い。

9/1(日) の進歩 和製英語
随分と前に録画していたCool Japanを見た。日本の英語に関する回で、和製英語も出て来た。「コインランドリー」「オープンカー」など、通じない英語がたくさん使われているとのこ とであった。あ、そう。始めに断っておくと、私はカタカナ語が大嫌いである。でも、和製英語が「英語」として正しくないとして、それが一体なん だっていうのだろう。和製英語は、「日本語」として使っているのであって、「英語」として使っているわけではない。日本語として便利であればそれ で良いのだ。英語としてどうかなんて、関係ない話であろう。

我が家の芝は、無事に夏越しをしたと判断した。これから、刈り高を低くしていく。今日は刈り高3で刈った。
夜は、街に出て従姉妹と会食をした。岩手の大槌町に出張に行き、その帰りに寄ってくれたのだ。久しぶりの会話を楽しんだ。
8/31(土) の進歩 勝った!
ベガルタ仙台レディース 2-1 INAC神戸レオネッサ。勝ちきった!
 試合は12時から盛岡で行われる。12時とは中途半端な時間と思っていたら、J3いわてグルージャ盛岡の試合との同時開催であった。こちらは 15時から。照明施設がないのでこういう時間設定なのか。納得しつつ、8時過ぎに車で盛岡へと向かった。10時過ぎに着いてしまい時間を持て余 す。早めの昼食を摂っていわぎんスタジアムに入った。サポ仲間のOさんご夫妻と遭遇。お近くの席に座った。見上げると、なでしこの高倉監督がいら していた。花束贈呈は田嶋日本サッカー協会会長だった。豪華なり。
 試合が始まった。予想通り、神戸がやや優勢であった。しかし仙台もしっかりと守っていた。段々と、攻勢に出るようにもなった。そして前半42 分、右サイドを崩し、最後はFW白木 星選手が決めてくれた。待望の先制点。星は、ベンチに駆け寄って控え選手達と喜びを交わしていた。試合再開。このまま前半を終えたいところである。そこ へ、神戸が猛攻を仕掛けてきた。仙台の選手は逆に集中を欠いてしまった。神戸DF鮫島 彩選手にフリーでセンタリングを上げさせてしまい、FW増矢 理花選手にヘッドで決められてしまった。彩のサイドにいたMF安本 紗和子選手は、「しまったー」という感じで頭を抱えていた。1-1で前半を終えた。後半も、ほぼ互角の展開が続いた。後半34分、新加入のFWジョーダ ン=マラダ選手が投入された。さて、どんなプレーをするのやら。神戸のコーナーキック時に豪快なヘッドでクリアし、身体能力はありそうだなと思っ た。そして追加時間2分、前がかりになって攻めてきた神戸からボールを奪うと、DF市瀬 菜々選手がジョーダンへと繋げた。フリーとなって神戸ゴールへ。右には、FW浜田 遙選手もフリーで走っていた。自分で打つか、GKを引き寄せて遙かに渡すか。そこはストライカー、自分で打ち、綺麗に決めてくれた。これが決勝点となり、 強敵の神戸を2-1で破った。
 新加入のジョーダン、期待が持てそうだ。決定力がありそう。同じく新加入だけれど今日は出場しなかったMFミレイニ=カブラル選手への期待もつ られて高まった。
 9位だった日体大FIELDS横浜が敗れたので、最下位を脱出し9位に上がった。次節は8位に上がるぞ!

帰宅後、庭で祝杯を上げた。と、遠くから花火の音が聞こえてきた。そうだ、泉区の花火大会だ。バルコニーに駆け上がり音のする方を見てみ た。花火が、辛うじて見える感じだった。でも、じっくり見たくなるような大きさではなかった。庭に戻って祝杯を続けた。
8/30(金) の進歩 明日は神戸戦と鳥栖戦
いよいよなでしこリーグが再開する。ベガルタ仙台レディースは明日、盛岡市のいわぎんスタジアムにおいてINAC神戸レオネッサと闘う(12時試 合開始)。現在、最下位に沈んでしまっている我がクラブである。2ヶ月強におよぶリーグ中断期間中、我がクラブは一から鍛え直したはず。選手も二 人補強した。強化を図ったのは相手も同じという点は置いておいて、中断期間中の成果を是非とも見せて欲しい。神戸の主催試合なれど、こちらの方が 地理的に近い。なかばホームの力も得て、必ずや勝利しよう。
 男子は明日、敵地でサガン鳥栖と闘う(19:30試合開始)。順位が少しずつ落ち、15位になってしまった我がクラブである。明日は、16位の 鳥栖との降格圏直接決戦である。こちらも必勝あるのみ。明日からV字回復しよう。

来週金曜日に、気仙沼高校において論文の書き方・ポスター発表の仕方の講演を行う。本日、その準備をした。これまでに色々な高校で行って きた講演ファイルを元に、新たなファイルを作り直す。その時は完璧と思っていたスライドも、改めて見直すと気づく点が出てくる。それらを地道に直 して、新しいものを作っていった。それにしても、気づきだしたらきりがない。見直す度に何かしら見つけてしまう感じだ。
今年も、宮崎大学工学部においてプレゼンの仕方の講演を行うことになった。お声がけありがとうございます。頑張ります。
8/29(木) の進歩 あん
今朝のこと。いつも通りに起きて、私一人が居間へと降り立った。あんは、今日は寝室で寝たままである。一緒に降りてくることもあれば、寝たままの こともあるのだ。私の朝食を終えるとあんのご飯となる。「あんっ」と呼ぶと、二階からダッシュで降りてきた。そしてご飯。その後はトイレとデザー トである。すべてを終え、あんは、二階の書斎へと上がっていった。書斎がお気に入りで、そこで過ごすことが多いのだ。ところが今日は、しばらくし てから居間に降りてきた。そして私にまとわりついた。身支度のために私が二階に上がると、あんもついてくる。と、あんの足取りがおかしくなった。 立っているのが精一杯で、前に進むことができない。尻尾は、後肢の間に挟み込まれている(元気の無い印)。前肢を踏み出した途端、ばたと倒れてし まっ た。抱えて立ち上がらせるも、やはり足元が覚束ない。 まとわりついたのは、体調不良で不安になったためか。あんは、右後肢を脱臼し、手術をした経験がある。年を取ると歩きにくくなると医者が言ってい た。あるいは心臓病の影響? しばらく一緒にいて様子を見た。目の前にある犬用クッションに寝ようとしているのに、なかなか前に進めない。どうにかクッションの上に寝たものの、外に出 ている後肢を中にしまえない。手伝ってあげてクッション内に身体を納めた。後ろ髪を引かれる思いで出勤。冷静さを失っていたのか、冷蔵庫に入れて ある弁当を持ってくるのを忘れた。

あんのことを気にかけつつ、Mathematicaの解析を進めた。プログラムが着々と出来上がっていく。
やがて、三年生が一人訪ねて来てくれた。研究室見学の約束をしていたのだ。私とお話をしたあと、先輩達とも話をした。興味の内容、まさに私の原点であ る。関連したことをやっている先輩もいるし。酒井研に入ってくれたら大歓迎だよ。
終わったのが11:30。実は、13時にも研究室見学の学生さんが来る。家に戻って、あんの様子を見る時間はある。車に乗せて連れてき て、研究室見学が終わり次第、エビス動物病院に連れて行こう。そう思い立ち、急いで家に戻った。居間に入ると、あんがそこにいた。書斎のクッショ ンで動けなくなっていると思っていたのに。そして、嬉しそうに私の所に駆け寄って来た。足は痛くないの? 歩かせてみたところ、大丈夫そうであった。朝は一時的に痛かったのか。とりあえずほっとした。
 せっかくだから、持っていくのを忘れていた弁当を自宅で頂いた。結果だけ見ると、弁当を忘れたので自宅に食べに戻ったということ になった。病院には連れていかなくてよいだろう。

午後も研究室見学。私とお話をしたあと、先輩達とも話した。またしても、酒井研に合っていると思った。入ってくれたら大歓迎だよ。
Mathematicaプログラムがいちおう出来上がった。実行したところ、半分は期待通りの結果、半分は期待に反する結果であった。い や実は、期待に反する部分は、そうなるだろうとある程度予想していた。期待通りではないが予想通りである。さて、次の一手は。