| ホーム | 「こ れ論」出版後の進行状況(要は日記です)|
| これから論文を書く若者のためのお経集 | 書籍版 「これから論文を書く若者のために」|
|これからレポート・卒論を書く若者のために |こ れから学会発表する若者のために:ポスターと口頭のプレゼン技術|
|これから研究を始める高校生と指導教員のために|100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに|
| 発表用資料 | リ ンク | 著書 | 自己紹介 | その他 | 陸 女寿司 |

「これ論」出版後の 進行状況

2005.10.20 から数え直し

論文の書き方・プレゼ ンの仕方に関する出張講義を承ります。お気軽にお声がけ下さい(私のアドレス;sakaiあっと tohoku.ac.jp)。こんな日記を書いている人なので大丈夫かと思われるかもしれませんが、かなり良い講義をすると自分では 思っています。

これから学会発表する若者のために
ポスターと口頭のプレゼン技術
第2版

 出来のお知らせ

2018年7月15日刊行
本体2700円 (税込 2916円)

本書初版が出版されてから9年半が経ちました。その間も私は、わかりやすいプレゼン技術をずっと 追求してきました。発表内容の練り方に関しても思考を続けてきました。そして、この9年半に得たものをすべて注ぎ込み、第2版を完成させ ました。説明の仕方も大きく変えましたた。各章の冒頭に要点をおき、重要なことがすぐにわかるようにしました。ポスター・スライドの良い 例と悪い例を対にして出し、良い点と悪い点が明確になるようにもしました。わかりやすさという点でも大きく進歩したと思います。
 本書は、学会発表の仕方に関する私の到達点と言えるもので、単なる第2版というより、究極の大改訂版と思っています。本書を読めば、学 会発表の仕方のすべてを理解できると確信しています。

日記へのリンクの仕方
20YY 年 M 月 D 日の日記へのリンクは、 http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/YY-M.html#D でお願いします。
2010 年 3 月 15 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/10-3.html#15
2009 年 11 月 2 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/9-11.html#2



若手研究者のお経
2021 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9
2020 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2019 年 1, 2, 3, 4 ,5 ,6 ,7 ,8 ,9 ,10 ,11 ,12
2018 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2017 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2016 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2015 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2014 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2013 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2012 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2011 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2010 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2009 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2008 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2007 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2006 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2005 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2004 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2003 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2002 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2001 年 11, 12
これから論文 を書く若者のために 究極の大改訂版

ア マゾンで買う
これ か ら学会発表する若者のために:ポスターと口頭の プレゼ ン技術

ア マゾンで買う
これか らレポート・卒論を書く若者のために

ア マゾンで買う
こ れから研究を始める高校生と指導教員のため に:研究の進め方・論文の書き方・口頭とポスター発表の仕方

ア マゾンで買う
100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに

ア マゾンで買う
生き物の進化ゲー ム〜進化生態学最前線: 生物の 不思議を解く〜 大改訂版

ア マゾンで買う

9/16(木) の進歩 あの手この手その一
あんに、何とかしてご飯を食べさせようとしているこの頃である。一番の心配事であり、朝夕の食事の時間になると、また食べてくれないのではと憂鬱 になる。しかし本日、嬉々として食べて貰える手法を一つ発見した。「ハム + 生食パン」である。昨夕に、ハムと他の食材をお皿に入れて出したところ、ハムだけを選んで食べた。ハムは食べるのか。しかし他の食材も食べて欲しい。焼い た食パンは食べてくれたので、焼いたパンの上にハムを乗せて口元に持っていった。と、食べようとするのだけれど、なかなか咬みきれない。結局、丸 ごと口から出してしまう。堅いのがいけないのかと思い、焼いていないパンの上にハムを乗せて口元に持っていった。と、これはほぼ一瞬で食べてくれ た。もう一つ口元に持っていくとまた一瞬であった。次のも一瞬。入れ食いとはこのことか。おかげで、蛋白質と炭水化物を十分に摂っ てくれた。別の柔らか目の食材にハムを乗せても入れ食いとなるのでは? 明日の朝試してみよう。

今日も、新しいモデルのプログラムを書き進めた。実に快調である。難航するのではと思っていたので、何か罠があるのかとさえ思ってしま う。ずっとこのまま行って欲しい。
9/15(水) の進歩 食べる物を調査中
あんが、犬用の主食をまったく食べてくれない(9/13の進歩参照)。しかしチーズは食べてくれる。オブ ラートに入れた薬をスライスチーズで包み食べさせている。栄養にもなるし薬も飲んでくれて一石二鳥だ。犬用のおやつも食べる。でもそれでは栄養が 偏る。総合栄養食のチュールも食べる。ただし、チューブから吸うようにしないと駄目である。なぜか、お皿に出すと拒否なのだ。吸引だけでは効率が 悪い。他の食材はどうだろうかと試してみることにした。今のところの結果である。

バナナ ×
柿   ○
桃   ×
ササミ ○
レバー ×
食パン ○
人参  ×
出汁巻き卵 ○
生卵  ◎

○の食品をバランス良くあげるようにするしかない。もっと他の食材でも試そう。

今日も、新しいモデルのプログラム書きを続けた。長くしたくない、簡単にしたいと思いつつ。気づくとすでにけっこうな長さになっている。 やむを得ないか。ともかくも、出来るだけ簡単にしていきいたい。
9/14(火) の進歩 論文返送
昨日の夕方、戻って来ていた論文を改訂し、英文校閲に出した。ほんの少し書き直しただけだし、すぐ反応してくれる校閲者だし、本日の朝までに戻っ てくるだろう。夜中に戻って来ることもありうる。戻り次第返送しようと思ったので、昨夜はそこそこに遅くまで待った。しかし、睡魔に負けて断念し た。今朝戻ったので、校閲内容を確認後、投稿先に即返送した。これで通りますように。
 今回の校閲で学んだこと。orで繋げる単語は単数として扱うものとばかり思っていたけれど、そうでもないのだね。"plants A, B, C, and D"は当然複数形である。かたや、"plant A, B, C, or D"ではなく、"plants A, B, C, or D"となるそうだ。そうなのか。そう言われてじっくり考えると、「AかBかCかD」を複数として扱う気持ちがわかってきた。これらA, B, C, Dのうちのどれかという感じである。

ついに、新しいモデル作りを始めた。Mathematicaを立ち上げプログラムを書いていく。今度こそ簡単なものにしたいと毎回思うの であるが、今回も相当に複雑になるであろう。げんなり。
9/13(月) の進歩 あんの食欲が
あんがまた、ご飯を食べなくなってしまった。一時は回復したのだけれど、このところまた量がかなり減っていた。そして土曜日からほとんど食べなく なってしまった。主食のかりかりのドッグフードはまったく食べようとしない。これまでは食べていたのに。チーズはどうにか食べてくれる。ところ が、 目の色を変えて食べていたレバーも食べない。心配なのでエビス動物病院に連れて行った。点滴をしたり注射を打ったりと治療をして貰った。回復を期 待したのだけれどやはり駄目だ。かりかりにまったく手をつけない。試しに、缶詰の柔らかいドッグフードを出してみた。と、こちらは少し食べてくれ た。おやつも食べた。あん、少しでも食べておくれ。
 犬用の主食は、かりかりか缶詰である。あんはずっとかりかりで育った。今年の春くらいにかりかりに手を付けなくなった。缶詰を与えたところ食べ たので、それからは主食を缶詰に変えていた。ところが夏くらいに、缶詰を食べなくなってしまった。そして、かりかりなら食べるようになった。今度 はまたしても缶詰に? この周期変化は何なのか。ま、食べてくれるのならよいが。

先週末、論文が戻って来ていた。モデルがどつぼにはまったやつである。どんな判定かとどきどきして見たら、要小改訂であった。ほっとし た。本日ささっと改訂を済ませた。そして英文校閲に送った。戻りしたい返送だ。
9/12(日) の進歩 WEリーグ開幕
今日ついに、女子サッカーのプロリーグWEリーグが開幕する。待ちに待った女子プロサッカーリーグの誕生である。女子サッカー強化のためにも人気 拡大もために絶対に必要であった。悲願達成。しかし前途は多難と思う。いかに軌道に乗せるか。皆が一丸となって闘わないといけない。
 仙台レディースは今日、ユアテックスタジアム仙台にノジマステラ神奈川相模原を迎え撃つ。意気込んで参戦した。試合が始まった。立ち上がりか ら、仙台が一方的に支配する展開となった。ほとんどを相模原陣内で闘っている。攻めも多様で面白かった。中央からの崩し、サイドからの崩し。セン ターバックが、ボランチのように攻撃を組み立てる。どころか時には、2列目のように走り込む。得点は時間の問題と思ったのであるが。ミスが多い。 クロスの精度も低い。打っても決めきれない。なんか、男子日本代表の試合を見ているようであった。攻め込めど点を奪えない。そのまま前半を終え た。後半になると相模原も少し盛り返してきた。しかし仙台が支配する展開は変わらなかった。ゴールに迫る場面も増え、「入った」と思った瞬間が二 度三度。されどなぜか弾き出されている。結局無得点のまま試合を終えた。0-0で引き分け発進となった。
 もったいなかった。大差で勝たないといけない試合だった。クロスの精度を上げておくれ。これが最大の課題と思う。
 プロ化して変わったことがいくつかあった。アウェーチームも18人で来ていた。これまでは大抵16人だったのに。医療スタッフも連れてきてい た。選手交替の掲示板も電光のものになっていた。これまでは、手で数字を描くやつだった。主審が、FKの時の選手の立ち位置を決めるスプレーを 持っていた。ようするに、Jリーグとほとんど同じになっていた。ただしVARはなかった。
 かくしてこれから熱い闘いが続く。皆で応援してリーグを盛り上げよう!

ベガルタ仙台3-2ガンバ大阪。帰宅後にDAZNで応援した。0-0から数分で2-1になるという激しい試合であった。それを勝ちきっ た。実に12戦ぶりの勝利である。残り10戦、一つ一つが命を賭けた決戦だ。全勝の勢いで行くぞ!
9/11(土) の進歩 飛行機で帰らさせられそうになった
今日は、山形の湯野浜温泉に行く。海を見ながら浸かることができる露天風呂があるそうなのだ。涼しいのであんを連れて出発。山形道を走った。鶴岡 で蕎麦を頂いた。美味しかった。そして湯野浜温泉へ。海水浴場になっていて、砂浜と海が綺麗だった。あんを歩かせるも、10m歩くごとにぺしゃり と座り込んでしまう。足がますます弱っている。可哀想に。散歩後、愉海亭みやじまに入った。屋上に露天風呂があるはずなのだが、なぜか2階の浴場 に案内された。眺めは良かったけれど、内湯なので室内全体が暑い。湯から出て涼む場所がなくて大変だった。やはり露天風呂だろ。確認したところ、 露天風呂は16時からとのことであった。それで同じ値段を取るのか。
 夕食の魚を買おうと、鶴岡のおさかな市場に寄った。あまり期待していなかったのであるが、地元の鮮魚がたくさんあって感激した。そいとボタンエ ビを購入。夕食が楽しみなり。
 カーナビで、目的を自宅にして帰路についた。高速に乗ったところ、庄内空港インターで降りろとのことであった。なんか、来た道と違う。帰路が青 線で示されているので、ちゃんと自宅まで繋がっているのか確認した。と、庄内空港に入っている。そしてそこで青線が終了している。???。半信半 疑、というより一信九疑でカーナビの指示に従って走った。庄内空港入り口で曲がれと言う。そしてとうとう空港に入ってしまった。帰路の青線はここ で終わっている。なんと、飛行機で帰らされそうになった。車どうするの?

ちゃんと車で帰宅後、そいを刺身に下ろした。美味しかった。あら炊きもした。これで800円とは安すぎである。
9/10(金) の進歩 藤七温泉へ
今日から秋休みである。前半は温泉三昧とする。今日は、岩手県の藤七温泉に行く。東北でもっと高標高にある温泉である。以前にいったことがあり、 そのときは生憎の雨だった。眺めが良さそうだったので、晴れているときに行ってみたかった。というわけで東北道を走った。松尾八幡で降り、八幡平 方面へと向かった。山の上に雲がかかっていてちょっと不安に。しかし藤七温泉に着いてみると、ちゃんと晴れていた。よかった。さっそく入浴した。 ほどよい熱さで気持ち良かった。しかし以前に来たときはぬるくて大変だった。あの時は雨。露天風呂とはいえ、天候でこんなに変わるのか? ちなみに、前回ちょうど良い熱さだった湯船は、熱くて入れなかった。何人かが挑んでいたけれど、一人も入ることなく撤退していた。
 良い風呂だけど、ちょっと遠いか。高速の長時間運転は疲れる。

9/9(木) の進歩 重陽の節句
今日は重陽の節句である。不老長寿を願う日だ。こういう、日本古来の行事を大切にすべきではないか。と、本日とくに何もしない私の主張。
不当判決に対する反論の文を練っている。あんな勘違いのせいでリジェクトなんて受け入れられない。何としても覆させるのだ。
明日から小さな秋休みを取る。しばし更新をお休みするかもしれない。生きてはいると思っておくれ。
9/8(水) の進歩 豊島岡女子学園中学校で講演
豊島岡女子学園中学校において、探究活動の仕方のオンラン講演を行った。中学3年生全員が対象である。論文の実例を示しながら説明するのだけれ ど、これらはみな高校生の論文だ。難しくないかと不安を持ちながらの講演であった。論文部分は生徒さんに読んで貰った。読んでみて難しかったか訊 いたところ、そういうのもあれば大丈夫なのもあるという感じだった。中学生の論文が手に入るといいのだけれど。でもまあ、皆さん反応良く聴いてく れたと思う。
 担当のN先生、お世話になりました。高校2年生対象の10月の講演も頑張ります。

日本代表 1-0 中国代表。勝てて良かった。しかし内容は ………。前半は、自陣に全員がどん引きしてプレスも掛けてこない中国に対し、好き放題にやることができた。しかし決定力が。3-4点取れるはずのところが 1点だけに終わってしまった。後半、中国が前に出て来た。と、日本の消極プレーが目立つようになった。打てるところで打たない、仕掛けるべき所で 仕掛けない。オマーン戦を見ているみたいだった。結局、最少得点で終わってしまった。
 10月には、グループ1,2位を行くサウジアラビア・オーストラリアとの決戦が待つ。理想は2連勝、悪くとも1勝1分が責務である。しかし、不 安が募る内容となってしまった。10月までに調子を上げておくれ。

四年生二人と研究相談。問題を一つずつ解決していく。頑張ってちょうだい。

不景気なメールが来た。なんと、レフリーに送られなかった。エディターのコメントを読んでみると ………、とんでもない勘違いをしている。徹底反論しよう。ちゃんと説明すれば判定は覆ると思う。

9/7(火) の進歩 今夜は決戦
いよいよ今夜(8日午前0時)、我らが代表が中国代表と激突する。「絶対に負けられない戦い」ではない。「絶対に勝たないといけない戦い」であ る。代表を信じて深夜を待つことにしよう。
 この大事な決戦が、なんとテレビで放映されない。今ワールドカップ最終予選では、敵地戦のテレビ中継はまったく無しだそうだ。アジアサッカー連 盟が高額の放映料を提示し、深夜の放映ということもあってテレビ局が断念したのだという。なぜか金満のDAZNが放映権を獲得し、ネット配信のみ となった。なんということか。
 アジアサッカー連盟よ、目先の利益にくらむでない。サッカーファンを増やすという長期的利益を考えろ。軽いファン層が、このためにわざわざ DAZNに加入したりしないであろう。こういった層を惹き付けることが大事というのに。今からでも遅くない(のか?)、放映権料を下げてテレビ中 継ができるようにしてくれ。

今日も朝から、科研費の書類書きに勤しんだ。ほぼ完成と思っていたのだが、読み直している内に気になる点が出てくる。それらを一つずつ修 正していった。行数との戦いでもあった。修正すると制限を超えてしまったりする。一行長いとか。どこか減らせないかと探し、最後の行が短い段落に 目を付ける。あと数文字減らせば一行減らせる。そういう目で見ると、無駄な表現とかがけっこう見つかるのだ。こんな感じで修正を繰り返し、二つと も今度こそ完成という状態になった。締めきりぎりぎりまで待って登録する。
秋晴れ。久々の晴天。秋の空に変わっていて嬉しい。庭で晩酌をしたいところだけれど、それでは試合の時には寝ているであろう。今宵は休肝 日。
9/6(月) の進歩 明日の深夜に中国戦
日本代表は明日の深夜(8日午前0時)、ワールドカップ予選の中国戦に挑む。絶対に勝たないといけない闘いである。引き分けも許されない。初戦と は生まれ変わったように、素晴らしい闘いをしてくれることを信じている。
 それにしても、「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」という言葉、熱くて良いのだけれど、どうも使いにくい。引き分けでも良いということ だからねえ。「絶対に勝たなくてはいけない戦いが、そこにはある」では駄目だったのか?

科研費の申請書類を書き進めた。その甲斐あり、二つともほぼ完成状態になった。明日にでも、再確認の後に登録してしまうか。いやしかし、 論文が一つでも増えるように、投稿中の論文が戻ってくるのをぎりぎりまで待つか。
9/5(日) の進歩 日本代表だいじょうぶか?
日本代表は、8日の未明(日本時間)に中国とカタールの地で闘う。オマーン戦が酷かったので、なんとか立て直して貰いたいのだが………。酒井と南 野が離脱してしまった。中国は初戦もカタールで戦ったので、日本と異なり移動が無しである。体調面では不利だろう。ああ、景気のいい話が聞こえて こない。幸いなのは、中国も、初戦のオーストラリア戦が酷かったらしいことである。何としてでも勝利して浮上のきっかけを掴もう。勝利が絶対義務 の決戦である。

アマゾンプライムビデオを観た。暗くてかつつまらない映画を観てしまったので、お気楽なコメディーを観ようと思った。何となく選んだの が、松岡 茉優さんと三浦 春馬さん主演のドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」であった。全4話しかないので、ちょっと不思議に思った。さらには、最終話には三浦 春馬さんが出て来なかった。そして最後に、笑顔の三浦さんの写真と共に、「春馬くん ずっと大好きだよ キャスト・スタッフ一同」と出た。……… そういうことだったのか。意図することなく、彼の遺作を観た。改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。
9/4(土) の進歩 庭仕事の一日
今日は庭仕事をいっぱいする。まずは西洋芝の種子蒔きだ。剥げている部分や苔に被われている部分があるので、それらを何とかしたい。苔を地道に剥 いでいって裸地にした。そして芝種子を蒔いていった。目土をかけて踏み固めて完了。今度こそ定着して欲しい。ついで芝刈りをした。夏も過ぎたの で、刈り高2で刈っていった。最後に、薔薇の夏剪定をした。とは言っても、元気のない個体が多く、どこを切っていいのやらである。それに、蕾が上 がっている個体もある。この蕾も切っちゃうのか? 迷った末、花が咲いてから切ることにした。ともかくも、秋に綺麗な花を咲かせておくれ。

けっこう見ているパラリンピックである。はまったのがゴールボール。説明しにくい面白さがある。三位決定戦が昨日の昼にあったので録画し ておいた。そして昨夜見た。ところが、試合の途中からの中継であった。さらには20分ほどで、「まもなくサブチャンネルに切り替わります」と出 た。サッカーの録画で、過去に何度も憤然とさせられたやつである。サブチャンネルになるなんて、新聞のテレビ欄には書いていないのに。しかし、試 合途中で切り替わってしまい、録画はそこで終わっていた。NHK、こういうのいい加減にして欲しい。ちゃんと周知しろ。
9/3(金) の進歩 負けるべくして負けた
日本代表 0-1 オマーン代表。吉田は、「負けるべくして負けた」と語った。まさにその通りだった。あんな酷い日本代表を見たことがない。誰も動かない。誰も仕掛けない。 誰も打たない。誰も何もしなかった。スペースを作る動きがない。スペースに走り込む動きがない。連携した動きがない。何の動きもなかった。そして 一番なかったのは、勝つという意志だ。まったく伝わってこなかった。疲労が溜まっているのか、選手の状態がかなり悪かったのだろう。闘う前から負 けていた。五輪での躍動はどこへいったのか?
 苦しい発進になってしまった。おまけに、8日の深夜(日本時間)にはカタールで中国と闘う。立ち直る時間があるのか? 神にすがりたい気分である。

卒研相談。モデルが出来上がった! おめでとう。さあ、解析を進めていこう。

今日も、豊島岡女子学園中学校において行う探究活動の仕方の講演の準備をした。講演では、高校生の論文をいくつか紹介する。ふと、中学生 に理解して貰えるだろうかと不安になった。ネットで、「中学 理科 教科書」と検索し、扱っている話題が中学教科書に載っているのかを調べた。目 次しか読めないのでどうもはっきりしない。それでも、一つを除いて載っていそうだとわかった。ただ、細胞性粘菌が載っているのかどうかはっきりし ない。もう、本屋に参考書を見に行こう。そう思い立ち、研究相談の帰りに本屋に寄った。参考書をいくつか見たけれど載っていなかった。うーむ。他 の話題に差し替えるか。
9/2(木) の進歩 今夜はオマーン戦
いよいよ今夜、ワールドカップのアジア最終予選が始まる。我らが代表は、吹田にてオマーン代表を迎え撃つ(19:10試合開始)。ああまた、生き た気がしない闘いが始まる。しかし、きっとやってくれるであろう。まずはホームで勝利あるのみだ。
セミナー三つ。まずは月初めの談話会があった。皆、頑張っているね。今月もこの調子で。ついで研究セミナーが二つあった。一つ目は、卒研 の内容を発展させて投稿論文にしようとしている物である。すっきりとまとまっていた。他のパラメータよろしくね。二つ目は、返送しようとしている 論文の内容である。解析が強化された。さっそく返送しておくれ。
 実は今日から対面でのセミナーを復活させるつもりであった。しかし、宮城県に重点措置がしかれたことにより断念した。またしてもオンラインであ る。ああ早くコロナが終息して欲しい。

9/8に、豊島岡女子学園において探究活動の仕方のオンライン講演を行う。対象は中学3年生である。高校生にはずいぶんと講演をしている けれど中学生は初めてだ。高校一年生と中学三年生はどれくらい違うのか。研究に対して、自分が行うこととして具体的なイメージを持って貰いたい。 話し方を少し変えよう。今日からその準備を始めた。
あんをエビス動物病院に連れて行った。腎不全の経過観察である。薬を貰って帰ってきた。
9/1(水) の進歩 貧困なる科学政策
岩波書店から本が届いた。注文した覚えはないのに。???。開けてみると、「アカデミアを離れてみたら ーー 博士、道なき道をゆく」という本であった。博士を取った後に、研究の世界を離れた人達の手記集であった。なんで私のところに? ひょっとして離 職勧告か? 目次を見ると、私の愛する弟子の文章が載っていた。さっそく読んだ。あの時の衝撃を思い出した。今でも私は、戻ってきて欲しいと思っている。

研究相談。Whileは使いにくいか。Doだね。
 オンラインで相談もした。着々と書いていこう!

今日も科研費の種類を書き進めた。シミュレーションの説明を終え、実験の話しに入っていった。考えながら書いていく。どの情報を出すのか も重要だ。全2ページなので絞らないといけない。