つき
| ホーム | 「こ れ論」出版後の進行状況(要は日記です)|
| これから論文を書く若者のためのお経集 | 書籍版 「これから論文を書く若者のために」|
|これからレポート・卒論を書く若者のために |こ れから学会発表する若者のために:ポスターと口頭のプレゼン技術|
|これから研究を始める高校生と指導教員のために|100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに|
| 発表用資料 | リ ンク | 著書 | 自己紹介 | その他 | 陸 女寿司 |

「これ論」出版後の 進行状況

2005.10.20 から数え直し

論文の書き方・プレゼ ンの仕方に関する出張講義を承ります。お気軽にお声がけ下さい(私のアドレス;sakaiあっと tohoku.ac.jp)。こんな日記を書いている人なので大丈夫かと思われるかもしれませんが、かなり良い講義をすると自分では 思っています。

これから学会発表する若者のために
ポスターと口頭のプレゼン技術
第2版

 出来のお知らせ

2018年7月15日刊行
本体2700円 (税込 2916円)

本書初版が出版されてから9年半が経ちました。その間も私は、わかりやすいプレゼン技術をずっと 追求してきました。発表内容の練り方に関しても思考を続けてきました。そして、この9年半に得たものをすべて注ぎ込み、第2版を完成させ ました。説明の仕方も大きく変えましたた。各章の冒頭に要点をおき、重要なことがすぐにわかるようにしました。ポスター・スライドの良い 例と悪い例を対にして出し、良い点と悪い点が明確になるようにもしました。わかりやすさという点でも大きく進歩したと思います。
 本書は、学会発表の仕方に関する私の到達点と言えるもので、単なる第2版というより、究極の大改訂版と思っています。本書を読めば、学 会発表の仕方のすべてを理解できると確信しています。

日記へのリンクの仕方
20YY 年 M 月 D 日の日記へのリンクは、 http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/YY-M.html#D でお願いします。
2010 年 3 月 15 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/10-3.html#15
2009 年 11 月 2 日なら http://www7b.biglobe.ne.jp/~satoki/ronbun/shinpo/9-11.html#2



若手研究者のお経
2019 年 1
2018 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2017 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2016 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2015 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2014 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2013 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2012 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2011 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2010 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2009 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2008 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2007 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2006 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2005 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2004 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2003 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2002 年 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
2001 年 11, 12
これから論文 を書く若者のために 究極の大改訂版

ア マゾンで買う
これ か ら学会発表する若者のために:ポスターと口頭の プレゼ ン技術

ア マゾンで買う
これか らレポート・卒論を書く若者のために

ア マゾンで買う
こ れから研究を始める高校生と指導教員のため に:研究の進め方・論文の書き方・口頭とポスター発表の仕方

ア マゾンで買う
100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに

ア マゾンで買う
生き物の進化ゲー ム〜進化生態学最前線: 生物の 不思議を解く〜 大改訂版

ア マゾンで買う

1/18(金) の進歩 チャーリーちゃんの笑顔
チャーリーちゃんがにこっと笑っている(「チャー リーと下僕の毎日。」より)。何事もなかったみたい。ときどきでもいいから、こうしてまた会いたい。
 かたやあんは、夕方の散歩は相変わらず短距離で終わる。だいたい、トイレを済ませて30歩くらいで歩行停止である。歩くのいやなの? しかし朝は ………。庭に出してトイレをさせるのだけれど、庭の端から端まで走りまわり、室内に戻そうとする私から逃亡する姿を見て、いったいこの子は何なのかと思 う。

卒研の計画相談。うん、この方針でいこう。引き続き、文献を調べてみて頂戴ね。
今日も、研究セミナーの準備を進めた。知っておいて欲しい手法の説明に力を注いだので、研究方法の説明が異様に長くなっている。それに比 べると結果の説明はほぼ一瞬で終わってしまう。ま、いいか。
 ずいぶんと早く準備を始めた(セミナーは25日)と思っていたけれど、早く始めてよかった。来週は、修論・博論の審査・修論発表練習・宮城一高 での講演などがあるのだ。午後はほとんど潰れる感じ。準備を開始した時は忙しくなるという意識はなかったけれど、本能的に察知していたのかもしれ ない。
 来年のための備忘録。修論提出の前も後も忙しい。

1/17(木) の進歩 葛藤
本日17日の日記の見出しは、「今夜はウズベキスタン戦」にするつもりであった。しかし、夕刻に用事があり、日記を書かずに帰宅した。そのため、 18日に17日の日記を書いている。試合はもう終わったので、今さら、「今夜はウズベキスタン戦」と書く意味もない。なら、「今夜はウズベキスタ ン戦だった」とかにして、試合内容のことを書けばよいと思うかもしれない。しかし、19時前に飲み始め、試合開始の22時30分にはすでに睡眠状 態であった。気づいたら2-1で勝っていた。実質的に見ていないので、試合内容を書くこともできない。こういうときはどうすべきかが、本日の日記 の見出しとなった。

論文セミナーがあった。調査・実験内容がすごい。よくこれだけのことを調べたものだ。データは今一つだったけれど、それを感じさせない調 査・実験内容で、何だか納得してしまう論文だった。
朝一番で修論を一つ読んだ。その後、別の修論の審査をした。本人としばしお話。改訂を頑張ってね。
研究セミナーの準備を進めた。系統一般化最小2乗法について勉強。せっかくだから、この手法の概略を直感的に説明したい。

1/16(水) の進歩 無事提出
昨日が修士論文の提出日であった。二人とも無事に提出した。お疲れ様。よく頑張りました。さあ次は、修士論文発表会に向けての準備をしよう。それ が終わったら、論文投稿に向けての準備が始まる。それこそが、最も厳しい闘いの始まりである。ともに頑張ろう!
 提出しっぱなしで終わってくれたら楽なのであるが、そうはしないのが世の常らしい。今日から、修士論文の審査が始まった。今日は二つ読んだ。明 日、もう一つ読む。さらには、非修士論文にもコメントした。充実した一日であった。

チャーリーちゃんが逝き、ブログ「チャー リーと 下僕の毎日。」が終わってしまった(12日を参照)。それでも、もしかしたらと思い毎 日訪問してしまっている。このブログを読むのが本当に楽しみだったから。昨日からは、開設日から読み直すことを始めた。幼き日のチャーリーちゃん が大暴れしている。
研究セミナーの準備を進めた。意外と、スライドが多くなっている。卒研生のために、新しそうな知識を丁寧に説明しているためでもある。種 間比較において、なぜ、系統関係を考慮する必要があるのかとか。凝ってしまい、自分でもうっとりする説明スライドができあがった。わかりやすいス ライド作りに異様に燃える性質なのだ。
1/15(火) の進歩 板倉がマンチェスターCに移籍
「おおっ!」という報せが飛び込んで来た。昨季ベガルタ仙台に在籍していたDF板倉が、イングランドプレミアリーグの古豪マンチェスター=シ ティーに完全移籍するそうだ(ス ポニチより)。日本人選手がこんな大きなクラブに移籍するとはすごい。しかも、我がクラブで1年間闘っていた選手である。プレミアで の活躍を祈りたい。ただし当分は、マンチェスターCから他のクラブへレンタル移籍に出されるらしいが(日本代表歴がないと、イギリスでの就労許可 が下りないため)。一日でも早く日本代表に入り、一日でも早くマンチェスターCのユニフォームを着て欲しい。
修論にコメント。そして修論にコメント。今日が提出日。
今日も、Mathematicaの追加シミュレーションを実行中である。当分かかりそうだ。手が空いているので、今月25日に行う研究セ ミナーの準備を始めてしまった。修了生のデータを使って書いた、「最小サイズの胚珠が進化傾向が存在するのか?」という論文の話をする。まずは序 論を書き始めた。快調に進む。
1/14(月) の進歩 キャンプに出発
ベガルタ仙台の男子が沖縄キャンプへと出発した。早くも、新シーズンが始まったわけである。しっかりと準備をして、新しい闘いに備えて欲しい。
 仙台空港で壮行会が行われた。サポが500人も集まったそうである。渡邉監督の挨拶(クラ ブ公式サイトより)。「どんと祭もある中、これだけ多くのサポーターに集まっていただき、本当にありがとうございます」。いくらなん でも、どんと祭が壮行会への出席に影響することはないと思う。

修論にコメント。いよいよ明日が提出日。あと少し頑張れ。
心に穴が空いたような気持ちが続く。チャーリーちゃんがもういないんだという思いが、数分に一度浮かび上がる。悲しくて寂しくて、何も楽 しめない。
 あんを見つめる。いつくらいからだろう。お散歩に出ても、歩くのをすぐに止めるようになってしまった。お散歩距離がだんだんと短くなり、この頃 では、30mくらいで止まってしまう。Uターンするとすたすたと歩き出すのだから、歩けないという訳ではないようだ。庭に放つと走り回るし。で も、後ろ肢は弱っている。二階から一階へと階段を下りるとき、「だだだだっ」と滑り落ちている音が聞こえてくることがある。以前に脱臼したせいも あるであろう。でも気のせいか、後肢が細くなっているようにも見える。心臓とは関係ないことを祈りたい。

1/13(日) の進歩 隅田選手が加入
ベガルタ仙台レディースに、日テレベレーザからMF隅田 凜選手が加入することが発表された(クラ ブ公式サイトより)。ばりばりの日本代表ではないか。驚き。よく移籍してくれたね。大活躍間違いなし。
高校女子サッカーの決勝を応援した。宮城代表の常磐木学園が、神奈川代表の星槎国際湘南高校と対戦したのだ。優勝5回の古豪常磐木と創部 5年目の新星の闘いである。もちろん地元の常磐木を応援した。我がクラブには、常磐木の出身者がたくさんいるしね。前半34分、30mのフリー キック弾を決められて失点。凄まじいシュートに吃驚した。その後、常磐木が猛攻を重ねる。しかし、焦りからか最後の精度が悪かった。とうとうゴー ルをこじ開けることができず。0-1で敗れてしまった。残念なり。来年こそは優勝しようね、頼むよ、沖野 るせり選手。<-- 現2年生、我がクラブの沖野 くれあ選手の妹さん。

昨日今日と、ツル薔薇の誘引をした。おかげでほぼ完了した。2株がほぼ完全に枯れ、1株が半枯れ。例年に比べると今年は、ちょっと寂しい 6月(薔薇の開花期)になりそうだ。その一方、剪定の作業量が減ってほっとした面もある。ほんに、ツル薔薇は管理が大変なり。もう、増やさない。

1/12(土) チャーリーちゃん
あんと私には一方的な友達がいた。「チャーリーと 下僕の毎日。」のチャーリーちゃん。あんと同じ、キャバリア=キングチャールズ=スパニエルである。あんより1才年下。2008/8 /14(この日の私の日記)にこのブログを見つけ、以来、毎日かかさずに読み続けてきた。 可愛くて楽しくて、毎日の楽しみになっていた。記事アップ時間の午前8時が近づくと「もうそろそろだな」と思い、8時になったら、「チャー リー!」と読みにいく。どんなに忙しくても、サッカーの記事を読まなくとも、チャーリーちゃんにだけは欠かさず会いにいっていた。そのチャーリー ちゃんの具合が、去年の秋くらいから悪くなっていた。心臓病である。キャバリアは、 僧帽弁閉鎖不全症を非常に起こしやすいのだ。それからは、心配で心配で堪らなくなった。元気になってと祈りつつブログを読み続けた。そして今 朝 ………。いつもと違って、冒頭に元気な写真が載っていた。逆に嫌な予感がした。……………… 午前10時10分に旅立ったそうだ。涙がにじんで、何も出来なくなってしまった …………。チャーリーちゃん、これからも元気でね。チャーリーちゃんの毎日を読むのが本当に楽しかった。私の心の支えだったよ。
 実はあんも、僧帽弁閉鎖不全症を発症している。今のところはいたって元気である。でもたぶん、チャーリーちゃんと同じ道を進んでいくのだろう。 あんを、いつもの三倍くらいの時間抱きしめながら、どこまでも守ろうと思う。
1/11(金) の進歩 白木選手・佐藤選手が加入
ベガルタ仙台レディースに、浦和レッズレディースからFW白木 星選手が加入することが発表された(クラ ブ公式サイトより)。年代別の日本代表で活躍してきた選手である。やった。すでに、ジェフ千葉レディースからMF佐藤 瑞夏選手が加入することも発表されている(クラブ 公式サイトより)。彼女も年代別代表で活躍してきている。二人が我がクラブで爆発してくれることを期待しよう。
 これで、新規加入選手は4人になった(新卒が2人入る)。退団者は3人である。釣り合いが取れているので、もう加入はないということ? それでいいのかとも思うが。即戦力の加入がもっと必要ではないか?

今日も修論にコメント。何度かのやりとりのすえ、一人は完成した! おめでとう。お疲れ様。
 論文にもコメント。どしどし前進している。

Mathematicaシミュレーション論文の改訂をほぼ終えた。思った通り、レフリー2のコメントへの対応は簡単だった。あとは、シ ミュレーションが終わるのを待つのみ。とはいっても、かなり時間がかかりそうだけれど。シミュレーションが終わり次第、英文校閲に出す。アクセプ トまで何回でも校閲可というのにしたので、再校閲して貰うのだ。これで二度目の校閲となる。この時点で元は取れている。
 「アクセプトまで何回でも校閲可」って、業者は、何回くらいを想定しているのだろう。2-3回? だとしたら甘いな。私が、現実の厳しさ を教えてあげることになるであろう。20回くらいは想定しておくように。
1/10(木) の進歩 辛勝
日本代表 3-2 トルクメニスタン。勝ちはしたものの内容は酷かった。油断から、自分たちで駄目にした感じだった。とくに、ロングシュートによる1失点目。守備陣は、あん なシュート来ないと侮ってしまっていたのであろう。解説の松木さんも言っていたけれど、相手がウルグアイだったらもっと厳しく寄せていたはず。猛 省すべし。

今年最初の月初めの談話会があった。修論生は提出目前。頑張れ。他の人も、生態学会の要旨締め切り(2/13)を目安に、昨年のデータを 完璧にまとめていこう。余裕を持って解析を完了させ、講演要旨を書いてね。
 修論にコメント。これにて完成。おめでとう! 投稿先に合わせて、体裁を整えていって頂戴。
 論文のモデル解析の部分が送られてきた。明日には返答します。

今日も、Mathematicaシミュレーション論文の改訂に勤しんだ。レフリー1のコメントへの対応はほぼ終わった。残るはレフリー2 のコメントへの対応である。このレフリーはたいそう褒めてくれているので問題はないはず。とはいっても、コメントをまだちゃんと読んでいないけれ ど。明日から、勇気を振り絞って読む。
1/9(水) の進歩 今夜はトルクメニスタン戦
日本代表は今夜、アジアカップの初戦を迎える(日本時間20時試合開始)。相手はトルクメニスタンである。初戦としての緊張感はあるであろうが、 勝ち点3を取らないといけない相手である。全身全霊で挑み、必ずや勝利しよう!
 MF 中島 翔哉の負傷離脱は残念である。彼のドリブル突破を見たかった。ま、かわりに、乾 貴士(追加招集された)のドリブル突破を見ることができるのだけれどね。

朝一番で修論にコメントした。その後直接お話。
 論文(修論ではない物)の序論にもコメントした。次はモデルのところね。
 みんな頑張って頂戴!

Mathematicaシミュレーション論文の改訂に勤しんでいる。それにしても、レフリーコメントなんて読みたくない。世の中に、こん なにも読むのが嫌な文書はないであろう。たとえば、ラブレターの返事に、「あなたの○○な点を直せ」と50個くらい書いてあり、さらには、「こ れらを全部直せばもう一度検討してもよいが、付き合うことを保証するものではない」などと書いてあったら、読む気が起きないであろ う。しかし読まなくてはいけない。そうでないと論文が通らない。少しずつ前進。論文を通すには、「100mを息づきなしに泳ぎ切ってやる」という 気迫が必要だと「これ論」に書いているけれど、自分では、10mだって息継ぎなしに泳いだことがない著者のこの頃でした。
1/8(火) の進歩 伝説的選手の引退が相次ぐ
名古屋グランパスのGK楢崎 正剛と横浜FマリノスのDF中澤 佑二の引退が発表された。二人とも、言わずと知れた、日本サッカー会に大きな記憶を残してきた選手である。すでに、相模原SCのGK川口 能活と鹿島アントラーズのMF小笠原 満男の引退も発表されている。伝説達がピッチを去っていく。日本サッカーの一つの時代が終わろうとしている。それにしても、中澤の引退を伝えるこの記事のタイトル「中沢 引退 突き詰めた安室愛」はちょっと違うのではないかと思う。中澤は、安室奈美恵の熱烈なファンだ そうですが。

朝から頭を使いまくった。まずは、Mathematicaシミュレーション論文の改訂。レフリーコメントへの返答を慎重に書いていった。 ついで博士論文読み。実は昨日から読み続けている。読み終えたところで、当人との1時間半の議論。その後、修論支援を二つ。今日の頑張りを98文 字で書き終えてしまったのが悲しいが、朝から打ち込んだのである。疲れた。も、頭が働かない。
ベガルタ仙台の今季の体勢が発表された(クラ ブ公式サイトより)。主力だった、奧埜・中野・板倉が抜けた。かたや新規加入選手が10人。主力が抜けた穴を補って余りあることを期 待したい。頑張ってね。
1/7(月) の進歩 仕事始め
今日から研究室に出て来た。まずは、お休み中に自宅で密かに行っていたMathematicaシミュレーションの結果を見てみた。実行すべきパラ メータの値を間違えていたことが判明しいきなりげんなり。地道にやり直すしかない。
衝撃的な報せが。ベガルタ仙台DF菅井 直樹が引退だそうだ(クラ ブ公式サイトより)。山形中央高校から入団以来、仙台一筋16年間闘ってきた菅井である。闘志溢れるプレーと積極的な攻撃参加で、我 がクラブを引っ張ってくれた。「なんでそこにいるの?」攻撃で得点も重ねた。札幌ドームでの試合で、得点を上げた喜びでゴール脇でジャンプ。その まま行方不明になったこともある(脇に深い溝がありそこに落ちた)。自分が無得点の試合が続くと、サイドバックの選手というのに、「点が取れな い」と悩むくらいだった。ほんに、仙台の選手として記憶に残る人だった。
 長い間お疲れ様。今後は、クラブのスタッフとして闘ってくれるそうである。これからもよろしくね。
修論支援。頑張って。
1/6(日) の進歩 ツル薔薇の誘引なのか枯れ枝の処理なのか
今日もツル薔薇の誘引を続けた。大個体となっていた、羽衣がほぼ全枯れでレディー=ヒリンドンが半枯れである。まずは、これら枯れ枝の処分をし た。主幹を鋸で切って引っぱり出し、ゴミ袋に入る大きさに分解していく。これがけっこうな作業で、ゴミ袋3つくらいになってしまった。生きている 枝は剪定をしていく。すべての枝に鋏を入れるので、これまた大変である。枯れていなかったら作業量が倍になっていただろう。ちょっとぞっとした。 そんなこんなで、羽衣・レディー=ヒリンドン・ロイヤルサンセット・スパニッシュビューティーの誘引を終えた。いや、誘引と枯れ枝処理を終えた。
正月が終わってしまう。うー、明日から社会復帰か。まずは、溜まっていた日記を書くことから始める。
1/5(土) の進歩 ツル薔薇の誘引
お正月気分は満載のまま日常生活に復帰した。ただし、仕事に復帰したわけではない。やり残していたツル薔薇の誘引を始めたのだ。今日は、新雪の誘 引をした。大個体になっていて、枝もたくさんある。それらを、我が家の壁面に這わせていった。和室の窓も枝で被った。室内から薔薇が見えて風流な り。
修論支援を二つ。提出まであと10日か。残りを頑張って頂戴。
1/4(金) の進歩 強引に初売り
先月、ネッツトヨタ名取店で新車を購入した(納車はまだ)。ここに来て、初売りの特典に対する未練が生じてしまった。ネッツトヨタでも、新年2日 から初売りをしているようなのだ。とりあえず店に行ってみようと、昼食がてら名取店に行ってみた。そして、初売りの特典のポスターをじーっと見て いた。と、私の営業担当の方がやって来た。そしてなんと、初売り特典の抽選をやらせてくれた。さらには、一等が当たった。正直、当たるように仕込 んでくれたのだと思う。お気に入りの和食店「海音」(1/2の進歩参照)の昼懐石・秋保温泉「佐勘」の昼食付き入浴・遠刈田温泉「さんさ亭」の昼 食付き入浴の中から一つを選ぶことができる。豪華ではないか。いやーー、物欲しそうにしてみるものだと思った。どうもありがとうございます。

いちおう報告しておくが、アシガールを相変わらず見続けております(2018/12 /29の進歩参照)。
1/3(木) の進歩 玉子ノ湯へ
今日は、学生達にお節料理を差し入れる。各タッパーから少々を抜き取り(我が家用)、残りをすべてバッグに詰め込んだ。そして研究室に持っていっ た。研究室では、駅伝部が部活中であった(部員は一名)。新年の挨拶をしてお節を渡した。お節・書き初め・カルタの会を楽しんで頂戴。

差し入れの後、福島の高湯温泉の玉子ノ湯に出かけた。源泉掛け流しの硫黄泉である。脱衣場はほとんど外にあるようなもので、湯に入るまで は辛い。しかし、雪を見ながらの露天風呂は最高である。今度は、泊まりがけで来ようか。

夕食はみぞれ鍋にした。残しておいたお節は鍋の後のつまみに。みぞれ鍋をちゃんと作ったことがないので、ネットで作り方を調べた。なるほ ど、片栗粉でとろみをつけるのか。そうすると大根下ろしが沈まないらしい。ただ単に大根下ろしを入れれば良いと思っていた。しかし片栗粉のせい で、かなり腹にこたえる鍋であった。お節は手つかずで終わった。

1/2(水) の進歩 松島へ
松島に出かけた。なんとなく、正月が似合う土地と思う。瑞巌寺と五大堂を見て、海音という和食の店で昼食を頂いた。美味しい。この店、お気に入り である。その後、奥松島をちょっとドライブした。いや実は、金華山に行っているつもりだったのである。金華山が出て来ないなと不思議に思いながら 走っていた。大きな地図で確認したところ、金華山ははるか先であった。意外と近いんだと思っていたけれど、そんな訳なかった。諦めて帰宅。ま、い いか。
1/1(火) の進歩 明けましておめでとうございます
新年早々、「開けましておめでとうございます」「空けましておめでとうございます」「明けましておめでとうございます」と苦労した2019年であ る。皆さんにとっても私にとっても充実した一年となりますように。

今年のお雑煮。


今年のお節料理。黒豆と蒲鉾以外は私の手作りなり。一の重。

芽慈姑の含め煮・紅白蒲鉾・数の子・初梅・黒豆・昆布巻き・伊達巻き・田作り・栗きんとん。

二の重。

煮染め(梅花人参・筍・絹さや・高野豆腐・手綱蒟蒻・椎茸・里芋)・叩き牛蒡。

三の重。

花蓮根・結び牛蒡・鶏と卵の博多寄せ・鬼殻焼き・百合根・鶏の松風焼き・鰤の照り焼き・菊花蕪。

元旦早々に修論支援。目出度し。
加茂神社に初詣に行こうとした。11時前に出発と出遅れてしまい、大混雑であった。駐車場に入るのに30分。その後、参拝の列に並んだ。 この列、お社とは反対方向に向いていた。つまり、神社入り口の外にまで行列ができ、180度折れ曲がっているのであった。ちょっと並んでみたけれ ど、1時間以上かかる感じであった。お願い10秒では割に合わないと思い退散した。そのかわり、熊野神社という小さな神社に行くことにした。こち らは空いているだろうと思いきや、けっこうな行列ができていた。2連敗は嫌なので並んだ。30分待ちでお参りできた。来年はもっと早く出かけよ う。
12/31(月) の進歩 大晦日
お節料理作り三日目である。かなりはかどっており、今日は焼き物を残すのみとなった。昨年の反省(炭が足りなくなり困った)から、炭を多めに熾し て焼きに入った。その結果今年は、熾したものの使わなかった炭が出た。適量が難しい。来年はちょっと減らす。
今年最後の修論支援。次は新年に。
夜は、紅白歌合戦を見た。相変わらず知らない歌手ばかりである。さすがに、乃木坂46や欅坂46は知っているが。それにしてもこのグルー プ、いくつあるのかね。もっと増やすのだろうか? なんとなく、永田町46とか霞ヶ関46とかを作っても人気が出ないだろうと思っ た。
2018年が終わる。つい先日に2018年になったと思ったのにもう終わってしまう。時の速さをなんとかしたい。
 それはともかく、よいお年をお迎えください。

12/30(日) の進歩 お節料理作り二日目
お節料理作り二日目である。今日も快調なり。しかし悩みが。伊達巻きを作るため、卵液をオーブンで焼くのだけれど、綺麗に焦げ目がつかないのだ。 色づかないと、巻いたときに「の」の字が浮かび上がらない。理由はおそらく、砂糖を定量よりも減らしてるためである。お菓子みたいに甘い伊達巻き は嫌いなのだ。かといって焦げ目はつけたい。何か、毎年悩んでいる気がする。
12/29(土) の進歩 お節料理作り一日目
お節料理作りを始めた。机に食材を並べ、目についた物から調理していく。考えないことがこつである。考えるから、間に合うかと心配してしまうの だ。ただ、目の前の食材を調理していく。それだけでよい。と、無の境地でやったので、机の上の食材がかなり減った。今年は快調なり。
修論支援。頑張って。
この年末に、突然にはまってしまったドラマがある。NHKでやっていた「アシガール」なり。24日に、総集編とアシガールSP(特別版) をやっていた。昨年に放映したことは知っていたけれど、気になりつつも見ることはなかった。そこで24日のを見てみた。お、面白い。主人公が気に 入った。昨年放映した方も見たくなり、NHKオンデマンドに加入してしまった。そして、ほとんど丸一日中見ている。気に入ったものは何度でも見る 質なので、複数回見てしまっている。また明日も見るであろう。
12/28(金) の進歩 仕事納め
本日で仕事納めである。今年の研究面を振り返ると、訳のわからないエディター・レフリーに振り回された一年であった。非常に小さなコメントが三つ しかないのに一旦リジェクトしたエディター。自分の考えを押しつけ、それにそぐわない主張はリジェクトというレフリー。これらの害で、多くの論文 が越年してしまった。憤然。来年はこんなことなきように願いたい。
帰りがけに朝市に寄って、お節料理の材料を買い込んできた。明日からお節作りに励む。新年3日には研究室に持っていく。私は、手作りお節 料理を学生に差し入れるという、世界的にも珍しい指導教員なのだ。博論・修論生を中心に10人が待っているそうな。楽しみにして頂戴。
研究室のiMacを自宅に持ち帰った。Mathematicaシミュレーション論文の改訂のため、追加の計算を自宅で行うのだ。年末年始 に少しで進めておきたい。そして、仕事始めから快調に突っ走る予定。でも、いつ仕事始めにするのかはわからないの。
12/27(木) の進歩 男子は主力引き抜きにあう
たまには、ベガルタ仙台の男子のことも。報道では主力の引き抜きにあっているらしい。MF中野が札幌に。好きな選手なのになあ。ドリブル突破が魅 力。衝撃は、MF奧埜がセレッソ大阪に移籍するらしいことだ。奧埜は、まさにチームの中心である。仙台生え抜きで仙台で育った選手だ。それが移籍 とは。誤報であることを祈りたい。

朝一番で修論にコメント。午後一番で修論にコメント。二人とも頑張って頂戴。修論提出まであと19日。
今日も、Mathematicaシミュレーション論文の改訂に勤しんだ。文献にとある記述があり、参考文献が添えてある。ところ、その参 考文献を読んでも、その記述が見当たらない。ありがちなことではあるが困ったやつだ。これ論を読め。