| ホーム | 「これ論」出版後の進行状況(要は日記です)|
| これから論文を書く若者のためのお経集 | 書籍版「これから論文を書く若者のために」|
|これからレポート・卒論を書く若者のために |こ れから学会発表する若者のために:ポスターと口頭のプレゼン技術|
|これから研究を始める高校生と指導教員のために|100 ページの文章術:わかりやすい文章の書き方のすべてがここに|
| 発表用資料 | リンク | 著書 | 自己紹介 | その他 | 陸女寿司 |

100 ページの文章術
わかりやすい文章の書き方のすべてがここに

2011 年 3 月 15 日刊行
 酒井 聡樹著 共立出版
B5 版 100 頁 本体 1000 円(税込 1080 円)

ISBN 978-4-320-00585-3

2011 年 3 月 15 日 初版第 1 刷発行
2012 年 4 月 1 日 第 3 刷発行

累計 1,2077 部出来




第 1 章 文章術の前に
 1.1 読者のために、あなたのために、わかりやすい文章を書こう
  1.1.1 文章は、読者にわかって貰うために書く
  1.1.2 わかりやすい文章を書こう
 1.2 文章の理解とは
  1.2.1 知らないことは理解できない
  1.2.2 筋の通らないことは理解できない
 1.3 記憶の仕組み
  1.3.1 作業記憶と長期記憶
  1.3.2 文章理解の場:作業記憶
 1.4 わかりやすい文章とは
第 2 章 文章の構成要素
 2.1 文章の構成
  2.1.1 文章を構成する項目
  2.1.2 構成項目に関する注意事項
 2.2 章・段落
  2.2.1 章・段落とは何か
  2.1.2 章・段落の構成に関する注意事項
 2.3 文
  2.3.1 文とは何か
  2.3.2 文の構成要素
第 3 章 文章全体としてわかりやすくする術
 3.1 骨格を練る
 3.2 無駄な情報を削る
  3.2.1 無駄な情報の弊害
  3.2.2 骨格の各部位が必要かどうかの判断基準
  3.2.3 文が必要かどうかの判断基準
 3.3 一度に一つの話題だけを扱う
  3.3.1 複数の話題が混ざっていることの弊害
  3.3.2 章立ての仕方:一つの章では一つの大きな話題だけを扱う
  3.3.3 段落立ての仕方:一つの段落では一つの話題だけを扱う
 3.4 何の話をするのかを前もって知らせる
  3.4.1 見出しをつける
  3.4.2 章・段落の冒頭で、扱う話題か、扱う話題と回答を明示する
  3.4.3 回答の概要を述べてから細部の説明に入る
  3.4.4 次に来る文の位置づけを教える
 3.5 前の文の要素を、次の文の話題とする
  3.5.1 扱う話題のつなげ方
  3.5.2 読者が待っている情報を与える
 3.6 読者が知らないであろうことは説明する
 3.7 重要なことから述べる
第 4 章 一つ一つの文をわかりやすくする術
 4.1 わかりやすい文を書くための心構え
 4.2 一つの文で一つのことだけを言う
  4.2.1 一文に一情報を守るべき理由
  4.2.2 一文に一情報にするコツ
 4.3 語順:重要な要素を先にする
  4.3.1 扱う話題を先にする
  4.3.2 扱う話題を読者がわかっている場合は主張を先にする
 4.4 語と語との修飾関係を明確にする
  4.4.1 修飾関係がわかりにくい原因
  4.4.2 長い修飾語を先に、短い修飾語を後に
  4.4.3 短い修飾語を先にするとき、その後ろにテンを
  4.4.4 長い修飾語の後に長めに文が続くとき、その長い修飾語の後ろにテンを
  4.4.5 意図せぬ修飾関係を生まないように配置
  4.4.6 修飾関係を断ち切りたいとき、そこにテンを
 4.5 掛かり受けの関係を確認する
 4.6 漢字とカナの混じり具合