リスク・確率・重力


(2020年6月28日更新)    

 

6月のブログ: 耐熱タイル無し宇宙機の可能性について

                     潮汐力の発生理由

 

常識を疑え

 
 
過去のブログ:

ブログ1(重力と力)

ブログ2(物理)

ブログ3(確率)

ブログ4(リスクと安全)

ブログ5 (経済と社会)

安全に関して、リスクの概念は重要ですが実社会ではリスクの言葉の使い方が乱れています。
 リスクは損失の期待値(ワルドの定義)に戻るべきです。

確率論の応用としての信頼性工学は「料理のレシピ」のようで論理的根拠が薄く不満です。
 確率は確信の度合いであり、頻度概念は棄て去るべきです。

宇宙開発に関与していながら一線を退いてから気が付いたのが重力に対する認識の間違いです。
 重力は時空のひずみであり物体には力を及ぼすのではなく、加速度運動を引き起こすだけです。

読書メモ

鑑賞映画メモ

 恥ずかしながらの
自己紹介



 



カウンター
[PR] 水戸 美容外科


c2007 Norikazu Hara