4.特殊工事

 設置場所の制約によって、浄化槽を深く埋めたり、上を駐車場にしたり、崖下や道路際・建築物の際に設置したり、ビルの地下や地上に設置したりする場合がある。この章ではこれらの、いわば応用問題について解説する。

(1) かさ上げ工事と限界

 かさ上げ工事は右図のようなもので、流入管底が深くなった分だけ、浄化槽の開口部を伸ばす工事である。立ち上げ部分の部品(カラーという)はメーカで用意している。かさ上げを代表とする深埋め工事では次の点が大事である。

 教科書のような割栗石動画サイトへ

(2) ピット工事

 30cm以上深くなるときは、原則として原水ポンプ槽を設ける。ポンプ槽を設置できない場合はかさ上げを行わず、ピット工事とする。ピット工事は右図のように浄化槽の開口部付近を標準工事のように仕上げ、その周囲を所定の高さ(一般的にはGLライン)まで立ち上げる。
 留意点は


(3) 駐車場工事

 上部を駐車場にする場合には、原則柱補強工事を施す。最近は、掘削した穴を避けて、地山(もとからあった地面)の肩(法肩:のりかた)に大きめのスラブを載せる支柱レス工法が採用されている。どちらにしろ、葢やチェッカープレートは車の種類に応じて耐荷重のものにする必要がある。

 柱をたてて上部駐車場に動画サイトへ


(4) ビルの地下に設置する場合

 止むを得ずビルの地下室等に設置する場合は次の点に注意。

 換気方法には右の三つがある。ファンで強制的に吸い出す第3種(多い)、ファンで空気を送り込む第2種、吸気・排気ともファンで行う第1種。