日本の歴史認識 > 南京事件

南京事件

~ ふつうのおとなのためのレポート ~

南京事件のすべてを体系的かつ網羅的に解説したレポートです。事件の肯定論と否定論を紹介し、ふつうのおとなの方々が、みずから判断できる材料を提供します。

油をかけられて焼かれた死体 この写真は
コピー禁止です!

油をかけられて焼かれた死体

村瀬守保:「新版:私の従軍中国戦線」(株)日本機関紙センター発行

南京事件とは…

南京事件は、1937年(昭和12年)12月に日本軍が中国の南京市を攻略した際に発生した捕虜の不法殺害と、強姦・掠奪・殺傷など市民への暴行のことをいう。南京市は上海の西約300kmにあり、当時は中華民国の首都だった。

同年7月に日中戦争が始まり、首都南京を攻略すれば中国は屈服するはず、と見た日本軍の思惑ははずれ、日中戦争はドロ沼化して太平洋戦争の引金になった。

「南京事件」か「南京大虐殺」か?

従来、この事件は[南京大虐殺]と呼ばれていたが、最近は「南京事件」を使うのが一般的になっている。
呼称が変った理由は、[大虐殺]や「虐殺」の定義を共有することが困難なこと、「虐殺」だけでなく強姦や掠奪なども含まれること、などであろう。なお、中国では「南京大屠殺」と呼び、英語では「南京アトローシティ(Atrocity)」と呼ぶのが一般的のようだ。

目次

第4章 南京事件のあらまし

˅ 4.1 東部・北部の掃蕩戦
˅ 4.2 西部・南部の掃蕩戦
˅ 4.3 幕府山の捕虜
˅ 4.4 安全区の掃蕩
˅ 4.5 市民への暴行(事件の状況)
˅ 4.6 市民への暴行(まとめ)
˅ 4.7 犠牲者数

第5章 事件のあと

˅ 5.1 事件の報道
˅ 5.2 日中戦争のその後
˅ 5.3 太平洋戦争への道
˅ 5.4 戦犯裁判

第6章 否定論とその反論

˅ 6.1 南京の人口は20万!?
˅ 6.2 東京裁判がねつ造!?
˅ 6.3 証言や証拠の信憑性(1)
˅ 6.4 証言や証拠の信憑性(2)
˅ 6.5 捕虜・便衣兵の殺害は合法!?
˅ 6.6 市民への暴行はわずか!?
˅ 6.7 強姦・掠奪の犯人は中国兵!?
˅ 6.8 その他

第7章 論争史

あとがき 付録


※1 本レポートの構成と目次の操作

・章・節・項・目・段落
このレポートは、章・節・項・目・段落の5段階で構成されており、目次には節までが初期表示されています。

・ページ
ブラウザが表示する単位(=ページ)は節又は項の単位になります。第1,2,3,7章は項がないので、節の単位、その他の章は項の単位がページになります。

・ページ選択(1,2,3,7章)
項のない1,2,3,7章は、節タイトルの行にカーソルを近づけるとその節にある目のタイトルリストが表示されるので、表示したいタイトルをクリックしてください。

・ページ選択(4,5,6,8章)
項のある4,5,6,8章は、節タイトルをクリックすると、項のリストが表示されます。その後、項タイトルにカーソルを近づけると上記と同様に目のタイトルリストが表示されるので、表示したいタイトルをクリックしてください。

目のタイトルリストにより、そのページにどんなことが書かれているかを確認できるようにしています。

※2 各ページ内註釈からの戻り操作

各ページには註釈がある場合があり、註釈番号をクリックするとその註釈に移動します。註釈から本文に戻るときは、その註釈の右下にある「本文に戻る」ボタンを押せば、本文の註釈番号があったところに戻ります。ブラウザの「戻る」ボタンでは戻れません。なお、他のページの註釈を見たときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。詳しくはページ・ヘッダにある[サポート]→「操作ガイド」を参照してください。