日本の歴史認識南京事件 > 付録「南京旅行記」

付録:南京旅行記

「南京を見ずして南京を語るな!」とは言わないが、現地を見ておいた方が良いにこしたことはない、というわけで単身、2泊3日で南京を旅行してきた。(2016年5月) 以下はその旅行記である。

1日目; 羽田~上海虹橋~南京~雨花台~中華門~夫子廟~新街口(ホテル)

羽田から南京へ

羽田を朝たって上海虹橋空港には現地時間の昼前に到着。3時間のフライトだから沖縄より近い。イミグレーションはあっという間に終わり、預けた荷物もないので、飛行機を降りてから15分くらい後には地下鉄の駅にいた。地下鉄に乗って2駅目の虹橋火車站で下車。

ここから中国の新幹線(高鉄)に乗る。中国の鉄道の切符を入手するには、中国人は身分証明書、外国人はパスポートが必要。日本で旅行社に頼んでバウチャを購入しておいたので、それを切符に換えるために切符売場に行き、10人ほど並んでいる列の後ろで待つ。ところが、なかなか前に進まない。窓口の前で電話しながら、ああでもないこうでもない、とやっているおじさんや、割り込んで来る人もたくさんいて、私の番が来たのは並んでから40分近くもたってからだった。ヤレヤレ ・・・ やっと手に入れた切符を持って、セキュリティゲートをくぐり、ホームへ。中国では地下鉄に乗るときにもセキュリティゲートで荷物検査が行われる。

車内はほぼ満席、この列車は北京行だったが、虹橋駅を出るとすぐに社内の速度表示は300キロになり。途中2駅ほど停車して、1時間半弱で南京南駅に到着した。揺れも少なく快適だった。

中国の”新幹線”

上海~南京高速鉄道の車両

雨花台

南京南駅からは、地下鉄に10分ほど乗って卡子门(Kazimen)駅で下車。料金は2元。(この時点の元の購入レートは19円/元)雨花台烈士紀念公園入口まではゆるやかな坂を登っておよそ15分、天気も良く暑さが厳しい。このルートで雨花台へ行く人はほとんどいないようだ。そもそも外国人が訪れる観光地ではない。公園の中に入ってさらに20分ほど坂を登っていくと雨花台烈士紀念碑に着く。この公園は革命に殉じた勇士を祀っているが、主として国民党政権に殺害された中国共産党員を追悼するものであるらしい。雨花台は古くは処刑場としても使われ、南京軍事法廷で死刑判決を受けた谷師団長ほか3名もここで銃殺されている。紫金山のように急峻な山ではなく、なだらかな小高い丘になっている。

雨花台烈士記念公園

雨花台烈士記念碑(中央奥の塔)

中華門

雨花台を北に向かって下り、そのまままっすぐの方向に中華門がある。地図では雨花台を降りたところ(北口)から中華門にまっすぐのびる道があり約1キロ10分で行けそうに見えたが、実際に行って見ると地下鉄や高速道路のガードに阻まれてまっすぐ行けない。右往左往しているうちに道を失い、1時間かけてようやく中華門に到着した。中華門の前には、皇居のお濠よりやや幅が広い秦准河にかかる橋を渡って行く。現在の中華門は復元されたもので、本来の位置とは少し違う。(現在の南京の城門はほとんど修復されたもののようだ)

中華門と泰准河

中華門(左側)の前を流れる泰准河

中華門城壁上

中華門城壁上の通路 大型バスもすれ違いができそう

夫子廟からホテルへ

中華門から夫子廟に向かう。夫子廟は南京随一の観光スポットで、孔子をまつった寺のまわりにたくさんのみやげもの屋や飲食店がならぶ。南京事件当時もこのあたりは、人口が多かったようだ。中華門から新街口(Xinjiekou)にあるホテルまで、夫子廟に少し寄り道して徒歩1時間20分、まっすぐ行けば1時間かからないであろう。新街口は安全区の北東端になる。ホテルに着いたのは6時半近かった。この日は気温30度、汗だくだくで3時間くらい歩いた。

夫子廟

夫子廟の正門

2日目; 新街口~挹江門~中山碼頭~浦口~南京大屠殺紀念館~中山稜~新街口

挹江門

朝からしとしと雨。ホテルからタクシーで挹江門へ(15分,28元)。中国語はしゃべれないので、あらかじめ行先を簡体字で書いた紙を用意しておき、それを見せればちゃんと連れていってくれる。料金をぼることもない。挹江門も最近復元されたもので、中華門より小さいが高さは同じくらいあり、立派な門である。ここを観光で見に来る人はいない。

挹江門

挹江門

中山碼頭~浦口(揚子江渡江)

挹江門から歩いて10分ほどで中山碼頭に着く。片道2元のフェリーに乗って、揚子江対岸の浦口(Pukou)に行く。揚子江はたくさんの貨物船が上流・下流方向にいきかい、フェリーはそれと直角の方向に船と船のあいだをすりぬけるようにして進む。所要時間はおよそ10分。浦口は近代化された南京市内と異なり、まだ一昔前の風情を残している。しかし、そういう古い建物はどんどん取り壊されているので、あと少しでここも近代的な街並みに変わるのであろう。

揚子江のフェリー

揚子江を渡るフェリー

浦口の街並み

浦口にあった古い建物

南京大屠殺紀念館

中山碼頭でタクシーをつかまえて、南京大虐殺紀念館に向う(15分,22元)。日曜日のせいか、雨だというのにたくさんの人が行列を作っている。入館は無料だが、例によって荷物のセキュリティチェックがある。館内は写真撮影禁止のようだが、撮影している人もたくさんいた。

南京大屠殺紀念館

左:事件の日付や犠牲者数が記載されたモニュメント  右:館外にこんな像がいくつか置かれている

(1) 展示している史料の半分以上は、日本の新聞、写真、軍関係の史料や物品(軍服、千人針、軍刀、銃、砲弾、など)で、次は外国関係(米国など)のもの、中国の史料は少ない。そういえば、沖縄平和祈念館の展示もアメリカ軍が撮影した映像が多かった。敗けた方は記録を取るどころではないのだろう。

(2) 南京空爆から、上海事変、南京攻略、陥落後の不法行為、外国人の活躍、戦犯裁判、と時系列的に展示されている。資料には中国語、英語、日本語の3ケ国語で説明文がついている。

(3) 事実をねじまげていると思ったところはないが、事実をどのように認識するかは中国風。例えば、中国兵による清野戦略、唐生智の逃亡などはまったく触れられていないし、犠牲者30万人の根拠が明確に示されているわけではない。

(4) 当時の民家を復元してそこで殺害されている家族がいる展示もあったが、意外と地味で、沖縄の平和祈念館の展示の方が迫力があった。

(5) 出口にあった「結び」の言葉(下の写真)は、現在の中国共産党の理念そのものを示しているように感じられた。

大屠殺紀念館の”決意文”

「結び」の全文: 「歴史は鏡であり、歴史の教訓を忘れてはならない。侵華日軍南京大虐殺という歴史事実は、戦争は人類文明にとって大災禍であること、戦争は蛮行を生み出し、人間性を絶滅させる野蛮な行為であること、侵略と虐殺は必ず被害民族に災難をもたらすということを証明した。われわれは、国が弱ければ侵されるということ、巣がひっくり返れば割れない卵はないということ、国家が侵略されれば、人民は災禍に遭うという歴史の教訓を、永遠に忘れてはならない。愛国主義の旗を高く掲げ、自ら励んでやまなく、未来を開拓し、中国の特色ある社会主義を建設するために、また、祖国の統一を実現し、世界の平和を守るために努力しなければならない。 戦争を遠ざけ、平和を愛し、調和のある世界を作るために、奮闘しよう!

(6) 万人杭の展示は考古学の展示のようで、本物の人骨なのだが、イマイチ見る者に迫ってこない。そのうしろにある犠牲者の霊を慰める光の展示はおごそかだった。

(7) 日本側の功労者として、本多勝一氏や洞富雄氏の名前があった。逆に東中野氏は夏淑琴さんの裁判で負けたことが展示されていた。

全部見るのに約3時間かかった。やたらと30万の数字が目につき、政治の臭いが強くしたが、実際の展示内容は真面目で参考になるものも多かった。

中山稜

天気が良ければ紫金山の山頂を目指すつもりだったが、あいにくの雨だったので中山陵だけにした。紀念館の前にある地下鉄の駅からおよそ30分、中山陵最寄り駅の下馬坊(Xiamafang)で下車、徒歩20分で駐車場、そこから30分くらいで孫文の棺がおかれているというお堂につく。最後は392段の階段を登る。雨だというのにたくさんの人がいた。

中山稜

孫文が安置されている廟まで392段の階段を登る

漢中門

時間があったので、もう一度、同じ地下鉄で紀念館の方にもどり、漢中門(Hanzhongmen)駅で降りて、駅前にある漢中門を見に行った。ここも復元したようだが、完全にもとの姿に復元されていないようにみえた。観光向けではなく、城壁の上にも登れない。

漢中門

漢中門 付近は小さな公園になっている

漢中門からホテルまでは漢中路を歩いて30分。途中、日本ではみかけない標識を見つけ、思わず微笑んでしまった。左は「犬の進入禁止」、真ん中は「花火&爆竹禁止」であろうか。右は街角に掲げられたスローガン(?)、一番上に「富強」と書かれている。

標識

3日目; 新街口~五台山~玄武門/玄武湖~南京駅~上海~浦東空港~羽田

五台山

今日は良い天気だ。ホテルから上海路を通ってゆるやかな坂を登り、五台山(Wutaisyan)の脇から鼓楼(Gulou)まで歩く。南京事件当時、安全区があったところである。今は超高層ビルが立ち並び、当時の面影はまったくない。中山北路が中山路から分かれる5差路に鼓楼公園があるが、閉まっていて入れなかった。

上海路

五台山付近の上海路(安全区内)

玄武門、玄武湖

鼓楼の5差路から中央路に入り、しばらく行って右に曲がると玄武門(Xuanwumen)があり、その先が玄武湖公園になっている。入場料30元を払って城壁の上に昇る。城壁上の道は、中華門の半分くらいで狭い。しばらく北に向って城壁の上を歩きそのまま下に降りる。玄武湖公園は中国にはよくある公園で、太極拳をやっている人、ジョギングをしている人など、多くの人が思い思いの楽しみ方をしている。天気もよく気持のよいところだ。

玄武湖

玄武門の上から玄武湖をのぞむ

南京駅

玄武湖のほとりをゆっくりと歩いていくと、南京駅が見えてくる。南京駅は玄武湖のほとりにあり、玄武湖の向こう側に南京市街が見える。

南京駅

南京駅

南京~上海~羽田

南京駅から上海駅までは往路と同じように高鉄に乗る。切符は上海で入手済みだったので、今度はのんびりと待つ。停車駅の数は往路とかわりなかったが、最高時速は260キロくらいで、上海までは1時間40分の予定が10分遅れで到着。
上海駅から浦東空港まではタクシー。渋滞している高速道路をかなりのスピードで車の間をすりぬけながら走るので、ひやひやものだったが、50分ほどで到着、料金も200元とリーズナブルだった。南京駅を午前11時に出発して羽田空港着は午後8時。時差が1時間あるので、ちょうど8時間の旅である。

南京は近代的な街に変わり当時の面影はまったくないが、自分の足で歩き回ることにより、南京市内各所の距離感や高度差、城壁の規模などを感覚的に理解できたことは大きい。