核兵器の恐ろしさと非人間性を後世に伝えるため、世界で唯一、広島・長崎で被爆された方々の体験談を、本人のご了解のもとに収録しています。
 今後もこのような証言を、順次掲載していきます。
 なお、「被爆60周年記念誌寄稿文」とあるのは、福岡市原爆被害者の会発行の「いのち(次世代におくる)」の中に掲載されています。  (年齢は被爆当時の年齢)

 注:これまで掲載してきた体験記は、被爆70周年記念誌「記憶」の発行に伴い、「記憶」に掲載された体験記と順次差し替えを進めています。
 また、これまで掲載されてされていない方々の被爆体験記も、ご希望に応じ、順次掲載する予定です。

   掲載者一覧        記載は氏名の50音順      
                                                      
      被爆地:広島  

父も母も原爆に殺された
(被爆60周年記念誌寄稿文)    安部 民子  (13歳)
 私は当時13歳で、爆心地から2キロ地点の広島市竹屋町に、父と母の3人で住んでいました・・・

軍隊のない真の平和を地球上に(被爆60周年記念誌寄稿文)  飯野 豊  (16歳)
 1945年8月6日、8時15分、東洋工業の講堂で迎えた強烈なせん光と爆風は今も脳裏に鮮明・・・

 戦争だけはイヤ!戦争だけは・・・           沖田 尚子 (3歳) 
 3歳9ヵ月で被爆しました。稲荷町の家の中で、まだ布団の上に転げていました・・・

被爆60年を迎えるに当たって(被爆60周年記念誌寄稿文)   小出 康雄  (20歳)
 60年前の8月6日、私は東洋工業工具管理課で執務中、ピカーッとせん光が走りごう音が耳を・・・

核兵器の恐ろしさ」それを伝えるために           島野 道次  (14歳)
  昭和20年8月6日、学徒動員のため舟入川口町の町工場で作業中、ピカッと光ったあの恐ろしい光景・・・

今を生きる…楽しいけど辛い             畑野 薫  (6歳)
 私は昭和14年4月9日、広島市の国泰寺で生まれました。原爆が落ちた時は6歳でした・・・

ピカドンが落ちてきた                     牧之内 繁男 (19歳)
 平成17年は、広島原爆から60周年。その時の情景は、今でもはっきりと脳裏に焼きついています・・・

「負の遺産」                      森 律子  (5歳)
 私がこれから話すことは、今から65年前の8月6日、広島で弾が投下された時のことです・・・

あの日あの時 (被爆60周年記念誌寄稿文)             山根 唯志 (20歳)
 広島8月6日、長崎8月9日、この2発の原爆投下で、一瞬にして両市は焼け野原と化して・・・
 
     被爆地:長崎  

原爆でわが家庭は一変(被爆60周年記念誌寄稿文)       磯田 玲子  (3歳)
 今日は8月9日、59回目の長崎原爆忌の日だ。当時3歳だった私には・・・

「被爆70年に思うこと」                 泉  勇   (12歳)
 70年前の1945年、私は長崎市桜馬場町に住み、勝山国民学校の6年生でした

あの時の私 今の私 (被爆60周年記念誌寄稿文)        岩野 久雄  (9歳)
 原爆が役下された8月9日、私は近所の悪ガキと3人で裏山(山の下は三菱造船台)にセミ取りに行っていた・・・
もう一度平和について考えましょう            岡崎 満也 ( 8 歳)
 私は9歳の時に長崎市内で、アメリカB29爆撃機から落とされた原子爆弾に遭遇しました。
子宝に恵まれなかったのは原爆のせい?(被爆60周年記念誌寄稿文)小野 喜美子(26歳)
 長崎に原爆が役下された時、私は新地(爆心地から3,5キロ)にある勤務先の・・・
日本に戦争はない しないと信じたのに          釜崎 照子 (7歳)
 70年前8月15日、7歳だった私が防空壕から自宅に帰る時、・・・

「 70年 不戦を継ぐ                        上川 仁   (10歳)
 本日は、先の世界大戦(太平洋戦争)が終わって、70回目の日を迎えました。

孫たちへ伝えたい                 鈴木 志郎  (2歳)
 私は2歳半の時に長崎で被爆しました・・・

人間が人間にすることか                 熊谷 龍生  (17歳) 
 運命の8月9日、17歳にして旧海軍に志願入隊していた私は、佐世保郊外の大崎砲台で・・・

私の1945年8月9日                 早田 一男  (15歳)
 遅い朝食でした。 箸をとつた途端、青白い閃光とグアーンという轟音とともに、・・・

国民を欺く国家の再現は絶対阻止(被爆60周年記念誌寄稿文) 塚崎 幸彦  (18歳)
 1941年(昭和16)12月8日、日本は米国・英国をはじめ連合国相手に戦争状態に入り、・・・

私の被爆体験について」                  土内 義雄  (9歳)
 昭和20年8月6日夜、父が仕事から戻って夕食の時に、「広島に新型爆弾が投下されて焼け野が原・・・

若者に「平和」託したい (被爆60周年記念誌寄稿文)      豊永 萬里子 (9歳)
 午前11時2分、ピカーッとものすごいせん光で空が真っ白になりました。・・・

「被爆体験」                            西山 進  (17歳)
 私は、1942年、長崎にある三菱長崎造船所に少年工として就職しました。

 息子の白血病死は被爆のせいか(被爆60周年記念誌寄稿文)   西山 京子 (13歳)
 その時、ピカーッとせん光が光り、私の体もフアッと生暖かい風に包まれ、・・・

 あすの退院告げられながら急死した姉(被爆60周年記念誌寄稿文) 橋本 春江  (5歳)
 私は当時5歳でした。爆心地から4キロ離れた長崎市中小島町で被爆しましたが・・・

 生涯忘れられない「あの日」(被爆60周年記念誌寄稿文)     開  勇   (7歳)
 空襲警報も発令されていないのに、急に飛行機の爆音が聞こえてきました。驚いて空を見上げ、・・・

 忘れられない、戦争の記憶 (被爆60周年記念誌寄稿文)     福井 キミ (22歳)
 あゝ終戦70年、私など青春はなかった。物心ついた頃は支那事変の勃発・・・


 誰にも経験させたくはない(被爆60周年記念誌寄稿文)      藤井 恵子 (7歳) 
 私は7歳の時に原爆を体験しました。空襲がひどくなったので、・・・

「 戦争を知らない今の平和を                   藤島 郁子 (10歳)
 あの忌まわしい戦争から、早いもので70年を迎えました。・・・


 被爆 姉の思い                             松隈 博子 (9歳)
 私たちは父に会うためトラックで長崎県時津の原田病院に着いた。父は三菱兵器製作所勤務で・・・

忘れない あの日のこと                松本    (10歳)
 その日はジリジリ照りつける暑い日だった。ぶらりと長与駅に入ったその瞬間、・・・

戦争だけは絶対ダメ                   三根 繁   (9歳)
 昭和20年8月9日、その日は、午前7時半すぎに警戒警報のサイレンが鳴りました。

 生かされて 生きて(被爆60周年記念誌寄稿文)         山内 良己  (15歳)
 長崎と下五島を結ぶ定期貨客船”長福丸”は午前9時、長崎港の大波止を出港した。・・・
 
次世代に伝えたいメッセージ               山口 美代子 (14歳)
 8月9日も図面を引いていた。天井がピカッと光り、ピンクの甘いような風が・・・

 「戦争法」廃止のために声を上げねば           吉ア 幸惠  (5歳)
 わたしは、自分が被爆者であることを知ったのは20歳で長崎から福岡に移り住んだ2年後のこと・・・

 ナガサキの証言(被爆60周年記念誌寄稿文)          吉永 正子 (14歳) 
 ふたたびあの日を繰り返さないために、被爆体験を次代の人々に語り継ぐことは、・・・