みんなで三原を音楽の街に!
 直美の部屋   広島県三原市

ふりかえって


TOP
 ◇ TOPへもどる

ご挨拶
 ◇ ご挨拶
 ◇ ありがとう

次回
 ◇ 次回の案内
感動を再び!
 ◇ 2017年
 ◇ 2016年
 ◇ 2015年
 ◇ 2014年
 ◇ 2013年
 ◇ 2012年
 ◇ 2011年
 ◇ 2010年
 ◇ 2009年
 ◇ 2008年
 ◇ 2007年

あしあと
 ◇ 一覧表
 ◇ 2017年
 ◇ 2016年
 ◇ 2015年
 ◇ 2014年
 ◇ 2013年
 ◇ 2012年
 ◇ 2011年
 ◇ 2010年
 ◇ 2009年
 ◇ 2008年

リンク
 ◇ リンク


2015年を掲載してます。

1月・2月 3月・4月 5月・6月 7月・8月 9月・10月 11月・12月

第128回(11月9日)
プティフルール アンサンブル

女性コーラス
 プティフルール アンサンブル

指揮 堺谷 雅子さん   ピアノ 吉岡由美子さん


 

 

【11月コンサートについて】

 今月のゲストは
 女声コーラスグループのプティフルールアンサンブルの皆さんです。

 2年ぶりの出演とはいえ、7回目です。
 昨年は結成30周年記念コンサートをポポロでされたとか。

 プログラムのオープニング
 「花のまわりで」
 明るい雰囲気で楽しさいっぱいの歌声ではじまりました。

 次は「ゆりかご」
 やさしいお母さんの温もりを感じながらの心温まる響きでしたね。

 「あの町この町」
 アカペラもいいですね。
 聴きなれた曲ですが ちょっとお洒落な編曲が美しかったです。

 「ちいさな空」3拍子の曲。
 子どもの頃のなつかしい思い出と共に 1日の時の移ろいを感じさせてくれましたね。
 プティフルールアンサンブルらしいとても優しい歌声にうっとりしました。

 次は「野ばら」2曲。
 詩は有名なゲーテ。 それにウエルナーとシューベルトが作曲しました。
 これもアカペラで演奏。 ハーモニーが素敵でした。
 2曲一緒に聴くのははじめて。
 同じ詩でもメロデイが違うと随分雰囲気が変わりますね。
 どっちが好き?かな

 そして「風をみたひと」
 この曲は来年のお母さんコーラス大会で歌われるとか。
 「練習がんばってます」とのこと。
 ひまわり賞とれたらいいですね。

 「空の匂い」
 宮城県出身の著名な音楽家、なかにしあかねさんが作られた曲です。
 東日本大震災の後に作られたとか。
 “みなさん元気を出して前に進みましょう” といった希望をテーマにしたメッセージソングです。
 なかにしさんのその深い思いが歌声から伝わってきました。

 最後の曲「ブルーシャト―」
 70年代グループサウンズ全盛の頃のヒット曲です。
 明るくてリズミカルで ノリのいい曲。
 みなさんもとても楽しそうでした。

<お客様より>
・いつ聴いてもいいですね。女声コーラスらしいやさしい歌声が素敵でした。

・まだもうちょっと聴きたかったわ―

・アンコールすればよかった!(この言葉は複数の方から聞かれました)

・皆さん素敵でしたよ 衣装もきれいですね。

<演奏者より>
・沢山の方に聴いていただき有難うございました。
 一生懸命練習してきたので、とても嬉しかったです。又お会いできる日を楽しみにしています。

第129回(12月8日)
クリスマスコンサート

サックスギャルソン
 サクソフォンカルテット

山下 雅也さん
長谷川 諒さん
谷川 智宏さん
西川 祐太さん
富永 やよいさん  
ソプラノサクソフォン
アルトサクソフォン
テナーサクソフォン
バリトンサクソフォン
ピアノ

 富永やよいさん

山下雅也さん 長谷川諒さん

西川祐太さん 谷川智宏さん

【12月コンサートについて】

 今月はクリスマスコンサート、
 サクソフォンカルテットのグループ “サックスギャルソン”です。

 サックスギャルソンは
 2012年に結成され、広島を中心に活躍されている
 男性4人のサクソフォニストで構成されています。

 直美の部屋 出演 さあどんな演奏が聴けるでしょう


 プログラムの最初は
 「マイ・フェイバリット・シングス」次に「いつか王子様が」
 4本のサックスがうまく自由に絡み合いながらのリズミカルな演奏が聴けました。

 そしてクリスマスコンサートらしくクリスマスメドレー
 お馴染みの曲を聴かせていただき、雰囲気を盛り上げていただきました。


 サックスにはソプラノサックスからアルト、テナー、バリトンと
 音の高さでその種類が分かれ、
 その音色の違う 4本が変幻自在に表現をして
 心に響きわたるような曲の演奏ができると
 分かりやすく説明していただきました。

 よく知らない私たちにとって勉強になりましたね。


 次はピアソラの「ミケランジェロ」
 ここから
 富永やよいさんのピアノが加わって演奏にも厚みが増しましたね。
 ピアソラ独特のタンゴのリズム、まるでコーラスのようなハーモニーで聴かせていただきました。

 いよいよ最後
 ガーシュイン作曲の「ポギ―とべスハイライト」
 舞台はアメリカ、
 貧しい黒人街の恋人同士のラブストーリーのオペラ。
 とても長い曲ですが、ジャズのリズムも入り、 聴きごたえのある曲でした。

<演奏者より>
・三原での演奏ははじめてです。又機会があれば来たいです。

・沢山のお客様に来ていただき有難うございました。 とても嬉しいです。

<お客様より>
・サックスのカルテットなんて初めて聴かせてもらったわ。気持ちよかったわー。

・直美の部屋の新しいレギュラーになってもらえばいいね。

<スタッフより>
・クリスマスコンサートらしいサックスの演奏で今年の直美の部屋も終わりました。
有難うございました。

また来年も直美の部屋をよろしくお願いします。みなさん良いお年を!

ページの上部へ


 |トップページ |ご挨拶 |次回の案内 |感動を再び! |あしあと一覧 |サイトマップ

 直美の部屋   広島県三原市