みんなで三原を音楽の街に!
 直美の部屋   広島県三原市

ふりかえって


TOP
 ◇ TOPへもどる

ご挨拶
 ◇ ご挨拶
 ◇ ありがとう

次回
 ◇ 次回の案内
感動を再び!
 ◇ 2017年
 ◇ 2016年
 ◇ 2015年
 ◇ 2014年
 ◇ 2013年
 ◇ 2012年
 ◇ 2011年
 ◇ 2010年
 ◇ 2009年
 ◇ 2008年
 ◇ 2007年

あしあと
 ◇ 一覧表
 ◇ 2017年
 ◇ 2016年
 ◇ 2015年
 ◇ 2014年
 ◇ 2013年
 ◇ 2012年
 ◇ 2011年
 ◇ 2010年
 ◇ 2009年
 ◇ 2008年

リンク
 ◇ リンク


2007年を掲載してます。

6・7・8・9月  10・11・12月

第33回(12月6日)
クリスマス コンサート
フラン and 木村直子
  木村 直子さん   山下 雅也さん   杉原 由妃子さん
(チェロ)    (サクソフォン)    (ピアノ)
 

 

【12月コンサートについて】

 12月6日というと、クリスマスコンサートとしては「早いな」との印象がありましたが、コンサートが始まると少しも「早い」とは思いませんでした。
 「やっぱり12月は、クリスマスですね」の感じ。

 クリスマスコンサートは恒例となった「フランと直子」、本当に楽しいひと時でした。
 「サックスとチェロは合わせるのが難しい」との事を聞いたことがありますが、少しも違和感はありません。
 山下さん・杉原さん、木村さん有難うございました。

 ミュージック ベルも、クリスマスにはピッタリですね。
 ピアノの伴奏も入れてクリスマスらしい楽しい演奏でした。
 メンバーの気持ちがピッタリ合って、はじめて演奏が出来る難しい楽器だと思いますが、おそろいのベストと同じように気持ちよい演奏、次回もよろしくお願いします。
 
 コンサート会場には、今回初めて港町保育所から先生2名と園児8人のお客さまがあり、「直美の部屋」からの花束贈呈をお手伝いして頂きました。
 前もってピアノの人、チェロの人、サックスの人へと担当を決められると、演奏が終わる前から「赤いドレスの人、 〜  」と呟きながらドキドキしておられたとの事でした。 いざ、花束を持ってお渡しして、赤いドレスの人に握手をして貰うとお顔が輝いていました。
 そして、コンサート終了後の記念撮影もにぎやかでした。
 「ありがとう、また来てね」 

 次は毎度、来て頂いている方のお話です。
 当日
 「昼食がすんだら、さあコンサートへと毎月楽しみの日ですよ」と。Iさん

 出演者の弁
 「プログラム作り、進歩しましたね」と杉原さん、
 「まあ、可愛いい」との木村さんの言葉を聞き、私たちスタッフもニッコリでした。



 コンサートの開始時刻が30分早くなり「皆さんの集まりが ?」と心配しましたが、多くの方にご来場いただき有難うございました。

第32回(11月16日)
ピアノ リサイタル

ピアノ リサイタル
鈴木理恵さん  出口佳加さん
 

 

【11月コンサートについて】

 タララ ラン、タララ ラン。
 演奏は、軽快な「トルコ行進曲」で始まりました。

 11月16日の“直美の部屋”は、鈴木さんのピアノ リサイタル。

 鈴木さんは、「シャンソン歌手 瀬川 澄」さんとご一緒に二度“直美の部屋”に出演して頂いていますが、ピアノ リサイタルは初めてでした。
 当日は天候が不順で、寒くて皆さんの出足を心配しましたが、スタッフの懸念にもかかわらず多くの皆さんにお出でいただき120部用意したプログラムが「アッ」と云う間に無くなり、折角お出でくださった皆さんに申し訳なく思っております。
 『ごめんなさい。』

 プログラムも進んで「エリーゼのために」はピアノを習う人が、必ず一度は挑戦する曲ですよね。 お馴染みの名曲ですが、『こんなにも美しい曲だったのか』と感じて聴き入りました。
 ゲストの出口さんとの連弾になり「水戸黄門」などテレビドラマの主題曲も演奏され、最後の「剣の舞」はテンポの速い曲なのでお二人の手が、
入り乱れて『こんな演奏も出来るのか』と感心しました。
 本当に楽しい時間でした。

 ご来場いただいた皆さん、「鈴木さん・出口さん」有難うございました。

第31回(10月24日)
女性合唱団 プティフルール・アンサンブル
プティフルール・アンサンブル
 プティフルール アンサンブルは、結成して23年の女声コーラスグループです。
 私たちは、毎週月曜日に三原市中央公民館で楽しく、和やかに歌の練習をしています。
 「市民音楽祭」「おかあさんコーラス大会」等に出演し、また施設や学校への訪問コンサート、自然の中でのミニコンサートなど心のハーモニーも大切にしています。
 ささやかな活動ですが、多くの方々と、音楽を通じて生きている喜びを分かちあえる事を願っています。
出演者
指揮 堺谷 雅子
ピアノ 吉岡由美子
ソプラノ
  木村紀美子  三小田典子  谷本 玲子   藤井佐智子
  藤井 寿子   船越 幸子  持留小百合  森澤 佳子
メゾソプラノ
  大石 芳榮   片平 弘子  清田久美子  河野 恵子
  末光美恵子  堤 光子  藤井 良子   脇田 裕子 
アルト
  奥野 征代   澤野 順子  曽川 和子   宮脇 純子
  行武 郁恵   横畠すまこ  横内美枝子

 



【10月コンサートについて】

 指揮者 堺谷先生とプティ・フルール25名の皆さんが入場されると、会場全体が「フワツト」明るくなりました
 黄色と緑の衣装が、その気分を盛り上げてくれます。

 司会者 藤井佐智子さんのナレーションに導かれてコンサートは始まりました。
 美しいハーモニーに、詩の世界が浮かんできます。
 「花 二題」「リズムを楽しもう」と進んで「みんなで歌いましょう」の中では、プティ・フルールのみなさんと一緒に大声で歌うと、自分も上手に歌えたようで気分もスッキリ。
 家に帰ってからも、心楽しい気持。これが 心が癒された と云うのでしょうか。

ページの上部へ


 |トップページ |ご挨拶 |次回の案内 |感動を再び! |あしあと一覧 |サイトマップ

 直美の部屋   広島県三原市