窪田登司のトップページ アインシュタインの相対性理論
 
 マイケルソン・モーリーの実験解析に用いられた、この図が「特殊相対性原理」と「光速度不変の原理」という2つの仮定を生み、アインシュタインの特殊相対性理論の出発点になったことは、皆さんよくご存じと思います。
 さらに、この三角形の内角の和が180度ではないリーマン幾何学に押し進めたのが一般相対性理論であります。
 アインシュタインは一生、この直角三角形が頭から離れなかったようです。アインシュタインがプリンストン大学かどこかで、この直角三角形を黒板に描いてローレンツ因子を導き出しているモノクロ写真を見たことがあります。
 詳細は多くの相対論の教科書をご覧ください。必ず書いてあります。
しかし、この図は根本的に間違っていることを、私は世に訴えています。
 
【註:A→C方向に光を発射するのではなく、A→D方向に発射するのだと、私を馬と鹿の区別が出来ない人間だとするお人がいます。そうすると ct’ というのは無意味になることが、お分かりですか?そういう人はFig.2をご覧ください。
そうすれば、特殊相対性理論は間違っていることを理解する方向にアタマが向いて行きます。
 アインシュタインは「等速直線運動は絶対静止と区別出来ない」と考えたことも合わせて勉強してください。あなたに最も推薦できる目次の項目は、(10)静止系と運動系について、です】
 
★NHK出版「エレクトロニクスライフ誌」筆者拙稿:1993年3月号〜5月号連載
★徳間書店「アインシュタインの相対性理論は間違っていた」1993年/拙著
★徳間書店「相対論はやはり間違っていた」1994年/岐阜大学後藤学教授らと共著
★徳間書店「科学はアインシュタインに騙されていたのか」1996年/後藤学教授、Y・H・ジュー教授らと共著  ほか
(なお、拙著記事にはいくつかの校正ミスや記述ミスがあることを深くお詫び致します。興奮状態で書いたためのなせる業としてお許し下さることを切にお願いいたします。その後開設しました本ホームページでは、その当時のミスを正して、誤解の無きよう記述しました。/窪田登司)
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
Fig.2をご覧ください。
 架台が2つあり、例として V=2v の場合の図を書きましたが、きわめて奇妙な図です。
      「L、vt、ct、光の直角三角形」も正しく、
      「L、Vt、ct、光の直角三角形」も正しいことはあり得ません。
 
 これに対する反論は多数寄せられ、相対性理論は絶対に正しいという立場のもので、
「架台1と架台2では、時間の進み方が異なり、V の方が早く動いているので、時間はゆっくり刻むからそれで良いのだ。時間は t と t’ になるのだ。もっと速い架台3があれば、その時間は t” となり、さらにゆっくり時間を刻むのだ。時間と空間の概念を変えた史上最大の大天才アインシュタイン博士が間違っているはずはない」
というものです。
 
 私は、その反論は反論になっていないとしています。t’ というのは、特殊相対性理論では、Fig.1に示したように、運動系 A’D の時間です。Fig.2の AF での時間ではありません。
(参考までに:マイケルソン・モーリーの実験はナトリウムを燃やした焔を使った球面波です)
Fig.2については、アインシュタインはこんな図は夢にも思った事はないでしょう。多くの読者(学者も含む)も、
「こんな図は見たことがない!目からうろこ!」と、びっくりしたお便りを沢山頂戴しました。
 また同様ですが、(14)光速度不変の原理という仮定の項にも、読者の反論に対して、あり得ないFig.1の不都合図面を描いてありますので、ご覧ください。
 
 ここで、ある反論者が私への攻撃をネット上に書いてあったので、ご紹介しておきます。ニックネームだった原文のまま。
マイケルソン・モーレーの実験での光の往復時間の従来の計算を窪田氏は「異なる座標系の2点を勝手に結んで直角三角形を作って計算している」と非難しているが、全くの嘘で、それらの計算は徹頭徹尾一つの座標系で計算されている。
というものです。(下線は私が付けました)
 下線の前半は、その通りですね。私のアタマの中が半分見えています。fig.1は本当に2点を勝手に結んでいるのが分かりませんか?各線分がどんな長さでも、つまり “方向” と “角度” を無視して線を引いているのが分かりませんか?。
 次に下線の後半は私のアタマの中が見えてないです。これはfig.2の事を言っているのでしょうが、徹頭徹尾一つの座標系で、と書いてありますね。もう一つ座標があることに気が付きませんか?Lですよ。もっと分かりやすく言えば “鏡の移動” です。これが運動系です。ここまで来ると基準系は?となりますね。殆どの読者が「アッ!」と驚いてご理解された部分ですが、この反論者は絶対に分かっていません。ヒントだけ書いておきます。アインシュタインは「光も物体と同様の運動をする。等速直線運動は絶対静止と区別出来ない」と考えた事です。この反論者はこれを盲信しています。
 
 時間 t について、ある反論者が「Fig.2の t はおかしい。ADCはtAFCはt と描かないといけない」とのメールがありました。ごもっともな事です。そんな事は分かり切った話です。
 私が述べているのは、一つの基準系座標の中に、二つの異なった運動系を描いただけです。特殊相対性理論では、二つでも三つでも、いくつでも描く事が可能です。そんな三角形はあり得ないと。
 だって基準系座標は1秒間に30万kmという長さの目盛りで、運動系のLはマイケルソン・モーリーの実験(1887年)では、1秒間に、1300万回余もの往復反射を繰り返している干渉縞実験の架台の長さ約11mですよ。どうして、こんな図が描けますか?
絶対に描けるわけがないのです。それを理解して貰うために敢えて “描いた” のです。
 この反論者が言うように t と t にしましょうか。アインシュタイン流に書くと、
(ct=(vt+L
(ct=(Vt+L
となりますね。そうすると、(ct(vt2  =(ct(Vt ですから、光速 c を求めると、
c=f( tV )の4個の関数になりますよ。それで光速度不変の原理ですか?これら4個の変数をどういう値にすると c=299,792,458[m/s]になりますか?私は「こんな直角三角形は物理学でも数学でもない」と述べているのです。
 
 重要な事は、v や V は、相対初期速度に依存するベクトル量であり、velocity です。
一方の光のスピードは光源の運動には無関係に一定値 c です。(velocity ではなく speed であることに注意)。
 こういった異なるベロシティスピードを何の意味もなく線でつないではいけないです。
 
“数学的にやってはいけない” ことをやっているのです。
 アインシュタインは、鏡がいかなる速度で、いかなる方向に運動しようと関係なく、その鏡に光は光速度 c で到達し、時間の方が変わるのだとしましたが、Fig.1は(Fig.2も同様ですが)、距離(長さ)と方向 θ を無視しているので数学でも物理学でもないです。 
 
その結果が、
「マイケルソン・モーリーの実験装置は横方向が地球の運動によって縮んでいるとして実験を説明し、大理論となった」、
「運動する時計はゆっくり進む。ただし、アインシュタインによれば、この時計は故障しているのではない」、
「運動する時計は進行方向に縮む。縮んでも時計は故障しない」、
「亜高速で宇宙旅行すると飛行士は歳を取らないが、地球に戻ると一瞬にして地球時間になり歳を取るというアインシュタインの浦島太郎効果」、
「地球が誕生する遙か昔137億年前にビッグバンによって宇宙が誕生した瞬間から時間と空間が始まった。現在も空間は伸びて、時間は縮んでいる。赤方偏移をローレンツ因子で計算しているので、138億年前か、200億年前か、望遠鏡が発達すればするほど宇宙の大きさは大きくなっていく。そして常に宇宙の中心は地球である」、
など、きわめて奇抜な、人々の興味をそそる結論になっているのであります。
 
 そういうことはあり得ない、面白いが物理学ではない、というのが、私の指摘です。
 私は、光速は一定だから、運動系にとって相対光速度は変わるとしています。
(実例:ドップラー効果、リングレーザージャイロの原理、ブラッドリーの光行差の現象等)
その大きさは c’ =c−Vcosθ であることを、上記拙著などで示しています。
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
●すべての相対論物理学者に次の問題を提出します。Fig.3の運動系の 時間 t’ は進むのですか?遅れるのですか?
  (この運動系は光速の約34%、秒速 V ≒10万2千km、θ ≒108° で右方向に等速直線運動しています)
 
 お便りがありました/2021.04.05/相対論物理学者か一般の方か不明です。ニックネームのようです。全文と翌日頂戴したご感想への返信も追加して公開しておきます。
「前略。相対論は疑似科学です。【等速直線運動する物体は進行方向に縮む】などということはあり得ない。【等速直線運動する物体は時間が遅れる】などということはあり得ない。
 下図に於いてO→P(約60万km)も、O’→P’(約66万km)も同じ t ≒ 2秒です。t’ など存在しない。この図は一般図であり、運動系がいかなる方向に、いかなる角度で移動しても成り立ち、c’ = c−Vcosθ で説明出来る。ポアンカレは本当の光速 c=299,792,458[m/s]と、見かけ上走る光速 c’ の区別が付かなかった。または、それらを統一しようとしたが、失敗して疑似科学となっていた。以上、拙文にて失礼」
 
窪田より:ご理解有り難うございます。c’ を計算しておきましょう。
c’ ≒ 3×10[m/s]−10.2万[km/s]×cos108° ≒ 3.315×10[m/s]
 マイケルソン・モーリーの実験は装置をほぼ直角にしているので、θ ≒ 兀/2 ですのでcos( 兀/2)≒ 0です。
よって c’ ≒ c となり干渉縞は極小となります。精度が高くなればなるほど c’ = c に近くなり、マイケルソン・モーリーの実験を完璧に説明する事が出来ます。仰せのとおりM−M実験は地球がいかなる方向に、いかなる速度で運動していても、そして東西方向と南北方向に向けなくても任意の向きで実験できますね。θ ≒ 兀/2 に調整すればいいわけです。
 また( c−Vcosθ )につきましては、物理学の他の分野にも応用できることを(10)静止系と運動系について に書いてございます。
「相対論は疑似科学である」は私も同感でございます。長い間小生の( c−Vcosθ )を疑似科学だと罵倒・中傷されてきましたが、逆転した事に安堵しております。ポアンカレは万華鏡などを方程式にするのが得意だった数学者ですが、残念ながら c’ には気が付かなかったですね。
 
      Fig.3
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
    相対性理論は間違っています
 
 アインシュタインと私の時空光速度の違いを一覧表に示しておきます。なお、[相対光速度説]というのは“仮称”です。
 
(フリー:科学技術/エレクトロニクス技術ライター)
ご意見、お便りの宛先:〒203-0033 東京都東久留米市滝山4−10−11  窪田登司
    
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
目次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(10)静止系と運動系について この記事の中の反論者は、ほぼ99%相対論の間違いに気が付いているのに、あと1%で残念
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(24)一般相対性理論について      ・・・東大の香取秀俊教授研究室で光格子時計を開発された件を書いてございます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
ある読者から、『アインシュタインの相対性理論のもとになっている“特殊相対性原理”や“一般相対性原理”、“光速度不変の原理”、“等価原理”などは理論を作るための「仮設」であり、窪田氏の記述の「仮説」というのは間違いです』
というお便りがありました。
 早速辞書を調べましたら、岩波国語辞典に「仮説=ある現象を統一的に説明するために立てた仮定」とあり、「仮設=実際にはない、また、確かだとは分かっていない事柄を仮にそうだとすること」とありました。まさに、ご指摘の通りであります。ご指摘有り難うございました。ホームページ内の未だ直してない部分や拙著の中のアインシュタインの「仮説」は「仮設」または「仮定」と読み替えて戴きたく存じます。            (2001年5月12日/窪田登司)
 
ご案内:EdgeもGoogle Chromeでも同様ですが、閲覧履歴を保持するとなっていて、古いホームページが表示されることがあります。常に新しいHPを表示するには「Ctrlキーを押しながらF5を押す」と、パッと最新になります。ただし本当に古〜いHPもありますが(*^_^*)、ご容赦のほどを。
なお私のHPは最新のhttps://ではなく、http://ですので、サイトに▲セキュリティ保護なし、と表示されますが、biglobe
でアップしているので<安全>です。広告はないので、広告からウイルスが入り込む事はないし、安心してご閲覧ください。
 
もう一件:目次の(30)英語版の英文は極めて幼稚でプアです。私の英語力を露呈しており、お恥ずかしい次第です。したがってEdgeでもGoogle Chromeでも同様ですが、ダイアログボックスが出てきても、[翻訳]するとか、[日本語]にするはクリックしないで、× をクリックしてくださいね。お願いします(-_-;)                2021.03.09/窪田登司
 
Copyright(c)kubota-takashi.All rights reserved.