囲碁の会  囲碁クラブ下地会

 トップページ 下地会下地プロ指導碁 玄昭の間 掲示板

棋譜保管庫ギャラリーSHIMOJI会員募集中 
   
玄昭の間

           玄昭師匠の出題:指導碁、次の一手、詰碁、手筋、ヨセ,攻防

            棋譜ファイルは棋譜管理ソフト「Kiin Editor」で開くことが出来ます。
            
「Kiin Editor」はここをクリックして日本棋院のホームページからダウンロードしてください
            詳しくは2012年8月12日付け下地会掲示板を参照してください。    フリーソフト(無料)です。


2018年6月1日  第67期王座戦予選         第二譜 (完)
黒)下地玄昭七段 対 白)関航太郎初段 
 
第二譜(黒1-白36まで)   
  白36まで完封されました。

下の白数子を取った利益が20目ありますが白の厚みは本当に凄い。

白優勢というより勝勢、必勝です。

 
  解説はこちら


2018年6月1日  第67期王座戦予選         第一譜
黒)下地玄昭七段 対 白)関航太郎初段 
第一譜(黒1-白34まで)   
  関初段とはもちろん初対局。

期待されている若手の一人というより最有力の存在でしょうか。
(6月26日二段昇段)

今の若手は本当に強いので、気を引き締めてと心掛けて挑戦するような気持ちでの対局です。
 
  解説はこちら


 2018年5月26日 春季囲碁大会              第三譜 完
先)伊東勇二八段 対 長南一豪九段
  
第三譜(黒1-白26まで)   
  黒にとって満足なシノギが難しい局面に見えます。白の好材料は黒の勢力圏下側一帯に自然に白石が進出していること。中が厚くなれば右辺の弱石達を苦労なく動き出せます。

主導権を握るのは大きいですね。

◎この碁に快勝した長南さんは全勝優勝。九段の手合い
  ですから評価高い。
  伊東さんは『次こそ勝つ』と燃えているはず。

決勝戦にふさわしい内容ある一局でした。

これから研究会・合宿・大会での名勝負を楽しみにしていま
す。

   解説はこちら


2018年5月26日 春季囲碁大会              第二譜
先)伊東勇二八段 対 長南一豪九段
  
第二譜(黒1-白24まで)   
  ここで黒の次の一手は絶対に見えたが分岐点だったかもしれない。

次の一手候補はA~Dです。皆さんならどこに打ちますか。

第二譜はここまで。
 

   解説はこちら


2018年5月26日 春季囲碁大会              第一譜
先)伊東勇二八段 対 長南一豪九段
 第一譜 (黒1~白22まで)  
  Aクラス決勝戦 長南九段vs伊東八段。

記録の都合で序盤~中盤までとなるが詳しい解説を心掛けました。

一段差なので伊東さんの先の手合いとなります。


この碁は定先なのでコミ6目半がない。白としては簡明でなく広い局面にしたい気持ち、良くわかります。

さて黒はどこに打つのが良いか。迷う場面。

    
    
解説はこちら

   


2018年2月15日  第74期本因坊戦予選         第三譜・第四譜・最終譜
黒)小松英子四段 対 白)下地玄昭七段 
第三譜(1-40)   棋譜 Kiin Editor
 

解説無し、手順のみ。

 
第四譜(黒1-白98まで)   棋譜 Kiin Editor
 
解説なし、手順のみ。 


第四譜(黒1~白98まで) 白中押し勝ち

着手が盤に表示されていないのは(黒1コウ取る→7、白4コウ取る→11、白16→黒21の下、黒29二子取る→28の上、白40→66、黒43→66の下、白50→51の下、黒57抜く→52の上、

 最終譜(黒1-白256まで)  棋譜 Kiin Editor
 

第256手 白 中押し勝ち

 


 2018年2月15日  第74期本因坊戦予選         第二譜
黒)小松英子四段 対 白)下地玄昭七段 
第二譜(白1ー白57まで)   
 

   
解説はこちら 


2018年2月15日  第74期本因坊戦予選         第一譜
黒)小松英子四段 対 白)下地玄昭七段 
第一譜(1-61まで)   
    

  
解説はこちら