行基菩薩開基49ヶ院

概要は 「行基と律令国家」吉田靖男、吉川弘文堂、昭和61年 より転載、一部情報追加
「行基年譜」泉高父宿衝、安元元年(1175)成立:行基開基寺院として49院を記す。

建立寺院 建立年 行基年齢 所   在   地

現存

比  定  地 「天平十三年記」の関連施設 備  考
◇は「行基建立の四十九院」田中重久、昭和15年 よる
- 2佐紀堂 慶雲2年
 (705)
38 平城京西大寺附近 -

-

- -
1 3大須恵院(高蔵)
大修恵院
慶雲2年 
 (705)
38 和泉国大鳥郡大村里大村山 高倉寺 大阪府堺市高倉台一丁目 -

現況:泉北ニュータウンの一画に現存する。現在は江戸初頭の伽藍を残すだけであるが、良く観察すると雛壇状の伽藍地に往時の面影を残す。(実見済・写真なし)

2 6恩光寺 霊亀2年
 (716)
49 大和国平群郡床室村 - 奈良県 -

所在未詳

3 7隆福院(豊実) 養老2年
 (718)
51 大和国添下郡登美村 霊山寺 奈良市大和田町追分 -

霊山寺
2012/05/19追加:
昭和43年追分梅林の開墾中に奈良期の「追分廃寺」が発見される。菅谷文則氏は当廃寺を隆福院と推定し、現在ではこの説は妥当性を持つと支持が多い。
霊山寺の寺伝は行基の創建した道場であると伝える。この道場とは隆福院の蓋然性が高く、霊山寺は隆福院の後身と見ることもあながち荒唐無稽 なことではないであろう。

4 8石凝院 養老4年
 (720)
53 河内国河内郡日下
「枚方市史第1巻本編」;日下は「早」と書く用例がある、「行基年譜」では早村と書く。
※「枚方市史第1巻本編」関係は2015/01/29追加
- 大阪府東大阪市日下町 -

昭和37年東大阪市日下墓地西方で基壇と推定される瓦積を発掘。
「枚方市史第1巻本編」では、「日下墓地は行基7基の一つとされ、行基千百回忌である弘化4年(1847)年紀の卒塔婆がある。」と云う。
また平安末期には山城教王護国寺末寺であったと記録される。(「教王護国寺文書」永保元年(1081)「河内國石凝寺々地等免判抄」)

5 9菅原寺(喜光寺) 養老5年
 (721)
54 平城右京三条三坊 喜光寺 奈良市菅原町 -

寺史乙丸は行基に自宅を献じ、そこに精舎を建立し菅原寺と号す。また菅原寺東南院は行基示寂地と云う。なお喜光寺とは聖武天皇の命名、この地は菅原道真の生誕地と伝えられる。

6 10清浄土院(高渚) 神亀元年
 (724)
57 和泉国大鳥郡葦田里 - 大阪府堺市湊町
- -
7 11同 尼院(高石尼院) 同上 57 和泉国大鳥郡日下部郷高石村

-

大阪府高石市 - -
8 12久修園院(山崎)   神亀2年 
 (725)
58 河内国交野郡一条内 久修園院 大阪府枚方市楠葉中之芝二丁 楠葉布施屋(楠薬郷) 山崎橋架橋に伴って建立とされる。
9 13檜尾池院 神亀3年
 (726)

59

和泉国大鳥郡和田郷 - 大阪府堺市檜尾 -

檜尾池なる池は現存せず不詳。

10 14大野寺 神亀4年
 (727)
60 和泉国大鳥郡大野村 (大野寺) 大阪府堺市土塔町

野中布施屋(土師里)、土室池・長土池(土師郷)

土塔現存
11 15同 尼院 同上 60 同 所 - 同 所 - -
12 16善源院(川堀) 天平2年
 (730)
63 摂津国西成郡津守村 - 大阪市西成区/西淀川区 比売場堀川(津守村)白鷺鴫堀川(津守里)

-

13 17同 尼院 同上 63 同 所 - 同 所 - -
14

18船息院

同上 63 摂津国兎原郡宇治郷 - 神戸市兵庫区 大輪田船息(宇治)

-

15 19同 尼院 同上 63 同 所 - 同 所

-

-

16 20高瀬橋院 同上 63 摂津国嶋下郡穂積柑 - 大阪市東淀川区 高瀬大橋(高瀬里)、高瀬堤樋(茨田郡高瀬里)直通

-

17 21同 尼院 同上 63 同 所 - 同 所 - -
18 22楊津院 同上 63 摂津国河辺郡楊津村 - 兵庫県猪名川町木津 - -
19 23狭山池院 天平3年
 (731)
64 河内国丹比郡狭山里 - 大阪府南河内郡狭山町 狭山池(狭山里)

両院の遺構は不明。
東野廃寺と狭山神社境内廃寺の遺構の 何れかの可能性があるも、確定的根拠に欠ける。

20 24 同 尼院 同上 64 同 所 - 同 所 -
21 25昆陽施院

 

附:行基石

同上 64 摂津国河辺郡山本里 昆陽寺 兵庫県伊丹市寺本五丁 昆陽上池・下池・院前池・中布施屋池・長江池(山本里) 昆陽上溝・下池溝(山本里)昆陽布施屋(嶋暢里)

昆陽寺とは直接の関係はないが、伊丹市立博物館に◆「行基石」 の展示がある。
行基が東大寺建立のため石を六甲山から搬出中に不要となり落下した石、あるいは行基が食事中にお椀の中から箸で捨てた石との伝承がある。また旧郷村との境界にあったので境目石とも云う。個人より寄贈 と云う。

22 26法禅院 (檜尾) 同上 64 山城国紀伊郡深草郷 - 京都市伏見区深草鞍ヶ谷町(谷口町とあるも鞍ヶ谷町)
-

参考:山城おうせんどう廃寺を比定する説がある。

23 27河原院 同上 64 山城国葛野郡大屋村 - 京都市 - -
24 28大井院 同上 64 山城国葛野郡大井村 - 京都市右京区天竜寺造路町〜西京区嵐山山田町 - -
25 29山埼院 同上 64 山城国乙訓郡山前郷 - 大阪府三島郡島本町 山崎橋(山崎郷)

◇山崎離宮八幡宮に所在の相応寺心礎はこの山崎院 心礎とするのが相応しい。

26 隆福尼院 同上 64 大和国添下郡登美村 霊山寺 奈良市大和田町追分 -

霊山寺:養老2年に は3.隆福寺が創建される。3.隆福寺の項を参照のこと。
◇この尼寺は無視し、7隆福院(豊実)を尼寺とする。

27 30枚方院 天平5年
 (733)
66 河内国茨田郡伊香村 - 大阪府枚方市伊加賀 - -
28 31薦田尼院 同上        66   同 所 -  同 所 - -
29 32隆池院(久米多) 天平6年
 (734)
67 和泉国泉南郡下池田柑 久米田寺 大阪府岸和田市池尻町 久米多池・同地溝(丹比郡里) 久米田寺
30 33深井尼院(香琳寺) 同上 67 和泉国大鳥郡深井村 - 大阪府堺市深井 薦江池(深井郷) もと字中村にあった野々宮神社が永正年中火災に罹り、安村香林寺の境内に移る。明治の神仏分離で香林寺は廃寺となる。なお香林寺は近世の地誌類では行基開基と 明記される。
31 34吉田院 同上 67

山城国愛宕郡

- 京都市左京区吉田神楽岡町 - -
32 35沙田院 同上 67 摂津国住吉 - 大阪市 -

未詳

33 36呉坂院 同上 67 摂津国住吉郡御津 - 大阪市住吉区長峡町

-

-

34 37鶴田池院 天平9年
 (737)
70 和泉国大鳥郡凡山田村 - 大阪府堺市草部

鶴田池(日下部郷)

-

35 38頭陀院 (菩提) 同上 70 大和国添下郡矢田岡本村 - 奈良県大和郡山市矢田町 - -
36 39同 尼院 同上 70 同 所 - 同 所 - -
37 40発菩提院(泉橋院) 天平12年(740) 73 山城国相楽郡大狛村 泉橋寺 京都府相楽郡山城町上狛 泉大橋(泉里) 泉寺布施屋(高麗里) 泉橋寺
38 41同 尼院 同上 73  同 所 -  同 所 -

寺名が隆福尼寺とされるも、間違いとされる。隆福尼寺は既に天平3年に起工されている。26

39 42泉福院
(誓願寺)
同上 73 山城国紀伊郡石井村 - 京都市伏見区 -

◇相楽郡木津町御霊神社東に誓願寺址(8世紀の瓦を出土)があり、39はこの誓願寺のことと云う見解もある。近世には京都寺町にあり、浄土宗西山深草派本山となる。

40 43布施院 同上 73  同 所 - 同 所 - -
41 44同尼院 同上 73  同 所 - 同 所 - -
42 45大福院御津 天平17年(745) 78 摂津国西成郡御津村 - 大阪市南区御津寺町 - -
43 46同 尼院 同上 78  同 所 - 同 所 - -
44 47難波度院 同上 78 摂津国西成郡津守村 - 大阪市西成区〜西淀川区 度布施屋(津守里)

-

45 48牧松院 同上 78  同 所 - 同 所 - -
46 49作蓋部院 同上 78  同 所 - 同 所 - -
47 報恩院 不明 ? 河内国交野郡樟葉郷 - 大阪府枚方市樟葉 -

◇49院以外の「行基年譜」の記載で、行基建立とするも建立年の記載が無い。

48 長岡院 不明 ? 菅原寺西岡 - 奈良市疋田町 -

◇同上

49 大庭院 勝宝2年(750) 没後 和泉国大鳥郡上神郷大庭村 - 大阪府堺市大庭寺 - -
50 蜂田寺(華林寺) 天武9年(680) 13 和泉国大鳥郡蜂田郷 華林寺 大阪府堺市八田寺町 -

行基母方蜂田氏々寺の可能性あり。清香山と号す、蜂田寺は古名とする。
◇49院以外の「行基年譜」の記載。

51 1家原寺神崎院 慶雲元(704) 37  同 所 家原寺 大阪府堺市家原寺町一丁 茨城池(蜂田郷) 家原寺
行基生地と云う。
52 4生馬仙房  4(707) 40 大和国平群郡生馬 竹林寺 奈良県生駒市有里町 -

生駒竹林寺
草野仙房とも云う。
行基墓が現存し、行基舎利瓶などが出土する。

53 5神鳳寺 和銅元(708) 41 和泉国大鳥郡野田村 - 大阪府堺市鳳北町一丁 大鳥布施屋(大鳥里) 神鳳寺

※作者(吉田靖男氏)は,47・48・49を数えず,51・52・53を四十九院に数える。
※建立寺院名左の番号及び◇印記事は「行基建立の四十九院」田中重久、昭和15年 による。


 


2008/01/02作成:2015/01/29更新:ホームページ日本の塔婆