ARU

Top

Works.

Works.

Policy

Links

contact


  暮らしの 日記







すこやか住宅相談

■ 無料相談受付中
留守電時は、メールを
aru@keh.biglobe.ne.jp






ARUは
こんな「自然住宅」







■職人の無垢な手仕事







森の小さな家
  リノベーション








あさひかわ
     「色の家」

色の家





「小さな家」をつくろう.T






「小さな家」の魅力.U







ここちUP住改造






■雪の外観 「冬の景」






「世界の小さな家たち」



■ほっとする新築
  「家づくり」 集



 
お宿一凛さん
  魅力レポート





フラクタルな
  山のアトリエ
  魅力のひみつ





Atelier garden
    
miu
さん魅力レポート









■北海道家具の魅力と
 樹凛工房さんの家具







■ 北のコロニーガーデン





 
魅力ある住環境の風景






■ホワイトナチュラルイメージ





マーク & ロゴワーク


 ほっとする
 自然調和な
 住まいづくり

Atelier アル環境計画

 

■ ARUは 自然調和な家づくり庭づくり設計施工のアトリエです

 
 NEWS
     ・9/18  暮らしの日記「北海道地震とこれからの家」UP
          ・7/15 
暮らしの日記 「天変地異の多発と住まい」UP
 家と庭と景 Report news












 ● "小さな住まい"工事進捗・・・2018/秋



 施工中の小さなcafeとお住まいの工事、10月末引き渡しが近づいてきました。

 外壁塗装が未完成ですが現場事情があり足場が外れ外観の姿が見えて

 来ました。内部は、大工さんの造作工事が終わり只今内部塗装工事中。

 塗装が終わると建具屋さん、クロス屋さん、電気屋さんの照明器具取り付けです。





       


   


 外観イメージは下記のように現物サンプル確認しながら、建主様と一緒に決定してゆきました。

 照明イメージと器具選びも10月中に終わりました・・・後は器具がつくのを待ちます。


  















 ● "秋の庭づくり"工事進捗・・・2018/秋



 ある街の丘の上の住まい、秋の庭工事が完成しました。庭イメージプランから

 細部を打合わせしながら造園屋さんと下記の施工イメージ図を作成し

 クライアント様に気に入って頂く庭の仕上がりとなりました。植栽テーマは

 「雑木の庭」です。特殊サイズのブリックをランダムに積むアーチラインの

 花壇もとても良く仕上げてもらいました。 オフホワイトのウッドフェンスも

 建物と緑を引き立て新鮮な家の守り効果となるフェンスとなりました。

 クライアント様にとても喜んで頂き嬉しく思います。 庭は本当にいいものです。




 




















 ● "庭づくり"夏の構想案・・・2018/夏


   庭づくりのご縁があり旭川近郊の庭構想案の打合わせがすすみ、

   これから詳細設計と見積に入り秋頃一次工事完成予定で進んでおります。


  












 ● "春の庭づくり植栽づくり「庭の景」"・・・2018/春



 春になったら北海道は、いよいよ春一番の家づくり庭づくりの季節を迎えます。

 家は、小さくとも花と緑の植栽を調え育ち始めてやっと「家庭が完成」するように感じます。

 家を建てた時に描いていた「庭ビジョン」を下記のように少しずつ作ってゆくのもいいものです。


 

    ★ 2018年現在の植栽風景・・・↑ 「お母さんの幸せ小庭」



   

                              miu garden work

   


   




 

  ★ 庭づくりの工事プロセスも、↑このように なかなか楽しい作業になるものです。


 

 ★ 植物と遠路のウッドチップだけでつくる庭アプローチも優しい自然な庭になるものです。



  
 
  

  ★ 木陰とパーゴラのある庭づくりも光と緑と花を楽しむ癒しの庭になるものです。













 ●"なんとなく気になる小さな家のイメージ・・・2017/10


  

 
今計画中の家づくりと関係はないのですが、仕事のイメージリサーチ中に出逢った気になる

小さな家と小さなインテリアのひとつのイメージで御座います。外と中は別物でしたがなんとなく

違和感なく合う小さな暮らしの豊かさと、さわやかな心地よさのイメージ写真でありました。

参考までイメージメモとして掲載しておきました。 なんでしょう、ラフで慎ましいのに この

暮らしの上質な心地良よい空気感は・・・?   小さな暮らしと普段着住宅・・・素敵です。

心込め 行き届いた小さな家は なぜなのか 温かいですねぇ〜














 ●"北海道の森に、あるプロジェクト構想進行中・・・2017/春



   


   約1万坪の森の入り口に、あるプロジェクト構想を計画中です。まだ具体的なことは

   公開できませんが、簡単に書きますと「クリエイティブな人の"絆と遊び"を活性化

   する森の滞在型スタジオ空間装置」になる予定です。ここは自然に調和する有機的な
  
   素材から計画が始まっています。 これから徐々に空間コンセプトとゾーニングの

   魅力要素をご紹介できたら・・・と、思っています。









"愛犬と暮らす平屋住宅"外構と庭づくり秋完成・・・2016/10


  今日は雨模様でしたが外構工事とカーポート屋根工事完成し植栽も施工、愛犬が喜ぶ家と庭の完成。

  外壁のノンメンテナンス風化色塗装は、やっと風化色が落ち着き、もうすでに10年以上経過した

  ような自然な風合いになって来ました。外壁塗装はこのままもうしなくて良い自然塗装です。


  
  

  

  
   

  

     

  

     表側は、サンデッキを板塀で囲いパーキングは、ペイブブロック施工

      外構裏側は、浴室から見える植栽と家庭菜園スペースを計画。










 ●" 富士山みえる街に1000坪の素敵なブルーベリー農園と
          小さな家の構想案レポート・・・2016.6





    


     ★ ファームの全体鳥瞰パースや「小さな家」の構想案ご紹介ページをクライアント様の快諾

       により作らせてもらいました。  
→ 
詳しいイメージプランはこちら








●「 なごみの和空間 」しつらいレポート
・・・
 
                                     
   やはり日本人のなごみとおもてなしの原点は、和の空間なのかもしれません。心もカラダも
   神聖な間もなぜかしっくりと納まる素材、木、和紙、畳、塗壁の呼吸できる自然素材で造りました。
                                            

  
 


   


  


  
      

  
    
↑↓美瑛「お宿一凛」さんの和室です、ご一泊体験いかがでしょう・・・

  

 
■「和空間」の木、和紙、畳、塗壁のまろやか空気と静寂の心地よさ、やはりいいです。
                               








●「愛犬と暮らす省エネ自然住宅」施工レポート ・・・
 
   ある街で愛犬と暮らすK様宅の新築平屋「省エネ自然住宅」



   ☆ 特注家具搬入、ストーブ初めて火が入る・・・2016 / 1
     家具は全て道産サクラ材の特注家具でつくられました。ソファー生地は、ペット用の扱い
     やすい素材を使用。二つあるベットルームのひとつは、造作ベットで大工さん製作です。
  


     

      

     
    セミダブルの無垢材造作ベットと下収納 (大工製作)        体圧分散優れ、へたらない天然素材ラテックスマット厚11p     


     ●心地良さの見えない性能
     ・内装も無垢の自然素材でとにかく空気が気持ち良い。
    ・床下に1トンの備長炭、床下から暖房と熱交換された新鮮空気、
    ・ストレス電磁波の発生極力防ぐ工夫、家すべての水をフィルター交換なし元菅用活水器
     洗剤を半減し肌と環境に負担をかけない優しい水・・・


   
   

   
   

        
    
 キャットウォークと吹き抜け                    

          
     トイレ収納とモザイクタイル                     TV付きジェットバス
        
  
   
    



    ■外観イメージプラン
(外壁、道南杉材ウッドロングエコ塗布)
   




★省エネ自然住宅の計画と設計


■ 木製窓3重ガラス、外壁ウッドファイバー断熱200o、天井サーモウール断熱300o、基礎断熱100o仕様。



■ 断熱気密性能ポイント 

今までの次世代省エネ基準の住宅暖房費をさらに半分にする断熱性能をめざし Q値(熱損失係数)=1.3〜1.0の
建物ハード性能を確保する建物。外壁自然断熱材厚200oで全体バランスを見ながら計画。高スペックな断熱
性能で、熱損失を抑えつつ省エネや創エネの設備機器を用い、よりランニングコストの少ない住宅
づくりとなっています。気密性能値となります隙間相当面積 C値=0.7C以下(次世代省エネ基準は、2.0C)
 
健康と環境負荷に配慮した
省エネ自然住宅実現に可能な限り挑戦努力した家づくりとなりました。


■ 自然素材仕様ポイント

・道産の構造材、外壁材を使用
・土台は、有害防腐剤のない無垢材
・家具建具も道産材の製作
・人と愛犬の滑りに配慮した無垢床材や壁天井の木質無垢羽目板は
 道産材の自然塗装仕上げ
・壁天井内装材は、珪藻土入り自然塗り壁
・貼り物は、コルク、和紙、織物などの自然素材選択
・畳は、農薬のない自然畳使用
・タイルは、人と愛犬に配慮した自然な色合いと肌合いを生かしたタイル
・断熱材は、ガラス繊維のグラスウールやロックウールは使用せず、次世代省エネ基準の住宅性能表示温熱環境性能
4等級と同程度の健康上安全で再生可能な道産ウッドファイバー断熱材と羊毛断熱材を使用。

以下は私共独自の自然住宅観になります。

自然素材だけでなく心地よさの本質になる土地と家の空気、水、土にある見えない自然バランスとそれを乱す環境ストレス
をできるだけ少なくする工夫が必要との考えから、太陽方位だけではなく、地球の磁気方位と土地の地磁気測定等で土地
の自然力とストレスポイントを調べ、できる限り寝室等が地力低下(酸化・腐敗・陰湿化)しないよう確認・配慮致しました。
そして家の「空気と水と土」を浄化活性化へ向ける設置提案。あまり知られていない洗剤を減らせる浄化力あるフィルター
交換なしの水道元菅用活水器など、大地とつながる床下空気を調え室内に自然なマイナスイオンリッチにする備長炭の
床下敷炭・・・などの工夫を致しております。








ARUの「自然住宅づくり」 IMAGE FILE PHOTO
       北海道らしい三角屋根、無垢材の木造住宅設計施工事例ズームアップ



  


   


   


 








  ARUの「自然住宅づくり」PLANNING FILE
         北海道らしいシンプルな三角屋根の住宅プラン事例。土地の特性を生かし、
         ご家族様の新しい生き方と暮らしにお応えする自然な家づくり。



   

   

   








 
                       北海道らしい三角屋根の家づくり
           ほっとする「自然な住まい」づくり


              Copyright 2013 - 2018ARU Kankyokeikaku. All Rights Reserved