枕草子 夏

夏は夜

イラスト 画像  絵

清少納言枕草子
無料イラスト
フリー素材 

「イラスト工房ユニ」 へようこそ
枕草子で描写される情景をイラストにしてみました。



枕草子 第一段 夏
 夏は夜
 月の頃はさらなり
 闇もなほ
 蛍の多く飛びちがひたる
 まただだひとつふたつなど
 仄かに光りてゆくもおかし
 雨など降るもおかし


現代語訳例:  
夏は夜が良い。  月の出るころはいっそう良い。   闇でも やはり蛍が多く飛び交っているのが良い。 また一つか二つが 仄かに光って行くのも趣がある。 雨など降るのも趣がある。

千年も前の清少納言の抱いた感覚は、 現代の私達と少しも変わりませんね。
平安期にしては、 歌ではなく 散文なのが清少納言の斬新さです。 このようにして 随筆 というものを始めたのですね。

枕草子の原文は残されていないそうです。 

簡潔な描写ながら夏の夜の情景がありありと目に見えるようです。 豊かな感受性を持ち、 生き生きした人だったことが偲ばれます。 
夏の夜にきっと音しか聞こえない 「あめなどふるもおかし」 と一行添えたのが素晴らしいと思います。


清少納言の見た蛍は ヒメボタル ではないでしょうか?
この陸生の小ぶりな蛍はゲンジボタルと違い、 オレンジ色 に発光し 夏の夜に木立の中を飛びまわります。
現在では山の中しか生息していませんが、 枕草子が書かれた平安期には夏には人家の庭でも普通に 見られたと思われます。

リンクを歓迎します。

イラストはコピーフリーです。
ダウンロードの仕方  :   イラストの上を右クリックし 「名前を付けて保存」をクリックし あなたのPCの適当な保存場所を指定すると簡単にダウンロードできます。

スマホの場合 :イラストの上を長押しし文字が出てきたら「画像を保存」をタップするとダウンロードされます。
「画像を拡大」 もできます。

当ページは A4用紙に印刷できます。 
この他のイラストつき枕草子をもお読みください。↓クリック

→  枕草子冒頭イラスト 春はあけぼの

→  枕草子冒頭イラスト 秋は夕暮れ

→  枕草子冒頭イラスト 冬はつとめて

→  香炉峰の雪は イラスト

→  枕草子 定子と清少納言

→  枕草子 世に出る

→  枕草子 翁丸という犬

→  トップページ  当サイトのサイトマップ(総目次) へ

ご意見ご感想は下記まで: 
  ≪ 送信フォーム ≫