藤枝市・島田市・掛川市・菊川市・榛原郡川根本町

SEO対策テスト用HP

 債務整理・相続登記・不動産登記・商業登記・遺言書作成・成年後見・その他司法書士業務


【事務所概要】
 谷中和志司法書士事務所
 司法書士 谷中和志(やなか かずし)
 静岡県浜松市西区舞阪町舞阪141番地
 053−592−3113|yk0215@yanaka.biz
SEO対策のページ
 島田市掛川市菊川市榛原郡川根本町

司法書士事務所HP‐「債務整理」用サイト


特定調停


藤枝版(ynk01-A2)
藤枝市の花「藤の花」です。L2
 藤枝市の花 「藤の花」 H24/5


 「特定調停」について

■ 「特定調停」の手続
 特定調停とは、裁判所において調停委員を挟んで貸金業者と分割払いの交渉を行うことです。貸金業者に対しては、まずは任意整理を行います。任意整理とは、貸金業者と毎月の返済額の見直しと分割払いの交渉を行う手続きです。そして、任意整理を行ってみたものの、どうしても貸金業者との間で交渉がまとまりそうにない場合には特定調停を検討することになります。すなわち、特定調停は、任意整理と同様に債務が「支払い可能」の場合において、かつ、任意整理を行っても交渉が難航するような場合に行います。なお、「支払い可能」の目安は三年の分割払いで返済できるかです。
 特定調停は任意整理と同様に債務を分割払いにすることを目的としますが、任意整理と異なり調停委員が介在するため貸金業者と直接交渉せずにすむ点がメリットです。また、貸金業者と和解の交渉に及んだものの交渉が難航するような場合には、そのままいたずらに交渉を続けるよりも裁判所に特定調停の申し立てを行い裁判所において調停委員の仲介のもとで貸金業者と和解の交渉を行い、毎月の支払い額の減額を求めたり、返済期日の猶予を求めたりする方が有効な場合もあります。
 これまでは、貸金業者は違法に高額な利率で貸し付けを行っていたため、それを法定の低い利率で計算し直せば債務は減少しました。しかし、現在では、ほとんどの貸金業者は法定利率の範囲内の利息で貸し付けを行っているため、計算し直しただけでは債務は減少しなくなっています。そのため、特定調停は有効な債務整理の一手段と言えます。
 特定調停において合意が成立すると、調停調書が作成され、あとは、残りの債務を原則として3年程度の分割払いで支払っていくことになります。特定調停のデメリットとしては、調停調書は債務名義となるため、返済を怠り期限の利益を喪失すると、相手方は強制執行により給料や銀行預金を差し押さえることが可能になります。もっとも、そもそも返済が遅れるような場合には、今後も返済を続けていくのが困難と考えられ、そのような場合には、自己破産等をも検討しなければならないので、差押えを受けることもデメリットと言うほどのものではありません。
 特定調停を行うには、裁判所に対して申し立てを行う必要があります。管轄は簡易裁判所になります。簡易裁判所は、原則として相手方の住所地等の簡易裁判所になります。

■ 「特定調停」の報酬額
 特定調停の場合には以下の費用・報酬がかかります。
 (消費税8%こみ)
 1社につき4万3,200円
 ≪内訳≫ 着手金 0円
報酬金 1社につき4万3,200円
減額報酬 なし
 +実費(印紙・切手代等)




藤枝市の花「藤の花」です。F6
 藤枝市の花 「藤の花」 H24/5

■ 谷中和志司法書士事務所
■ 司法書士 谷中和志(やなか かずし)
 静岡県浜松市西区舞阪町舞阪141番地
 静岡県司法書士会所属
藤枝版(ynk01-A2)


ページ先頭へ  藤枝版・トップ 特定調停