ニュース一覧

「ずっこけ狂言ばなし」無事公演終了!

9月26日(日)宇部市男女共同参画センター3階にて、民族芸能アンサンブル若駒による「ずっこけ狂言ばなし すってんオヒャヒャーおきゃ~がり」を上演しました。今作は2019年3月25日に上演予定だったものが新型コロナウイルスの影響で中止になり、実に1年半ぶりに公演が実現したものです。

今回の担当は川上ブロックと上宇部ブロック。「和」を意識した飾りつけで会場を華やかにしてくださいました。

 

さていよいよ公演開始。一つ目の演目は「節分」。節分の日に蓬莱島から鬼がやってきます。はるばる蓬莱島からやって来た鬼はお腹がペコペコ。何か食べ物をもらおうと女の子が1人で留守番している家にやってきて・・・

ちょっと間の抜けた鬼と女の子のユーモラスなやりとりに、会場には笑いが巻き起こります。

 

二つ目の演目は「二人大名」。大名に化けた二匹のタヌキが都へ行く道の途中で一人の男と出会い、太刀持ちをしてくれるように頼みます。お付きの者が出来て得意になったタヌキたちは道すがら男をからかいます。

怒った男は持っている刀を抜こうとするけれどその刀は実は偽物。タヌキたちはばれては大変、と刀を抜かせまいとして男の要求に応えてしぶしぶニワトリや犬のまねをするはめに・・・

ニワトリの鳴き声は「こかぁ」、犬の鳴き声は「びょうびょう」。昔と今でこんなに違うんだ!という発見もあったり楽しいお話でした。

 

終演後には狂言の所作を体験するワークショップが行われました。
まず最初は腰を落としてすり足で歩く狂言独特の足運びにチャレンジ。

最初はちょっと難しそうにしていた子ども達も、ワークショップが進むうちに太郎冠者、次郎冠者になった気分で楽しそうにいっぱい体を動かしていました。

 

ワークショップと片付けが終わってみんなで恒例のお疲れ様の記念撮影。

担当ブロックの方、運営スタッフの方、劇団の方、皆さん本当にお疲れ様でした!

 

今回は延期に次ぐ延期の末ようやく実現できた公演だったため、私たちにとっても劇団の方達にとっても感慨深いものとなりました。

公演後のあいさつでは、一年半ぶりの公演に感極まった劇団の方が涙ぐむ場面も。

コロナ禍で公演の機会が激減している苦しい現状と、そんな中でも待ってくれている人たちの所に行くまでは何としても劇団をつぶすわけにはいかないという強い思いも聞かせてくださった時には、わたしたちの方も胸がいっぱいになってしまいました。

まだまだコロナ終息までには時間がかかりそうですが、若駒さんをはじめとする、苦しい中でも踏ん張って活動を続けていらっしゃる全ての劇団の方々のために、そして公演を楽しみにしている子ども達のためにも一日でも早くコロナ禍がおわりますように・・・

2021年09月29日

「どんぶらこっこどんどこ亭」を上演しました。

7月25日(日)宇部市文化会館にて劇団風の子九州による舞台劇「どんぶらこっこどんどこ亭」を上演しました。

たくさんの親子がアジアの昔話や遊びなど異文化にふれて楽しい時間を過ごしました。

 

会場の入り口付近ではインスタグラムに動画をアップして会員さんから好評だった、恩田ブロック作のどんぶらこっこどんどこ亭の船がお客様をお出迎え。

劇団の方達にも大好評でノリノリで写真撮影していらっしゃいました。

 

 

さていよいよ本番。

前半はアジアのじゃんけん、中国のおもちゃ「フィーフィー」など楽しい遊びを色々紹介してくれました。

下の画像は特大サイズのフィーフィーを回しているところ。ギザギザが刻み込まれた心棒にプロペラが取り付けられたおもちゃで、心棒のギザギザの部分を棒で強くこするとその振動がプロペラに伝わって回り始めます。

 

「ひこうきゲーム」では、大人も子どもも一緒になって遊びました。

空を飛ぶものの名前を言われたら両手を上にあげて、それ以外のものの名前を言われた時には両手を下げるという簡単なルール。 最初はみんな余裕の表情でしたが、徐々にスピードがアップしていくと、一瞬の判断ミスが命取り。次つぎに脱落者が出るなかなか頭を使うゲームでした。

前半最後のアジアンファッションショーでは一枚の布がズボンになったりスカートになったり姿を変える面白さに思わず「へ~!」と驚きました。(この衣装は公演の後ワークショップの時間には参加者も試着させてもらいました。)

 

後半はスリランカの昔話「きつねのホイティ」のお芝居。

役者さんはひょうたんで出来たお面をつけて演じました。ひょうたんの形を活かしたユーモラスなお面達の表情が楽しいお話のスト――リーとぴったり合っていました。

 

約1時間の公演が終了して、次はワークショップの時間。身近な材料を使ったちっちゃなフィーフィーを作りました。

プロペラが上手に回ると子ども達は大喜び!

 

フィーフィーを作り終わった人はインドの衣装「サリー」の試着できるコーナーもありました。

きれいな衣装を着て「ナマステ(インドの「こんにちは」のあいさつ)のポーズで記念撮影です。

 

 

楽しかった時間はあっという間に過ぎて毎回恒例の片付け後の記念撮影。恩田ブロック制作の船がここでも活躍してます!

今回の例会を担当してくださった恩田ブロックの皆さん、運営のスタッフの皆さん本当にお疲れ様でした!

楽しくアジアの文化に触れることが出来たとても良い例会でした。

 

 

2021年07月27日

「ピアニカの魔術師」無事公演終了!

「ピアニカの魔術師」の知名度のおかげか、かなり早い時間から一般のお客さんがたくさん集まっていましたが、

6月27日(日)宇部市文化会館3階にて例会「ピアニカの魔術師」を上演しました。

前日の夜は雨が降っていたので心配でしたが、例会当日は良いお天気に。
コロナ対策のため、受付は屋外で行います。

 

「ピアニカの魔術師」の知名度のおかげか、かなり早い時間から一般のお客さんがたくさん集まっていましたが、係の方が事前に席取り用の座席表を作ってくださっていたおかげ特に混雑することもなくお客さんが入場することが出来ました。

さて、いよいよ公演の始まり!

オープニングはおなじみ「ルパン三世のテーマ」。

ピアニカの魔術師ミッチュリーさん、ドラムのSEAIさん、ギターの高田亮介さんのかっこいい演奏は一気に観客の心をつかみます!

 

会場には小さい子ども達がたくさん来ていたので、ミッチュリーさんは子ども達にピアニカ演奏の楽しい裏技も教えてくれました。ドラムのSEAIさんも「カスタネットの魔術師」としてカスタネットの連続打ちの方法をレクチャーしてくれました。ピアニカとカスタネットどちらも小学生にはなじみの深い楽器なので、子ども達はきっと教えてもらった裏技を明日学校に行ったらすぐに試したいと思ったんではないでしょうか。

 

ピアニカで車のクラクションやテレビゲームの音を再現したり、流行のポップスやクラシックの名曲をかっこいいアレンジで聞かせてくれたり、楽しい時間はあっとい間に過ぎていき、無事公演が終了しました。

ミッチュリーさんの楽しいおしゃべりと3人の息の合ったかっこいい演奏に大人も子どもたくさん元気をもらった素晴らしいステージでした。

 

 

公演終了後に今回の例会担当の藤山ブロックの皆さん、運営スタッフの皆さんと一緒に記念撮影。

皆さん本当にお疲れ様でした。

そしてミッチュリーさん、高田さん、SEAIさんすてきな演奏とたくさんの元気をありがとうございました!

 

 

 

2021年06月28日

宇部市立図書館「子ども春まつり」に参加しました。

5月8日㈯ 宇部市立図書館2階講座室にて「こども春まつり」が開催されました。

うべ★子ども21も「アナンシと五」というカリブ海に伝わる昔話の朗読劇で参加してきました。

このお話にはまず最初に魔女が登場します。
この魔女の名前は「五」。魔女は自分の変わった名前を気に入らず、「五」という言葉を口にしたものは死ぬという呪いをかけます。そのことを知った主人公のアナンシはアヒルとウサギにわざと数を五つ数えさせて死なせてしまい、まんまとアヒルとウサギを食べてしまいます。
つぎにやってきたハトも同じように食べてしまおうと悪だくみをするのですが・・・・

 

今回の朗読劇には子どもも2人参加してくれて、低学年の子には初めと終わりのあいさつ、高学年の子にはウサギ役を担当してもらいました。

会場にはコロナ対策のため50人しか入れませんでしたが、その客席がほとんど埋まるほどお客さんの入りでした。

たくさんのお客さんを前にして子どもたちは緊張していていたようですが、いざ本番が始まると2人とも自分の役割を立派に果たしてくれました!

このお話の中には数を五つ数えるシーンが何回も出てきますが、会場の子ども達もピアニカの音に合わせて楽しそうに

いっしょに数えてくれました。

短い劇でしたが、子ども達が楽しく聞いてくれてたこと、そしてコロナ禍の中でもたくさんの子ども達がお話を聞きに来てくれたことがとてもうれしかったです。今回参加してくれた二人の子ども達にも良い経験となったのではないでしょうか。

 

2021年05月10日

「オズのまほうつかい」公演終了!

3月7日(日)14時から 宇部市西部体育館にて人形劇団むすび座による「オズのまほうつかい」を上演しました。

今回の例会担当は川上ブロックと東岐波ブロック。会場の飾りつけと来場した子ども達へプレゼントとしておりがみのコマも用意して一つ一つラッピングまでしてくださいました。(会場のドアのガラス部分に張り付けてあるのがコマです。)

 

開演直前の会場の様子。

人形と同じ目線の高さで劇を見てほしいという劇団側の思いから、今回は椅子席をかなり減らし、大人も子どももなるべく平土間に座って見てもらうセッティングにしてあります。

 

開演時間が近づくと、昨日の表現ワークショップに参加してくれた子ども達をはじめ、たくさんの親子が来場してくれました。その中にはなんと、宇部市の篠崎市長さんの姿も。娘さんと一緒に来てくださいました。

 

いよいよ開演。

飼い犬のトトと一緒に竜巻に吹き飛ばされて魔法の国にやってきた主人公ドロシーは、「カンザスのおじさんとおばさんの家に帰りたい」という願いを偉大な魔法使いオズ大王にかなえてもらうために、魔法の国で出来た仲間と共に悪い西の魔女の妨害に会いながらも力を合わせてエメラルドの国を目指して旅を続けます。

ドロシー一行の冒険に会場の子ども達はハラハラドキドキ。西の魔女の毒で眠り続けるドロシーを舞台に残して、舞台の前半は終了。いったん休憩です。

 

後半の公演開始。毒で眠ったままのドロシーはどうなるの?気になる展開に子ども達は舞台に引き付けられます。

 

ついに西の魔女をやっつけたドロシー一行はエメラルドの国にたどり着きます。

かかしは「脳みそ」、ブリキのきこりは「こころ」、ライオンは「勇気」をもらうため、オズ大王に会いに行きます。

ところがオズ大王に会うと大王から、旅を続けるうちに自分の欲しかったものはもう手に入っていることに気付かされます。

さらに、オズ大王はかかし、ブリキの木こり、ライオンの3人に、お前たちが持っている「脳みそ」や「こころ」、「勇気」は立派なものだ。普通の人間が持っているものとは少し違うけれども、違っていていいんだ。「ふつう」じゃなくてもいい、他人と同じじゃなくてもいいんだ、と語りかけました。

このオズ大王のセリフには、子どもよりもむしろ大人の方が考えさせられるところが多くあったかもしれません。

メッセージ性の強いセリフと関西弁風のコミカルな口調のむすび座版オズ大王は原作とはまた違った魅力をもった印象深いキャラクターでした。

 

そして物語はラストへ。ドロシーがカンザスのおじさん、おばさんと再会するシーンでは会場から拍手がわきおこりました。友達を信じるこころ、他者との違いを認め合うことの大切さ、家族の愛など色々なメッセージが込められたとても素晴らしい作品でした。子ども達はこの物語からどんなメッセージを感じ取ってくれたでしょうか・・・

 

最後に、素晴らしい公演をしてくださったむすび座の皆さん、例会担当のブロックの皆さん本当にお疲れ様でした!

2021年03月08日

表現ワークショップを開催しました。

3月6日㈯ 14時から 宇部市総合福祉会館にて人形劇団むすび座による「表現ワークショップ」を開催しました。

今回のワークショップには一般、会員あわせて20人近い親子の参加がありました。

講師を務めるのは人形劇団むすび座の高光浩さんと渡辺さん。

 

 

高光さんは山口県出身で、1月に行ったリモート講演会の講師もされていた方で、「オズのまほうつかい」の舞台監督をされています。

 

ワークショップの最初は、まず明日の公演に登場する主人公ドロシーの人形に実際に触れて動かしてみることに挑戦。

「お人形を動かしてみたい人!」と高光さんが声をかけると子ども達は恥ずかしがることなく積極的に手を挙げていました。実際に舞台で使用されているお人形に触れることが出来るまたとないチャンス。どんどんチャレンジしてみよう!


むすび座の大きい舞台で使用するお人形は一体の人形の頭・手・足を3人で動かします。

お辞儀をしたり、歩いたり走ったり、手を振ってみたり、大きくジャンプをさせてみたり、色々な動作にチャレンジしていましたが、なかでも人形が大きくジャンプしたときは会場から拍手が起こりました。

 

次はグループで輪になって、新聞紙を丸めたものをボールに見立てて隣の人に投げて渡していきます。

流れを止めることなくテンポよく次の人に投げて渡していくのは意外と難しい!

次第にボールの数を増やしたり投げる間隔をあけていくと、子どもだけでなく大人もつい夢中になってしまいました。

 

休憩をはさんで、次はモップやタオルを使った見立て遊び。

今回の「オズのまほうつかい」に登場する主人公ドロシーの飼い犬「トト」も掃除用のモップに目や舌を付けたものです。モップのトトを高光さんが動かすことによって、身近な物でも演者の動かし方と見る側の想像力で「命」が吹き込まれることを体験しました。

 

体験した後は自分でやってみよう!

モップを犬に見立てて動かしてみたり、タオルを使ったクマ・鳥・ウサギの作り方を教わりました。

 

 

 

目や鼻も付いていない、タオルを丸めたりひねっただけのものが想像力で動物に見えてくる面白さを体験したら、

最後は自分で作った人形を使った短いお話を考えてみんなの前で発表です。

 

「みんなの前で発表」というと子ども達はしり込みしてしまうかな、という大人の心配をよそに、子ども達は積極的に発表を行ってくれました。中には恥ずかしがってみんなの前で発表しないままだった子もいましたが、きっとみんな想像力を働かせる楽しさと、みんなの前で表現することの楽しさは感じてくれたのではないでしょうか。

 

舞台の人形たちがどのように動かされているのかも知ることが出来て、明日の公演がより一層待ち遠しくなったワークショップでした。さて、いよいよ明日は「オズのまほうつかい」本番です!

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2021年03月06日

お楽しみ交流会を開催しました。

2月7日(日) 宇部市男女共同参画センター3階にて、毎年恒例「お楽しみ交流会」を開催しました。

今年はコロナウイルス感染症拡大防止の観点から、一般の方への積極的なお知らせは控えたため例年より参加者が少ないお楽しみ会となりました。

まずはゲームで遊ぶ前にラジオ体操で体をほぐします。今年は参加者が少ないのでガランとしてちょっと寂しい感じ・・・

4つのチームに分かれて自己紹介がすんだら、「すき焼きゲーム」スタート!

チームのメンバーが一人ずつ肉・白菜・とうふ・ねぎ・たまごの5種類の具の名前が書いてあるカードを引いてきて具材が全部そろったすき焼きを作ったチームが勝ちという簡単なルール。

ところがなかなか5種類全部の具をそろえるのは難しい!白菜ばっかりになったりお肉が入っていなかったり…チームによってさまざまなすき焼きが出来上がりました。

 

次はオセロゲーム。床に置かれた白黒の丸い段ボールをひっくり返して自分のチームの色に変えていきます。

1ゲーム20秒間という短い時間に白熱した戦いが繰り広げられます。

 

オセロゲームの後は、換気と休憩をはさんでエプロンシアターと読み聞かせの時間。

エプロンシアター「ももたろう」はかわいいお人形がエプロンのポケットから次々出て、子ども達をひきつけます。

 

次は紙芝居「まゆとおに」。昔の紙芝居屋さんをほうふつとさせる拍子木の音ではじまりはじまり~!

ちいさいけれどとっても力持ちなやまんばの娘まゆと、まゆを食べようとするちょっと間抜けな鬼の楽しいお話に子ども達は聞き入っていました。

 

最後は今回のメインイベント「なにがつれるかな?」。

これまではお菓子まきを行っていましたが参加者同士が「密」になるのを防ぐため、お菓子の入った袋を釣り上げるゲームに変更しました。今回はお菓子の他に大人も使えそうな雑貨もまじっていたので、子どもだけではなく大人も本気モードでどんどん釣り上げていきます!

 

そしてこれが本日の釣果。中身が見えない袋もあったけど、何が入っているかは帰ってからのお楽しみ。

みんな袋がパンパンになるほど獲物を釣り上げて大満足。

おみやげいっぱい、うれしいね!

 

交流会がスタートした時点では参加者が少なく少しさびしい感じがしていましたが、プログラムが進むにつれて子ども達もお友達と打ちとけて元気に走り回ったり声を上げて笑ったりして、最初に感じたさびしさはどこへやら、楽しくてあっという間に時間が過ぎていました。

コロナのせいでお友達と思いっきり遊ぶ機会もなかなかない今、今回の交流会が子ども達にとって楽しい思い出になってくれていたら、と思います。

 

来年はコロナの脅威が去って、もっとにぎやかにみんながマスクなしで笑い合えるような交流会ができますように・・・

 

2021年02月08日

リモート子育て講演会

1月24日(日)うべ★子ども21では初の試み、Zoomを使ったリモート子育て講演会を行いました。


当初は会場を借りての開催を予定していましたが、宇部市内でもコロナウイルス感染者数が増えてきたことを考慮し、急遽オンラインでの開催となりました。
初めての試み、しかも直前での予定変更だったため運営スタッフは対応に追われましたが、無事後援会を開催することが出来ました。


講師は人形劇団むすび座の高光浩一さん。

高光さんは山口県の出身で、むすび座による3月例会「オズのまほうつかい」※の舞台監督を務めていらっしゃいます。

              ※「オズのまほうつかい」チラシはこちらからどうぞ。→チラシ表 チラシ裏

高光さんからは、子ども達が同じ舞台を見ていながらも一人ひとりが異なった箇所にフォーカスを当てて観ていること、いちいちセリフで説明しなくても人形や靴や布などの道具を使った表現を、子ども達が自分の想像力を働かせてストーリーを理解して楽しんでいることなど、子どもと人形劇についてのお話をしていただきました。


また、1つの人形でも、試作をいくつか作りその中から選んでいるなど、制作の舞台裏のお話や、今回の「オズ」の見どころについてもお話しいただきました。

 

後援会の最後にはむすび座事務局の吉田さんより、子どもの頃に観た舞台公演は忘れていても心の奥深くに刻まれていて、その子の人生の支えになっていることを例えを出してお話していただきました。


高光さん、吉田さん両名のお話によって、子どもの成長にとってどれだけ演劇が重要な役割を担っているかを再確認できるよい機会となりました。高光さん、吉田さん心に残るお話をありがとうございました。


今回は残念ながらリモート講演会でしたが、一日も早くこのコロナ禍が終息し直接お会いしてお話が聞ける日が来ることを願ってやみません。

2021年01月25日

「トレテツクパレード」公演終了しました。

12月13日(日)宇部市総合福祉会館にて人形劇団ココンによる人形劇「トレテツクパレード」を上演しました。

今回の担当は西宇部ブロックと上宇部ブロックです。

こちらは上宇部ブロックが作った出演者の方へのプレゼント。かわいい折り紙のサンタさん」も入っています。

 

会場の飾りつけは西宇部ブロックの担当。ツリーとプレゼントで一足早いクリスマスの雰囲気を演出しました。

 

ロビーでは、公演の前後に明治安田生命の方による「ベジチェック」が行われました。

野菜の摂取量が十分足りているかどうか、機械を使って簡単に調べることができ、日ごろの食生活を振り返る良い機会になるということで、来場者の方がたくさんチェックしてもらっていました。

 

さていよいよ公演開始。一作目は「テテのにちようび」。

おてての「テテ」がイマイアキさんのアコーディオンやトイ楽器の生演奏に乗せてユーモラスな動きで色々なものに変身します。

 

2作目は「トレテツクパレード」。最初に登場したかわいいアヒルのお人形のユーモラスな歌とダンスに客席からは笑いがおこりました。アヒルの他にも次つぎと人形が登場してダンスを披露します。

どの人形も作品名に「トレテツク」とある通り、体のパーツがバラバラに取れてはくっつきます。

アヒルの体に人間の足がくっついたり、別のキャラクターの体の一部とくっついて面白い組み合わせになって踊る人形たちの不思議な世界に観客は終始引き込まれていました。

 

公演が終わって出演者の皆さんとスタッフで恒例の記念撮影。

7年ぶりのココンさんの作品は独自の世界観で大人も子どもも不思議な世界に引き込んでくれました。

ココンの皆さん、イマイさん、関西から遠路はるばるいらっしゃって、素晴らしい舞台をありがとうございました!

担当ブロックの皆さん、スタッフの皆さん、朝早くからお手伝いありがとうございました!

2020年12月15日

図書館まつりに参加しました。

10月27日㈰、宇部市立図書館で開催された「図書館まつり」にうべ★子ども21も参加してきました。

 

今回は読み聞かせとエプロンシアターの他に、手作りおもちゃの販売コーナーや、子ども達がハロウィンの仮装をして写真を撮ることが出来るコーナーも設置しました。

 

こちらは手作りおもちゃの販売コーナー。

アイデア満載の手作りおもちゃの数々に、子ども達は目を輝かせていました。

 

楽しいおもちゃの販売に加えて、来場者には無料でおりがみのこまをプレゼントしていたので、おもちゃコーナーは子ども達で大盛況でした。

 

撮影コーナーの設置は初めての試みでしたが、図書館の職員の方からもなかなかの好評で、中には仮装して記念撮影を楽しむ大人の方の姿もありました。

こちらは市立図書館の館長さん。イベント開始前に記念撮影。仮装にも快く応じてくださいました。

 

以下は撮影を楽しんでくれた子ども達の写真の一部です。(ホームページへの掲載を許可してくださったご家庭の

お子さんの写真のみ紹介しています。)

 

 

 



今回はコロナウイルスの影響で大々的に宣伝もせず、規模も縮小した少しさびしい図書館まつりとなりましたが、来場した子ども達はとても楽しんでくれていたようです。来年はたくさんの子どもたちの笑顔でいっぱいの図書館まつりになりますように・・・