日本ミシェル・アンリ哲学会 会則

第一条
本会は日本ミシェル・アンリ哲学会と称する。

第二条
本会は、ミシェル・アンリの哲学・思想、および、これとの関連で広く「生の哲学」を研究する者、また、これらの領域に関心を持つ者の相互交流を促進するとともに、海外のミシェル・アンリに関する研究組織や研究者との交流を進めることで、ミシェル・アンリ哲学研究の発展と普及を図ることを目的とする。

第三条
本会は前条の目的を達成するために以下の事業を行う。
 一、年一回以上の研究大会の開催
 二、会誌の発行
 三、国内外の研究組織や研究者との連絡・交流
 四、その他本会の目的達成に必要な事業

第四条
本会の会員は、会の趣旨に賛同する研究者、またはそれに準ずる者とする。入会には運営スタッフによる承認を要する。

第五条
会員のうち常勤の職にあるものは年会費2,000円を納入するものとする。

第六条
本会は次のスタッフを置く。
運営スタッフ(事務局担当、会計担当、研究大会担当、会誌編集担当、広報担当)
会計監査

第七条
運営スタッフは本会を代表するとともに、総会の決定にしたがって会の運営にあたる。運営スタッフは互選により決める。

第八条
会計監査は年一回会計を監査する。会計監査は互選により決める。

第九条
本会は年一回総会を開き、本会の重要事項について審議する。

第十条
本会は事務業務を担当する事務局を置く。事務局の所在地は事務局担当スタッフの所属する機関とする。

第十一条
本会則は運営スタッフの決議を経て変更することができる。ただし、総会の承認を必要とする。

付則
本会則は2009年8月8日から施行する。

付則
本会則は2015年7月7日から施行する。