第九回研究大会


日時:2017年6月10日(土) 11:00-18:00
会場:同志社大学今出川校地 良心館3階 RY316教室
   (良心館は地下鉄今出川駅北改札から直結)

同志社大学今出川キャンパスまでのアクセスマップはこちら

第九回大会プログラム(PDF)


 今回の第九回研究大会は、シンポジウム・テーマを会員のみなさんから募集して開催いたします。選ばれたテーマは「アンリと文学」。しかし、テーマ通りにパネリストを選出することには困難が伴い、企画担当スタッフが頭をひねった結果、テーマを「文学」から、「言語」、「語り」、「表現」などへ拡張して設定し、以下のようなパネリストの方々にお集まりいただきました。

 村松正隆氏には、アンリの小説『王の息子』を中心にして、小説という領域におけるアンリの言語実践のあり方について吟味していただきます。吉永和加氏には、アンリ言語論における言語の二重性と、表現することの限界について論じていただきます。そして、古荘匡義氏には、最晩年のアンリの思想をたどりながら、聖書の言葉を用いて思索を紡ぎ出すアンリの語り方について考察していただきます。アンリの小説からキリスト教思想までを「言語」、「語り」、「表現」というテーマで追う今回のシンポジウム、アンリという思想家、および、その思想にとって「言葉」が持つ意味を再考するよい機会となるでしょう。

 さらに、シンポジウムに先立っては、お二人の研究発表が企画されています。一つは、アンリの思想を通して物語創作の心術を導き出そうとするもの、もう一つは、アンリの芸術論の根底に共同体論を据えることで、アンリの芸術論を再考しようとする試みです。

 日本ミシェル・アンリ哲学会の研究大会は会員以外の方にも開かれています(参加無料)。ぜひ多くの方の参加をお待ちしています。




プログラム

【研究発表・午前】
11:00〜11:50
川邊一外(無所属)
「現象学的創作の心術──ミシェル・アンリのパトス的共同体を手引きとして」


11:50〜12:20 総会
12:20〜13:40 昼食


【研究発表・午後】
13:40〜14:30
山本美咲(広島市立大学)
「アンリの芸術論における「同時性」」


【シンポジウム】
14:40〜18:00
テーマ:「アンリと言語/表現/語りの問題」

パネラー
村松正隆(北海道大学)
「アンリの小説世界──『王の息子』を中心に」

吉永和加(岐阜聖徳学園大学)
「身体の言語:アンリにおける言語論の可能性」

古荘匡義(龍谷大学)
「キリストの語り、アンリの語り」

司会
村松正隆(北海道大学)

↑このページの最初に戻る

第八回研究大会


日時:2016年6月11日(土) 11:00-18:00
会場:龍谷大学大阪梅田キャンパス セミナールーム
   (ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階)

龍谷大学大阪梅田キャンパスまでのアクセスマップはこちら

第八回大会プログラム(PDF)


 ミシェル・アンリの『見えないものを見る──カンディンスキーについて』は、アンリの著作の中でも特異な位置に立っていると言えます。言及されるのはもっぱらカンディンスキーの絵画論であり、哲学者、現象学者についての言及は、他の著作に比べると、圧倒的に少なくなっています。その意味で、この著作は「哲学や現象学についての予備知識なしに読める著作」だとは言えますが、しかし同時に、読者が「行間」を読むならば、そこには、従来の哲学や現象学への痛烈な批判、そして、アンリの「生の現象学」の積極的な主張があふれていること に気づかされることでしょう。また、本書は、芸術論としても特筆すべき著作だと言えます。そこでは、あらゆる芸術の本質である「表現すること」の意味についての深い考察が展開され、最終的に、読者は、人間の生にとっての芸術の意味の解明へと導かれていくのです。今回のシンポジウムは、現代哲学や美学を専門とされる三人の研究者をお招きし、こうした『見えないものを見る』に代表される、アンリの含蓄深い芸術論の多様な側面を浮き彫りしていただこうと考えています。
 さらに、シンポジウムに先立っては、お二人の研究発表が企画されています。一つは、アンリの思想を通して芸術創作を考えるもの、もう一つは、超越・内在・表象などの諸概念をめぐる哲学史の大きな展開のなかでアンリの思想を捉え直す試みです。
 日本ミシェル・アンリ哲学会の研究大会は会員以外の方にも開かれています(参加無料)。ぜひ多くの方の参加をお待ちしています。




プログラム


【研究発表・午前】
11:00〜11:50
川邊一外(無所属)
「創作に於ける情感性の問題」


11:50-12:20 総会
12:20-13:40 昼食


【研究発表・午後】
13:40-14:30
北村晋(早稲田大学)
「表象のエコノミーと内在」



【シンポジウム】
14:40〜18:00
テーマ:「アンリ芸術論をどう読むか」

パネラー
加國尚志(立命館大学)
「抽象芸術と感情──アンリの生の現象学とリオタールの崇高-前衛論から」

関村誠(広島市立大学)
「プロティノスのエイドスとミシェル・アンリのフォルム(仮題)」

本郷均(東京電機大学)
「夜と音楽をめぐって(仮題)」

司会
川瀬雅也(島根大学)

↑このページの最初に戻る

第七回研究大会


日時:2015年6月13日(土) 10:30-18:20
会場:学習院大学 北二号館(文学部棟) 10階 大会議室

学習院大学までのアクセスマップはこちら
学習院大学目白キャンパスのキャンパスマップはこちら
第七回大会プログラム(PDF)


 日本ミシェル・アンリ哲学会の第七回研究大会を下記の通り開催いたします。

  「感情」の哲学者として知られるアンリにおいて、人間を「自己」として規定するのは表象する理性ではなく内在としての「情感性」であり、そうした自己の存在こそ真の実在の名に値します。こうした見方は西洋哲学史のなかでも注目すべきものですが、二〇世紀において感情に重要な意味を認めたもう一人の哲学者としてハイデガーを忘れることはできません。ハイデガーもまた、人間存在を根本的に規定する「気分」について深く論及しています。アンリはハイデガーを批判しますが、その批判の当否を超えて、この二人の哲学者が交叉しあう地点に、「感情」という問題を了解し直す新たな手段を見いだすことはできないでしょうか。今大会においては、このような問題意識のもと、両哲学者の一方を主要な研究対象としつつも他方をも視野に収めて思考されている三名の研究者をお招きし、シンポジウムを開催いたします。
  また、シンポジウムに先立っては、ヴァンサン・ジロー氏による講演のほか、研究者による二つの研究発表を行います。ジロー氏は中世哲学および現象学を専門としており、今回は、アンリの現象学に即して、美学=感性論を第一哲学として理解する試みを展開していただきます。また、研究発表の一つはアンリにおけるカフカ理解に注目したもの、もう一つはアンリとデリダとの間の実現しえたかもしれない対話を探るもので、現代哲学に関心を持つ聴き手にとってはとても刺激的な発表になるものと思われます。


  本学会の研究大会は会員以外の方も参加自由です(無料)。アンリや哲学・現代思想に興味をお持ちの方はどうぞお気軽にご参加ください。また大会終了後には懇親会も予定しております(有料)。



プログラム


【研究発表】
10:30-11:20
佐藤勇一(立命館大学)
「ミシェル・アンリ哲学における宗教思想家としてのカフカ」

11:20-12:10
米虫正巳(関西学院大学)
「内在の現象学の可能性と不可能性 ─ 出会い損なったアンリとデリダの遅ればせの対話」


12:10-13:10 昼食
13:10-14:00 第七回総会


【講演】
14:10-15:10
ヴァンサン・ジロー(京都大学白眉センター)
「第一哲学としての美学」


【ワークショップ】
15:20〜18:20
テーマ:「ハイデガーとアンリ ─ 感情の哲学という観点から」

パネラー
服部敬弘(日本学術振興会特別研究員・京都大学)
「アンリによるハイデガー批判再考 ─ 感情概念の射程と限界」

景山洋平(日本学術振興会特別研究員・東京大学)
「本質の言語と生命の言語 ─ ハイデガーのカント解釈の到達点とハイデガー・アンリの後期言語論」

古荘真敬(東京大学)
「感情と言語 ─ ハイデガーとアンリのあいだで。基礎的考察の試み。(仮)」

司会 川瀬雅也(島根大学)

↑このページの最初に戻る

第六回研究大会


日時:2014年6月15日(日) 11:30-18:00
会場:成城大学 7号館 2階 723教室

成城学園前駅までのアクセスはこちら
成城学園前駅から成城大学までの道順はこちら
キャンパスマップはこちら
プログラム(PDF)


 日本ミシェル・アンリ哲学会の第六回研究大会を下記の通り開催いたします。

 今回のシンポジウムのテーマは「アンリとスピノザ」です。アンリの著作の中でスピノザへの言及は多いとは言えませんが、彼の最初期の仕事はスピノザ論であり、また、その最晩年にはスピノザへの密 かな回帰を見せています。アンリにとって、スピノザは、その出発点であると共にその到達点であると言えるでしょう。二人の特異な哲学者、アンリとスピノザの謎めいた関係を解きほぐすことは、両者の哲学に対して、これまでにない新しい光を当てることになるでしょう。今回は、パネラーとして、スピノザ、マルブランシュ、デカルトをはじめとする17世紀哲学と、アンリ、ドゥルーズなど20世紀哲学を専門とする鈴木泉氏、スピノザ研究の第一人者であり、アンリの『精神分析の系譜』の訳者の一人でもある上野修氏、そして、レヴィナスの翻訳者として知られており、スピノザとユダヤ思想にも造詣の深い合田正人氏をお招きし、ご提題いただきます。

 今大会ではさらに、一般発表が二つ行なわれます。一つは、自己の内なる〈生〉への受動性という点にアンリの哲学の独自性を見て取り、その暴力性と時間性という観点からアンリ的な受動性概念の究明を試みようとする本間義啓氏の発表です。もう一つは、アンリをハイデガーと対比させつつ、とりわけ両者の芸術論と言語論の比較検討を通して、アンリの生の現象学の可能性を明らかにしようとする川瀬雅也氏の発表です。

 本学会の研究大会は会員以外の方も参加自由です(無料)。アンリや哲学・現代思想に興味をお持ちの方はどうぞお気軽にご参加ください。また大会終了後には懇親会も予定しております(有料)。



11:30-12:00 第六回総会
12:00-12:50 昼食


【個人研究発表】
13:00-13:50
本間義啓(成城大学)
「〈生〉の暴力と時間性─アンリにおける受動性の概念について」

13:50-14:40 川瀬雅也(島根大学)
「アンリとハイデガーにおける存在と言葉」


【シンポジウム】
14:50〜18:00
テーマ:「アンリとスピノザ」

パネラー
鈴木泉(東京大学)(司会)
「個体と汎神論―アンリにおけるスピノザ/ライプニッツ問題」  

上野修(大阪大学)
「身体の真理としての魂─アンリとスピノザ」

合田正人(明治大学)
「『現出の本質』におけるスピノザの蝕と同書のレヴィナスへの作用の相関をめぐって(仮)」

↑このページの最初に戻る

第五回研究大会


日時:2013年6月9日(日) 11:00-17:30
会場:関西学院大学 大阪梅田キャンパス1004教室
(大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー10階)

アクセスマップはこちら
プログラム(PDF)



 2013年はミシェル・アンリの主著である『現出の本質』出版から50年にあたります。この大著においてその根本的な基礎が確立されたアンリの現象学は、特に晩年にはキリスト教との密接な関係のもとに、否定的にせよ肯定的にせよ、「神学的転回」とも呼ばれる相貌を見せることになります。そのような「転回」は『現出の本質』の中に既に胚胎していたのかどうか、それともそれは晩年における何らかの切断を表しているのかどうかなど、様々な問いを誘発しますが、今大会ではそのようなアンリの哲学とキリスト教との関係をめぐってシンポジウムを企画しました。シンポジウムでは、現代フランスの宗教哲学を専門とする佐藤啓介氏と、アンリ最晩年の『キリストの言葉』の翻訳者である武藤剛史氏を招き、この問題について討議します。

 今大会ではさらに、研究者による発表が二つ行なわれます。一つは教育学的観点からアンリの哲学を論じるという、これまでのアンリ研究にはなかった斬新な視点からの発表で、もう一つはアンリによるカントについての遺稿の調査の成果も盛り込んだ、哲学史的にも重要な取り組みです。これらの発表とシンポジウムを通じて、アンリ哲学の今日的な可能性の明確化と、哲学の歴史の中でのその位置づけの解明が可能となると期待されます。



【個人研究発表(午前)】
11:00-12:00
崎浜聡(大阪大学)
「生の現象学と教育 ─ 生の教育創成への序論」

12:00-13:00 昼食
13:00-13:40 第五回総会


【個人研究発表(午後)】
13:50-14:50
服部敬弘(日本学術振興会)
「意識の分析的統一 ─ アンリによるカント批判の意味」


【シンポジウム】
15:00〜17:30
テーマ:「アンリ哲学とキリスト教」

パネリスト
佐藤啓介(聖学院大学)
「ヨハネとアンリ ─ キリスト教思想からみるアンリ(仮)」

武藤剛史(共立女子大学)
「神の内在と超越 ─ アンリとキリスト教」

司会
榊原達哉(徳島文理大学)

↑このページの最初に戻る

第四回研究大会


日時:2012年6月9日(土)
会場:学習院大学 目白キャンパス
     北二号館 (文学部研究棟) 10階 大会議室

学習院大学アクセスマップ
キャンパスマップ
プログラム(PDF)



【個人研究発表(午前)】

11:00-12:00
高岡寛(九州大学大学院OB)
「アンリにおける超越と内在──アンリによるハイデガー批判の検討」


12:00-13:00 昼食
13:00-13:50 第四回総会


【個人研究発表(午後)】

14:00-15:00
亀井大輔(立命館大学)
「デリダの自己触発論の射程──ハイデガー、アンリと対比して」



【ワークショップ】

15:15〜17:45
テーマ:「アンリとマルクス」

パネリスト
水野浩二(札幌国際大学)
「ミシェル・アンリの『現実性の哲学』」

杉山吉弘(札幌学院大学)
「ミシェル・アンリの『経済の哲学』」

司会
松葉祥一(神戸市看護大学)

↑このページの最初に戻る

第三回研究大会


日時:2011年6月11日(土)
会場:立命館大学(衣笠キャンパス)
     末川記念会館 第三会議室

プログラム(PDF)



【個人研究発表(午前)】

11:00-12:00
榊原達哉(徳島文理大学)
「「肉」の現象学と「神」の現象学のあわいで──ミシェル・アンリ最晩年期における肉と受肉の問題」


12:00-13:00 昼食
13:00-14:00 第三回総会


【個人研究発表(午後)】

14:10-15:10
本郷均(東京電機大学)
「表現と直接性の隔たり ― アンリ・メルロ=ポンティ・カンディンスキー・シェーンベルク」


【ワークショップ】

15:20-17:50
「川瀬雅也著『経験のアルケオロジー』(勁草書房)をめぐって──アンリとフッサール/ベルクソン/メルロ=ポンティ」

川瀬雅也(佐世保工業高等専門学校)
「生命の現象学と〈経験のアルケオロジー〉」

和田渡(阪南大学)
「ヒュレーと環境Umgebung(生活世界)―アンリとフッサール―」

杉山直樹(学習院大学)
「多様性の経験論は何であり得るか――ベルクソンの立場から」

村瀬鋼(成城大学)
「世界の不思議と私の不思議―メルロ=ポンティとアンリの〈間〉」

司会
亀井大輔(立命館大学)

↑このページの最初に戻る

第二回研究大会


日時:2010年7月4日(日) 10:30〜17:40
会場:東京大学(本郷キャンパス) 文学部法文二号館教員談話室
プログラム

【研究発表(午前)】
10:30〜11:20
 「出来事と情感性──現出の分析におけるアンリのハイデガー批判の意義とその問題性について──」
景山洋平(東京大学)

11:30〜12:20
「ミシェル・アンリの「生-の-世界」と「キリスト」の概念」
古荘匡義(京都大学)


12:20〜13:20  昼 食
13:20〜14:00  総 会


【研究発表(午後)】

14:10〜15:00
「M.アンリ現象学における内在の生と肉との関係」高山佳子(大阪大学)

15:10〜16:00
「一元論と二元論のあいだで──アンリとフィンクにおける「一元論/二元論」という概念について」
池田裕輔(立命館大学)


【講演】

16:10〜17:40
望月太郎氏(大阪大学)
「アンリとアーレント──「退きこもること」の意味──」

↑このページの最初に戻る

日本ミシェル・アンリ哲学会 学会設立記念大会
(第一回研究大会)

 今大会は、学会の設立を記念する大会と位置づけ、愛知県立芸術大学の中敬夫氏の講演をはじめ、本学会の呼びかけ人でもある四名の研究発表を行いました。
 また、2010年1月13日、 大変残念なことに、 日本におけるアンリ研究の第一人者であられる山形頼洋先生がご逝去されました。今大会は、会員の同意のもと、山形頼洋先生の追悼の意味も込めて開催いたしました。本来ならば、山形先生には、スタートを切ったばかりの本学会の研究上のリード役をお願いしたかったのですが、その設立記念大会が山形先生の追悼の会となってしまったことが残念でなりません。本学会としては、アンリ哲学に関して活発な議論を交わすことで、日本におけるアンリ研究の道を開かれた山形頼洋先生の業績を偲びたいと考えております。



日時:2010年3月26日(金)
10時〜17時45分
場所:同志社大学(今出川キャンパス) 寧静館5階会議室

第一回大会の大会プログラムのPDF版はこちら



大会プログラム

10:00
開会の挨拶
川瀬雅也(佐世保工業高等専門学校)


【研究発表(午前)】
10:10〜11:00
「生の自己刺激──アンリのフロイト読解をめぐって」
伊原木大祐(北九州市立大学)

11:10〜12:00
「Verbum caro factum──ミシェルとジャン=リュックの『あいだ』で考えること」
榊原達哉(徳島文理大学)


12:00〜13:00  昼 食
13:00〜14:00  総 会


【研究発表(午後)】
14:10〜15:00
「内在と超越の間の生──アンリとレヴィナス」
米虫正巳(関西学院大学)

15:10〜16:00
「生命と文化──アンリとベルクソンの近さと遠さ」
川瀬雅也(佐世保工業高等専門学校)


【講演】
16:15〜17:45
中敬夫氏(愛知県立芸術大学)
「受苦する神の自由/非自由――シェリングとミシェル・アンリ」


↑このページの最初に戻る

個人研究発表の募集

発表を希望される方は、
・氏名
・発表タイトル
・レジュメ(1000字程度)
を記載したテキスト形式あるいはdoc形式の文章ファイルを添付した電子メールを、事務局のメールアドレス(kawase@edu.shimane-u.ac.jp)に送付してください。

応募締切は1月末日の予定です。

また、非会員の方でも、発表申込と同時に入会申込をしていただければ、発表していただくことができます。
発表申込のメールに、
・お名前(ふりがな)
・ご所属
・ご住所
・お電話番号
・E-mailアドレス
をご記入下さい。

なお、提出いただきましたレジュメは、運営スタッフで審査し、その後研究大会担当スタッフから再度、発表希望者にご連絡いたします。

↑このページの最初に戻る