大相撲-年代別成績 ('93〜'03)

    トップページ   前へ   次へ   最新更新箇所   事務所 現地確認済   事務所 所在地分類   芸能界エンタメ事情   世相・話題のニュース 

    '93年 (平成5年) の大相撲

    <大相撲 / '93年>
    若花田初優勝、兄弟同時大関誕生

    (1) 初場所 (1月 / 両国国技館)  幕内優勝〜大関曙 (東関 / 3回目) 13勝2敗
    場所後、連続優勝した曙が横綱昇進 (64代横綱 / 23歳)
    場所後、貴ノ花が大関昇進。貴ノ花は20歳5ヶ月で史上最年少大関

    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館)  幕内優勝〜小結若花田 (二子山 / 1回目) 14勝1敗

    (3) 夏場所 (5月 / 両国国技館)  幕内優勝〜大関貴ノ花 (二子山 / 3回目) 14勝1敗


    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館)  幕内優勝〜横綱曙 (東関 / 4回目 / 24歳) 13勝2敗
    大関貴ノ花、関脇若ノ花との優勝決定巴戦を勝ち抜く
    場所後、若ノ花が大関昇進

    (5) 秋場所 (9月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱曙 (東関 / 5回目 / 24歳) 14勝1敗

    (6) 九州場所 (11月 / 福岡国際センター)  幕内優勝〜横綱曙 (東関 / 6回目 / 24歳) 13勝2敗
    関脇武蔵丸との優勝決定戦を制す


    '94年 (平成6年) の大相撲

    <大相撲 / '94年>
    貴ノ浪、武蔵丸が同時大関昇進

    (1) 初場所 (1月 / 両国国技館)  幕内優勝〜大関貴ノ花 (二子山 / 4回目) 14勝1敗
    場所後、貴ノ浪と武蔵丸が同時大関昇進

    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館)  幕内優勝〜横綱曙 (東関 / 7回目 / 24歳) 12勝3敗
    大関貴ノ浪、前頭12貴闘力との優勝決定巴戦を勝ち抜く

    (3) 夏場所 (5月 / 両国国技館)  幕内優勝〜大関貴ノ花 (二子山 / 5回目) 14勝1敗


    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館)  幕内優勝〜大関武蔵丸 (武蔵川 / 1回目) 15勝全勝

    (5) 秋場所 (9月 / 両国国技館)  幕内優勝〜大関貴ノ花 (二子山 / 6回目) 15勝全勝

    (6) 九州場所 (11月 / 福岡国際センター)  幕内優勝〜大関貴乃花 (二子山 / 7回目) 15勝全勝
    場所後、貴乃花が横綱昇進 (65代横綱 / 22歳)


    '95年 (平成7年) の大相撲

    <大相撲 / '95年>
    史上初の兄弟幕内優勝決定戦

    (1) 初場所 (1月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱貴乃花 (二子山 / 8回目 / 22歳) 13勝2敗
    大関武蔵丸との優勝決定戦を制す

    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館)  幕内優勝〜横綱曙 (東関 / 8回目 / 25歳) 14勝1敗

    (3) 夏場所 (5月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱貴乃花 (二子山 / 9回目 / 22歳) 14勝1敗


    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館)  幕内優勝〜横綱貴乃花 (二子山 / 10回目 / 22歳) 13勝2敗

    (5) 秋場所 (9月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱貴乃花 (二子山 / 11回目 / 23歳) 15勝全勝

    (6) 九州場所 (11月 / 福岡国際センター)  幕内優勝〜大関若乃花 (二子山 / 2回目) 12勝3敗
    横綱貴乃花との優勝決定戦を制す。史上初の兄弟幕内優勝決定戦


    '96年 (平成8年) の大相撲

    <大相撲 / '96年>
    円熟の貴乃花が4連覇を飾る

    (1) 初場所 (1月 / 両国国技館)  幕内優勝〜大関貴ノ浪 (二子山 / 1回目) 14勝1敗
    横綱貴乃花との同部屋優勝決定戦を制す
    千秋楽、優勝した貴ノ浪に橋本龍太郎首相が歴代首相として初めて内閣総理大臣杯を直接手渡した

    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館)  幕内優勝〜横綱貴乃花 (二子山 / 12回目 / 23歳) 14勝1敗
    元大関霧島が引退

    (3) 夏場所 (5月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱貴乃花 (二子山 / 13回目 / 23歳) 14勝1敗


    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館)  幕内優勝〜横綱貴乃花 (二子山 / 14回目 / 23歳) 13勝2敗

    (5) 秋場所 (9月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱貴乃花 (二子山 / 15回目 / 24歳) 15勝全勝

    (6) 九州場所 (11月 / 福岡国際センター)  幕内優勝〜大関武蔵丸 (武蔵川 / 2回目) 11勝4敗
    横綱曙、大関若乃花、大関貴ノ浪、関脇魁皇と史上最多5人の優勝決定戦を勝ち抜く


    '97年 (平成9年) の大相撲

    <大相撲 / '97年>
    満員御礼が666日でストップ

    (1) 初場所 (1月 / 両国国技館)  幕内優勝〜大関若乃花 (二子山 / 3回目) 14勝1敗

    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館)  幕内優勝〜横綱貴乃花 (二子山 / 16回目 / 24歳) 12勝3敗
    横綱曙、大関武蔵丸、前頭1魁皇との優勝決定戦を勝ち抜く

    (3) 夏場所 (5月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱曙 (東関 / 9回目 / 28歳) 13勝2敗
    横綱貴乃花との優勝決定戦を制す


    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館)  幕内優勝〜横綱貴乃花 (二子山 / 17回目 / 24歳) 13勝2敗

    (5) 秋場所 (9月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱貴乃花 (二子山 / 18回目 / 25歳) 13勝2敗
    大関武蔵丸との優勝決定戦を制す

    (6) 九州場所 (11月 / 福岡国際センター)  幕内優勝〜大関貴ノ浪 (二子山 / 2回目) 14勝1敗
    横綱貴乃花との同部屋優勝決定戦を制す
    元大関小錦が引退


    '98年 (平成10年) の大相撲

    <大相撲 / '98年>
    若乃花横綱昇進。時津風理事長誕生

    (1) 初場所 (1月 / 両国国技館)  幕内優勝〜大関武蔵丸 (武蔵川 / 3回目) 12勝3敗

    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館)  幕内優勝〜大関若乃花 (二子山 / 4回目) 14勝1敗

    (3) 夏場所 (5月 / 両国国技館)  幕内優勝〜大関若乃花 (二子山 / 5回目) 12勝3敗
    場所後、若乃花が横綱昇進 (66代横綱 / 27歳)。史上初の兄弟同時横綱誕生


    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館)  幕内優勝〜横綱貴乃花 (二子山 / 19回目 / 25歳) 14勝1敗

    (5) 秋場所 (9月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱貴乃花 (二子山 / 20回目 / 26歳) 13勝2敗

    (6) 九州場所 (11月 / 福岡国際センター)  幕内優勝〜前頭12琴錦 (佐渡ヶ嶽 / 2回目) 14勝1敗


    '99年 (平成11年) の大相撲

    <大相撲 / '99年>
    武蔵丸、史上2人目の外国人横綱

    (1) 初場所 (1月 / 両国国技館)  幕内優勝〜関脇千代大海 (九重 / 1回目) 13勝2敗
    横綱貴乃若乃花との優勝決定戦を制す
    場所後、千代大海が大関昇進

    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館)  幕内優勝〜大関武蔵丸 (武蔵川 / 4回目) 13勝2敗

    (3) 夏場所 (5月 / 両国国技館)  幕内優勝〜大関武蔵丸 (武蔵川 / 5回目) 13勝2敗
    場所後、武蔵丸が横綱昇進 (67代横綱 / 28歳)


    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館)  幕内優勝〜関脇出島 (武蔵川) 13勝2敗
    横綱曙との優勝決定戦を制す
    場所後、出島が大関昇進

    (5) 秋場所 (9月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱武蔵丸 (武蔵川 / 6回目 / 28歳) 12勝3敗

    (6) 九州場所 (11月 / 福岡国際センター)  幕内優勝〜横綱武蔵丸 (武蔵川 / 7回目 / 28歳) 12勝3敗


    '00年 (平成12年) の大相撲

    <大相撲 / '00年>
    武双山、雅山、魁皇と3大関誕生

    (1) 初場所 (1月 / 両国国技館)  幕内優勝〜関脇武双山 (武蔵川) 13勝2敗
    場所後、貴ノ浪が大関復帰

    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館)  幕内優勝〜前頭14貴闘力 (二子山) 13勝2敗
    横綱若乃花が引退 (66代横綱 / 29歳 / 天才的な技で沸かせた"お兄ちゃん"大相撲史上初の兄弟横綱を実現)
    場所後、武双山が大関昇進

    (3) 夏場所 (5月 / 両国国技館)  幕内優勝〜小結魁皇 (友綱 / 1回目) 14勝1敗
    千秋楽、優勝した魁皇に森喜朗首相が内閣総理大臣杯を手渡した
    場所後、雅山が大関昇進


    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館)  幕内優勝〜横綱曙 (東関 / 10回目 / 31歳) 13勝2敗
    場所後、魁皇が大関昇進

    (5) 秋場所 (9月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱武蔵丸 (武蔵川 / 8回目 / 29歳) 14勝1敗
    場所後、武双山が大関復帰

    (6) 九州場所 (11月 / 福岡国際センター)  幕内優勝〜横綱曙 (東関 / 11回目 / 31歳) 14勝1敗


    '01年 (平成13年) の大相撲

    <大相撲 / '01年>
    貴乃花、"鬼の形相"で22回目の優勝

    (1) 初場所 (1月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱貴乃花 (二子山 / 21回目 / 28歳) 14勝1敗
    横綱武蔵丸との優勝決定戦を制す
    横綱曙が引退 (64代横綱 / 31歳 / 若貴とのライバル対決で盛り上げた外国人出身横綱の第1号)

    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館)  幕内優勝〜大関魁皇 (友綱 / 2回目) 13勝2敗

    (3) 夏場所 (5月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱貴乃花 (二子山 / 22回目 / 28歳) 13勝2敗
    横綱武蔵丸との優勝決定戦を制す
    千秋楽、優勝した貴乃花に小泉純一郎首相が内閣総理大臣杯を手渡した


    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館)  幕内優勝〜大関魁皇 (友綱 / 2回目) 13勝2敗

    (5) 秋場所 (9月 / 両国国技館)  幕内優勝〜前頭2琴光喜 (佐渡ヶ嶽) 13勝2敗

    (6) 九州場所 (11月 / 福岡国際センター)  幕内優勝〜横綱武蔵丸 (武蔵川 / 9回目 / 30歳) 13勝2敗
    場所後、栃東が大関昇進


    '02年 (平成14年) の大相撲

    <大相撲 / '02年>
    北の湖理事長誕生。朝青龍大関

    (1) 初場所 (1月 / 両国国技館)  幕内優勝〜大関栃東 (玉ノ井 / 1回目) 13勝2敗
    大関千代大海との優勝決定戦を制す

    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館)  幕内優勝〜横綱武蔵丸 (武蔵川 / 10回目 / 30歳) 13勝2敗

    (3) 夏場所 (5月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱武蔵丸 (武蔵川 / 11回目 / 31歳) 13勝2敗


    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館)  幕内優勝〜大関千代大海 (九重 / 2回目) 14勝1敗
    場所後、朝青龍が大関昇進

    (5) 秋場所 (9月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱武蔵丸 (武蔵川 / 12回目 / 31歳) 13勝2敗

    (6) 九州場所 (11月 / 福岡国際センター)  幕内優勝〜大関朝青龍 (高砂 / 1回目) 14勝1敗


    '03年 (平成15年) の大相撲

    <大相撲 / '03年>
    貴乃花引退。朝青龍、モンゴル初の横綱

    (1) 初場所 (1月 / 両国国技館)  幕内優勝〜大関朝青龍 (高砂 / 2回目) 14勝1敗
    横綱貴乃花が引退 (65代横綱 / 30歳 / 空前の相撲ブームを巻き起こした"平成の大横綱")
    場所後、朝青龍が横綱昇進 (68代横綱 / 22歳)

    (2) 春場所 (3月 / 大阪府立体育会館)  幕内優勝〜大関千代大海 (九重 / 3回目) 12勝3敗

    (3) 夏場所 (5月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱朝青龍 (高砂 / 3回目 / 22歳) 13勝2敗


    (4) 名古屋場所 (7月 / 愛知県体育館)  幕内優勝〜大関魁皇 (友綱 / 4回目) 12勝3敗

    (5) 秋場所 (9月 / 両国国技館)  幕内優勝〜横綱朝青龍 (高砂 / 4回目 / 22歳) 13勝2敗

    (6) 九州場所 (11月 / 福岡国際センター)  幕内優勝〜大関栃東 (玉ノ井 / 2回目) 13勝2敗
    横綱武蔵丸が引退 (67代横綱 / 32歳 / 抜群の安定感を誇った史上2人目の外国人横綱)

    このページの先頭へ
    トップページ   前へ   次へ   最新更新箇所   事務所 現地確認済   事務所 所在地分類   芸能界エンタメ事情   世相・話題のニュース