谷中和志司法書士事務所 舞阪版

 浜松市舞阪町と相続登記と民事事件と成年後見・他


谷中和志司法書士事務所 舞阪版 【静岡県】

【静岡県】用HP


 【事務所情報】

  谷中和志司法書士事務所
  司法書士 谷中和志(やなか かずし)
  静岡県浜松市西区舞阪町舞阪141番地  
  053−592−3113 / yk0215@yanaka.biz
  平日、9時〜18時、土日は応相談

 【雁木(がんげ)】


舞阪町の「雁木(がんげ)」


舞阪版(ynk05-C1)


谷中和志司法書士事務所
浜松市西区舞阪町にて(H24夏)/6
浜松市西区舞阪町にて(H24夏)

浜松市西区舞阪町で」へ戻る。

渡船場跡 北雁木
 雁木とは、階段状にっている船着き場のことです。
 雁木の読みは「がんぎ」ですが、舞阪町では「がんげ」と読みます。舞阪町には3つの雁木がありました。「北雁木」と「本雁木」と「渡荷場(とうかんば)」です。それぞれに役割分担があり、「北雁木」は大名や幕府役人等のいわゆる要人用、「本雁木」は一般利用者用、「渡荷場」は荷物用です。
 下の写真は「北雁木」に間違いありませんが、ですが、問題は他の「本雁木」と「渡荷場」です。

浜松市は舞阪町の北雁木です。
北雁木 (静岡県浜松市西区舞阪町)

 以下の写真1と写真2は、北雁木と似ているので、雁木のようですが雁木ではありません。
 「本雁木」は西町公会堂のところにあったので写真1のすぐ隣です。「渡荷場」は水神宮のところにあったので写真2とはまったく関係はありません。そもそも、雁木とは、階段状にっている船着き場のことを言うため、写真の木造の建造物自体は雁木ではありません。

写真1です。  写真2です。

 下の写真が水神宮です。「渡船場」はここにありました。

舞阪町の水神宮です。

 雁木とは、階段状にっている船着き場のことを言います。そのため、北雁木とは以下の写真のものです。ちなみに、木造の建造物は「常夜灯」です。

「雁木」です。

なお、舞阪町で「常夜灯」といえば以下の写真のもののことを言います。

舞阪町の常夜灯(仲町)です。 舞阪町の常夜灯(西町)です。

舞阪町の常夜灯(新町)です。



谷中和志司法書士事務所 舞阪版

浜松市西区舞阪町にて(H24夏)/4
浜松市西区舞阪町にてH24夏)

 谷中和志司法書士事務所
 司法書士 谷中和志(やなか かずし)
 静岡県浜松市西区舞阪町舞阪141番地
 静岡県司法書士会所属

HP/舞阪版浜松版U藤枝版豊橋版焼津版浜松版

舞阪版(ynk05-C1)


浜松市舞阪町の「雁木」


ページ先頭へ / 舞阪版・トップ ≫ 浜松市西区舞阪町で ≫ 舞阪町の「雁木(がんげ)」