taisejuku

Tel:078-784-9433無料体験教室随時受付中!お気軽にお電話下さい


Ⅰ 大成塾の一般部では以下の稽古を行っています

①フルコンタクト空手(打撃)

一般的な顔面なしのフルコンタクト空手です。パンチ、蹴り、受けの理論をまず最初にご説明します。後は反復稽古して自分のものにしていきます。技の理論は既に構築されていますので、まずご理解されることが第一です。昔の極真会館 芦原道場の稽古も取り入れています。

②捌き(サバキ)

ポジショニング、引き崩し、引廻し、裏投げ、表投げetcを稽古します。フルコンの動きにサバキが加わることによって技がより複雑になってきます。サバキも打撃同様理論が構築されていますので、理論をご理解頂いた上で反復稽古していきます。重要なことは崩す角度と自分自身の全体の力を使うことです。

③護身術

顔面(上段)攻撃のサバキ、相手が上段にパンチしてきますので、ガード、受け、ウイビング等駆使して避けながら捌いていきます。顔面を殴りあう事はしませんので安全です。これも全て理論が構築されています。上級者になりますと完璧に捌く事ができます。大成塾オリジナルな動きです。

④武器術

空手の武器であるトンファを中心に稽古します。空手武器の威力を実感して頂く事が出来ます。

以上のように安全で合理的な稽古を行っています。スパーリングは5割程度で上級者が下級者の攻撃を捌きますが、殴ったり蹴ったりして倒したりすることは絶対にしません。パワー、スタミナではなく、合理的な動きが重要ですので、稽古後は皆さん爽やかな汗を流されています。初心の方は勿論、経験者の方も新たな発見があると思います。安心してご参加下さい。

Ⅱ 一般部稽古に参加して頂きたい方

①空手初心者

約半数が空手経験なしで始められています。中学生以上の学生の方も大歓迎です。学生の人は特に上達が早いと思います。女性も稽古しています。

②空手経験者

フルコン、伝統派、少林寺拳法、日本拳法、ボクシング等経験者でも早く溶け込まれておられます。特にサバキ系の人は上達が早いと思います。昇級も過去の経験を参考にします。

③ジュニアの保護者

子どもさんと一緒に稽古しましょう。道場にも親子で稽古されている方が10組以上おられます。皆さん楽しく稽古されていまして、なかには指導者になられた人もおられます。

④指導者になりたい

子供達も稽古中は一生懸命です。そんな真面目な子供達を指導することは指導側にとっても充実感を得ることができます。指導するのも自身のレベルアップに繫がります。茶帯以上の方にはジュニア指導もお願いしています。

⑤何れは自分の道場を持ちたい

大成塾では道場経営希望されている方を応援しています。

⑥実戦空手の黒帯を取得したい

経験、稽古参加状況にもよりますが、初心者で2~3年、経験者で1~2年が大まかな目安です。2段以上は審査は行いません。稽古参加、人格、指導状況等総合的に判断して認定します。

⑦サバキを稽古したい

大成塾では極真会館芦原道場、芦原会館、円心会館のサバキ技術がベースになっています。特にサバキチャレンジの大会で有効なサバキ技術を中心に稽古しています。

⑧女性の人

護身、美容、健康等目的は様々ですが、女性の方も安心して稽古して頂けます。 中学生以上の女性も一般部で稽古されています。

最新活動写真

会員専用ページ

リンクページ


道場生の捌き(サバキ)試合模様


小学4年男子道場生基本回し蹴り

↑ PAGE TOP