taisejuku

Tel:078-784-9433無料体験教室随時受付中!お気軽にお電話下さい

2018年


8月5日(日曜日)森本道場から7名、『第10回オ-プントーナメント世界総極真兵庫カップ大会』に出場致しました。
それぞれの道場生が出場した経験を明日からの稽古に活かせ、更に成長をしてください。暑い中引率 された保護者の皆様、セコンドで応援をされた森本先生、出場した選手の皆さん、お疲れ様でした。 結果 高校生 中級男子 優勝・初級男子 準優勝 ・小5男子 準優勝。


8月2日(木曜日)大成塾西神道場に中国からの留学生が来神されました。
お2人は新地相談役に中国寧波大学で日本語と空手の指導を受け、日本の難関大学の大学院で専門の勉強している非常に優秀な学生です。今回夏休みを利用して新地相談役の所に遊びに来られた機会に大成塾道場訪問が実現しました。西神の子供たちにミットを持ったり一般部では一緒に練習もしました。民間レベルでの日中友好はお互いの文化交流を通じて様々な年代の人々が実現出来ると再認識致しました。新地相談役の素晴らしい指導の賜物だと思います。また、機会がありましたらいつでもお越しください。


7月15日(日曜日)夏季審査2回目を行いました。
会場の体育館は非常に暑く受審される皆さん、引率の保護者の皆様も大変な状況でしたが皆真剣に頑張りました。 どんな状況でも冷静に判断し、行動することは大切です。初めて受審された人も一人一人行うコンビネーションでは大変緊張したと思いますが、良い経験になった思います。結果は各道場で発表されますので楽しみにしておいてください。夏休みは毎年行っていますが、各道場自由参加です。是非積極的にご参加頂き、自己啓発に努めて頂ければ幸いです。 指導者一同


7月8日(日曜日)夏季審査1回目を行いました。
前日からの悪天候の影響が懸念されましたが、全員が出席されました。参加人数の為今回も3回に分けて行いました。大成塾では昔の芦原道場の審査を踏襲しております。コンビネーションは1人ずつ行い、各自の得意技をしっかりと出して、最後はスパーリングで終りました。結果は後日各先生より新しい帯と認定書を渡します。2回目は15日です、受審される人は気合を入れて頑張ってください。 指導者一同


6月10日(日曜日)第10回大成塾神戸空手道選手権大会を開催いたしました。
今年は記念すべき10回目の開催でもあり、白熱した見ごたえのある試合が多くありました。当道場の試合はポイント制を導入しておりますが、ポイントの取り合いや判定が別れる 試合も多く、全体的に実力が拮抗している証だと感じました。また、昨年開設した明石大久保藤原道場、須磨道場からも参加者があり盛り上がりました。決勝前には成心塾の皆さんの型、中学生女子四方割り、中学生男子上段パンチのサバキ演武を行いました。優勝した皆さんは後日神戸新聞に掲載される予定です。出場された選手の皆さんお疲れ様でした。武龍館赤瀬先生、剛気会藤野先生、成心塾増田先生有難う御座いました。  大成塾 指導者一同


5月26日(土曜日)矢飼伸夫氏の柔術護身術セミナーを行いました。
矢飼氏は円心会館兵庫支部出身で大学卒業後デンバーの二宮館長の下に内弟子として渡米され、その後柔術を修行し寝技最高峰のアブダビコンバットにも出場。現在はデンバーで柔術を指導しているプロ格闘家です。軍隊や警察関係者、著名人にも指導されており今回久しぶりの帰国で大成塾でセミナーの時間を設けて頂きました。内容は捌いた後の決め技、マウントポジションからの関節技、三角締めなどで貴重な時間を過ごせました。セミナー費用は矢飼氏の意向で全学慈善団体に寄付されました。考え方、人格的、技術的にもまさしく最高レベルの真の武道家だといえると思います。大成塾にもよい刺激になりました。有難うございました。 指導者一同


5月19日(土曜日)マリンピア神戸にて『たるみっこまつり2018』演武会を行いました。
週間天気予報では雨でしたが一転して良い天気になり、快晴の下気分良く行えました。毎年基本、移動の後は学年ごとに分かれて1人ずつの試割りです。高学年になれば杉板数枚蹴りで割ることが出来ます。演武の最後は高校生のバット折りで締め、バットが良い音で割れた時は大きな驚きと歓声があがりました。多くの人前で緊張化をもって試割りするのは良い経験になりますので毎年参加します。板を持って頂いた保護者の皆様有難うございました。 舞子道場生は夕方からしっかり稽古を行いました。 指導者一同


5月13日(日曜日)スパーリング大会を行いました。
朝から雨でしたが各道場から多くの道場生が集まりました。各自、自身の良いところ、悪いところが認識できたと思います。新たな課題を明日からの道場稽古でしっかりと補い自身のレベルアップを図ってください。10勝到達12名、20勝到達7名、30勝到達1名は後日各道場で記念メダル賞状を渡しますので楽しみにお待ちください。 指導者一同


4月30日(月曜祝日)合同稽古を行いました。
前半連休最終日ということで参加人数もどうかと思っていましたが、約60名の子供達が集まってくれました。今回は試合前という事もありミット打ちに時間をかけてました。ミットを持って頂いた保護者の皆様、中高生先輩有難うございました。


3月31日(土曜日)
舞子道場6年生女子が小学生としての最後の稽古を行いました。残念ながら日向実ちゃんは一旦退会ですが、他の5名(2名は欠席)の女子は引き続き中学進学後も空手を継続してくれます。一般部にも参加されますので空手の奥深さを 再認識されると思います。是非空手を通じて色々なことを学んでください。日向実ちゃん、長い間よく頑張りました。一昨年の交流大会での決勝で後回し蹴りを決めた姿は今でも目に焼き付いています。中学進学しても様々なことにチャレンジして下さい。またいつでも舞子道場に顔を出してください。 指導者一同


3月25日(日)第17回和空会交流大会に18名参加しました。
今回から掴み3秒以内と投げ禁止ルールに変更され、出場する選手も多少戸惑いもありましたが、全員が一生懸命戦いました。結果 幼年フリー 優勝、準優勝、3位・小1女子 優勝・小2女子 優勝 小4男子フリー 優勝・小5男子ライト 優勝・小6男子 3位・高学年女子 3位 6月の主催大会まで3ヶ月弱しっかり仕上げましょう。審判された森本先生、藤原先生保護者の皆様、中学生の先輩、お疲れ様でした。


3月21日(祝日)今年2回目の合同稽古を行いました。
当日は朝から小雨で参加人数も少ないかと思っていましたが、いざ始まると約70名の道場生が参加してくれました。また、受験を終えた中学3年生も3名手伝ってくれて良い稽古を行うことが出来ました。和歌山の大会を控えている選手も参加していることから、基本稽古の後は出場者のみ別途試合用の練習と学年別稽古、最後は全員でミット打ちを行い、あっという間の2時間半でした。


2月12日(月曜祝日)
合同稽古を行いました。朝から晴天でしたが気温は低く、体育館内は寒かったですが、終わるころには子供たちの気合で暑くなりました。空手の動きは全身をまんべんなく動かしますので、体内の血行が良くなります。今回も約60名の子供達が集まり、また先輩中学生が4名も来てくれまして有意義な合同稽古を行う事が出来ました。次回の合同稽古は3月21日(水曜祝日)に行います。


1月28日(日曜日)
舞子道場の菜々子ちゃんが極真の近畿大会6年女子の部に出場し優勝致しました。大成塾からは1名だけの出場でかなりのアウェイ感もあり緊張もピ-クだったと思います。また、馴れているサバキのルールでは無くフルコンタクトルールだったのでどうかと思慮していましたが試合が始まるといつもの動きで戦え無事ケガなく終えました。小学校生活の良い思い出になったと思います、おめでとうございます。次は3月の和空会さんの大会です。大成塾からは多数参加する予定ですのでしっかり仕上げていきましょう。今後の行事予定 2月12日、3月21日合同稽古.3月25日第17回和空会交流大会

↑ PAGE TOP