潰瘍性大腸炎・クローン病 初診外来について

【お詫び】潰瘍性大腸炎・クローン病初診外来中止(延期)のお知らせ
(2021.9.28更

「潰瘍性大腸炎・クローン病初診外来」は、新型コロナウイルス感染が未だ収束しない現状を鑑み、ご来院される患者様の安全、そして感染予防・拡散防止を最優先に考え、最低でも2021年12月末までは初診外来を中止(延期)することと致しました。
お待ち頂いておりました患者様や希望をされている患者様には、大変ご迷惑おかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

※患者様のご要望や身体の状態を考慮し、下記の特例診療又は再開決定後にこちらからご連絡する対応をしております。詳細は下記ご参照の上お電話にてお問合せください。


①【潰瘍性大腸炎・クローン病特例診療】 ・・・動画で説明を聞いて頂き、治療を開始します。国内の移動制限が落ち着き次第、当院へ受診して頂くことが必須となります。
(潰瘍性大腸炎・クローン病による初診外来再開と共に、特例診療を終了する予定となっておりましたが、期間の延長をさせていただくこととなりました。特例診療を希望される患者様へは、詳しい情報をメールにてお送りいたします。)

②【潰瘍性大腸炎・クローン病初診外来再開連絡待ち】・・・ 現在中止している「初診外来」が再開した後、受診を希望する。
(最低でも2021年12月末までは初診外来を中止(延期) とさせて頂き、その後の再開日程は未定となります。)

今現在、たくさんの方にお待ち頂いております。
再開した際は、お待ち頂いている方から順番に再開のご案内をさせて頂きます。
よろしくお願いします。

来院される方へ

来院される方へのお願い 2021.9.28更新)

コロナウイルス感染予防の対策として、来院頂く患者様には下記事項をご確認・ご協力いただきますようお願いいたします。

◆以下のいずれかに該当される方は、受診前に当院へ電話をしてください。

・のどの痛み、咳などの風邪症状がある方
・37.5℃以上の発熱がある方 ・受診予定日より一週間以内に37.5℃以上の発熱があった方
・二週間以内に、新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者との接触歴がある方
・二週間以内に海外から帰国された方

◆感染予防のため、必ずマスクを着用の上、患者様おひとりで来院していただきますようお願い致します。

※ただし、下記の場合を除く
 ・ 患者本人が未成年の場合
 ・ 身体的介助が必要な場合
なお、患者様に付き添われる方は、一名までとさせていただきます。

付き添い以外の方は、車でお越しの場合、車内待機など患者本人以外は病院に入らないようご協力をお願い致します。

また今後の状況によっては、対策の変更を行う場合がございます。ご理解ご協力をお願い致します。