更新情報

少林寺拳法という護身術の稽古とは、

 

自信と勇気と行動力、更に慈悲心(他人への思いやり)を持った円満な人になろうと努力を重ねること。

 

継続することで、宇宙の法則、自然の摂理、人の理、を学び、執着心を持たず、怒らず、驕らず、僻まず、の生き方に少しづつ染まって行くこと。

 

道院長 古西眞二


 

    ☆ 道院防災マップ 

 

   ☆ 道院開設の動機 

 

  > 


<ul id=

  •    ☆ 四季雑感 
  •  

    稽古を続けると、こんな人に変化して行きます。

     

    いつも穏やかで爽やかな笑顔の人。

    集中力を養い自分の頭で考える人 。

    人のために行動できるプラス思考の人。

    体を引き締めキビキビとした身のこなしができる人。

    自らを活かしながら対人関係を良好に保つ生き方のできる人。

    『時・処・位』を的確に捉え、知識や経験,情報を正しく活用できる人。

    飽きず,諦めず,努力し続けられる人。

     

     稽古日  
     

    ※ 表中の稽古日から2日/週を選択して頂くことになりますが、参座人数の都合で
      ご希望に沿えない場合もありますのでご了承下さい。

    ※ 火曜・金曜の中学生の稽古は19:30〜21:00としています。


    ☆ 原則、稽古日が祝日の場合、稽古はお休みです。

     

     

    責任者 : 道院長 古西 眞二 (コニシ シンジ)
    携 帯 : 090-7859-9581 

    e-mail: toyohashiashihara-toiawase@xvh.biglobe.ne.jp

     

    更新情報

     

    更新情報