The tournament we'd love to extend overseas



 Fusen (balloon) Volleyball was established in 1989,and the next year when

the 26th National sports contest for athletes withdisabilities took place,

the first National tournament of Fusen Volleyball was held.

 From then on, we’ve hoped that “Our dream is to make

Fusen Volleyball an Olympic sport.”

  Spreading this sport throughout the regionin Japan,

we set our sights overseas, translated the rulebook intoEnglish

and distributed it to some related associations fordisabled people.

  This sport has been spreading throughoutJapan year after year,

but there hasn’t been any reaction from overseas.

So, we thought that taking advantage of the 20th tournament,

we remade the new English rulebook in 2009, and woulddo publicity work

on the Internet or by other methods in order to appealfully to people overseas

to play Fusen Volleyball.

  Would you please understand and cooperateto help our dream

come true?

Furthermore, we would love to hold the World Cup ofFusen Volleyball
some day in the future, and we’re waiting withgreat anticipation for you
to join us.


「海外に広げたい大会」

ふうせんバレーボールは、1989年に誕生し、翌年の第26回全国身体障害者スポーツ大会の開催に合わせて、第1回全国ふうせんバレーボール大会を開催しました。

その時から「夢はオリンピック種目にしたい」という想いがありました。

日本各地にこのスポーツを広げていきながら、海外に目を向け、英訳したルールブックを作成し、数カ国の障がい者関係団体等にに配布したりしていました。

日本では年を追うごとに、各地に広がっていきましたが、海外からの反応は何もありませんでした。

そこで、第20回大会をきっかけに海外にも本格的に働きかけをしていこうと、2009年英文のルールブックを新しく作り直して、インターネット等も活用しながら広報活動をしていこうと考えました。

是非、私たちの夢を実現するために、ご理解とご協力をお願いします。

そしていつかワールドカップを開催したいと思っていますので、あなたの参加を心からお待ちしています。。