広報紙「のぞみ」第6号

テキスト版

広報紙「のぞみ」 第6号(2014年10月26日発行)

〒790-0848 愛媛県松山市道後喜多町7-25
電話・FAX:089-924-7522
ホームページ:http://www7b.biglobe.ne.jp/~cth-dogo/
メール:cth.dogo@church.email.ne.jp

あなたがたに平和があるように 4月5日(日)道後教会で復活祭ミサ

カトリック道後教会 担当司祭 川上 栄治

 キリスト教では、12月24日の夜にクリスマスを祝います。クリスマスはイエス・キリストが生まれた日のことです。イエス・キリストは神の子でありながら、人間となって、わたしたちのために生まれました。それは、神がこの世界を愛してくださったしるしです。だから、キリスト教は神がわたしたちを見捨てることが決してないと信じています。たとえ、現代の世界で戦争が起こり続けても、神が完全な平和を実現してくださるとキリスト教は信じています。
 今、シリアやパレスチナでは戦争のために、多くの人が亡くなり、家を失っています。それ以外の地域でも、テロのために、多くの人が犠牲になっています。政治家たちは平和を実現する努力をしているにもかかわらず、状況は一向に改善する気配はありません。
 この状況の中で、キリスト教信者は教会で平和のために祈りをささげます。「祈りによって平和が実現するのか」と思われるかもしれません。祈りは平和を実現するための直接的な行為とは言えません。けれども、「祈り」によって、わたしたちはそれぞれの違いを乗り越えて、心を一つに合わせることができます。そして一つになった心で、キリスト教信者は神がこの世界に平和を実現してくださるように祈るのです。
 12月24日の夜のミサに読まれる福音書(イエスのメッセージが書かれている書物)には「神に栄光、地に平和」という言葉があります。これは現代社会に投げかけられるメッセージです。つまり、「神」が本当に神としてあがめられるとき、この世界に平和が訪れるのです。この世界で平和を実現しようとする努力はほとんど「人間の利害関係」に左右されます。それでは完全な平和は実現できないのです。神があがめられ、わたしたちが一つとなって神を信じて祈りをささげるとき、世界に平和が少しずつやって来るとキリスト教は信じています。それがキリスト教信者がミサに来る理由なのです。
 ですから、皆さん、12月24日の夜、一度教会に足を運んでみてください。戦争が絶えない世界に神が平和をもたらしてくださることを信じ、心を一つにして祈る時を、共に過ごしてみませんか。カトリック道後教会は、皆さんのお越しをお待ちしています。

〈クリスマスミサご案内〉
 ・クリスマス・イブのミサ:12月24日(木) 午後7時~
 ・クリスマス・日中のミサ:12月25日(金) 午前11時

 イブのミサ後は温かい豚汁
 ミサ後は、豚汁で暖まってお帰りください。
 マドレーヌもプレゼント。

東日本大震災 苦しみの中で生きる被災者に支援を ― 11月16日(日)カトリック道後教会でバザー

 カトリック道後教会では今年も11月16日(日)に隣の聖母幼稚園と共同で恒例のバザーを行います。今回もすべての収益金を使って東日本大震災の被災者と広島の土砂災害被災者を支援、募金も行います。
 1万8千人を超す犠牲者を出した東日本大震災から3年7ヵ月が過ぎました。復興は進まず、原発事故で生活の場を奪われ、放射能におびえ、心は癒されず仮設住宅で人々は苦しんでいます。道後教会では支援のバザーを今年も続けることを決めました。

好評の手作りカレー、マドレーヌ、東北物産フェアも

 バザーは今回も『絶品の味』と好評の手作りカレー、教会伝統のおいしいマドレーヌのほかドミニカンクッキーなど各地修道院の品物を販売、ほかに余剰品即売、かわいい人形やニット品が並ぶ人気の手作りコーナーもあります。
 また被災地支援のため『東北物産フェア』も設けられます。当地のニンジン、ダイコン、ゴボウなどの乾燥野菜や被災者手づくりの『ふくろうのストラップ』など手芸品も並びます。被災地域再建支援のため石巻市の業者の味噌、醤油、白だし、あわせ酢なども販売します。ぜひご購入ください。
 毎年、ステンドグラスが美しい道後教会の聖堂も一般公開されます。ご家族で聖書の世界を鑑賞してみてください。
 なお、今年は聖母幼稚園のコーナーは正午に閉店します。

宮城や福島へ支援の手
楽しい花見会ができた 仮設住宅の人ら大喜び

 『愛媛のおいしいミカンありがとう。温いご支援は忘れません』。仮設住宅の人々から喜びの御礼の便りが届いている。
 道後教会ではバザーの収益金や様々な募金で東北の被災者へ必要な基金や物資を送っている。今年度の支援内容は次のとおり。
 ◇福島県のボランティア団体『白河みみずくの会』へ7万円、ミカン4箱、手づくりマドレーヌ160個。
 ◇宮城県『八木山オリーブの会』へミカン2箱。支援している亘理町の仮設住宅は3月末で閉鎖される。
 ◇岩手県の大船渡ベース「カリタス」道後教会からへ万円。映画会、子供の遊び場、たこ焼きパーティーなど交流の場作り、仮設の買い物送迎サービスなど多様な支援を行っている。
 ◇福島県白河市に開設された被災で傷ついた人々が集い自立を目指す癒しの館『知足庵』へ2万円。
 仮設住宅では「ミカンを食べながら歌ったりおしゃべりしたりしています』とミカンが大人気。クリスマスにはシクラメンの花も配られた。
 ほかに、地域復興支援のため石巻市の老舗醸造業者の商品販売にも協力している。

道後教会からのお知らせ

 “キリスト教について勉強してみませんか”

キリスト教入門講座

・毎月 第2・第4土曜日 午前10時~11時
 他に、日曜日・平日の都合のよい時間にも開きますので、ご相談ください。
・場所 道後教会
・講師 道後教会担当司祭 及び 信徒
・対象 洗礼を受けていない方
・まずは、当教会へ(電話かFAX)お問い合わせください。電話番号など下欄参照。

ミサ時間

・日曜日 午前11時~
・金曜日 午前10時~(金曜日は、司祭の都合により中止の時あり)

土曜談話室(悩み相談)

・第1・第3土曜日 午前10時~12時
・カウンセラーには守秘義務があります。