THA-08Xのご紹介

THA-08Xとは、ベースをTHA-06とし、A47式と呼ばれるヘッドホンアンプ(イヤホンアンプ)回路を改良して製作したアンプです。THA-06と大きく異なる点は、4つのすべての増幅段オペアンプを「シングルオペアンプ」にした、という点です。前段オペアンプにはJ-FET入力のオペアンプならおそらく差し替え可能。後段バッファ用のオペアンプはユニティゲイン安定ならば差し替え可能です。(現段階で動作確認は両方ともOPA134PA、OPA604APのみ、差し替えは自己責任でお願いいたします)

THA-06ではMUSES01を動かすために、初段増幅部分にデュアルオペアンプを採用しておりましたが、このたび、その初段もシングルオペアンプにして、音の分離の良さを再現。さらに、臨場感を出す事に成功。アンバランスアンプながら、左右に広い音場を表現しました。

さらに、現時点では未確認ながら、近日リリースが噂される、「MUSES03」への対応も視野に設計。詳細なデータシートは発表されておりませんが、シングルオペアンプでJ-FET入力なので、おそらく使用可能です。(MUSES03への対応は後日きちんと検証したいと思っております)

さらに、今までの機種でも可能ではありましたが、「DC-DCコンバータレスモード」を正式採用。もしも、DC-DCコンバータが嫌いだ、という方がいらっしゃいましたら、電源に9V〜30Vの単電源をご用意いただければ、THA-08X内部で分圧して動作致します。参考までに、MUSES03の発表が「±3.5V〜」となっておりましたので、9Vの角電池を電源にも使用可能と思われます。その他、動作電源電圧の低いシングルオペアンプにも有効です。

シングルオペアンプにこだわったこの作品は、初の両面基板を使用。コンセプトはズバリX(エックス)です。意味は皆様のご想像にお任せいたします。

PDFダウンロード

THA-08Xの製作説明書をダウンロードいただけます。

基板の入手方法

下記バナーをクリックして販売ページに移動してください。

THA-08Xの写真