Unicoco

Works


Recent Unicoco's main art works



オマツリ

2021
羊毛、毛糸、綿、布、和紙など
IAG ARTISTS SELECTION池袋回遊派美術展2021(東京芸術劇場・東京)
主催:池袋モンパルナス回遊美術館

制作という行為は祈りにも似た救いや力を与えてくれる。
そして心の澱が溜まっていくように、作品は次第にかさを増し集積していき、
得体の知れない有機的な形あるものに成っていく。
心の澱の集積を一堂に集めて弔いたいと思った。
私はその集う空間をオマツリと名付ける。オマツリは祭り、祀り、纏りであり、ハレの舞台でもある。
得体の知れないものたちは災いを祓う祭壇の生贄でもある。
















Coco-Picnic

2019
羊毛、毛糸、綿、布など
IAG ARTISTS SELECTION池袋回遊派美術展2019(東京芸術劇場・東京)
主催:池袋モンパルナス回遊美術館

田舎に住んでいた子どもの頃、毎日のように森の中を
駆け回って遊んだ。
自然の懐に抱かれる心地良さと得体の知れない何かが
潜んでいそうな怖さが混ざりあって、森は不思議な魅力に満ちていた。
大人になって都会で暮らすようになり、
大自然から遠ざかった私は喉の渇きを潤すように
森をイメージしながら日々暮らしている。
Cocoと名付けた得体の知れない不思議なものたちがいる
森の中を手さぐりで探索したり、靴を脱いで足裏で感じながら
歩いたり、寝転んで全身で感触を感じたりする体験型作品。
身体の感覚を開き、内なる自分の中の森であそび対話する時間。













home

2017
羊毛、毛糸、綿、布、ビーズなど
個展「ゆにここ展 home」(GALLERY ART POINT・東京)


home〜誰もが心の中にもつふるさと、生まれ出て帰るところ、
そんなhomeをイメージした体験型のインスタレーション。
作品を手に取ったり、身にまとったりしながら包み込むような柔らかい空間で語らい、
内なる自分と対話する。


















My journey

2018
羊毛、毛糸、綿、布、和紙、ビーズ、石など
個展「ゆにここ展 My journey」(アートイマジンギャラリー・東京)


全く光のない完全な真っ暗闇の空間を
お一人ずつ自由に過ごしていただくインスタレーション。
胎内のような宇宙空間のようなイメージの漆黒の空間内には
様々な素材で作ったオブジェを配置。
壁づたいに手さぐりでオブジェを触りながら歩いたり、
空間中央に配置したたくさんのクッション状のオブジェに寝転んだり、
何もぜず瞑想状態のように静かに過ごすなど、様々に過ごされたようだ。
My journey、自分の内なる旅をする体験型作品。
体験後は、別部屋にて感想をノートに書いていただいたり、
参加者の方同士でシェアリングをして過ごしていただいた。

(写真は、空間での滞在の様子イメージを灯りをつけた状態で記録用に撮影したもの)











舞台美術

2018
布、羊毛、毛糸、綿、布、ビーズなど
演劇 舞台美術担当 「東京夜間飛行公演 眠れる森の琴子」(下北沢ハーフムーンホール・東京)

東京夜間飛行 原真善美さんによる一人4役の一人芝居。
舞台にたくさんの立体作品を配置し、不思議な森のイメージを表現した。
劇中、立体オブジェを身にまとったり、内側に入ってみたり埋もれたりしながら
オブジェと身体的に絡まり合うシーンが多く、舞台美術と身体的に親和性の高い演劇であった。
公演後、観客の方々も舞台にあがり、
役者さながらオブジェを触ったり身にまとったりして体験していただく時間をとった。
演劇とアート展が混ざりあったような舞台であった。
















素材のかくれんぼ

2018
布、毛糸、綿、羊毛、和紙、ビーズなど
「体験型美術展 現代美術のかくれんぼ」(浜田市世界こども美術館・島根)

様々な素材で制作した作品の中にはどんな素材が隠れているかな?
触りながら様々な素材を体験していただく体験型インスタレーション。


本展は、体験型の現代美術作品を通し、アートの面白さを感じていただくことのできる展覧会として実施しました。
テーマは”かくれんぼ’。 作品の中に隠されている秘密を鑑賞者が楽しみながら見つけ出し、じっくりと鑑賞を
進めていくユニークな内容として構成しました。(「体験型美術展 現代美術のかくれんぼ」記録集より)














Coco

2017
羊毛、毛糸、綿
「Fantasia展」(GALLERY ART POINT・東京)


作品を外側から観るだけでなく、
内側に入り込んで作品の一部のようになりながら鑑賞する体験型作品。
















眠りの部屋

2017
布、綿、毛糸など
Room size  W200×D360×H300cm
「帰ってきた ひるね展」(文房堂ギャラリー・東京)
社団法人 日本眠育普及協会主催



眠り、ひるねをテーマとしたグループ展覧会。
体験型インスタレーション「眠りの部屋」では
来場者は靴をぬいでくつろいだり、昼寝をしたりして
思い思いにリラックスして過ごしていただいた。
クッションのような布オブジェ「むにゅ」を床いっぱいに
敷き詰め、柔らかく肌感覚に近い触感のむにゅを
体全体で体感していただくことで、より深いリラクゼーション
と癒しのひとときになれたかと思う。















ちいさなひとのおうち またはおおきなひとのぼうし

2019
羊毛、綿、毛糸
「水島真理子+ゆにここ二人展 はぐくまれて」(土屋グループ銀座ショールーム・東京)















そらへ/そらから

2019
キャンバスに油彩、粘土、紐、砂
size W19×H24×D3cm
「モノトーンによる」(ギャラリー檜・東京)

  













たまもの

2018
キャンバスに油彩、粘土、紐など
size W15.8×H22.7×D5cm
個展「ゆにここ展 Life of ○○」(GALLERY ART POINT・東京)

  














〇〇をつなぐ

2019
粘土、羊毛、綿、毛糸など
個展「ゆにここ展 Life of ○○」(GALLERY ART POINT・東京)