本文へスキップ

せや・ガイドの会 

街のガイド研修や記録誌編集の研修を受けて、2001年(平成13年)4月に発足した団体です。横浜市瀬谷区を本拠に、地元やその周辺をご参加者の皆様と一緒に歩いてご案内します。そして、歴史・自然など、この街の魅力を再発見してみませんか?事前申し込み不要、全員ご参加できます。

和泉川南部の寺社と史跡を巡るお知らせ


コース順路:

相鉄いずみ中央駅(WC)→中和田公園→三柱神社→美濃口家長屋門→下飯田左馬神社→富士塚公園→東泉寺→天王の森泉公園(WC)→境川遊水池(WC)→湘南台公園(WC)→湘南台駅(解散:14時30分頃・約6km)

ダウンロード 2019年2月16日(土)天王森泉館つるし雛(案内チラシ・印刷用)
No. 見所 由来・史跡 

中和田公園 
公園は、招魂社と呼ばれ、忠魂碑、石井広助、山田專成、山田豊次郎、持田初治郎各氏の碑がある。この土地は、明治38年(1905)持田製糸の持田初治郎氏が寄贈した。 

三柱神社 
上飯田下組(現、上飯田南町)の地域内にあった三つの神社を大正元年(1912)に移転合祀した。その三柱とは、菅原道真を祀る天神社、大山咋命を祀る日枝神社、豊受媛命を祀る神明社。

美濃口家長屋門 
この家の前の道は「鎌倉上道」と呼ばれ、新田・足利ゆかりの地や信濃方面と鎌倉を結ぶ重要な道だった。美濃口家は代々名主や村長を勤め、当家出身の春鴻は芭蕉の流れを汲む蕉門の俳人で、関係資料は市の文化財となっている。

下飯田左馬神社 
祭神は源義朝で勧進は平安末期に飯田五郎家義とも、小田原北条時代の領主川上藤兵衛とも云われる。天正18年(1590)に地域の鎮守さまとして社殿を修復したと云われる。境内には、堅牢地神塔・庚申塔などある。

富士塚公園
 (富士塚城跡)
源頼朝が石橋山に兵を挙げた時、平家側の関東総大将大庭景親に従いながら、 頼朝を助けた飯田五郎家義の館跡と云われる。

曹洞宗 東泉寺(琴平神社)
以前は境川沿いにあったが度重なる水害で、天正18年(1590)頃現在地に移されたという。隣接の琴平神社は、東泉寺が移転建立された天正18年(1590)頃、水難治水の守護神である金比羅神を祀って建立されという。

天王森泉公園(吊るし雛鑑賞)
公園内の天王森泉館は、明治44年(1911)清水製糸場本館として建設され、平成9年に公園整備の際に製糸工場本館の姿を再現して、天王森泉と名づけられ公園の拠点施設として利用された。平成10年1月横浜市認定歴史的建造物に選ばれている。
 
県立境川遊水地公園
公園は、横浜市の泉区、戸塚区、それに藤沢市に位置し、境川の洪水被害を軽減させるための遊水地で、平常時には公園として利用している。野球・テニスなどのスポーツや、様々な生物の観察や水辺の風景を楽しむことができる。

湘南台公園 
湘南台駅から歩いて約10分。昭和51年(1976)に開設された2.65ヘクタールある園内には、テニスコートが2面、芝生広場、遊具広場などがある。 
湘南台駅  小田急・湘南台駅は昭和41年(1966)11月7日開業した。平成11年(1999)地下駅となる。相模鉄道は平成11年(1999)3月に、市営地下鉄は平成11年(1999)8月に乗り入れる。藤沢市内では藤沢駅に次いで2番目に多い利用者数。 
 
2019年2月17日
昨日開催されました泉区和泉川南部の史跡巡り(吊るし雛鑑賞)を掲載しました。
 
2018年2月17日
本日開催されました泉区・和泉川流域の史跡巡りコースを掲載しました。
1.当日の天候その他の事情で、コースを変更する場合があります。
2.当日の午前7時台のNHKテレビ画面左上、横浜の天気予報で、午前中の降水確率60%以上の場合は中止します。
3.参加費は一回につき300円(保険料・資料代)です。交通費、見学費、昼食代は各自ご負担願います。(散策中の事故は、傷害保険の範囲となります。)
4.各ガイドの詳細は、瀬谷区内の下記公共施設に実施1か月前に置かれるチラシをご覧ください。(瀬谷区役所地域振興課、区民活動センター、各地区センター、各コミュニティースクール、図書館、長屋門公園など)

profile

せや・ガイドの会

長屋門公園

せや・ガイドの会」は、横浜市瀬谷区の生涯学習サークルとして発足した前身の「わがまち瀬谷」(2003年(平成15年)発足)と、「瀬谷探訪の会」(2001年(平成13年)発足」が、2008年(平成21年)4月に統合して、「せや・ガイドの会」に名称変更しました。

横浜市瀬谷区を本拠に、地元やその周辺を、ご参加者の皆様と一緒に歩いてご案内しています。毎月開催のガイドツアーを通じて、歴史・地理・自然など、この街の魅力を再発見して頂けます。事前申し込みは不要で、全員ご参加頂けます。詳しくは、年間ガイドスケジュール一覧をご覧ください。

2020年4月現在、20名の会員が在籍しており、随時会員募集しています。資格など条件は一切ありません。歴史、地理、自然やウオーキングにご興味・ご関心をお持ちの方はお気軽にお申込みやお問い合わせお待ちしています。
年会費は2000円。自主企画案内が月1回のほか、勉強会や季刊記録誌などの会合があります。

(お申込み・お問い合わせ先)
せや・ガイドの会 竹見
📱電話090-3900-6469


ナビゲーション