管理人のページ Profile
ホーム
ハナノキ
アメリカハナノキ
ギンヨウカエデ
写真館
標本庫
雑記帳
管理人
リンク
English

自己紹介

 
出身:愛知県 育ち:千葉県
 専門分野: 保全生態学 森林生態学
所属:筑波大学大学院 人間総合科学研究科
世界遺産専攻 自然保護寄附講座

Email: saeki.ikuyo.ge ++ u.tsukuba.ac.jp (++をアットマークにしてください)
自然保護について学びたいという学生さんを
随時募集しています。興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

Ikuyo SAEKI Profile in English

研究内容


研究テーマ

森林や湿地、里山の生態系を対象とした生物多様性の保全と人との関わり

わたしは、人が豊かな生活を送りながらも、自然やほかの生き物と共存できる方
法を知りたいと思っています。そのためには、①自然の特徴や仕組みを理解すること、②それとうまくやっていくための方策を考えること、の二つのアプローチがあると考えています。これらのテーマについて、おもに生態学・自然保護学の観点から研究を進めています。最近取り組んでいる研究テーマは、①希少樹種クロビイタヤ(カエデ属)の遺伝構造と景観特性との関係、②木登りカタツムリ(サッポロマイマイ)を用いた樹上性生物の環境指標化、③絶滅危惧生態系の抽出と保全、などです。           

略歴
2014年4月- (現職)
  筑波大学大学院 人間総合科学研究科 
   世界遺産専攻 自然保護寄附講座 准教授
2013年4月- 2014年3月
  北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター  苫小牧研究林 特任助教
2012年5月-2013年3月
  自然環境研究センター 研究員
2010年4月-2012年3月
  横浜国立大学 大学院環境情報研究院 グローバルCOEポスドクフェロー
2007年4月-2010年3月
  日本学術振興会特別研究員(PD) (受入先:首都大学東京牧野標本館)
2006年3月 
  東京農工大学大学院連合農学研究科博士課程修了(農学博士)
1998年5月
  University of Michigan, School of Natural Resources and Environment
  (理学修士)
1996年3月
  東京農工大学農学部環境・資源学科卒業

研究業績(抜粋) 
※研究業績リスト(全体版)はこちらをクリックしてください。
<原著論文:英文>
Saeki, I., S. Niwa, N. Osada, F. Hyodo, T. Ohta, Y. Oishi, and T. Hiura. 2017. Adaptive significance of arboreality: field evidence from a tree-climbing land snail. Animal Behaviour 127: 53-66.
Press release (Enliglish): http://www.tsukuba.ac.jp/en/research-list/p201703311445
Pess release (Japanese): http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201703311400.html

Saeki, I., F. Koike, and N. Murakami. 2015. Comparative phylogeography of wetland plants in central Honshu, Japan: Evolutionary legacy of ancient refugia. Botanical Journal of the Linnean Society 179: 78-94.


Saeki, I.
, A. Kitazawa, A. Abe, K. Minemoto, and F. Koike. Phylogeography of a rare orchid, Vexillabium yakushimense: Comparison of populations in central Honshu and the Nansei Island chain, Japan. Plant Systematics and Evolution 300: 1-12
.

Saeki, I., C. W. Dick, B. V. Barnes, and N. Murakami. 2011. Comparative phylogeography of red maple (Acer rubrum L.) and silver maple (A. saccharinum L.): impacts of habitat specialization, hybridization and glacial history. Journal of Biogeography 38: 992-1005.

Saeki, I. 2010. Juvenile sprouting ability of the endangered maple, Acer pycnanthum. Landscape and Ecological Engineering 6: 1-9.

Saeki, I. and N. Murakami. 2009. Chloroplast DNA phylogeography of the endangered maple, Acer pycnanthum: the spatial configuration of wetlands shapes genetic diversity. Diversity and Distributions 15: 917-927.

Saeki, I. 2008. Sexual reproductive biology of the endangered Japanese red maple (Acer pycnanthum). Ecological Research 23: 719-727.

Saeki, I. 2007. Effects of tree cutting and mowing on plant species composition and diversity of the wetland ecosystems dominated by the endangered maple, Acer pycnanthum. Forest Ecology and Management 242:733–746.

Saeki, I. 2005. Ecological occurrence of the endangered Japanese red maple, Acer pycnanthum: base line for ecosystem conservation. Landscape and Ecological Engineering 1:135-147.

Saeki, I. 2005. Application of aerial survey for detecting a rare maple species and endangered wetland ecosystems. Forest Ecology and Management 216:283-294.

Barnes, B.V., I. Saeki, and A. Kitazawa. 2004. Occurrence and landscape ecology of a rare disjunct maple species, Acer pycnanthum, and comparison with Acer rubrum. Environmental Reviews 12:163-196.


<短報/プライマーノート>

Saeki, I., S. Niwa, and N. Osada. 2017. Predation of a rare arboreal land snail (Euhadra brandtii sapporo) by introduced common raccoon (Procyon lotor). Venus. (in press)

Saeki, I., A. S. Hirao, and T. Kenta. 2015. Development and evaluation of microsatellite markers for Acer miyabei (Sapindaceae), a threatened maple species in East Asia. Applications in Plant Sciences 3(6): 1500020.
Primer Note

<原著論文:和文>
佐伯いく代、飯田晋也、小池文人、小林慶子、平塚和之. 2012. 里山の指標種ワレモコウの遺伝的変異. 緑化工学会誌 38(1): 115-120.

小山内朝香、亀山章、佐伯いく代. 2010. 水位と競争種の有無がタコノアシの成長・繁殖に与える影響:生育地復元の基礎情報として.湿地研究 1: 33-42.

<総説:英文>
Saeki, I. 2011. Acer pycnanthum. Curtis's Botanical Magazine 28: 141-153. (Review; invited article)

Okada, I. 1998. Restoration and management of coppices in Japan. Ecological Restoration North America17(1&2):31-38. (Review).


<総説:和文>
佐伯いく代、横川昌史、指村奈穂子・芦澤和也・大谷雅人・河野円樹・明石浩司・古本良.絶滅危惧生態系:種を超えた保全のアプローチ.保全生態学研究 18: 187-201.

佐伯いく代. 2006. ハナノキの自然史:レビュー.伊那谷自然史論集 7: 83-92.

<国際学会での発表>
Saeki, I., A. Kitazawa, A. Abe, K. Minemoto, and F. Koike. 2013. Phylogeography of a rare orchid, Vexillabium yakushimense: Comparison of populations in central Honshu and the Nansei islands, Japan. Asia Pacific Orchid Conference. (Oral) Okinawa, Japan.

Saeki, I., F. Koike, and N. Murakami. 2011
. Identification of hotspots of genetic diversity: Overlaying multiple phylogeographic information of endangered wetland plants in central Honshu, Island, Japan. International Congress for Conservation Biology (Oral) Auckland, New Zealand.

Saeki, I. 2009. Application of landscape ecosystem approach for conservation of the endangered Japanese red maple and the ecosystems that support it. First ASIAHORCs Joint Symposium
(Postor) Nagoya, Japan.

Saeki, I., N. Murakami, and B. V. Barnes. 2008. Comparative phylogeography of American and Japanese red maples based on chloroplast and nuclear ribosomal DNA . 93th annual meeting of the Ecological Society of America. (Postor) Milwaukee, Wisconsin, USA.

Saeki, I. 2006. Effects of tree cutting and mowing on plant species composition and diversity of the rare maple-dominated wetlands. International conference on ecological restoration in East Asia. (Oral) Osaka, Japan

Saeki, I. 2006. Plant species composition and diversity of the wetland ecosystems dominated by the endangered Japanese red maple. International symposium on wetland restoration 2006. (Poster) Otsu, Shiga, Japan.

Saeki, I., and B.V. Barnes. 2004. Occurrence and landscape ecology of a rare disjunct maple species, Acer pycnanthum. IUFRO International Workshop, Landscape Ecology 2004, Conservation and Management of Fragmented Forest Landscapes. (Oral) Tsukuba, Ibarak, Japan

Saeki, I, and B.V. Barnes. 2004. Occurrence and landscape ecology of a rare disjunct maple species: Acer pycnanthum. 89th annual meeting of the Ecological Society of America. (Oral) Portland, Oregon, USA


<書籍・報告等>
佐伯いく代. 2017. 木登りカタツムリ「サッポロマイマイ」はなぜ木に登るのか?Academist Journal https://academist-cf.com/journal/?p=4606

佐伯いく代. 2012. 生物多様性とエコシステム・マネジメント -生態系を基軸とした保全と管理. 森章編.『エコシステム・マネジメント ~包括的な生態系の保全と管理へ~』 共立出版.

佐伯いく代.2012. トピックス 遺伝子に刻まれた地域の歴史.小池文人・松田裕之・茂岡忠義・金子信博編.『生態系の暮らし方』東海大学出版会.

佐伯いく代. 2011. 希少樹種ハナノキを対象とした保全単位の設定.林木の育種 238: 3-8.

佐伯いく代. 2011. 遺伝的多様性を守るための管理単位の設定. 生きもの技術ノート69. ランドスケープ研究 274: 355-336.

佐伯いく代. 2008. 絶滅危惧植物ハナノキは生物多様性のホットスポットの指標種か? 環境科学総合研究所年報 26: 35-44.

佐伯いく代・北沢あさ子. 2007. 長野県下伊那地方における絶滅危惧植物ハナノキの生育状況. 伊那谷自然史論集 8: 41-46.

佐伯いく代. 2006. ランドスケープエコシステムアプローチを用いた絶滅危惧植物ハナノキとその生育地の保全手法の考察. 日本緑化工学会誌 32(2): 365-366.

佐伯いく代. 2006. 下伊那におけるハナノキ分布の謎を探る. HEUREKA! INADANI 2: 3.

佐伯いく代. 2006. 希少植物とどう向き合うか. 伊那谷の自然 125: 4-5.

岡田いく代・亀山章. 2000. 街路空間のデザインと街路樹. 『街路樹の緑化工』 (ソフトサイエンス社発行) 8-23.

岡田いく代. 1999. 米国北央部での森林資源と保全生態学研究の現状. 北方林業 51: 133-137.

岡田いく代. 1998. アメリカにおける草地生態系の保全活動. 『草地植生管理に関する調査研究』 (自然環境保全整備フォーラム発行) 146-152.


教育歴: 
 2014-    筑波大学大学院 「生物多様性論」 ほか
 2008-2012 東京農工大学非常勤講師 「自然修復技術論」
 2010-2012 横浜国立大学大学院環境情報研究院.
        「生態学研究技法道場」 講師 (分担).

保護活動: 
 1998-現在 はなのき友の会会員

社会活動:
 2015~ 東京都自然環境保全審議会委員
 2011~ 希少生物懇話会
 2008. 飯田市美術博物館企画展示「ハナノキ湿地の自然史」 準備スタッフ
 2009. Global Red List of Maples (世界のカエデのレッドリスト)編集協力


ひとこと

世界遺産専攻の学生さんと
白神山地の勉強会をすることになりました。
詳細はこちらです。(2015年4月)
白神クラブ

***************

筑波大学に新設される自然保護寄附講座に異動します。
苫小牧研究林在勤中は大変多くの方々にお世話になりました。
自然豊かな美しいフィールドで、たくさんの貴重な経験をさせていただきました。
こころより感謝申し上げます。
北海道でのフィールド調査は引き続きすすめてまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(2014年3月)

***************

北海道大学苫小牧研究林に勤務することになりました。
明るく気さくな方たちに囲まれて毎日がとても楽しいです。
研究室では生態学分野の学生さんを随時募集しています。
興味をもたれた方は、ぜひお気軽にご連絡ください。(2013年4月)
研究室のホームページ
苫小牧研究林のホームページ

***************

先日、学内で急に体調が悪くなり、そのまま病院で手術となりました。
お休みをいただいていた間、多くの方にご迷惑をおかけしてしまいました。
それにもかかわらず、あたたかく迎えてくださったことに、
感謝の気持ちでいっぱいです。
術後の経過は順調で、以前と全く変わらぬ毎日を送っています。
自分の健康にあまりに無頓着であったことを反省・・・・。
これからもどうぞよろしくお願いいたします(2012年4月)

***************

研究を本格的にはじめてからもう10年ぐらいになります。
何度も行った調査地でも、毎回、違う顔をみせてくれておもしろいです。
研究や保全活動を通じて多くの方と出会い、
豊かな時間を過ごすことができました。
心より感謝します。
今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます(2010年)。 

***************

Ikuyo SAEKI Profile in English


知人の猫です。