トップページ 設立主旨 事業内容 これまでの歩み ペイ・エクィティと
均等待遇運動
リンク  

   2009年の講座案内   

最新のスケジュールのページへ戻る
2008年の講座案内

 非正規労働と貧困の問題が注目されていますが,その根本には女性の労働問題があります。 均等待遇運動の最前線に立って活動してこられ,現在ペイ・エクイティ推進活動を中心になって担っておられる屋嘉比ふみ子さん(ペイ・エクイティ・コンサルティング・オフィス代表)と,韓国の女性労働問題の研究者である梁京姫さん(大阪市立大学大学院経済格差研究センター研究員)をお招きして,日本と韓国の女性労働の現状と課題をお話いただき,相互に影響もあり,運動面での交流もさかんな両国の比較検討や連携の模索も含めてみなさまと意見交換を行いたいと考えています。

 

日   時  2009年 10月21日(水) 19時〜21時

会   場  ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)中会議室1

報 告 者  屋嘉比ふみ子(ペイ・エクイティ・コンサルティング・オフィス)代表
       梁京姫さん(大阪市立大学大学院経済学研究科経済格差研究センター研究員
             立命館大学経営学部非常勤講師)

コーディネーター
       伊田久美子さん 田間泰子さん(大阪府立大学女性学研究センター)

参 加 費  無料

連 絡 先  大阪府立大学女性学研究センター tel:072-254-9948 fax:072-254-9947

*資料準備の都合上,参加希望者はできるだけ事前にご連絡くださいますようお願いいたします。

 

ページの先頭へ戻る

「同じ仕事をしているのに、どうして私の給料は男より安いの?」 
「女と男の賃金に格差があるのは当たり前?」
「非正規労働者だから社員より安くて当たり前?」

  なぜ 女の賃金はいつまでたっても安いの?!
  納得がいかない方、ぜひご参加ください。

あなたの仕事の価値を、あなた自身で、客観的に分析・評価してみるチャンスです。
女の低賃金に隠されているものを、一緒に探ってみましょう。
格差をなくす道筋を、一緒につくっていきましょう。
多くの方々の参加を、お待ちしています!! 

 

日    時  2009年 9月19日(土) 13:30〜16:30

会    場  とよなか男女共同参画推進センター「すてっぷ」5F 視聴覚室
        阪急「豊中駅」すぐ西・エトレ豊中ビル5F
        TEL(06)6844−9773

講    師  屋嘉比 ふみ子(P E C O 代表)

参 加  費  300円

保    育  要予約 子ども(1歳〜小学3年生)一人につき210円

        9月12日までに、すてっぷ TEL・FAX・窓口にて
         1.講座名
         2.住所
         3.名前
         4.TEL番号
         5.FAX番号
         6.子どもの名前(ふりがな)と年齢(○歳○ヵ月) を
        お知らせください。
         TEL 06-6844-9773
         FAX 06-6844-9706

主    催  男女共同参画社会をつくる豊中連絡会

 

ページの先頭へ戻る

やかびさんのペイ・エクイティ☆ワークショップ

 女性がワーキングプアから抜け出すためには、ベーシック・インカム(最低所得保障)の考え方を学び、ペイ・エクイティ(同一価値労働同一賃金)を切り口とすることが必要ではないかと考え、今年3月に、パネルディスカッション「女の貧乏 なんでやねん!〜ペイ・エクイティとベーシック・インカムの観点から〜」を開催しました。

 今回は、その第二弾として、Part1パネリストでもあった屋嘉比ふみ子さんから、Part1の振り返りと問題提起をしていただき、みなさんと共に希望や疑問点を出しあいながら、ワイワイ、ガヤガヤ、実現可能な道筋をさぐりたいと思います。みなさんのご参加をお待ちしています。

 

日    時  2009年 8月29日(土) 13:30〜16:30
         (終了後懇談会予定)

会    場  クレオ大阪西 研修室(2階)

ナビゲーター  屋嘉比 ふみ子(P E C O 代表)

参 加  費  会員500円 非会員1,000円

保    育  要予約 お子様ひとりにつき500円

        8月22日までに、
         1.保護者のお名前
         2.お子さまの年齢
         3.ご連絡先  を下記問合せ先までお知らせください。

問 合  せ  働く女性の人権センターいこ☆る
         FAX:06-6949-1562 TEL:06-6949-1561
        E-mail:icoru@nifty.com

ページの先頭へ戻る

やかびさんのペイ・エクイティ☆ワークショップ

8月12日・19日(全2回)

 

“正社員と同じ、もしかしたらそれ以上に働いているのに、
どうして私の給料はこんなに安いの?
非正規だから?女だから?”

 

“会社に賃上げを交渉したら、「責任ある仕事をしてない」といわれた。納得いかない!”

 


・・・こんな風に感じたことはありませんか?

 

不当な賃金差別は法律で禁じられているものの、現実には、性別や雇用形態によって大きな待遇格差があります。多くの会社では、これを「職務の違い」による合理的な格差だと説明していますが、実際には、恣意的な評価がなされていることが多いのです。
ペイ・エクイティ☆ワークショップでは、あなたのお仕事の価値を、あなた自身が楽しく簡単に、そして客観的に評価・分析します!低く評価されがちな「女のしごと」、事務職、サービス業やケア労働を、はたらくひとたち自身で再評価して、非正規労働者に対する差別や、男女間の賃金格差をなくしていきましょう。男性にも女性にも、正社員にも非正規の人にも、役立ち、元気になれるワークショップです。

 

日 時  8月12日・19日(全2回)いずれも水曜日 19:00〜20:45 
場 所  渋谷区女性センターアイリス7階
定 員  20人
参加費 (2回通し料金) 2500円(アジア女性資料センター会員:2000円)

お申し込み・お問い合わせ アジア女性資料センターまで
    Tel. 03-3780-5245
    E-mail: ajwrc@ajwrc.org

ページの先頭へ戻る

〜人がただ生きることを認める社会 誰もが当たり前に暮らせる社会を求めて〜

 


現在の生活保護や児童扶養手当に変わる新しい制度をみんなでいっしょに考えましょう

 

と き 5月10日(日曜日)
    午後1時00分〜4時40分

ところ ドーンセンター 大会議室

お 話 屋嘉比ふみ子(P E C O 代表)

参加費 会員500円  非会員1000円

保 育 前日までにお申しこみください。
    子ども一人につき200円いただきます。
    会員無料
 

主催 NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西
   〒556-0004大阪市浪速区日本橋西1-4-11 カタオビル4F
   TEL/FAX 06−6634−7336 
   メールアドレス: smfkansai@orange.zero.jp

ページの先頭へ戻る

 貧困問題が、社会問題として認識されるようになった今現在も、女性の貧困はなかったことにされている。

 派遣労働者の多くは女性である。昨年末より始まった怒濤のような派遣切りの嵐にあった女性は少なくない。しかし、マスコミが取材を集中させたのは、ホームレスとなった男性の派遣労働者。女性のホームレスは少ない。女性が路上生活を選択するのは並大抵なことではないからだ。多くは、暴力を振るった夫の元に帰るか、折り合いの悪い親元に帰るか。人によっては風俗店などに住み込みで働くという選択をする。路上にいないから、女性は派遣切りの被害にあっていても見えない。

 賃金もそうだ。女性の賃金は男性の半分程度しかない。女性の労働は補助労働だから低賃金でも仕方がないといわれ、気遣い、気働きをいくらしていても、それは労働とは認められず賃金換算されてこなかった。専門職といわれている介護や看護や保育の賃金も、不当に低い。それは、ケアワークがこれまで女性が担わされてきた家事労働の延長線にあり、「支払う必要のない無償労働」とされてきたからである。女性の賃金がいくら低くても、夫がいれば、父親の元にいれば、それは見えず、その理不尽さはなかったことにされてきた。

 しかし、いざシングルマザーになったときに、女性の貧困は顕在化する。世界一働き、世界一貧困なシングルマザーの国、日本。シングルマザーは、今も昔も、真っ先に首を切られてきた。そして、働き口を見つけられるのは一番最後。もちろん今も、多くのシングルマザーが派遣切りにあっているはず。しかし、表だって出てこない。それは、あまりにも、あまりにも当たり前すぎるから。当事者自身、「また首切られた」と「いつものように」がっくりきていて、なかなか次の就職口が見つからなくても、「いつものように」困っているのである。理不尽だといっても、離婚したあんたが悪いと、結局その理不尽さはなかったことにされていた。

見えないのは、見ようとしないから。

 女性の貧困をしっかり見つめよう。そして、女性の労働について考えよう。女性の低賃金を解消する、同一価値労働同一賃金(ペイ・エクイティ)について考えよう。それは、男性も含めたすべての人の労働について考えることだから。

 

日時 4月11日(土)2時から4時

場所 ふるさとの家

講師 屋嘉比ふみ子 PECO代表

★託児・筆談の必要な方は事前にご相談ください。
 safetynet_osaka@yohoo.co.jp

★ふるさとの家への行き方

JR大阪環状線新今宮駅東改札を出て右折→交差点を南(作業着量販店側)に渡って右折→東向きに歩いて線路を横切る→ローソンの前の道(銀座通り)を左折→右手に西成警察を見ながら南下→左手に消防署→そのすぐ南の建物  

当日連絡先:090−8795−9499
      (野宿者ネットワーク

主催 生活保護切り下げに反対する実行委員会


 

ページの先頭へ戻る

  トップページ 設立主旨 事業内容 これまでの歩み ペイ・エクィティと
均等待遇運動
リンク