ななかまど

小規模多機能ホーム「ななかまど」とは

 住みなれた街で最期までその人らしく、たとえ認知症になっても、尊厳をもって暮らしていただきたい。そんな願いを形にした「ななかまど」は、通う・泊まる・住まうという機能を合わせもったホームです。
 落ち着いた環境の中で、なじみの職員とともに、みなさんがもっておられる心身の力を最大限発揮し、安心で心地よい日々を送っていただきたいと思っています。「ななかまど」はそんな生活のお手伝いをするところです。

名前の由来

 秋になると葉も実も美しく鮮やかに紅葉し、しかもななたび竈にくべても燃え尽きないという名前の由来にふさわしい強さをもつ。人生の秋を、美しく輝いて充実させて欲しいという願いを込めて「ななかまど」と命名しました。

新着情報

小さな画像をクリックすると詳細が見られます

2018年、新年のご挨拶

ななかまど2月号

「ななかまど通信」2018年2月号を発行

お正月を迎えて

新年の宴と初詣

どんど焼きに参加

希望を叶え隊!

手作り市を開きました

公園体操しています

運営推進会議を開催しました

2018年、新年のご挨拶

写真:新年の花

あけましておめでとうございます。
昨年も楽しいひと時、出会いや別れなどありましたが、皆様のご理解とご協力の下、無事に終わることができました。
さて、今年は戌年です。
申年、酉年、そして今年は戌年と鬼退治に向けて仲間が揃います。
かなり気が早いですが、来年は亥年で突き進む為の準備期間とも言えるでしょう。
戌年には勤勉な努力家という意味もありますので、知識を蓄えるにも最適と言われています。
しかも今年は、介護保険制度の改正の年でもあります。様々なものが変わる年でもあるので、混乱することなく今まで同様のサービスが提供できるようにしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
犬猿の中を酉もってくれた昨年の酉年に感謝し戌年を乗り越えましょう。  管理者 田村 政喜

「かながわベスト介護セレクト20」受賞

 去る11月5日(日)、横浜駅隣接の新都心ホールにて神奈川県県知事より、小規模多機能ホームななかまどは「優良介護サービス事業所かながわベスト介護セレクト20」という表彰を受けてきました。
今まで、コツコツとスタッフ一丸となってとりくんできた事が認めて頂けた瞬間でありまして、改めて当事業所を温かく見守ってもらった全ての皆様に感謝申し上げます。

思えば、当事業所は開設10年ということで歴史でいえば、まだまだ浅いものです。しかしながらここまでの道のりは決して平坦な物ではなかったようにも思えます。 ご利用者様の喜ぶ笑顔を共有するにも1日では成り立たず、寄り添い、関わりの中から得られた失敗の中からの学び、小さな成功の積み重ねを繰り返しながら、決して1人で抱え込まず、 皆で悩み実践してきた結果と受け止め、同時に一同、更なる意欲へと繋がっていけると考えている次第です。
今後も、この様な賞にあまんじることなく、ご利用者の「思い」を形に邁進して参ります。
宜しくご指導の程、お願い申し上げます。  小規模多機能ホーム 管理者 小尾 浩一