未来派鯉釣りサイト
未来派鯉釣りサイト Light Blue
鯉釣り 鯉釣りブログ 当サイト・管理人について SNS・鯉釣り掲示板・メール 鯉釣り関連リンク

鯉釣りへの招待
当サイトでは鯉釣りを紹介していますが、なぜ鯉釣りなのか?改めてその魅力をご紹介します。
トップページ > 鯉釣りへの招待
鯉釣りの魅力はたくさんある

 当サイトでは鯉釣りを紹介していますが、なぜ鯉釣りなのか?鯉釣り以外にも釣りはたくさんありますし、(食べられないこともありませんが)釣った後の楽しみがある釣りもあります。それでも当サイトは鯉釣りをお勧めします。当サイトをご覧いただいているということは鯉釣り自体には興味を持っていただいているのかなと思いますが、改めてその魅力をご紹介します。

【 魅力その@:あなたの近くにモンスター 】
 鯉はとても身近な魚です。きっとあなたのすぐ近くの河川や池にいることでしょう。しかし、その魚が80cmを超えるような巨体であることはご存知でしたか?90cmやメーターとなると多少場所を選びますが、80cm台なら小さな池や小河川でも泳いでいます。つまり、わざわざ遠出をしなくても大きな魚に出会えるのです。そんなサイズ感もあり、掛かったときの引きは強烈です。この引きに魅了される人も多くいます。鯉釣りは手軽でありつつも、あなたの近所で非日常の野生を強烈に味わうことができます。

【 魅力そのA:釣るまでの考え方が面白い 】
 釣り方にもよりますが、鯉釣りは罠(釣り針)を仕掛けて待つ釣りです。簡単に移動もできなければ、あっちこっちと次々に仕掛けの投入点を変更することもできません。よって、その釣り場において釣れる理由を探し出し、それを元に釣りを組み立てていかなければ全く釣れません。直観も大事ですが、雑な釣り方は通用しない非常に論理的な釣りです。だからこそ、自分の予想通りに釣れたときはこの上なく快感が伴うのです。

【 魅力そのB:釣りを通して自然を味わうアウトドア 】
 鯉釣りは鯉を釣る楽しさもありますが、自然に身を置く時間も提供してくれます。鯉の警戒心が解けるまで、または鯉の回遊があるまで、など理由は様々ですが、鯉釣りには多かれ少なかれ待ち時間があります。この待ち時間の楽しみ方がまた千差万別で面白いのです。例えば、私は心地の良い場所を見つけて読書やラジオを聴きます。また、外で食べるご飯はなぜか美味しいですが、中にはバーベキューをされる方もいるようです。他にもパソコンを持ち込んで作業をする、サクラやススキなど季節のものを見つけては写真を撮る、鯉釣りの餌をそのまま使って小物釣りを楽しむ、など待ち時間の楽しみ方はたくさんあります。鯉釣りはきっとあなたの心をリフレッシュしてくれるはずです。


 このような魅力から、鯉釣りはあなたの日々の良いスパイスになると私は確信しています。そして、そのフィールドはすぐ近くにあるのです。釣り竿を持って出掛けてみませんか?
70cm台の鯉 大体の釣り場でのアベレージサイズは60〜70cm台。しかし、アベレージサイズと言えど、結構引きます。その引きに魅了されているカープアングラーも多いです。
多摩川での鯉釣り風景 都会の喧騒がすぐそこにあるはずなのに、河川敷にいるだけで別世界にいるような気持ちになります。鯉釣りではそういった非日常感も味わうことができます。
鯉を釣ろう!その釣り方をご紹介

 鯉の釣り方にはいくつか方法がありますが、下記に代表的なものを挙げさせていただきました。鯉釣り初心者に特にお勧めなのが、鯉の浮かせ釣り、通称「パンプカ」。鯉の動きがわかる釣り方なので、まずは1尾釣って鯉釣りの感触を掴むのには最短だと思います。しかし、最もメジャーな釣り方はぶっこみ釣りです。海外でももっぱらこの釣り方です。パンプカの後にも先にも最終的にはこの釣り方に落ち着くことになります。どの釣りからチャレンジしても構いませんが、多かれ少なかれ釣りの経験がある方はぶっこみ釣りから、釣り自体が全くの初心者の方はパンプカから入門されることをお勧めします。
鯉のぶっこみ釣り(投げ釣り)
仕掛けを投げて掛かるまで待つ、つまり海釣りで言うところの投げ釣りに相当します。最も主流である釣り方です。主流である理由は、仕掛けに多彩な工夫がされており、吸引摂餌という鯉の食性と上手くマッチングしているからです。そのため、仕掛けや道具に違いはありますが、海外でもこのぶっこみ釣りのスタイルが一般的です(海外の鯉釣りスタイルを指す場合は主に「カープフィッシング」と呼ばれます。英語で「鯉釣り」という意味。)。
パンの浮かせ釣り(パンプカ) ウキ釣り
浮かせ釣りは主に都市河川などで浮いた餌を食べる鯉の習性を利用した別名パンプカ、パックン釣りなどと呼ばれる釣り方です。パンを餌とすることがほとんどで、水面で鯉が餌を食べる瞬間が見られます。ぶっこみ釣りとは異なり、ポイントを釣り歩く非常にアクティブな釣り方です。また、仕掛けもシンプルで、餌もコンビニでパンを買ってくるだけなので手軽に始めることができます。数釣りメインの釣り方にはなりますが、少しコツを掴めば1日10匹以上という釣果も珍しくありません。 主に釣堀で用いられる釣り方ですが、野釣りでも十分に通用します。自然では釣り堀のように整備されていないので、釣り場になる場所は限られてしまいますが、ウキ釣り経験のある方はここから入門するのもありだと思います。実際、私は釣り堀のウキ釣りで鯉釣りを知り、そのまま野釣りでもウキ釣りをしていました。
ページ上部へ戻る
鯉釣り関連
 鯉釣りへの招待
 鯉のぶっこみ釣り
 パンの浮かせ釣り
 鯉のウキ釣り

サイト、管理人について
 当サイトについて
 管理人のブログ
 管理人の釣行記など
SNS、メール等
 鯉釣り掲示板
 Facebook
 メール

鯉釣りサイトのリンク集
 リンク集

その他
 サイトマップ
Copyright (C) 2019 Futurism Carpfishing Light Blue. All Rights Reserved.