未来派鯉釣りサイト
未来派鯉釣りサイト Light Blue
鯉釣り 鯉釣りブログ 当サイト・管理人について SNS・鯉釣り掲示板・メール 鯉釣り関連リンク

パンの浮かせ釣り

「鯉の浮かせ釣り」は鯉釣りの中ではかなり特殊で、主に都市河川で浮いたパンを鯉に食わせるトップウォーターゲームです。
トップページ > パンの浮かせ釣り
都会の中で鯉釣りを楽しむ、至高のトップウォーターゲーム

 鯉釣りには様々な釣り方がありますが、ここでは「鯉の浮かせ釣り」をご紹介したいと思います。「鯉釣り」と聞いて投げて待つ地味なイメージを想像する方は多いですが、この釣り方は鯉釣りの中ではかなり特殊で、主に都市河川で浮いたパンを鯉に食わせるトップウォーターゲームです。
 最初に、なぜ都市河川において浮いたパンを使った鯉釣りが可能なのでしょうか。の口の向きが下になっていることからもわかるように、鯉は本来、底の餌を食べる生き物です。しかし、鯉は浮く餌も食べることがあります。例えば、ダムや池の端っこに浮いている溜まったゴミを漁る、落ちた虫を食べる、などといった具合です。この浮く餌を食べる習性は、都市化が進んだ河川などではより強くなります。なぜなら鯉は人間が出したゴミや残飯が上流から流れてくることを学習しているからです。そのため、この釣りで使用する餌のパンも何ら躊躇いもなく食べます。この状況を利用して釣るのが、パンの浮かせ釣りなのです。また、浮いたパンを流れに乗せて鯉の近くまで送り込むことができるので、積極的なアプローチが可能です。つまり、パンという餌を使ってはいますが、フライフィッシングやルアーフィッシングに近い釣り方です。
 このようなことから、都市河川におけるパンの浮かせ釣りは最強と言っても過言ではありません。また、水面でパンを鯉に食わせるので、バイトする瞬間を見ることができ、スリル満点です。揃える釣り道具も少なく、餌もコンビニでパンを買ってくるだけなので、初心者の方はぜひともチャレンジしてみてください(ここではパンの浮かせ釣りと紹介していますが、パンプカ釣りパックン釣りなど様々な呼び方があります。)。
浮かせ釣り(パンプカ)向けの釣り場 パンを食べようとしている鯉
水面を意識している鯉 都市河川の鯉は水面に餌がないか表層を探し泳いでいることがあります。このような釣り場が発見できれば、もう釣れたようなものです。
パンを捕食する鯉 パンを撒くと反応し出した鯉。あとはこの流れのコースに上手くパンを乗せられれば、釣れたも同然です。
パン(人工の餌)に慣れた鯉を探す

パンでフィーディング中
パンを流して様子を見ているところ まずは鯉がパンに反応するか観察。
 都市河川など人間の生活に近い場所がパンの浮かせ釣りのポイントになります。理由は上記で述べたように残飯などの人工の餌が上流から流れてくることを鯉が学習していなくてはならないためです。都市の中を流れ、生活排水が入り込むような河川をGooglemap等で探しましょう。イメージとしては、東京方面では多摩川や鶴見川が挙げられます。候補となる都市河川が見つかったら、その河川の川幅が狭い上流部や支流、水路等が浮かせ釣りのポイントになります(詳しくは浮かせ釣りの釣り場)。
 都市河川以外でも浮かせ釣りで鯉は釣れます。しかし、パンを認識させるまで時間が掛かるので避けましょう。
 ポイントの候補が挙がったら、実際にポイントへ行き、鯉を探します(ポイント候補時には釣り禁止かどうか、駐車場はあるか、足場は良いか、なども可能な限り確認し、選定。)。そして、鯉を目視で見つけたら、1cm×1cmくらいにカットしたパンを5mほど上流から流します(軽すぎてパンが届かなければ、大きく千切って撒くのもあり。)。最初は5個くらい、その後は定期的に3個くらいパンを流れに乗せて鯉のそばを通過させてみましょう。そして、その流したパンを鯉が食べたなら、十分にポイントとなり得ます。
道具の準備

【 竿 】

 パンの浮かせ釣りで使う竿は、2.7m(=9ft)くらいのシーバスロッドがベストです。浮かせ釣りでは、オモリを付けずパンのみをキャストします。パンは軽いため、これより短いバスロッドくらいの長さだとパンを投げたときの飛距離が出ません。もちろん、鯉の引きにも耐える強度が必要です。反対に4mくらいの磯竿などの場合、パンは遠投しやすくなりますが、都市河川ではそう釣り場は広くなく、長すぎて取り回しに何かと不便です。

【 リール 】
 餌は浮くパン、すなわち軽いですのでスピニングリールを使用します。糸の操作がしやすい小型のもの(2000〜3000番台)が扱いやすく、腕が疲れにくいです。ドラグ機能は必須。しかし、それさえ付いていれば、特に高価なリールである必要はありません。


【 糸 】
  パンを流れに乗せて釣りますので、細い糸を使用します。糸が細ければ細いほどパンが流れに馴染むので鯉が警戒せずに食ってきますが、相手は大型魚ですから最低限の強度も必要です。よって、糸は太くてもナイロン3号(12ポンド)程度までで、余裕が出てきましたら2号(8ポンド)まで細くしましょう。糸の種類は、ナイロンを選びましょう。パンを浮かべるため水より比重のあるフロロは不適で、また鯉の浮かせ釣りではわざわざ高価なPEラインを使うメリットもありません。

【 タモ網 】
 タモ網は鯉を陸に上げるために必要になります。パンプカは移動する釣りなので45〜55cm枠の折りたたみができるタモ網がお勧めです。ただし、鯉自体かなり重量がありますので、できるだけしっかりしたものを購入しましょう。また、釣り道具の中にはボガグリップという口を掴む器具もありますが、鯉へは絶対に使用しないでください。口がシーバスのように硬くないこと、体高が高く体が重いことなどの理由で鯉の場合ボガグリップで掴み、持ち上げる行為は口への負担が大きすぎるため、鯉に深刻なダメージを与える可能性が高いです。

【 メガネ、コンタクトレンズ(あれば偏光グラス) 】
 目にあまり自信がない方は必須です。浮かせ釣りでは、鯉がパンを食べたか目視で判断することになりますので、見えなければアタリが取れません(汚れますのでメガネ拭きも必要かも?)。また、偏光グラスをお持ちの方はぜひ使用しましょう。サイトフィッシングになるパンプカでは圧倒的に有利です。
浮かせ釣りで使用しているリール 鯉釣りで使用しているタモ網
小型スピニングリール リールは2000番前後を使用します。広大なフィールドを攻めることがないので糸を多く巻くことができる大きさも必要ありません。
タモ網 移動の釣りになるので折りたたみができるタモ網がお勧めです。しかし、小場所メインとはいえ80cm以上の鯉も釣れます。しっかりしたタモ網と正しい使い方を。
浮かせ釣りの仕掛け

浮かせ釣り(パンプカ)で使用している釣り針
パンプカで使用している鈎 私のお勧めは「がまかつ ワーム329 ハンガーHD SIZE4」。本当はバス釣り用でワームに使用しますが、軽さと強度が持ち味のこの針は鯉の浮かせ釣りでも活躍します。釣具店で見かけた際にはぜひ!
【 針 】
 浮かせ釣りの仕掛けは針だけになります。つまり、仕掛けの準備は糸を針に直結するだけです。餌であるパンを浮かせるため、オモリなどは必要ありません。
 また、パンを浮かせるために針は極力軽く、かつホールドできるフトコロが広いものが適しています。よって、通常の針よりも大きいながらも細めのがお勧めです。大きさは伊勢尼10〜12号あたりが標準です。形は特に問いませんが、流線など特殊な形はパンが付けにくいので避けてください。

【 補足 】
  基本的には仕掛けは針だけですが、針の1mほど上に小さ目の玉ウキを付けると便利なときがあります。鯉が浮いた餌を食べたことを目視で必ず確認できるとは限りません。特に、水面に来て飛沫を上げながら反転されると「あれ、今食べたか?」と餌を見失ってしまうことがしばしばあります。そのような時に玉ウキを目印にアタリを判断するのです。また、玉ウキの重さで多少飛距離も伸びますので、初心者の方は試してみても良いかもしれません。
パンプカの仕掛け
浮かせ釣りの餌はパン一択

 餌にはパンがベストです。コンビニやスーパーなどで簡単に手に入り、またパンは白いので鯉が見つけやすいのです。パンはフランスパンなどのようなパサパサしたものではなく、しっとりした食パンが向いています。理由は、パサパサしたパンだと水を吸うとすぐに針から外れてしまうからです。これでは、鯉のいる場所まで餌を流すことができませんし、投げることも難しいです。反対に、食パンだともっちりしているため針に最後まで残るというわけです。
 また、食パンの中でも餌持ちが良いもの悪いものがありますが、とりあえず普通の食パンなら問題なく釣りができます。釣りに慣れてきたら、浮かせ釣りにベストなパンを探してみるのも良いかもしれません(鯉もグルメなのか、超熟を使っている方が多いです。私のお勧めはファミリーマートの食パン。)。
 パン以外でも浮くものであれば十分餌となり得ますので、パンでなければいけないというわけではありません(例えば、お麩。)。しかしながら、手に入りやすいさや価格などで結局はパンに落ち着くことになると思います。
釣り場に着いたら、まずは鯉の状態を見る

 道具を揃えて調べた釣り場に着いたら、いよいよ釣り開始!といきたいところですが、竿を出す前に少しパンを撒いて鯉の状態を見ましょう。パンの白い部分は針に付ける餌として使いやすいので、パンのミミだけハサミで1cmくらいにカットして撒きます。まずは5個くらい撒いてみてください。パンのミミを撒くことで、まずは鯉の注意を水面に向けさせます(浮いた餌が流れてきていると認識させる)。パンのミミを撒いて鯉の状態はどうでしょうか?もし、鯉がパクパクとパンを食べ始めたなら今はその場所で釣れる可能性大です。しかし、パンミミを食べに来ない場合は、濁りがキツすぎる、警戒している、時間帯が悪い、などいくつかの問題点が挙げられます。上記の問題を解消するか、解消できない場合は場所を移動することをお勧めします。
針に餌を付ける

 準備が整いましたら針にパンを付けます。決まった「付け方」というものはないのでご自由に針に付けてもらって構いませんが、フッキングしたときにパンが針から外れること、パンの浮力がなくならないよう強くは握らないことの2点に注意してください。ちなみに、例として下記で紹介するパンの付け方は少々大きめです。理由としてはパンが軽いと投げにくく、そしてパンが小さいと針から外れやすいためです。つまり、強引に投げようと竿を振ればパンが針から外れ、反対にゆっくり振れば軽いためにパンは全く飛びません。ある程度しなやかなキャスティングが要求されるのです。そこで初心者の方はまずこれくらいのボリュームで挑戦し、釣りに慣れて軽いパンでも投げられるようになったら少し小さめにカットしましょう。また、投げる直前にチョンと水につけると少し重たくなり投げやすくなります。
【 @ 】
まずはパンを一口小くらいの大きさに契って
餌(パン)の付け方@
【 A 】
半分に折り曲げて、折り曲げた場所に針を刺す(折り曲げる場所以外はできるだけ潰さないように。)。
餌(パン)の付け方A
【 B 】
そして、針を包むようにもう一度半分に折り曲げて(折り曲げる場所以外はパンを潰さない。)
餌(パン)の付け方B
【 C 】
針がある場所のパンを軽く潰す(針がある場所以外はパンを潰さない。)。
餌(パン)の付け方C
【 D 】
完成!針のある部分は潰して餌持ちを良くして、潰していない部分が浮く役割を果たすのです。しかしながら、あまりガチガチに潰さないでください(餌が固すぎて針が刺さらない「すっぽ抜け」が起こります。軽くつまむ程度でキュッと針に付けましょう。)。
餌(パン)の付け方D
鯉を釣る

鯉とやり取り中
鯉と引き合い中 最初は鯉の引きに驚くかもしれませんが、糸がリールから出て行ってしまうことに怖がらないでください。テンションを掛けつつ、走るだけ走らせましょう。すぐに泳ぎ疲れて私たちが有利になります。
 道具を準備し、針にパンを付けたら後は鯉を釣るだけです。
 先程、撒き餌としてパンを撒いておきましたので、鯉がパンを食べる位置は大体把握できていると思います。そこから約10〜20m上流にパンを投げてください(詳しくは浮かせ釣り投入点)。また、鯉がパンを食べた場所までパンを運んでくれる流れに乗せるようにしましょう。パンをキャストし着水したら、リールはフリー(糸が出る状態)にして流していきます。この時、糸を張ってパンを不自然に動かさず、鯉に糸が付いていないように思わせてくださいね。しかし、だからといって余分に糸を出しすぎるといざ鯉がパンを食ったときにフッキングが間に合わず失敗しますので、イメージとしては糸を弛ませすぎることなくパンを流すと言った感じでしょうか。
 しばらく流すと鯉がパンを食べに来るのが確認できるかもしれません。ゆっくりと近寄り、パンを吸い込もうとします。フッキングに関してはそれほど神経質にならなくても構いません。鯉がパンを吸い込んだことを確認したらリールの糸の出を止め、フッキングしてください(詳しくは浮かせ釣りの合わせ浮かせ釣りのアタリの見方)。
浮かせ釣り(パンプカ)での釣果
パンプカでの釣果 幅5mほどの水路でもこんな鯉が釣れます。もちろん、広大なフィールドのほうが大物が釣れますが、小場所でも可能性はゼロではありません。偏光グラスがあればある程度釣る個体も選べてしまうのです。
 もし、フッキングが失敗して空振りしてしまっても再度パンを流してみてください。もう一度アタックしてくる可能性があります。
 鯉が掛かった方はリールのドラグを調節し、寄せに入ります。とは言っても鯉の引きは強いのですぐには寄せられないと思います。しばらくは糸を渋るように出し、鯉を走らせ疲れさせましょう。人と同じく魚も走り続けることはできません。鯉に勢いがなくなってきたら糸を巻いていきます。近寄ってきたら手前でもう少し遊ばせ、タモ網に入れるのが理想的です。
関連ページ
大物を選んで釣る
岩などの障害物
水門などの流れ込み
次の鯉に備える

 鯉を釣り上げ、撮影と大きさを計ったらリリースします。さらにもう一匹といきたいところですが、鯉が暴れたために場が荒れて(鯉の警戒心が上がって)すぐに二匹目とはいかないでしょう。そのため、パンを少々撒いて再び様子を見ます。撒いたパンを鯉が再び食べ始めたら釣れる可能性はあります。そのフィールドにもよりますが、次の鯉の反応が得られるかどうかは釣る前にしっかり撒き餌ができていたかどうかにかかっています。しかし、反応がないようであれば場所を移動することをお勧めします。同じ場所でもう一度やりたい場合は2〜3日、間をあけると警戒心も解けて釣れる状態に戻ると思います。
 ちょっとしたテクニックの余談ですが、鯉に警戒されてもなお、同じ場所でさらに釣り続けたい場合は、パンを握って空気を抜き、パンを沈めることで警戒された鯉に口を使わせることが可能です。要はクロダイ釣りでの前打ちという釣法を使って、釣ることができます。この場合、いかに自然にパンを鯉の手前まで落とし込めるかがカギとなります。詳しくは、鯉釣り版前打ちをご覧ください。
 以上、パンの浮かせ釣りの基本的な流れを紹介しました。より知識を深めたい方は他の記事も読んでみてください。実際の釣り場での攻め方を紹介しているページもあります(ポイントの攻め方@ポイントの攻め方A)。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
関連ページ
鯉の浮かせ釣り動画@
鯉の浮かせ釣り動画A
鯉の浮かせ釣り動画B
ページ上部へ戻る
鯉釣り関連
 鯉釣りへの招待
 鯉のぶっこみ釣り
 パンの浮かせ釣り
 鯉のウキ釣り

サイト、管理人について
 当サイトについて
 管理人のブログ
 管理人の釣行記など
SNS、メール等
 鯉釣り掲示板
 Facebook
 メール

鯉釣りサイトのリンク集
 リンク集

その他
 サイトマップ
Copyright (C) 2019 Futurism Carpfishing Light Blue. All Rights Reserved.