未来派鯉釣りサイト
未来派鯉釣りサイト Light Blue
鯉釣り 鯉釣りブログ 当サイト・管理人について SNS・鯉釣り掲示板・メール 鯉釣り関連リンク

鯉のウキ釣り
主に釣堀で用いられる釣り方ですが、野釣りでも十分に通用します。ウキが消し込む一瞬は、他の釣りとは一味違う緊張感が味わえます。
トップページ > 鯉のウキ釣り
鯉のウキ釣り

 釣堀ではもっぱらウキ釣りが主流ですが、野池や河川など自然のフィールドでもこの釣り方は十分通用します。もちろん、自然下の環境では釣堀に比べての数は圧倒的に少ないので難しいのは確かです。しかし、挑戦してみる価値はあります。ウキ釣りのような遠投できない釣りでは大物が釣れないのではないか、と不安になってしまうかもしれませんが大物の鯉であっても意外と岸際を回遊していることが釣り人達の努力によって明らかとなりました。つまり、ウキ釣りであっても可能性はあるのです。またウキがいつ沈むのかというスリル、これはウキ釣りでないと味わえないものであり、道具も揃え易く始めやすい点でもオススメです。
鯉のウキ釣り向けのフィールド ウキ釣りでの釣果
野池 このような溜め池は鯉のウキ釣りをするのには絶好のポイント。手前から水深があり、足場も良い釣り場はそう多くはありません。
ウキ釣りでの釣果 地元の河川にて。ウキに変化があってから消し込むまでの間のスリルは浮き釣りならでは。
野池などでのウキ釣りのポイント

 ウキ釣りでは強い流れがあってはいけません。流れによってウキがしっかり直立しないからです。よって、河川では流れが緩い淀みがウキ釣りをすることができる環境です。しかしながら、ウキが直立できないほどの流れを攻めることはぶっこみ釣りでもなかなかありませんが・・・。また流れのない野池、沼、湖ではもちろんどこでも構いません。
 そして、ウキ釣りのポイントとしてまず押さえるのは水深です。ウキ釣りでは大体4m前後の竿を使用しますが、そこから振り込めば仕掛けの分も考えて岸から大体6mくらいの範囲までしか届きません。よって、砂浜など遠浅な環境では当然ウキ釣りはできません。手前から水深がある場所を見つけてください。とは言っても1mもあれば鯉が入ってくる可能性は十分にあります。手前から水深があり、ポイントとして成立するテトラ、水門、水草流れ込みなど何かしらアクセントがあれば釣れる可能性大です。注意深く観察してみてください。またこれは補足ですが、手前が砂地のように浅いと確かにそのままでは釣りになりませんが、中には椅子を湖面に持ち込んで釣る方もいます。ルーツは恐らくヘラ釣りでヘラ椅子、もしくは釣り台と呼ばれており、野池などでヘラ釣りをしている方を見るとよく使用されています。この道具を鯉釣りへ応用というわけですが、安く手に入る道具ではないのでここではお勧めしません。
 余談はさておき、上記のポイントを案外カバーしており、釣り易いのが人工池です。農業用溜池などまさに絶好のウキ釣りフィールドです。人工池は護岸がコンクリートになっており、手前から水深が十分にあります。また、そういった池にはよく鯉もいるのでチャレンジするのに持って来いです。ただし、時期(田植え、日照り等)によっては水位が変動するので気をつけてください。
 初心者の方は鯉自体を発見するのにかなり苦労するかもしれませんが、じっくりフィールドを観察するしかありません。池を一周して鯉の姿を探す、鯉が跳ねないかしばらく湖面を見つめる、底に鯉が餌を食んだ跡がないか探す、などをして鯉の存在の有無を確認しましょう。
釣堀でのウキ釣りポイント

 釣堀では間違いなくそこに魚がいます。どこで竿を出しても釣ることは可能です。しかし、多くアタリをもらおうと思えばそれなりのポイント見つけねばなりません。
 釣堀には色々なポイントがありますが、まず紹介するのは流れ込み。これは野池でも同じです。流れ込みではなく注水口かもしれませんが、とにかく新しい水が入ってくる場所は釣堀でも一級ポイントです。また、反対に排水口近くもポイントです。ゴミが溜まるので、それを食べに鯉も集まるというわけです。そして意外なポイントが池の角です。魚には障害物に寄る習性があるので、恐らく角は安心するのでしょう。しかし、わざわざポイントを探さなくとも釣堀側から提供してくれるポイントもあると思います。例えば、桟橋、浮き漁礁、杭などです。狭い室内型の釣堀ではこういったポイントはありませんが、屋外型の広い池ではこういったものがわざと設置してある釣堀もあります。もちろん、これらはポイントです。ぜひ攻めてみてください。
 また釣堀で案外落とし穴なのが足元です。ついつい振り込んでしまいますが、実は桟橋であれば足元の杭や岸から50cmという場所でよく釣れることがあるのです。注意してみてください。
ウキ釣りの道具

 釣堀では竿などの一式貸し出しやそこのルールなどありますので道具、仕掛けの紹介は省きます。以下、野池など自然のフィールドで釣る場合用意するものです。
 まず竿ですが、4〜5mほどのものを使います。ですが、実際は竿かけがないと腕が疲れてきますし、長い竿を扱うのには慣れが必要ですので4m前後のもので結構です。
 次にリールですが、延べ竿でウキ釣りを行う方は必要ありません。しかし、磯竿などを使用する方は小型スピニングが必要となります。つまり、リールの有無は延べ竿か磯竿を選ぶことによって決まるのですが、初心者の方には磯竿をお勧めします。といいますのも、野性の鯉の引きは釣堀の鯉と比較して強烈です。正直、延べ竿で野生の鯉を釣るというのはかなりの制約です。よって、ドラグ機能が付いたリールを購入し、磯竿で攻略するほうがいいと思います。もちろん、リールを買わない延べ竿のほうが安く済みますが・・・。ちなみに、使用するリールの大きさは2000〜3000番台辺りの少し小型なものを選びます。これは小型で軽いほうが腕が疲れないためです。
 他に網、ハサミ、ペンチなど釣りで使うものは一式必要ですが、ウキ釣りで欠かせないのは折りたたみイスです。竿を持ってウキを見なければなりませんので、これは必須です。100円均一で売っている折りたたみイスで構いません。とにかくないと辛いです。
ウキ釣りの仕掛け

 ウキ釣りですので、当然浮きが必要です。ヘラ釣りでは繊細なアタリを捉えるために高価な浮きが販売されていますが、自然下にいる鯉の場合はかなり大胆なアタリがでますので安価なもので結構です。とは言っても棒浮きでは少々長さが足りないのでトップがある浮きのほうがいいです。大体300円〜500円程度で買えると思います。道糸(3号、12ポンド相当)にゴム管を通し、そこに浮きを固定します。その先にクリンチノットなどでサルカンを付け、その上にオモリを付けます。ガン玉、割りビシなどワンタッチで装着できれば何でも構いません。サルカンの先からハリス(2号、8ポンド相当)を25cmほど出し、(伊勢尼10号程度、ヘラスレなど)を外掛け結びなどで結びます。2本針にする方は八の字結びでハリスを出すか、サルカンから直接もう一本ハリスを出すかしてください。
鯉の浮き釣りの仕掛け
ウキ釣りの餌

 餌は市販にあるものを使います。水の入れる量、使い方などは各市販の餌の裏に記載されていますのでそれを参考にすると良いと思います。ぶっこみ釣りではここにヌカや鳥の餌を足すこともありますが、ウキ釣りでは必要ありません。むしろ、足さないほうがベターです。
浮きの設定

 ヘラ釣りでは仕掛けがヘラがいるタナに設定しなくてはいけません。しかし、鯉は底の餌を食うので季節問わず餌を底に付けます。よって、まず仕掛けを投入する地点の深さを測らなければなりません。少々重めのオモリを付けて、「浮きの浮力」<「オモリの重さ」になるようにします。その状態で仕掛けを投入すると、水深より浮きからオモリまでの長さが短ければ当然浮きは沈みます。反対に水深より浮きからオモリまでの長さが長ければ浮きは倒れます。浮きが直立するように浮きの位置を動かすことで浮きからオモリまでの長さを調節してください。長さを合わせたらオモリの重さを「浮きの浮力」=「オモリの重さ」となるように調節してください。こうすれば餌が針についているときは沈み、餌が脱落すれば浮きは浮くのです。しかし、野生の鯉の場合はそこまで神経質になる必要がないので、わずかにオモリのほうを重たくして浮きを沈めても構いません。餌が底につかなくてはアタリすらもらえないので、自然のフィールドを攻める初心者の方は後者をオススメします。一方、釣堀で鯉を釣る方は鯉のアタリが繊細なので何とか最も良い例に示したような浮きの設定にしていただきたいです。
鯉狙いの浮き設定
ウキ釣り開始、まずは寄せ

 野池において、ウキ釣りで一投目からアタリがあることはまずありません。1時間くらいはまず寄せに専念したほうがいいでしょう。餌は針へ大きめに付け、上は少し握りますが、下は軽く形を整える程度でバラけやすくしてください。仕掛けを投入してから3〜5分くらい経ったら仕掛けをあげて、再びバラけやすい餌を付け、同じ場所へ仕掛けを入れます。この動作をアタリが出るまで繰り返します。釣堀であってもこの寄せは必要で、もちろん鯉が多いので一発目からくることもありますが、寄せを行って釣る環境を作ったほうがいいでしょう。
ウキ釣りの合わせ

 鯉が寄ってきたら何かしらの変化が表れます。泡付け(細かな気泡が上がってくること)、浮きの不自然な動きなどがそれです。もちろん、寄せの最中に本アタリが来てしまうこともありますが、鯉が寄ったら少々餌を練り込んで針から脱落しにくい餌を付けてください。そして、明白なアタリをじっくり待ちましょう。
 野池など自然下のフィールドの場合、鯉はスレていないのでアタリは明確です。基本的にはまず前アタリという小さなアタリがあります。浮きは2、3cm沈むくらいでこれは合わせないでください。そして次に本アタリという浮きを大胆に持っていくアタリがあります。浮きが完全に消し込んだのを確認して合わせてください。これが一般的な流れです。前アタリがあるからこそ餌を少々練り込まないと本アタリまでに針から餌が脱落してしまうのです。また、いきなり本アタリがあることも当然あります。しかし、浮きはしっかり動くので「浮きが完全に消し込んだら合わせ」と覚えておけば十分です。浮きのモーションもゆっくりなので落ち着いて判断しましょう。
 次に釣堀ですが、こちらは合わせの上手い下手で釣果が変わってきます。鯉は何度も釣られているのでアタリが小さいのです。もちろん、時期的に釣りやすいときもありますが、それは稀です。上記で述べた消し込みのような大胆なアタリもありますが、野生の鯉のようにゆっくりかつ大きく持っていくのではなく前アタリのようなツンッとした動きで浮きを素早く持っていきます。すなわち、見分けが難しいのです。もちろん、本アタリであっても反応が遅れれば空振りです。実際に釣堀へ行き、多くの鯉を相手にして上手くなるしかありません。と言ってしまっては面白くないので、私の自論、というほど大層なものではありませんが考えを記しておきます。ウキ釣りの場合、浮きの動き、すなわちサインから合わせを行います。浮きが沈めば合わせる、野生の鯉を釣るならこれで十分です。しかし、アタリの繊細な釣堀の鯉を相手にするとなれば、この策ではいずれ行き詰まります。浮きが沈めば合わせる、というこの動作は浮きの表面上の変化しか読み取っていません。そのもう一歩先、すなわち浮きの変化から鯉の動きを予測するのです。文字だけではなかなか説明しにくいのですが、例えば浮きがフワフワと動いたとします。フワフワと動いた浮きの変化は鯉が起こした流れによるものなのか、それとも鯉が餌を食べて起こったものなのか、このように浮きが動いた変化の根本を予測します。フワフワという動きがすぐに落ち着けば流れによるものです。しかし、このフワフワという動きが1cmくらい浮き、その後斜めに沈みだしたら私は浮きが沈む前に合わせます。釣堀で鯉を釣る場合、浮きが沈めば合わせるではなく、「浮きが生物染みた動きをしている最中に合わせる」のです。釣堀では浮きが1cmでも沈めば合わせる方もいますが、鯉が餌を食べるときの動作の早さは想像以上です。むやみに合わせを行い餌を付け直していたら、大きくタイムロスをしてしまい結局釣果を伸ばすことはできません。浮きの変化から鯉の動きを予測することで確実に本アタリを捉える、これが私の至った策です。
ウキ釣りでのやり取り

 小型スピニングリールなどリールを使用する方はやり取りにそう苦労することはありません。鯉が掛かる前に予め竿が曲がりきる一歩手前でリールから糸が出るようドラグを調節しておけばなおさらです。寄せてから鯉に空気を吸わせ、頭から網で取り込んでください。
 一方、リールを使用しないのべ竿で釣りをされる方はある程度のテクニックをマスターしておく必要があります。合わせを行うウキ釣りでは鯉は突発的に走ります。この最初の走りを止められるか否かで勝負は決まります。止められなければリールがないので糸が切れてバラすことになるのです(太すぎる糸を使用した場合、竿が折れます)。少々力対力の勝負になりますが、基本的に鯉の向く方向と反対側へ竿を倒すのがセオリーです。初心者の方は慌ててついつい竿の上部を持ってしまいますが折れてしまうので注意してください。しかし、正直いって長い竿ならまだしも4m前後ののべ竿では70cmの鯉を上げるには相当辛いものがあります。80cmとなるともう半分運です(私の腕が悪いかもしれませんが・・・)。よって釣堀ではそこまで大きな鯉は入っていないので周りの方に迷惑をかけない、手返しの良いなどの利点があるのべ竿が基本ですが、野池など自然下のフィールドでウキ釣りをされる方はリールを使用できる磯竿のほうが良いと思います。もちろん、だからこそ価値があるのですが・・・。

 以上、長々と釣堀でのパターンと野池でのパターンを並行して述べてきましたが、とにかく面白いのでぜひウキ釣りにはチャレンジしてみてください。最後までお付き合いしていただきありがとうございました。
ページ上部へ戻る
鯉釣り関連
 鯉釣りへの招待
 鯉のぶっこみ釣り
 パンの浮かせ釣り
 鯉のウキ釣り

サイト、管理人について
 当サイトについて
 管理人のブログ
 管理人の釣行記など
SNS、メール等
 鯉釣り掲示板
 Facebook
 メール

鯉釣りサイトのリンク集
 リンク集

その他
 サイトマップ
Copyright (C) 2019 Futurism Carpfishing Light Blue. All Rights Reserved.