熊別川鉱山跡  探検: 北の細道 熊別鉱山跡

熊別鉱山跡で要塞を探索する




北海道戸井町

   原子番号29、元素記号Cuの銅は、他の金属に比較して導電率が非常に高い。
つまり電気を通しやすく、電気製品には欠かせない存在となっている。
熱伝導性に優れ殺菌作用があり、また延性があり加工しやすい。

道内では明治大正期に国富鉱山が稼行され、
その後戦時要請により下川・余市鉱山豊羽鉱山伊名牛鉱山等の開発が進み近代化操業に入ったと言える。
特に生産量が増加したのは、昭和25年以降で一時は日本第3位の生産量を誇った下川鉱山が
稼行してからのこととなる。

銅の道内生産比は全国の3.3%程度にとどまり、これは銅鉱山の開発が遅れ
稼行鉱山が少ないことに起因する。
本州に対して冬季間の作業性の悪さ、
山元からの長大な運搬経路等が経費の増加に拍車を掛け、より高品位な採掘が望まれていた。

また、国内消費銅の1/2が海外からのスクラップとして輸入され、
銅の国内需給と海外市況の変動に大きく左右される背景がある。


渡島半島の戸井町(平成21年10月 函館市に合併)地域には、
古くから銅・鉛・亜鉛鉱脈や黄鉄鉱脈が多く発達していた。

これら鉱床の発見時期は明らかではないが、相当に昔から探鉱されていたようである。
しかしながら、第二次大戦中には付近一帯が要塞化され、その間の探鉱は中断された。
昭和32年頃には再び採鉱されたようであるが、詳細は不明だ。

熊別川上流域に火薬庫や3か所の坑口の存在が鉱床図にはある。
また更に東方のエビコ沢流域には7か所の坑口が記載されているが、
製錬や運搬については不明点が多い。
未成の鉄道戸井線を含め、軍需機密に属する部分であったのだろうか。

今回は海岸から熊別川を遡り鉱山跡へ分け入る。
大きな遺構に期待を寄せていなかったが、
それを裏切る結果になったことは、
探索の醍醐味の一つかもしれない。










廃墟・産廃・治山・・・


廃祉
( ̄u ̄;)廃祉



オープンページへ