ねこたび日記

秋雨の 居ぬ間に聴かん 猫の声

2017.10.8~14 山口線+瀬戸内(祝島・青島・睦月島・塩飽本島・佐柳島)

~遠方の猫たちに会いに出かけた旅の記録を日記風に綴ります~

「ねこたび日記」バックナンバーはこちら

第一部 祝島 第二部 青島 第三部 睦月島 第四部 塩飽本島 第五部 佐柳島

プロローグ 「山口線」

2017年10月8日(日)晴れときどき曇り 
10月。秋本番。さわやかな風が渡り、暑くなく寒くなく、一年で一番過ごしやすい時期…のはずなんですが…。
今年はおかしい、10月に入ってからなかなかスッキリ晴れる日がない。晴れ間が出たのは1日と3日だけであとはどんよりとした曇り空。金曜日には雨も降りだして。
気温はまるでジェットコースターのように乱高下。火曜日は30℃近くまで上がったかと思うと金曜日には20℃を割って肌寒いくらいに。
今朝も雨がポツポツと。羽田に着くころには止んでいましたが。
予報では今週前半は「異常高温警報」が全国的に出ているとか。服装、困りますよね~、こういう時は。週後半は寒くなるっていうから半袖と長袖両方着替えが必要。
さて今回は6日間かけて山口県の祝島からスタートして四国に渡り、青島・睦月島・塩飽本島・佐柳島と回る予定を立てています。祝島は山口県南東部の柳井から船。どうせここまで行くのなら、ついでに山口線に寄ろうかということで一日日程をプラスしてみました。
いわば今日はウォーミングアップの一日。
出発はJAL291便山口宇部行き。珍しくバスラウンジではなくサテライト6番ゲートからの出発です。
三連休も中日のせいかサテライトは空いていました。今回敢えて土曜日ではなく日曜日出発にしたのは三連休初日の混雑の中で動きたくなかったんですよね。
定刻に離陸。
窓から富士山が見られるかとちょっと期待したんですが、今日の飛行ルートは富士山の北側を通っていました。せっかく右側後方の窓際を取っておいたのにね。(^^;
定刻より5分早い9:30に山口宇部空港にランディング。
こちらは晴れていました…だけでなく、暑い!
家を出るとき、長袖のシャツに薄い上着を羽織ってきたんですが、こりゃ上着は要らない。だけでなく、シャツも半袖に替えたいほど…だけどここで着替えるわけにもいかないから今日は一日長袖で通すか。上着だけを畳んでバッグに入れて到着ロビーへ。
ここからは前日に予約してあった乗合タクシーで一気に仁保へ。
この乗合タクシー、山口市内であればどこでも2,500円で行ってくれます。山口駅までのリムジンバス+山口~仁保のJR運賃と比較すると若干割高になりますが、撮影地間近まで直行してもらえることを考えれば決して高くない。時間的にも早い。わずか40分で仁保路バス停へ。8521レ通過までまだ1時間近い余裕をもって撮影地に到着。
毎度のことですが行き慣れた場所へ。(^^;
18.6kpのポイント。先客が5名ほどおられました。
「やまぐち号」、先月客車がこれまでのレトロ12系から新造された「復刻旧客」に替わったばかり。
当然、皆編成写真もしくは横気味の客車がよく見えるカットを撮りたがるのは必定ですから、大山路や長門峡、あるいは徳佐などはかなりな人気のはず。
ただ、それは午後の8522のお楽しみにしておいて、午前中はあえて正面気味のこの場所へ。今日は現地入りが遅いですから、空いてる場所へ。(^^;
8521レ通過30分前、露払いの8563Dが上がってきます。
この18.6kpに来るといつも縦位置構図を取ってしまうのですが、今日はあえて横位置で通そうかと。
煙が高く上がりやすい場所なのでどうしても縦位置を取りたくなるんですが、そのアングルは過去に何度も撮ってるし、山間の雰囲気は横位置の方がよく出ます。ただ絵的なバランスからいうとあまり手前まで汽車引けませんが(引くと窮屈になる)…。
しばらくすると2542Dが下りていきました。山口で8521レと交換になります。かつては仁保で交換でしたが…。
やがてC571の汽笛が徐々に近づいてきて。
それまで晴れ渡っていた空でしたが、この頃になるとちょっと薄雲が上空に出て来ました。もっともこの場所の場合、そのほうがいいという見方もあります。線路上をまだらに仕切る日陰が消えますから。
重厚なドラフト、響く汽笛。いいなぁ。(^^;
久しぶりの汽車撮り、やっぱりワクワクしますね。煙も申し分なし。
ここでカメラを下して…のつもりだったんですが、やっぱり元汽車撮りの業か?いったん下したカメラを縦位置に構えなおして。
やっぱり我慢できませんでした。ハンパなアングルになるとわかっていながら…。
手前に来たら煙薄くなっちゃいましたね。(^^;
後に続く「復刻旧客」。まだちょっと真新しい感がありますが、このあと次第にススで貫録をつけて?くれれば。(^^;
撮影を終えて仁保路バス停に戻り、そのまま宮野方向に歩いて戻ります。途中の三叉路にあるコンビニで昼食を調達し、すぐそばにあるバス停のベンチに腰掛けて食べます。
この頃にはまた陽が出て来て、暑さがぶり返してきました。
しばらくすると三谷駅入口行きのバスがやってきたのでこれに乗車。三谷で津和野行きのバスに乗り換えて13:30過ぎに津和野に到着。
さて8522はどこで撮るか。
これはもう決めています。編成がきれいに入り、なおかつ背景がスッキリしていて、さらに人がほとんど来ない場所。
津和野近辺というと意外にきれいに編成を撮る場所というのは少なくて…もともと私の撮影スタイルというのは編成というのはあまり重視しないタイプで平気で客車を途中でぶった切ってアングル組むことが多いですから今まで気にもしていなかったんですが、いざ編成を…と言われると「ハテ、そういう場所は」と悩むことになります。
ほとんどの人が本門前の踏切を選ぶと思いますが、あそこは直線で編成を撮るにはどうしても寸詰まりになりやすい。できればカーブを立ち上がってくる場所で手前と背景がきれいに抜けていて…そんな場所あるんか?と言われそうですが、あるんですよ、おあつらえ向きの場所が。しかもほとんど人は来ない(だろうと思う)。
一時は城址に登って上からというのも考えたんですが、最近来るたび来るたび8522は俯瞰ばかりだったのでたまには下から撮りたい。(^^;
津和野バスセンターから歩いて10分ちょっと鳴滝地区に向かいます。
横道に入ったあるお店、扉にこんな張り紙が。
このあたり、ひょっとして猫多いの??
8522撮り終わったら探してみようかな。(^^;
築堤への小道を登って鳴滝の踏切へ。今日は誰もいない。
ここも撮影ポイントなんですが、ここからだと稲成神社を入れて正面撃ちというのが定番。編成は撮れません。
ダイヤを見て上下列車が来ないことを確認して築堤を駅方向へ。さっき3003D「スーパーおき3号」が行ったばかり。この後今日は臨時が上下とも入っているから要注意…と言っても歩いて5分かからないんですけどね。鳴滝の踏切から。
ここです。過去に何度か撮っていますが、ここは完全な穴場。ちなみにここは左側真横は林になっていて城址や稲成などの俯瞰ポイントからは陰になっていて見えません。つまり俯瞰で撮っている人の邪魔にならないわけで。(^^;
たぶんここは誰も来ないだろうな~、と思ってましたが案の定、一人も来ませんでした。
この列車でテスト撮影をしたのですが、本番ではもうちょっとアングルをあげないとダメですね。いくぶんテレ側に寄せて。
15:45。私はいまだに返しの「やまぐち」の発車時刻は15:20頃というのが脳内に刷り込まれていて、実際の発車よりも30分早くスタンバイ状態になっていました。もう新時刻になってからずいぶん経つのにね。おまけに8522という列車番号もまだ馴染めない。ついつい「9522」と言ってしまいます。(^^;
長い汽笛が聞こえて来て、やがて少しずつドラフト音が大きくなってくる、テンポが上がって津和野第一橋梁を渡る音が聞こえた直後、左手に爆煙。来ました!
いい煙じゃないですか~♪しかも編成もきれいに入ります。
唯一風で煙が倒されて編成が隠されるのだけが怖かったですが、今日は風もほとんどなく煙はきれいになびいてくれました♪
8522の津和野と言うのは発車から鷲原までずっと爆煙というのが「お約束」なんですが、それでもよ~く見てみると煙の勢いがちょっと弱まる場所がいくつかあります。城址あたりから見ているとよくわかるんですが…この津和野橋梁から鳴滝にかけての区間というのは勢いを保ったままの煙で来るので「ハズレ」はありません。鳴滝と本門前の中間でときどき薄くなったりしますね。
もうこれで充分…と思ったんですが、やっぱり広角側に引いて撮っちゃいました。(^^;
真横を通り過ぎるC57。すかさず振り向いてアングルと露出を再調整。そう、撮りたいカットがまだある!
鳴滝への左カーブを回りC57と1両目の展望車が姿を隠した直後、昔懐かし…想い出の汽車。
昔、「魅惑の蒸気機関車」という廣田尚敬さんの写真集の中で私が好きだった写真。夕陽を浴びた陸羽東線の客レ。後追いでテンダーだけが写っていてメインモチーフは一両目の客車。「汽車」というイメージそのままのあの写真はずっと私の心象風景として生き続けています。夕陽もないしテンダーも写ってないけど、こういうカット撮りたかった…こればかりは旧客じゃないとだめなんですよね。大井川で何度もトライしたけどなかなかここまでの煙は出ないし…。
ふと見渡せば本門前の踏切が。(^^;
今日は何人くらいいたのかな?
撮影を終えて築堤を戻り、再び町中へ。新山口に向かう列車まで時間があるのでしばし殿町で撮影を。チラチラと猫探したんですけど出て来てくれませんでした。(^^;
新山口で切符を購入。
明日の朝は柳井港まで行かなきゃなりません。距離100kmを優に超えるので2日間有効になります。今日は新山口で途中下車ですね。
東京よりも30分日の入りが遅いこの地方ですがさすがにこの季節となるともう太陽は西の山の陰に入ってしまって薄暗くなります。
新山口行きの2552D。新山口に着くのは18:41になります。
ウォーミングアップは無事終了。明日からは本番:瀬戸内巡りのスタートです。
今夜は軽く一杯ひっかけて早めに寝ることにしましょう。
Home Next