馬場信幸の写真工房

 
 
 

この秋には馬場ロアモデル撮影会が開催できるよう願っていますが、今のところはちょっと難しいかも知れません。

味のあるボケ描写が全画面にわたって均等に得られるようにフルサイズ用のソニーFE85mmF1.4 GMを

APS-Cで撮影。そしてAPS-C用のレンズ

フードをボール紙で手作りして装着。

この格好のよさで撮影がさらに

楽しくなります。

写真において、優れたボケ描写は解像力の数字以上に大切な性能ではないでしょうか。そしてフルサイズ用のレンズをAPS-Cやマイクロフォーサーズで撮影すれば、全画面にわたってボケの均等性が良くなります。 なおCAPA9月号のコラムに掲載した写真はこちらです。