馬場信幸の写真工房

 

ババロアモデル撮影会の応援サイトがあります。ババロアモデル撮影会に参加されたみなさんの、そのときに撮影した写真をたくさん見ることができ、BBSもあります。私の撮影会に最初から参加している愛称「ウランちゃん」が運営され、その名前をウランちゃんネットといいます。ぜひ訪ねてみてください。

 
 

ベルボンBABA-GRIP

販売しています。

縦位置撮影が新しい感覚で快適にできます

高い解像力と優れたボケ描写を両立したレンズはこちらです。boke_miao_xieno_liangirenzu.htmlboke_miao_xieno_liangirenzu.htmlshapeimage_2_link_0

前期ババロア撮影会のお知らせ

5月26、27日に大阪万博公園、6月2日、3日に仙台、6月17日に函館撮影会を開催します。そして避暑DX撮影会を8月25〜26日に蓼科のペンション「ノマの森」にて、モデル「さわいえり」で開催します。

モデル/meg(シャノワール)

拡大画像

ババロア相模原公園撮影会における画像で、ややソフトフォーカスっぽい描写ですが、味のある柔らかい後ボケが見事です。このレンズについては今月発売のCAPAのコラムをご覧ください。

CAPA5月号の私のコラムの右ページ

 2018年CAPA5月号の私のコラム「シンクアウト」において、私が初校をチェックした後に編集部による加筆や書き換えがあり、ここに間違いがあります。

 原稿を書く者として、昔から悲哀を感じることは何度もありました。以前にあった一例です。

 ソフトフォーカス描写は球面収差を利用したものなので、このときの球面収差は善玉収差である。という私の原稿の「善玉収差」が編集部で「前玉収差」に変えられてしまいました。編集部では変換ミスであろうと、善玉を前玉に変えたのでしょうが、前玉収差という言葉はありません。編集者による、やってはいけないミスですが活字になった以上は、私のミスになってしまいます。このようなことが私の校正の後に行なわれたのですから、やり切れません。

5月号の私の原稿にある「前出記事」が、編集部によって「本誌2月号予想記事」に変わっていますが、私は2月号の予想記事には関わっていません。

左ページの書き換えに及んでは、もはや日本語として通じません。また括弧を使うのは、スマートな文章ではありませんね。

CAPAのコラムにおける編集部の加筆・書き換えに間違いがあります

編集部による間違った加筆         私の原稿(初校)

編集部による書き換え              私の原稿(初校)