栄将棋教室 本文へジャンプ
栄将棋教室ホーム
栄将棋教室案内
将棋道場
子ども将棋教室
子ども将棋スクール生徒募集
レディースセミナー
月曜子供将棋塾 
プロ棋士指導対局お知らせ
東海団体リーグ戦
教室の様子
営業カレンダー当月
営業カレンダー次月
場所・アクセス
水曜トーナメントのご案内
教室指導日本将棋連盟棋士の紹介
リンク集
沿革
指導対局プロ棋士の紹介
栄将棋教室指導棋士


中山 則男
六段
昭和35年3月2日 香川県の生まれ。
昭和52年、第13回高校選手権個人戦準優勝
同年10月、6級で(故)板谷進九段門。
55年5月初段、三段まで進み、平成3年4月準棋士四段。5年4月指導棋士、11年五段、19年4月6段。
61年、第9回「若駒戦」優勝。

栄将棋教室代表、東海普及連合会事務局長として中部地区を中心に普及、指導に当たる。

竹内 貴浩
四段
昭和62年6月22日 名古屋市生まれ。
平成12年、中学生名人戦優勝。
同年奨励会6級入会、三段まで進み、平成26年退会。同年指導棋士四段。

竹内将棋教室からは既に奨励会員が誕生しており、その指導力には定評がある。
また、名城大学将棋部の専属コーチも務めており、就任2年目には将棋部史上初の全国優勝に導いている。



栄将棋教室ゆかりの日本将棋連盟プロ棋士の紹介

 物故棋士

  板谷四郎 九段

  板谷 進  九段

  北村文男 七段

 引退棋士

  大村和久 八段

  中田章道 七段

 棋士

  杉本昌隆 八段

  藤井聡太 七段

  研修会時代の昇級の一番@

  研修会時代の昇級の一番A

  研修会時代の昇級の一番B

  研修会時代の昇級の一番C

  研修会時代の昇級の一番D

  研修会時代の昇級の一番E

  研修会時代の昇級の一番F


  研修会時代の昇級の一番G

  研修会時代の昇級の一番H



 女流棋士

  室田伊緒 女流二段

  中澤沙耶 女流初段


  脇田菜々子 女流初段

  山口仁子梨 女流2級