チームプロフィール


 
 マリソル松島の前身の松島サッカークラブは、昭和52年より東北社会人リーグに昇格し、昭和54年には天皇杯全国大会にも出場した輝かしい歴史があります。
 現在、宮城県リーグ1部で活動しています。
 クリックして拡大

正式名称
マリソル松島スポーツクラブ
参加リーグ
宮城県リーグ1部
創立
1966年4月1日
監督
内海 松二
コーチ
林 知裕


第60回天皇杯で本戦に出場

 第60回天皇杯。東北代表を勝ち抜いたのが、松島サッカークラブ(現マリソル松島)でした。西が丘競技場で、松島クラブを待っていたのは日立製作所(現柏レイソル)。当時の日立製作所は、大学選抜に選考される日本を代表する若手タレントを多くそろえ、日本リーグでは優勝候補と呼ばれていました。西が丘競技場では、松島町からバスをチャーターして来た選手の家族が数十人と宮城県サッカー協会の関係者と加藤久選手(当時読売クラブ)が、「大漁唄い込み」を軸に必死の応援を繰り広げました。 結果は1−4で破れましたが、現ジュニア総監督の内海昭さんが、日立DFをスピードと技巧で完全に振り切り、意地の1点をもぎ取りスタンドを熱狂させました。また、当時は練習場にナイター設備もなかったことで、車のライトを照らしながら、松島中学校グラウンドで練習していたこともあり、「おらが町のクラブが天皇杯本戦に出場」ということで、マスコミなどからの注目を浴びました。