ノジギク − のじぎく − 野路菊 

無料イラスト
フリー素材

のじ菊とは
のじ菊の分布
のじ菊の育て方 増やし方
兵庫県の野路菊について
六甲山系ののじ菊について
姫路産のノジギクの移植
横尾山のノジギク園
六甲山北地区での新らしい発見
六甲山南地区での新しい発見
イエギクとの交雑はさほどおきるのか

「イラスト工房ユニ」 へようこそ


ノギク(野菊)とノジギク(野路菊)とはよく混同されます。  しかしノギクとは野生の菊類の総称で ノギクという名のキクが存在するわけではありません。   つまり野路菊は野菊の一種ということなのですね。

<ノジギクとは?>
  <ノジギクとリュウノウギクの違いは?>
キク科キク属 日本固有種。
リュウノウギク等と並んで 日本を代表するキク科キク属の野菊です。  
草丈が50ー100センチくらいで 多く枝分かれし 径2.5−3センチ程の花を数多く咲かせる可憐な野菊です。
花径には3−4センチのやや大きいものもあります。 
ほとんどが白色で 咲き終わりに微かに赤みを帯びます。
数は少ないですが黄色いノジギクもあります。
葉は互生し広卵型で3−5裂し イラストにあるように 多くは基部が水平です。  
リュウノウギクは山間部に咲きます。 ノジギクは海岸寄りの斜面に自生することが多いのですが 生育に必ずしも 潮風が必要というわけでもないようで  内陸部でもとても たくましく育つ例は数多くあります。

のじ菊の葉 両者は見分け難いほど似た花を咲かせますが  葉の形の違いで簡単に区別できます。   右欄のイラストにあるように  ノジギクは基部が水平ですが リュウノウギクの葉はくさび型です。
ただし野路菊の場合 葉の形にはかなり変異の幅があり 基部が内側に切れ込んでいる場合もあります。  リュウノウギクの 場合は変異は少ないようです。  

またノジギクは 花下部の 総苞(そうほう) という部分が三重で 最外のものがやや小さくて白い毛が生えています。   これはノジギクにしかない特徴で同定の基本になっているようです。 (右のイラスト参照)。 
リュウノウギクは総苞の長さはみな同じですっきりした形をしています。

またノジギクは先端の茎に花(頭花)が3個など複数つきますが リュウノウギクの場合は多くは1個だけしか つきません。  これも両者の違いを見分ける大きなポイントです。    これも右欄のイラストを参照してください。
従って株全体としてノジギクは花数が多くとても華やかですが リュウノウギクの場合は花数がややまばらなので やや寂しい 感じと言えます。

のじぎくの総苞 のじぎく

また両者の違いとして リュウノウギクは葉をすりつぶすと 樟脳に似た ”芳香” を発するのに対し ノジギクはさほど良い香りを出しません。 

なおノジギクは変異の幅が大きいのも特徴で 近くに自生するものでも日照の良し悪しなどで かなり違ったものに見えることがしばしばです。
また地域の違いによっても花や葉に違いがあるのが特徴です。
例えば同じ兵庫県の場合でも 姫路地区のものと神戸地区のものは 花は似ていますが 葉の形状に違いがみられます。
また同じ姫路大塩の日笠山でも おおまかに 花径の小さいもの(径2.5センチ位) のものと大きいもの(径3−4センチ位)の二種がみられます。
姫路地区近隣でも10種以上の変異があるという主張さえあります。   だから同じ姫路地区でも  どれが姫路地区としての標準的なものか?  と判定できないことになりますね。
(但しこれらはイエギクや他の野菊との交雑が原因ではなく 生育環境の違いが主因と考えられます)


<野路菊の分布>

西日本の瀬戸内海沿岸ぞいに分布し 主なノジギクの分布地の県名は
本州    兵庫 広島 山口
四国    高知 愛媛
九州    大分 宮崎 鹿児島(南西諸島を含む) 
うち兵庫県西南部の 播州姫路地区 では 分布密度が最も高いといわれています。
実際の分布の東限は兵庫県南東部の神戸市の 六甲山ふもと になります。
正確には最近の調査により神戸市東灘区の岡本あたりです。  もしくは神戸市北区の有馬温泉地区という見方もできます。 
なお兵庫と広島にはさまれた 岡山県 でほとんど生育が無いのは謎とされています。


<のじぎくの育て方 増やし方> <栽培のヒント>

ノジギクはこの国土で数千年以上も自分の力で生きてきた野草です。  生命力旺盛で繁殖力も強く育て方は容易で植えっぱなしで十分といえます。  

ノジギクの育て方 増やし方 については別のページでイラストを添えて詳しく説明しています。
    → <ノジギクの育て方>


<日本での分布の 東の限界点の 兵庫県での状況>

ノジギクは六甲山系の山々では ほとんど見かけなくなった  と言われています。   しかしろくに分布の調査などなされたことなど無く 単に風評 にすぎないようです。
ノジギクに的を絞って開花期に 注意深く調査すれば 六甲山系でもかなり見つかると思われます。

六甲山系に少なからず生育するという前提で 兵庫県のノジギクは 
(1)西部の姫路を中心とする播州地区のもの
(2)神戸の六甲山系のもの 
の二つに大別して考えるべき ではないでしょうか。
両地域は幾つもの大小の川で隔てられ  距離もかなり離れており 従って生態系が違うはずです。   数千年以上も違った環境で生育してきたのですから当然ながら両者の間には変異があるはずです。
なお 淡路島 の状況は分かりませんので今回は除きます。

<追記> :  播州姫路地区のノジギクと神戸のものとでは葉の形態に違いがあります。    3裂5裂なのは同じでも神戸のものは姫路のものに比して  多くは全体的に丸みを帯びたものが多いです。   
そこで神戸(六甲山系)のものは ロッコウノジギク とでもよんで区別をはかるべきかもしれません。
なお 
六甲山系(神戸および近隣)のものは姫路地区のものと少し形態が違うため ノジギクではない と主張する方々が一部におられます。
しかし ノジギクは少しずつ形態を違えながら四国九州を含め西日本に広く自生するもので 姫路地区は全体からすれば自生地のひとつで あり 姫路地区のものがノジギクの標準 というわけではありません。
 

県西部の大塩など姫路地域では自治体や住民によって大事にされて繁栄し 毎年見事な花を咲かせています。  
殊に兵庫県の姫路市の 大塩、的形、日笠山地区 のノジギクの群落は有名です。  折あれば晩秋に訪れてみてください。     日本の野菊というものはこれほどまでも素晴らしいものか ときっと驚嘆されると思います。

ただ播州地区ものの中には大事にされ人の手にかかり過ぎて のじぎくという名の栽培菊 になってしまっている という声も一部にあります。
しかし十分にケアのかけられたものは 野生種にはありえない 洗練された輝きに満ち 驚くほど美しいものになります。   しかも一般のイエギクにはありえないような気品の高さがあります。
ですからこうした進み方にも大きな意味があるのではないでしょうか。
その一方で 野性味の濃いノジギクも十分に残していただきたいものです。




  <神戸 六甲山系のノジギク と問題点など>

人々に大切に守られ見事な群落がある播州地区と違って 分布限界点に当たる県東部の神戸の六甲山系の山々あたりでは 人々の関心がきわめて薄く 保護どころか調査すらもろくに行われていません。 
しかし神戸六甲山系および周辺地区は 日本での分布限界点というとても重要な意味を持つのです。
そしてノジギクの分布の日本における 最東端および最北端は 
   神戸市東灘区の 住吉川上流あたり 
と主張される方々が多いようです。   しかしこれは一部の人達が唱えることからくる風聞によるもので 十分調査されてのことではないようです。  神戸 では 関心の低さから調査しようとする人などいなかったようです。 

<六甲山北側地域に かなりノジギクが・・・?>
六甲山を北に下ったふもとに当る地域(北区 神戸電鉄沿線 唐櫃大池地区)で 
「これが のじぎく でないなら いったい何ギク?」
というような ノジギクの特徴を濃くそなえた野菊が存在するのに気ずき  当ブログ筆者が2010年から調査を始めています。
もしノジギクなら 日本での最北端のノジギクの自生 となり貴重な存在となります。


  <播州のノジギクの神戸などへの移植>

一方また ノジギク(野路菊)の繁栄した播州姫路あたりから 各地への移植が行われることがあるようです。    これは ある企業が姫路産の ノジギクの苗を大量に無料配布していることによります。
一部には生態系を歪めると批判的な声もありますが コスモスなど外来種を山野に植えて一目を引こうとする地域の人々が多い現在 純日本産の野草を 広めようとする活動は高く評価されるべきでしょう。


六甲山系の分布は疎らなのですから 全く分布のない場所に播州のものを持ち込みしっかり管理したうえで 野路菊園 をつくるのは問題はないと思われます。
その一例として

神戸市須磨区 横尾山の野路菊園  
があります。  ここはかなり大規模な山野でのノジギク園です。 
ノジギクには関心の薄い神戸地区の人達に その素晴らしさを伝える役割を果たしているいます。
管理もしっかりしているはずなので  逸出して六甲山系のものと交雑する心配はないと思われます。
コスモス など外来種の多年草の草花を山野に持ち込み 大群落を作って人目を引こうとするあまり感心できないケースが少なからずあります。   外来種の動植物を用いる場合 よほど厳重な管理が必要ですが 安易でずさんなケースが少なくないようで 周囲の山野への侵食が懸念されます。
「外来生物防止に関する法律」 などもある今日 なぜこんな生環境を歪める行為が野放しなのか理解に苦しむところです。   中には自治体が音頭をとっているケースもあるので驚いてしまいます。 
そうしたことに対抗する意味でも 日本固有の美しい花々で山野を飾ろうとする動きは大きく評価できるのではないでしょうか。   その意味でも横尾山の野路菊園は大きな存在価値があります。
正式の名称は 「よこお野路菊の丘」 ということです。  神戸市北区横尾 の啓明学園の裏手にあります。
開花する11ー12月頃に訪れてみられてはいかがでしょうか。

兵庫県の県花 ということになっているのに・・・。 
県当局などは時おり形式的に 播州の野路菊 をもてはやすだけで終わっているようです。  
播州のみならず県内各地のノジギクがおかれた状況くらいは調査していただきたいものですがそした動きもないようです。   県花に指定されたのが あまりに昔のことなので現在では県当局の人達には関心が薄くなっているようです。

また兵庫県や神戸市には 「のじぎく○○○」 という名の団体や施設や催しなどが少なからずあります。    しかし・・・
一部を除き のじぎく の名前だけを利用しているだけで のじぎくの保護や保全になんの関心も無いところ がほとんどで  野路菊がどんな花なのか知らないところも少なくないのはちょっと困りものですね。






> ≪追記≫

以下は兵庫県内でのノジギク探索に関する記述です。   兵庫県の状況に興味のある方のみお読みください。  

  <2010年11月 六甲山北側地域でノジギクの調査を開始。>
   古老に訊ねるとノジギクかもしれない野菊は 以前は北区の唐櫃大池あたりでよく見かけたが 草刈器が広く使われだしてからほとんど見かけなくなった ということでした。

そんなみじめな状況のうちでも 朗報もあります。
「神鉄六甲駅」近くで見つけた野菊を 野路菊展の開かれている姫路市に持参し ノジギクに詳しい研究者に鑑定をしてもらった結果 まぎれもなく ノジギク と断定されました。
これで北六甲のノジギクに似た野菊は ノジギクであることが確認されました。

播州姫路で学んだ知識をもとにその後 北区の唐櫃地区だけでも 小群落を他に幾つか発見することができました。 

中にはかなり原始的な特徴のものもあります。
(1) 花びら(舌状花)の数が12−13枚とまばらであること。 
(2) 葉は全部五裂し 切れ込みが深く 端々が鋭く尖っている。
勿論その他の のじぎくの特徴 は全部持っています。

また唐櫃の別の地点で20−30株程の キバナノジギク(黄色いのじぎく)をも見つけました。  
なおノジギクの北限(日本最北点)は 北区唐櫃の「多聞寺」 付近 なのを突き止めました。   (その後の調査で 有馬温泉地区の可能性 も出てきました。  なお有馬地区は分布の東限の可能性もあります。)
いずれにしても神戸市北区は分布限界の重要な地区となります。
以後の探索については六甲山系北と南に分けて別のブログを作成していますので 興味のある方はご閲覧ください。  (下記 参照)

神戸市北区唐櫃地区で発見されたノジギク。  日本の北限に咲くノジギクの可能性

ノジギク ノジギク

神戸六甲山系では 十分調査をされないまま 絶滅状態と主張する方々は多いようです。   しかし実際に足を運んで調査をしてみると 実際はかなり存在することが判明したわけです。
六甲南面にも見逃されているものの かなり存在しているはずです。

「神戸の六甲山系のノジギク」 は人々の無関心により 全く保護されていないことです。 手厚く保護されている姫路地区と違ってみじめな状況ですが  同じく兵庫県の県花に変わりはないのです。
雑草と見なされ 伐採されている現状では遠からず絶滅してしまいます。  何らかの保護の手だてを講じる必要があります。



<追記2>南六甲での探索。
北六甲とは違い 南六甲ですが・・・。

「六甲ケーブル下」駅 の近くでノジギクを発見!!!
六甲ケーブル下駅 から北東に約300M地点でノジギクの群落を見つけました。
 (六甲翠光園奥。 油コブシ台登山口と思われる地点)。
 
明治40年 牧野博士(又は山鳥吉五郎氏)が初めて発見された地点の近くかもしれません。   キバナノジギクを含む生育の良い数十株ほどのかなりな群落です。
しかし 今は生き残っていても そのうちに伐採駆除される心配があります。   なんとか守りたいものです。 

以上を含めて日本東限 六甲山系のノジギク に限定して 別のブログを作成しましたので 興味のある方はご覧ください。 (下記参照)

   − − − − − − 

  
<*>  <イエギクとの交雑はさほど起きるのか? > 

ノジギクはイエギクと交雑したものが多い という見解が多いようです。
どちらも 染色体数が54であることもこの見解を強めます。
しかし時にはこの見解に疑問を持ってみることがあってもいいのではないでしょうか。
これは誰か有力な研究者の意見がオーバーに伝播し 十分な検証もなされないまま多くの人達の見解になってしまっている と考えられなくもありません。

山野の膨大な数のノジギクに交雑が起きるには それなりの環境がそろう必要があります。
    ハナアブなどの花粉媒介昆虫の移動距離内にイエギクが多数存在すること
    そのイエギクが色や花径などノジギクと形態がかなり近いこと
が必要です。    しかし 
    イエギクは人家 施設 墓地など限られた狭い範囲にしか存在しない
    歴史的にイエギクが一般に栽培され始めてからさほど長い年月がたっていない
ということがあります。 
さらに 長い年月イエギクとノジギクがそばで栽培されていても交雑するケースは少ない ということもポイントになります。

もし交雑が多くおきるものなら ノジギクの咲く山野は 今とは比較にならない程ほど原種とかけ離れて 色とりどり 大きさとりどり 七重八重とりどり  のさまざまな交雑ノジギクでにぎにぎしく飾られるはずではないでしょうか?
また イエギクに対しても多大な影響をもたらすことになります。  膨大な数の ノジギクと交雑したイエギク が生まれることになるからです。     イエギクの起源は中国から移入されたものに限られ 日本のノジギクに起源がない と主張される人達の論理に水をさす という結果につながりますね。

イエギクとの交雑は起きても極めて限定された数にとどまる   とすのが妥当ではないでしょうか?  
ノジギクを含めて野草の形態の変異は 交雑よりも生育環境の違いが最も大きな要因なのではないでしょうか? 


<※>  < 当サイトの記述内容に関する否定的見解の例 >
当サイトのノジギク探索の内容について否定的な意見を述べられる方々がおられ その内容を紹介します。

(1) 神戸(六甲山系)でのノジギク と称されるものは播州姫路地区のものと形態に違いがみられる。  従って ノジギクとはいえないのではないか?
というものがあります。 反対に
(2) 神戸のノジギクの大部分は山野のものも含め 総て播州姫路から移植されたものである。
というものもあます。
上の二つはノジギクの形態について相反することなのが興味深いところです。

ノジギクは本州西部 四国 九州など広い範囲に形態を少しずつ違えながら自生するものです。
姫路地区は確かにノジギクの自生が多く 地域住民によって手厚く保護されており 或る意味では本場といえます。    しかし自生地全体からみれば 自生地のひとつ  であり ノジギクの標準 というわけではありません。
ですから姫路地区のものを ノジギクの標準  として比較するのは正しい見解ではありません。
西日本各地には個性を違えながら多くの野路菊が存在していますが  (1)の論法では 姫路地区以外の各地のものは総て野路菊ではない ということになって しまいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長々とした当ブログを最後までお読みいただき有難うございます。
野路菊は兵庫県以外では関心が薄いせいもあり 兵庫県の野路菊ばかりについて記述してしまい 他地域の方々には申し訳ありません。    自生各地 全般の野路菊についてのサイトを立ち上げる予定ではあるのですが 資料収集が難しいので出来ないままとなっております。 



当サイト ノジギク関連ページ  ↓ ckick

→六甲山系ノジギク探索記 −北六甲

→六甲山系ノジギク探索記 −南六甲

→→ノジギクの育て方 

→神戸のじぎくマップ

→イラスト集 − ノジギク以外の野菊など 

→神戸市北区唐櫃の多聞寺  

有馬温泉  ノジギク自生地

  →トップページ
(当サイト「イラスト工房ユニ」のサイトマップ)

ご意見ご感想 情報などありましたら下記へお願いします。 
≪ 送信フォーム≫ 

当ページのイラストのコピーはフリーです。

<筆者profile>
貿易関係のビジネスマンを退職後 現在はイラストレーター。
そのかたわら市井の野草研究家です。

ノジギクのイラスト集 ↓

ノジギク のじぎく   のじぎく  のじぎく   のじぎく   のじ菊   のじ菊 のじ菊 のじ菊 のじ菊 野路菊 キバナノジギク   キバナノジギク  


ノジギク ノジギク

これは単にイラストです。
しかし 野路菊の自生地にはイノシシが出るところもあるのです。