登山 技術難易度の簡易目安



日本山岳における一般登山ルートを600程度歩いた経験から
主に初心者の方に安全に登山を楽しんで頂こうと、一般登山道の
技術難易度を以下の基準で5段階で評価しました。
(小数点含むと10段階。技術5.5以上はアルパインルート)

各山の難易度はページトップの地域別リストより参照ください。

⇒難易度、登山レベルの詳細基準はこちら

技術難易度の基準

難易度 難易度の目安 代表的な山、ルート例
技術 1 小学校の遠足で行ったハイキング

 登山道、遊歩道は公園並みに整備されており、
 小さな子供や年配者でも歩けるレベル。

 多少の段差があり、転倒の恐れがある場合には技術1.5にしている。
1.0 高尾山、筑波山、尾瀬ヶ原

1.5 赤城山、金時山


フリークライミング:クラス1※
※USA・日本フリークライミング規格
技術 2 自然に触れ合うハイキング、トレッキング、軽登山

 小規模のガレ場や岩場があり、時として手を使う。
 沢の渡渉(浸水しない程度)があり、自然に触れ合う事ができる。

 初心者が高尾山のような観光登山地のイメージで臨むと面食らう場合がある。

 きちんとした登山装備を整えてから山行に臨みたい。
2.0 草津白根山、雲取山、富士山(夏)

2.5 至仏山、金峰山、丹沢山



フリークライミング:クラス2
技術 3 自然を大満喫出来る登山

 ガレ場や三点支持が必要な切立った岩場、急斜面の鎖場があったりと
 本格的な登山を楽しめる。

 適切な山の装備と知識が必要で、初心者は必ず経験者と同行すべき。
 初心者のみのグループ行は不適、初心者の単独行は行うべきでない。
3.0 甲斐駒ケ岳、鳳凰山、常念岳

3.5 北岳、塩見岳、奥穂高、赤岳

   本州標高2000M 未満の雪山、など


フリークライミング:クラス3
技術 4 岩山、冬山、登攀ありの本格登山

 注意を要する岩場や断崖、通行困難な岩場や断崖がある。初心者は
 鎖かロープが必要。 ルートが曖昧で読図やルートファインディング
 が求められるコース、渡渉が必要な箇所がある。

 十分な山の知識と技術と装備を持って臨まないと命にも関わるレベル。
 冬山ではアイゼンとピッケルを正しく使える事。
4.0 槍ヶ岳、八ヶ岳縦走、八海山

4.5 剱岳、北ア大キレット、鋸岳

   本州標高2700M 未満の雪山、など


フリークライミング:クラス4〜5.5
技術 5
以上
アルパインクライミングへの扉

 技術5は一般道最難関。

 技術5.5以上はロープやプロテクションが必要なバリエーションルート、
 難易度の高い沢ルート、3000M級の厳冬期登山など。


 本ページは一般道を対象としているため技術6以上の説明は有りません。
5.0 妙義山、ジャンダルム、

5.5以上 源次郎尾根、北鎌尾根、冬富士

   標高2700M 以上の厳冬期の山、など


フリークライミング:クラス5.5〜



注意点

・ページ中の難易度は土砂崩れ等で難易度が変わっている場合がありますので注意ください。

・登山難易度は同じ山でも天候や登山ルート、季節によって大きく変わります。

・標高の高い山は、冬か夏かで大きく難易度が変わるため、冬の場合は冬の難易度という意味で「冬」「厳冬期」「残雪期」等
の表記をつけて分けて評価しています。

・冬でも積雪が殆どないなどの理由で難しくならない山は、冬でも冬マークを付けていません。

※雪山は多くの場合、残雪期→初冬→厳冬期の順に難しくなります。

・初級、上級、ベテラン、の表記は一般登山道を前提に評価しています。玄人/ベテランはアルパインルートの入門〜初級に相当します。



富士山 登山 難易度  → 富士山 登山 へ

技術難易度 時期 コメント
1.5〜2.5 6月下旬〜9月上旬 夏道は整備され、山小屋が等間隔で並び、風が弱い日が殆ど。
初心者向け。
2.5〜3.5 9月中旬〜10月初旬
(初冠雪を迎えるまで)
中旬以降は山小屋が終了し気温も低くなる。強風の日も増えだす。
経験を積み装備を持った中級者向け。
3〜4.5 10月中旬〜11月初旬 (初冬)
5月上旬〜6月上旬 (残雪)
10月中旬以降は冬型の気圧配置に近づき風速20M/S以上の日もある。
また気温の低下が顕著。下山時は滑落に注意。悪天時はベテラン向け
4〜6 11月中旬〜11月末 (冬期)
4月下旬〜5月初旬(残雪)
11月中旬以降の富士山は他の山の厳冬期に相当する。氷化した斜面に強烈な烈風が吹き滑落の危険あり。 GW頃には蒼氷が発達しアイゼンが刺さらずさらに危険。訓練と経験を積んだエキスパート向け。
6〜7
6.5〜9
4月(厳冬期〜残雪)
12月〜3月(厳冬期)
厳冬期の富士は夏のヒマラヤ以上と言われ、天候の安定した日以外に登るのは非常に危険。
プロの登山家でも気象状況が悪ければ命を落とすレベル。


妙義山 登山 へ


ページトップへ