犬猫紹介
 必ずお読み下さい
     譲渡条件(犬)    
     譲渡条件(猫)    
 犬の紹介 仔犬
        成犬
        特別なワンコ
 猫の紹介 仔猫
        成猫
 保護日記ブログ
 譲渡会情報

犬を希望される方へ 譲渡条件など


◆これだけはお願いします!◆
1. 不幸な命をこれ以上増やさないため、必ず不妊・去勢手術を行って下さい。
2. 狂犬病やワクチン、フィラリアの予防等の健康管理を必ずして下さい。
3. 生涯家族の一員として責任と愛情を持って育てて下さい。
4. 子犬の時だけでなく成犬になっても皆さんが暮らす室内での飼育をお願いします。
(玄関、納屋、物置は除く)
 
★外で保護・飼育されている犬は外飼いが可能な場合もあります。
5. ペット可住宅、又は持ち家にお住まいの方。
6. 既に犬を飼っていらっしゃる方は、その犬の不妊・去勢手術を終えていること。
まだの方はこれから不妊・去勢手術をすること。
 上の条件をクリアできない方にはお譲りすることができません。

◆お断りする場合もあります◆
1. 小学生未満のお子様のいるご家庭にはお断りさせていただく場合があります。
特に4才以下のお子さんのがいらっしゃる場合はお断りさせていただきます。
2. 子犬・小型犬の場合、留守番時間の長短などの条件によって、また子犬の月齢や 性格等によりご希望のワンちゃんを譲渡できない場合があります。
3. 基本的に一人暮しの方には、飼い主さんや犬の緊急な入院などを考慮し、譲渡できない場合があります。
4. その他、飼い主として不適任と判断した場合、譲渡をお断りいたします。
5. 番犬としてのみ犬を飼いたい方は、お断りさせて頂く場合があります。
 6.  以下の世帯の方には後見人と後見人承諾書が必要になります。
後見人と後見人承諾書がない場合はお断りさせていただく場合があります。
 ・単身者、未入籍の世帯、60歳以上のみの世帯、
  60歳以上の親1人と子供1人の世帯

◆知っておいてください◆
1. 犬の譲渡は順番ではありません。犬と飼い主さんの条件を考慮した上で譲渡させていただきます。
2. 犬のお引渡しは、当会からのお届けのみとさせて頂きます。
注)お届けは茨城県、首都圏近郊、もしくは車にてお届けができると判断した
  地域になります。
3. 仔犬の譲渡が決まった場合、不妊・去勢手術お約束金として1万円をお預かりします。(手術後、返金)また、今年のワクチン接種が済んでいるワンちゃんについては、ワクチン代の一部をいただきます。


費用について


私たちはボランティア団体ですので、基本的には寄付・バザーなどで
ワクチン代・手術代・治療費・仔犬仔猫の養育費 などをまかなっています。
が、飼主さんになる方にも、犬猫に関しての以下の費用を負担していただいています。
ワクチン代は次に保護した犬猫たちのワクチン代に、
不妊手術約束金は手術を確実にするためにお願いしています。

また、ポチたま会では脱走・迷子による不幸を未然に防ぐため、マイクロチップの装着を
しております。(現時点では全部の犬には装着しておりませんが、段階的に進めていこう
と考えております)
マイクロチップ装着のワンコに関しましては、装着費(実費)3000円を申し受けますので
ご了承ください。

◆仔犬の場合◆
*初回ワクチン代  8000円
*2回目ワクチン代  6000円
*3回目ワクチン代  6000円
*不妊手術約束金  10,000円
 (手術終了証明書を送って頂いた後、返金となります)
 例)初回ワクチンのみの仔犬の場合・・・18,000円 (1万円は術後返金)
   2回ワクチン済みの仔犬の場合・・・24,000円 (1万円は術後返金)

   3回ワクチン済みの仔犬の場合・・・30,000円 (1万円は術後返金)

◆成犬で既に不妊・去勢手術が終わっている場合◆
*オス  18,000円 (ワクチン8,000円+手術代10,000円)
*メス  23,000円 (ワクチン8,000円+手術代15,000円)
◆成犬でマイクロチップを入れている場合◆
*オス  21,000円 
  (ワクチン8,000円+手術代10,000円+マイクロチップ3,000円)
*メス  26,000円
  (ワクチン8,000円+手術代15,000円+マイクロチップ3,000円)

上記の費用をご負担して頂くことになります。よろしくお願い致します。
また、遠方へのお届けの場合は、別途交通費を申し受ける場合があります。


飼い方のお願い



仔犬・仔猫の場合 あまり小さいお子さんのいるご家庭、お留守番の長いご家庭にはお勧めしていません。

小さいお子さんのいるご家庭では
お母さんの負担が大きくなること。
仔犬がおもちゃになってしまうかも知れないこと。
小さいお子さんに対して じゃれ方が強くなるかも知れないということ。

お留守番の長いご家庭では
月齢の小さい子には寂しさは情緒の面であまりよくない事(寂しさはとてもストレスになる)、
食事を1日3回〜4回与えなければならない、排泄の回数が多いので清潔に保てない、
などの点を考慮してお話しています。

仔犬は室内飼い(必須条件)をお願いしています。(成犬になっても室内飼いを希望)
寒さなどの面だけでなく、犬にとって寂しさがストレスになるということなどから
家族の一員として皆さんのいる場所で飼っていただきたいと思います。
(玄関・廊下などではありません) 
成犬も基本的には室内飼い、もしくは室内に準ずるところでの養育を希望しております。
犬猫たちが新しい飼主さんの家族の一員となり、幸せに生涯を終えることができるようお願いします。



copyright(c) byポチたま会all right reserved