Dsc松尾建築設計事務所

コンセプト Concept

  雨が多く豊かな自然に恵まれた日本の風土には、四季折々の変化と多様な地域の性質が備わっています。
  風雨から身を守るために、大らかな屋根や美しい木の架構で構成された建築が古来より継承され、風景
  に添えられてきました。
  建築デザインとは、設計者の趣向や奇抜性を誇張することではなく、現状をより良いものにするために
  目的や信念を持ち、探求を重ねていくことです。
  先人たちの叡智を学びつつ、生命や暮らしの質を守るべく高い理念を忘れずに、豊かな建築環境と地域
  社会の発展の一助となるよう心掛けて参りたいと考えます。
  お客様のご要望に誠実に対応し、以下の基本事項を念頭に据えて設計を行います。
   (1) 環境:敷地や地域の調査を充分に行い、日射や通風・景観などの環境条件を活かす設計
   (2) 架構:屋根を支える架構と空間を一体に考え、無理や無駄のない、美しく軸の通った空間構成
   (3) 構造:構造要素の適切な配置により耐震性能を確保、構造計算により根拠ある安全性の確認を徹底
   (4) 素材:闇雲な贅沢とは異なる適材適所の素材の使い方、地域木材や自然素材の性能を生かす設計
   (5) 温熱:断熱性能・省エネ性能の向上に努め、夏は風通しが良く、冬は温熱効果を損なわない計画
   (6) 高さ:本当に必要な天井高さ・身体感覚を考え、空間の落ち着きや広がり、快適性との均衡を図る
   (7) 空間:細部の納まりを大切にし、動き・視線・感覚・繋がりなど、“事”の質を豊かにする空間
   (8) 開口:開口部に意味を持たせ、開放性と包容性のバランスを保ち、自然光を美しく適切に取り込む
   (9) 自然:緑や植物による彩を添え、建築と庭を一体に考え、自然との繋がりを意識する
   (10) 地域:建築を単体で考えるのではなく、地域との関係に配慮し、風景や街並みとの調和を図る
     プロフィール  Profile
ご依頼をお考えのお客様 For the future client
     お問い合わせ Contact
     作品・コラム Gallery&Column
       アクセス Access
  松尾建築設計の日記 Dsc-Blog
 
  ご挨拶
   信州諏訪地域を拠点に長野県各地で
  建築設計や耐震診断、改修設計などの
  活動を行っております。
   構造設計や省エネ設計に重点を据え
  生命の尊厳を守りつつ豊かで心地良い
  住環境を構築できるよう研鑽を積み、
  努めて参りたいと思います。

   よろしくお願い申し上げます。
Dsc松尾建築設計事務所 
代表 松尾祐哉 
家づくりの考え方 と Q&A
岡谷市の一級建築士|Dsc松尾建築設計事務所|長野県諏訪地域の建築設計・構造設計事務所|木造住宅・長期優良住宅|高断熱・省エネ|信州の建築家