Boat Design/ボートデザイン

更新日2018/5/21

2018年4月からアルファクラフトは限定的な活動を再開しました。
CAT26の紹介(開発途中)
(FRP型費の償却を考慮すると少なくとも3隻の注文がないと船価は下がらない
ので商品化は難しいと思われます。1隻のみのカスタム艇なら木造船体や
アルミ船体も可能性がありますが大幅に図面修正が必要です。建造に興味
のある方は意見を下さい。)
CTT-26外観(5/21)
多岐に渡る詳細検討を進める
と以前決めた部分との関連で
さらに修正が必要となってし
まう。計画より見積重量が10
%オーバーしそうなので全長
を20cm延長し8mとした。  
船型も双胴の幅を少し広げ、
ステムラインも垂直に変更。
小型船は何回設計しても難
しい。
カスタムボートのCAT26
を参照。
修正後の外観(5/21)

Y-26のリメイク
バッテリーの交換(4/26)
新品のディープサイクルバッテリー4個の
交換は2時間程度で終わると思ったが
駐車場から係留場所へは400mも離れており
25kg/個のバッテリーを狭い船内にセット
するのに思わぬ体力を消耗してしまった。
古いバッテリーを車に運ぶ途中で脱水症状
となり意識が薄れるハプニングは初めての
経験だった。確かに大量の汗の割には咽
の乾きは感じなかったが水分補給は大事
だと痛感。久し振りの体力作業は老体には
いささか辛かった。     詳細は
リメイクのY-26S を御覧下さい
リモコンスペーサーの取付(4/26)

以下はストックデザインの紹介
20年前の5mハウスボート
最高速は27KTで室内高さは1.75mで
ミニギャレーとトイレ区画があった。

●大型ボート(50FT以上)
(メガヨット、モーターヨット、マルチクルーザー他 )
●中型ボート(30〜50FT )
(クルーザー、フィッシャーマン )
●小型ボート(30FT以下)
(フィッシャーマン、スポーツボート他 )
●業務艇
(パトロールボート、旅客船、遊漁船、屋形舟)
●カスタムボート
(トローラー、オフィスボート、ハウスボート,トリマランボート他)
●アイデア集
(潜水艇、シェルター、ホバークラフト、その他)
●リメイク事業
(中古艇のリメイク)
提供可能なストックデザイン はこちら


最新情報 What's New?
(株)アルファクラフトは2018年4月から限定的な活動を再開(2018.4.11)

 本ホームページがマリン文化の発展に役に立つならば、引用も転載もリンクもご自由です。    

 本ホームページ内のデザインを商品化を検討される場合は御連絡下さい。            

お問い合わせはメールで
宛先  中尾 浩一
nakaokikaku0701@krb.biglobe.ne.jp