T O P    宮路文男(第266期・大導師・大拳士六段)
『半ばは自己の幸せを 半ばは他人の幸せを』
これが少林寺拳法の理念を表した開祖のことばです。

技術を身につけることで、
イヤなものはイヤと言える自信と勇気を手に入れ、
人と人が協力し合うことの楽しさと大切さを学ぶことが、
少林寺拳法の本質です。

埼玉羽生道院では、
『自分も上手になるが相手にも上手になってもらう。
それで知り合った人達と支え合い、一つでも二つでも有意義なことに挑戦していく。(開祖)』
ことを、大切にしています。

【役職・資格】
SHORINJI KEMPO UNITY 2級考試員・2級審判員
埼玉県少林寺拳法連盟 大会運営委員
少林寺拳法とは  
道院長・拳士紹介  
道院だより  
 
体験・見学  
ア ク セ ス  
練習日程  
リ ン ク  
少林寺拳法 公式サイト  
         
   
 拳士・関係者ページ  
 ・武専等日程  
 ・一般部法話予定  
 ・少年部法話予定  
 ・アルバム