本文へジャンプ

 和竿は地球に優しい釣竿です

釣行記・イベント情報

 
横浜竿の汐よしは創業40年になりました 此処までこれたのも皆様方の
おかげです これからもより進化させ 釣れる竿を作って行きます
   あなたも横浜竿を作って釣りを楽しんでみませんか
         横浜マイスターが教えますよ
5月13日(土)は都合により臨時休業させていただきます
第1回和竿で釣るシロギスの会が7月16日(日)小網代・丸十丸で開催
されます 定員70名です 申し込みは丸十丸へお願いします

      和竿で魚を釣る楽しさ 何ともいんでないかい!
 
 








2017年4月25日(火) 晴れ 南風
シロギス釣り 本牧漁港 長崎屋 薄濁り

ゴールデンウィーク前でやっと初釣りです この所良型が釣れているとの情報で ショートキス釣りをやっている長崎屋から出船しました 私は空いていた左やや前に支度をしていると 下手に恵夫船長が座りました 今日は昭船長の操船だそうで自分も釣りをするそうです 6名を載せて東に15分ほど走った中の瀬で釣り始めました 仕掛けは定番の胴付きです 赤クラゲが多いのでハリス40cm位の1本バリが良いとの事です 水深18mのアナウンスで釣り始めると すぐに私に20cm級のシロギスが釣れました 次の投入でも釣れ入れ掛りです 初めは私がリードしていたのですが 流石年季が違いますね あっと言う間に恵夫船長に差を付けられ最大15匹になりました 彼が10匹釣ったのに私は1匹の時もありました 昼過ぎに50匹釣ったので飯にしようと釣りをやめていました 私は36匹です 午後も飽きない程度に釣れ2時納竿で51匹になりました トップは左艫の人で71釣った様です 恵夫船長は60匹でした 脱帽!  本当に良型のキスが沢山釣れ 30cm級のムシガレイが2枚釣れたのもうれしかったですね 釣りに来てよかった!
使用竿: グラス穂先シロギス竿 丸節ワンピース 根堀淡竹手元 1.75m リール セルテート2508 道糸PE0.6号 先糸1.75号 2m 胴付き仕掛け ハリ競技キス9号 ハリス1号40cm 錘15号   

2017年4月18日(火)
井手大介さん・赤ワインさん シロギス竿作りに再挑戦

7月16日(日)に小網代・丸十丸で開催される 第1回和竿で釣るシロギスの会で 使用する和竿を作ろうと FMヨコハマ・ザバーンの 
DJ井手大介さんと赤ワインさんが 22日からシロギス竿製作を始めます 3年前はカワハギ竿を作り 和竿の釣りを楽しんでいます
当日赤ワインさんは仕事の為休み 井手さん一人で始めました 直ぐにコツを思い出し
 グラス穂先継ぎが無事終わりました お疲れ様でした

2017年3月16日(木)
横浜マイスター塾 カワハギ竿作り市民講座

今年は1名の申し込みで 3月2日から始まりました 製作した竿を葉山沖で使ってみたいとの事です 9日にグラス穂先を綱ぎ 13日に削り仕事 今日絹糸巻きが終わりました 和竿作りは初めてという事ですが中々上手です 宿題で合成漆塗りを3回塗ってきてもらいます 24日からは綱ぎ仕事に入りました31日4月14日とやり終了です スゲ口塗りも完成したので 中矯めで真直ぐにして次は竹の塗装に入ります

2017年3月12日(日)
横浜マイスター会設立20周年記念式典 横浜市技能文化会館

横浜マイスター会設立20周年記念式典に出席し 設立当時から今に至るお話を聞きました レセプションでは設立の時からご尽力された 伊波洋之助先生の隣の席でした 井波先生は横浜カワ研に所属されていて カワハギ釣りの腕は1流です 私が若い頃 久比里の山下丸でご一緒させてもらったことがありました 伊波先生のお話では 横浜マイスターは粗製乱造はしない様にいつも言ってきたとの事です これからも良い横浜竿を制作して後進に伝えていきます

2017年2月12日(日)
横浜マイスター塾 カワハギ竿編 横浜市技能文化会館

昨年はシロギス竿今年はカワハギ竿作り市民講座でした 2時間と短い時間ではありましたが 皆様に和竿作りのノウハウを伝える事が出来たのではないかと思います 終了後和竿作り教室の申し込みもありました 
オンリーワンの和竿作り お手伝い致します 
準備をして下さった技能文化会館の皆様有難うございました

2017年2月4日(土)
九州竹探しの旅 

1月31日から2月3日まで九州へ布袋竹を探しに行ってきました 羽田空港で宮崎行きを待っていると 望遠カメラを首から下げた数名の人達がいます 連写で試し撮りをしています 撮影会か何か有るのかなと思っていました 久比里の上空から小網代の上を飛んで宮崎空港へ着くと 大勢の人が来ていて出口で直ぐ外に出られないのです すると突然あちこちでカメラのシャッターの音が聞こえてきました ソフトバンクや西武ライオンズの選手達が歩いてきたのです 今日から宮崎キャンプが始まった日でした 私は誰が誰だか分からないので迷っていて写真も撮れず あっという間に通り過ぎていきました 球春到来 その後レンタカーを借りて竹を切ってくれる原田さんと会い 山をあちこち案内してもらいました 原田さんは10年前までは石鯛用の竹を切っていた方で御年76歳です 今回は私のほしい竹の長さや太さを伝えてこれたので 来年からは九州へ行かなくて済みそうです 無理をしないで少しでも長く竹を探してくれる事を願っています 時間が有るので八女市の木下さんの所へ行きました 此方でも竹を切ってくれる人が少なくなり困っているとの事です 竹藪は沢山有るのですがね 夜はプラザホテル7Fの浜幸での料理が美味しくて安く最高でした 今村さんご馳走様でした 3日は福岡空港へ向かい3号線を走っていると 真っ白い観音様が見えてきました 大本山成田山久留米分院の日本最大級の慈母観音像です 高さは62mだそうです 拝観料を収め観音様の中に入らせて頂きました 螺旋階段が上まで続いています一歩一歩踏みしめる様に歩きました 11時前でしたが私の他には誰も来ていません 合掌! その後太宰府天満宮へも寄る事ができ 今回は中身の濃い竹探しの旅でした  

2017年1月20日(金)~22日(日)
ジャパンフィッシングショー2017

20日からジャパンフィッシングショー2017が開催されました 雪が降るとの情報もありましたが帰りも傘無しで済みました
2日目の21日は昨年一緒にカワハギ釣りを楽しんだ方々が来て下さいまして注文も頂きました 他にも大勢の人に声をかけてもらいました 感謝! 
最終日はより多くの来場者に来ていただきました そしてまた和竿の良さを 使った方からの生の声を聞くことが出来ました シロギス竿の良さに惚れて次にカワハギ竿を使ってみたら 28cmクラスの大型カワハギを2枚釣ったそうです ハリ3号・ハリス2号で取れたとの事です 他のお客様からも 和竿で釣ると思ったよりバレが少なくなったと言うお話をよく聞いています 今後もより良い作品を制作するために あちこち良い竹を探しに行きます   

2016年12月29日(木) 曇りのち晴れ 午後南風強い
村越正海さん主催 忘年カワハギ釣り会 小網代・丸十丸 澄み

今年も忘年カワハギ釣り会に参加しました  席は裕二船長の右艫から3番目です 左は久保さんです その左隣にスポニチ重鎮の成田さん・森戸さんがミヨシにはANA会長の伊東さんが座っています 左はミヨシ2番に作家の夢枕さん3番に北方さんその次に綾香ちゃんです アスリート達の乗った別船には左ミヨシに昨年2位レーサーの高木さんと奥様が そしてファイナリスト達が座っています橋本さん・宮本さん・昨年3位の新井さんと続き昨年優勝の徳永さん・艫2番に村越さんが座っています 右には横浜カワ研会長の長谷川さんご夫妻・月刊つり人社長の山根さん・由良さん他多数のベテランが乗船しています 8時過ぎ海洋高校のブラスバンドの演奏に送られて出港し 先ずは諸磯沖50mダチから釣り始めました この所トッップで40~50枚は釣れているので期待が膨らみます 1流しはアタリ無し次のポイントで直ぐ見久保さんが釣りました すると私にもカワハギが釣れたのです 9時前で2枚9時半で5枚になり珍しく良いペースです その後もポツリポツリと釣れ出しましたが思った程の食いではありません ただ久保さんとは抜きつ抜かれつの状態が続きました 潮は艫へ流れ風も弱く絶好の釣り日和です そして10時過ぎの事ですソフトな誘いから軽くタタキ20cm位下げ聞き上げるとアタリが来ました ハリ掛りした引きから1荷か?と思って巻いてくるとその通りです 写真を撮ってもらい直ぐ2連荘した後にもまた1荷でツ抜け達成です どーなってるの?久保さんに2枚差を付けました 私としては出来すぎです しかし久保さんも着実に釣っているので差が開きません 11時過ぎると南西風が吹き出し船の向きが変わってお祭りが多くなりました そして今度はミヨシが釣れる様になりました伊東さんは1荷です 更に昼過ぎると潮と風がぶつかり波も高くなってきてアタリも少なく 私たちの所まで中々カワハギが回ってきません そんな時に釣れたカワハギにもう1本針が刺さっていたのです 1回痛い目にあってもアサリの魔味を忘れられないのですね 1時前で19枚です久保さんは21枚だったと思います その後もう1枚あと1枚と頑張り2時納竿で21枚釣る事が出来ました 上がってから宮本さんの話では20枚との事で アスリート達も苦戦していたのですね お疲れ様でした 
集計の結果 優勝は24枚釣った久保さんで 2位は22枚の綾香ちゃん そして私が3位になってしまいました 20枚は宮本さん・新井さん・成田さんと3名いたのです 大型賞は29.5cmを釣った村越さんに決まりました

丸十丸の皆さん・小菅裕二船長・村越さんスタッフの皆様ありがとうございました 来年も参加しますので宜しくお願い致します

釣行回数の少なかった今年ですが終わり良ければ総て良し 釣りに来られて良かった


使用竿:セミ鯨穂先カワハギ竿 布袋竹インロー継ぎ 根堀淡竹手元 剣崎バージョン 中深場用 2.12m 
リール RYOGA BAY JIGGING C1012PE-H 道糸PE1号 先糸フロロ4号1.5m オモリ30号 中オモリ1~2号 ハリPスピード7.5号 フック4~5号 ハリス2~3号 6~8cm  

2016年11月30日(水) 晴れ 北東風やや強い
鴨居1つテンヤ・マダイ釣り 鴨居大室港 房丸 やや澄み 

正月用の鯛を釣りに房丸へ行ってきました 昨日はお客様の鈴木さんが5kgの大鯛を釣りました 生きエビが入ったので良い人は9枚も釣ったそうです 卒寿の末永さんは左ミヨシに 隣に小川さんが私は右ミヨシ2番に入りました 右6人左4人で9時前に走水沖中央航路50mダチから釣り始めました 今日は鴨居バージョン1つテンヤの竿を用意しましたリールはセルテートです 丸玉15号の仕掛けを結び生きエビを付け投入し数回シャクルとアタリが来ました アワセながらリールを巻くと掛りました グングンと力強い引きです 小気味よい引きを味わいつつ4~5m巻くとバレてしまいました ナンテコッタ! 上げて仕掛けを見ると何と孫バリが伸びているではありませんか 以前にも伸びた事のある針を使っていたのです 裏では小川さんが1kgくらいのマダイを釣りました 同時に食ったようですね その後あちこちで鯛が釣れ始めました また潮周りの時右隣の人にヒットしました 上げる途中でかかったそうで中々の引きです 無事船長のタマに入ったのは2.5kgのマダイでした まだ9時過ぎのことです そしてやっと私にも来ました塩焼サイズですが先ずは一安心です 此処で仕掛けチェンジ ビンビンテンヤ13号に変えてみました するとすぐに来ました1kgくらいの綺麗な太ったマダイです しかしアタリも多いのですがばらしも多く 午前の下げ潮で2枚でした 11時を過ぎるとアタリも遠くなりました 房丸名物の味噌汁頂いて午後に集中します まだ上げ潮が流れていないので冷凍エビを使っていたら食いました アワセも決まりマダイの引きですバレない様に祈りつつリールを巻くと見えてきました タマに入ったのは先程より更に太ったマダイでした 1時過ぎから上げ潮が流れ出すとまた釣れ出し3時ころまで続きました その後はアタリも少なくなり4時納竿となりました 竿頭は5枚釣った末永さんでした 流石ですね
船中1~5枚でした
使用竿:グラス穂先 鴨居バージョン1つテンヤ・マダイ竿 スピニングリール仕様 1.8m リール セルテート2508 道糸PE0.8号 先糸3号5m 丸玉仕掛け15号 ビンビンテンヤ13号 生きエビと冷凍エビ  

2016年11月27日(日)
第19回横浜マイスターまつり

第19回横浜マイスターまつりに出展しました 
今年で2回目なので準備に慌てなくなりました 
渡辺・横浜副市長の祝辞で始まり 久保さん他常連のお客様も足を運んでくれました 午後には(財)日本釣振興会
神奈川県支部長の山口さんも来てくれ 13日に行われた
親子カワハギ釣り教室で 子供達が私の作った竿で
カワハギを釣って楽しんだ写真をプレゼントしてくれました
釣った時の笑顔がすごく良かったです

2016年11月22日(火) 曇り後晴れ 北東弱風
カワハギ釣り 久比里 山下丸 やや澄

今日は桃井さんと山下丸からカワハギ釣りに行って来ました 朝大きな地震があったようですが 私は車で走っていたので全然気が付きません 船宿に着いたら皆が話をしていてびっくりしました アサリを剝いているとパン屋さんが来ました相変わらず元気ですね パン屋さんは克典船長の船に乗り 私達は司郎船長操船の右艫2番に桃井さん隣に私が座りました ミヨシに4名が入っています 支度が終わりバナナを食べていたら直ぐ合図が出ました 東電の防波堤のやや沖です 急いでアサリを付けて投入しました20mくらいで着底です 軽くタタキ弛ませて聞き上げるとガサガサとした引きが来ました 時々カワハギのような引きも感じられます 抜き上げるとなんと1投目から一荷です こんな事は初めての経験です これで一気ににロケットスタートと思いきや 2枚目が釣れたのは1時間以上たってからでした どうなっているの? それに引き換え桃井さんは着実に釣っています その後下浦沖へ移動です ここもポツリポツリの拾い釣りですが 27cmのカワハギ釣れました 11時頃には剣崎沖に行きました 桃井さんはすでにツ抜けしましたが私は半分の5枚でした 此処も入れ掛りはなく我慢が続きます 気分転換に3mまでの間を探っていたら 思いがけない引きが来ましたカワハギではありません 見えたのは大きなウマヅラでした これも一気にゴボウ抜きです 午後もミヨシ突込みになっているので 私達の所までは中々カワハギが回って来ません 私が7枚の時桃井さんは1荷も2回やって14枚と相変わらずのダブルスコアーです しかしこの後は少し私が釣れ15枚 桃井さんは19枚で納竿となりました 剣崎沖でも27cm25cmが釣れ3枚の目方勝負なら優勝したかもしれませんね 20枚以上が数名いたそうですがやはり前に座った人達でした 別船のパン屋さんは15枚だったそうです
今日は誘い釣りでは釣れず 止めてアタリを出させるようにしたほうが良かったと思います 
そして今日使った竿はやわらかめのグラス穂先の竿ですが 丸節の腰がしっかりしているので 良型のカワハギ・ウマヅラももばらさずゴボウ抜きできました 和竿の良さは こんな所にも有りますね
雨もすぐ止み風も弱く釣り日和の1日でした
肝パンカワハギシーズン真っ盛りですね

使用竿:グラス穂先カワハギ竿 丸節インロー継ぎ 根切り淡竹手元 竹岡バージョン 浅場用 2.1m 
リール RYOGA BAY JIGGING C1012PE-H 道糸PE1号 先糸フロロ4号1.5m オモリ30号 中オモリ1~3号 ハリPスピード7.5号 フック4~5号 ハリス2~3号 6~8cm
 

2016年11月1日(火) 雨午後晴れ 北東弱風
カワハギ釣り 小網代港 丸十丸 澄

和竿でカワハギを釣る会の反省会を兼ねて 久保さんと津久井さんを誘い雨の降るなか 丸十丸からカワハギ釣りに行って来ました 風も弱く寒さは思った程ではありません 右ミヨシから津久井さん・私・お客様 左ミヨシからお客様・久保さん・お客様2名と座りました 港を出て直ぐ右の15mダチから釣り始めです 根の有るポイントで結構起伏があります 直ぐに津久井さんがカワハギを釣りました いつもの誘い釣りからスタートした私ですが 相変わらず手が合わず苦戦しています 油断すると直ぐツルテンにされます 1枚目は何と9時半でした トイレに行って久保さんのコンテナを見ると2つに分けて5~6枚ずつ入っていて タタキ・たるませで朝から良く釣れたとのことです ドーユーコト? 私達は未だ1枚づつです その後津久井さんと私は気合が入ったのは間違いがありません しかし中々答えが見つからないのです これだと思っても2連荘止まりです 午後になると晴れてきましたすると潮が綺麗に澄んでいるのです その後沖の30mダチへ移動すると1荷も有りましたが 同じ釣り方では直ぐ釣れなくなるのです 難しい1日でした ただ朝から晴れていればもっとよい釣りができたと思います 3時過ぎまでやってダントツのトップは36枚を釣った久保さんでした 流石ですね 私達は15枚手前で終わりました
もう1度反省会をしなくてはいけなくなりました


使用竿:セミ鯨穂先カワハギ竿 布袋竹インロー継ぎ 根堀淡竹手元 剣崎バージョン 中深場用 2.12m 
リール RYOGA BAY JIGGING C1012PE-H 道糸PE1号 先糸フロロ4号1.5m オモリ25号 中オモリ1~1.5号 ハリPスピード7.5号 wフック3.5号 フック4~5号 ハリス2~3号 6~8cm    

2016年10月22日(土)・23日(日) 
東京湾大感謝祭2016

22日から横浜赤レンガ倉庫で東京湾大感謝祭が開催されました 昨年の入場者は80000人を超えていたそうです 会場に行ってみると昨年よりブースのテントが相当多い感じがしました 私は(株)つり人社ブースに出店させていただきました 10時からイベントが始まるとみるみるうちにお客様が増えてきました そして今日はタレントフィッシングカップが行われ シーバス部門ではつるの剛士さんが66.5cmを釣って優勝されました 2位は65cmを釣った武蔵さんでした アジ釣り部門ではイタリア料理家の小崎陽一さんが優勝 2位は哀川翔さんでした 
23日は(財)日本釣振興会 神奈川県支部主催の親子ハゼ釣り教室が行われ 今年も私の製作した竿を2本提供することが出来ました この所あまり良くないとの情報もありましたが なんの何の初心者のお父さんも十分楽しんでいましたよ 
2日間天気にも恵まれて昨年にも増して大盛況でした
鈴木康友さん・山口充さん・お手伝いして下さったスタッフの皆様お疲れ様でした 来年もよろしくお願い致します

 

2016年10月18日(火) 晴れ 北東弱風 
クロダイ釣り 鳥浜パイプ提 めぐみ やや澄

今年はヘチ釣りには行かれないで終わるのかと思っていましたが 天気も良さそうなのと餌まで準備してくれたので 一人でクロダイ釣りに鳥浜へ行ってきました パーキングに着くと火曜日のメンバーが来ていて 直ぐ挨拶をしてくれました嬉しいですね
竹内さんからも久しぶりの言葉が 今日は5名で出船です ゆっくり支度しをしたのですが1番乗りでLPに行きました するとボート組が先端のほうで2人釣っています なので手前から内側を落とし込んでいきます 餌は3cm位のツブです 内側から外へ緩く潮が流れています 浅いタナ狙いで探っていくと 西藤さんが私の10m位先に入りました するとすぐに掛けましたクロダイの引きです 無事玉入れ成功! 45cm位のクロダイで7時44分です 写真も撮れました 次は私と気合が入ります しかしその後が続きません さわりもないまま昼過ぎです 朝の情報でもこの所あまり良くないとの事でしたが本当です 竹内さんはソコリからだよと話していました 潮は上げ潮になりやや速く外から入ってきます 錘を5Bに変えても内に入ります そしてその時が来たのです まず常連さんが1枚釣りました 私は真ん中先の外側を釣っていました 内側に入って着底したのを聞くと グイ!っと重みを感じました アワセながらリールを巻きます グイグイと中々の引きが来ました1年ぶりの手ごたえです しかしクロダイは流れに乗って裏で暴れています無理はできません 切れない様にと祈りつつやり取りすると沖に出てくれました こうなればこっちの物です 無事玉入れ成功! 37cmのクロダイで上唇にハリが刺さっていました1時10分です しかし地合いはこれで終わりでした もう1枚と手を抜かず落とし込んで行くとプルプルときました 巻くと何とカワハギのチビちゃんです 海津の11号が上唇に刺さっていました未だこんな所に居るんですね その後西藤さんが2匹目を釣ったのが3時前でした 終了時間も近づいてきたので戻りながら内側を釣っていたら 聞きあげた時根掛りした感じで直ぐ外れたのです 上げて餌を点検するとツブが割れ錘に歯形が これで今日は終わりました
竹内さんはエギでアオリイカを狙い みんなにお土産としてくれました 大きくはありませんが夜刺身で食べたらとても美味しかったです   
今日は暑くなく寒くなく良い釣り日和で楽しい1日が過ごせました


使用竿: グラス穂先クロダイヘチ竿 丸節インロー継ぎ 
肘あて付き 鳥浜バージョン 2.55m 
道糸3号 ハリス1.75~2号 ハリ 貝専チヌ4~5号 
海津11~12号 餌ツブ1枚 
 

2016年10月10日(月) 曇り 北東風やや強い
第8回和竿で釣るカワハギの会 小網代港 丸十丸

台風で延期になった 和竿で釣るカワハギの会が104名の参加者で開催されました 皆さん愛用の和竿を持参し楽しそうに支度をしています 井手大介さんのFM横浜・ザバーンから選ばれた富永健介さんには 私の竿を使っていただきます 写真撮影の後出港です 久保さんと私は陸で賞品の準備の係です 今年は4本の和竿が提供されました しばらくすると裕二船長から久保さんにTELが入りました 朝はあんまり思わしくないとの事です 昨日の時化が影響したのでしょうか 何とか良い釣りになってくれと願いつつ 表彰式の準備も終わりました さて2時過ぎ船が返ってきました 私は計量の係でもあります 次々にカワハギの入ったコンテナが届きます 間違えなく早く終わる様 皆さん頑張りました そして無事集計が終わりホッとしていると なんと過去最高の3枚で1kgを超えた人が3名出たのです そして27.5cmの大型も釣れました 
表彰式は井手さんの司会で盛り上がり大会は無事終了しました
その井手さんは私の横浜竿製作教室で作った竿で D船の1位総合で5位になりました やったね!井手さん

優勝 春日井純一さん 1074g 2位 谷口拓一さん 1052g 3位 新井勝仁さん 1024g 4位 東保之さん900g 
5位 井手大介さん 774g 
大型賞 27.5cm 谷口拓一さん 皆様おめでとうございます

裕二船長始め丸十丸ファミリーそして朝早くから最後までお手伝いしてくださった有志の皆様 お疲れ様でした
来年も開催できるよう 私も微力ながら手伝います
 
5時前に港を出ると帰りは大渋滞 林の交差点手前で右に行こうか左に行こうか迷い いつもの左を選んでしまうと三崎口駅まで20分です 普段の釣りでは考えられません 横浜六ッ川まで2時間以上かかりました でももっと遠くから来られた方々が大勢います その人達には本当に頭が下がりますね
おまけに夜釣行記を更新しようとしたら 再起動しますか?
の案内で再起動すると何と延々1時間半も待たされたのです   ナンテコッタ?   

横浜竿の汐よし

横浜マイスター
進化する実戦竿

経済産業省指定伝統的工芸品
東京都知事指定伝統工芸品

●トップページへ