不 受 不 施 白 川 門 流 日 題 派

不受不施白川門流日題派

不受不施白川門流日題派概要

○「不受不施派史料目録 2(岡山県緊急古文書調査報告書)」岡山県教育委員会、昭和51年 より
◆解説
日題派:最も古い分派で、寛文法難で京都白川心性寺出寺した僧日題を派祖とする。
身池対論(寛永7年(1630))の際、小湊誕生寺を出寺した可観院日延が京都小川受不施本法寺末寺である博多法性寺に寄住し、住持の謗法供養を受けるという事件が生ずる。
この事件に対して、日題らは、たとえ個人的には不受不施を支持しても授不施の組織下にある僧は謗法であり、その謗法の僧から布教供養を受けるのは謗法であると主張する。一方主流は惣滅の折、過去に遡って罪を追求すべきでないと主張する。
そのため、日題らは主流から袂を分かつ。
日題派は日奧の俗甥日慈を迎え、日奧の聖教多く結集し、先斗町・木屋町周辺に庵室を置いていたという。
享保頃までは上方国筋に多くの信徒を持っていたが、享保の法難以後、木屋町派の分裂があり、衰退し、天保の法難で壊滅する。
 ※日題:白川心性寺歴、蓮華院・信順と号する。寛文5、6年頃27歳であったという。

○「妙本寺意外之誌」宮原日鷲、本山妙本寺、平成12年 より →伯耆河岡妙本寺
◆当山教義不受不施の作法
◎不受不施日題派
昭和58年1月14日毎日新聞が特報「ひそかに三百年、幻の信徒、日蓮宗の一派 日題派」を報じる。
 <岡山県史編纂室中務克己主幹の調査による。>
日題派は寛文11年(1671)教義を巡って不受不施派本流と対立、日題上人(寛永10年/1633〜正徳4年/1714)が率いて分裂する。
分裂後は表にでることなく、備前・備中・備後を中心に信仰活動を続け、最後の上人・日養が天保9年(1838)に捕らえられて牢死してからは、各グループの長老が導師役を務め、「しきたり」を守り続けてきた。
今回存在が分かったのは大窪地区(岡山市北区、備前に属するも備中との境界付近である、備前西辛川の北に位置する。)の9世帯約40人。
9世帯に11枚の曼荼羅が残されていて、文禄3年(1594)から天保7年(1836)のものである。この曼荼羅を本尊にして月1回の「月並み」、年3回の「お日待ち」と呼ぶ法要を各家庭持ち回りで行い、みんなで法華経と題目を唱える。
また不受不施の教義を守るため、信徒の葬儀に他の僧侶は招かず、墓石にも戒名を刻まず、本名だけを刻む。
大窪地区の人が他地区に転出した場合、女性は嫁ぎ先の宗教に従い、男性は死ねば遺体を大窪に持ち帰り実家で日題派の儀式にのっとり葬儀を行うしきたりが今も続いている。

備中加茂(現岡山市北区)不受不施白川門流日題派供養塔

○2007/06/23付「山陽新聞」記事
 江戸時代前期に不受不施派の主流から分派した日題派は天保9年(1838)の大弾圧で寺も僧も絶え、信徒のみで信仰を守ってきた。
明治になり信仰の自由が保証されても、信徒らは信仰を積極的には口外せず、近年まで存在自体が知られていなかった。現在でも僧がいないため、葬儀や法要は信徒の代表の「導師」が執り行い、戒名もない。
 信徒の殆どは岡山県県内在住で、判明しているのは約100世帯という。その内の約25世帯が集まる加茂(談所?政所?)には江戸期の曼荼羅・僧の日記・僧と信徒との書簡などが残る。これらは昨秋県立資料館に寄託される。
これを機に、先祖を供養し歴史を後世に伝えるため、加茂に供養塔を建立する。供養塔は平成19年(2007)年除幕が行われる。
◎日題派供養塔:
 正面は題目と日蓮大菩薩、日朗菩薩、日像菩薩と刻む。南側面には「不受不施白川門流日題派由緒」と題し、由緒を刻む。北側面と背面は不明。供養塔側面には墓誌が建てられる。
 ※備中加茂村は大部が旗本備中高松花房領であった。
 ※備中加茂には蓮休寺がある。しかも蓮休寺は物集女石塔寺末 である。
 ※備中加茂の西は津寺である。津寺には宗蓮寺があり、この寺院も物集女石塔寺末 である。津寺の更に西南は日指である。
 ※備中加茂の南は惣爪である。惣爪には惣爪信教庵(正八幡宮東に隣接する)があるが、実態は不明。
  →西国諸国の諸寺/備中の諸寺を参照


2017/08/07作成:2017/08/07更新:ホームページ日本の塔婆日蓮の正系