本文へスキップ

新しい視点で遠赤外線を応用する 9Qマイクロシール

遠赤外線を水、生体に応用し身体の健康回復を考える9Qマイクロ研究会

9Qマイクロ研究会のホームページへようこそ。
当ホームページは遠赤外線を発生する9Qマイクロシールに関する情報を発信提供します。

9Qマイクロニュースtopics

1-2016年1月24日 9Qマイクロシールによる牡蠣の放射能低減効果試験を実施し、減少率44%を確認しました。

2-2017年7月4日 当研究会はスマートフォンの普及によって慢性疲労症候群の拡大に対する9Qマイクロシールの
 ブルーライト脳波試験を検証しました。

3-2017年7月 同じく9Qマイクロシール貼付による水のクラスター変化測定の検証も実施しました。

4-2017年7月 同じく9Qマイクロシール貼付水飲用による生体の酸化還元電位に及ぼす影響も検証しました。

5-2018年9月 9Qマイクロシールを採用したネックレスが韓国で発売されました。(下段に写真掲載)

 Amazon商品名 9Qマイクロシール ブルーライト 放射線(電磁波)対策4枚入り


Facebook(9Qマイクロシール)で使用方法を紹介しています。



使用方法 ?映像解説ココをクリック

 デザイン形状



  Overview of 9Qmicroseal
                                         英文解説
    裏           表   
寸法 外径18mmX厚み0.4mm 材質 PP=ポリプロピレン樹脂

生命体は水の影響を大きく受ける


9Qマイクロシールの原点は、水を遠赤外線の影響を及ぼすことによりクラスターの最適化に導き、理想的な状態に戻すことにより、それを人体に応用して生命体を正常化、改善させることを主とした普及活動しています。

外部から遠赤外線を浴びると細胞が活性化する。

 生物等の熱を持つものからは赤外線が放射されています。もちろん人間の体からも赤外線が放射されています。遠赤外線の波長は6〜25μmで、このうち8〜10μmの間の波長の照射は人体の原子が放射する電磁波と同調します。そのため特にこの波長帯の遠赤外線を浴びると、体の中で共振作用が起こり、細胞内の原子エネルギーが活性化されます。そうすると血液の循環がよくなり代謝が促進されます。細胞内の原子エネルギーが頂点に達すると熱エネルギーに変換されて体内温度が上昇するのです。(健康家族は遠赤外線上手 遠赤外線研究会編 監修 医学博士 前田華郎)
 9Qマイクロシールから放射される遠赤外線の効用も上記の文面と同調、関連しています。

  特許庁
商標登録番号 5698611
商標登録番号 5433615

 9Qマイクロシールを採用した電磁ネックレス                 (韓国医療機器認証取得)

電磁波と9Q


新着情報news

2013年9月17日
厚生労働省一般医療機器認証 届出番号、34B2X00008FT0038
2015年8月28日
9Qマイクロシールの放射能低減効果試験で39,8%の好成績を更新しました。
2017年7月4日
9Qマイクロシールによるスマートフォン脳波試験を実施いたしました。
2016年1月24日
9Qマイクロシールで牡蠣による放射能低減テストで44%低減を実証しました。
(放射能低減効果試験データの下に詳細)
          
                           このページの先頭へ

9Qマイクロ研究会

〒547-0034
大阪市平野区背戸口5-6-21-303

TEL 06-6797-3378