何故、私が土地の鑑定に重きを置くのか
 今までの私のホームページを読んで頂いている方ならお解りだと思いますが、その土地が持っている事情が作用して、その方(相談されて来られる方)に良い様に作用する事も有れば、その反対に作用する実例も沢山書かせて頂いて来ました。

 良い様に作用するという意味は、急に良い事が有って大金が入って来るという様な事ではなく、何も変わった事もなく、其処に住む方が幸せに平々凡々と暮らして行ける意味と受け取ってもらえたら良いと思います。

 そしてその反対の意味とは、その土地の事情を無視して土地をいじり、其処から不利益、不条理なものを被って、それがその方の生活に悪影響を与えるという意味に取ってもらえたら良いと思います。

 良し悪しの率としては、良い方向に作用する例の方が絶対的に多いのですが、中には悪い方に作用して、その方の生活に支障が出る例も沢山あります。

 土地の鑑定は長年の経験と感(ひらめき)、その土地の霊視、また実際にその土地の歴史、地名の由来を調べたりして判断して行きます

 土地というのは今の形に形成されるまでには長い歴史があります。

 今でこそこの様に解った様な事を言っていますが、私が家を建て様と思って土地を探していた30数年前(まだ正式に地神様を祀る前)、勿論、その相当前から占い全般の知識は持っていましたが美容室の経営、借金の返済、従業員の事などで頭が一杯で余裕がなく、候補地の土地の事は人任せにして、最終的には、後にこの領域の私の先生になる方に聞いて候補地を決めました。

 その時の、先生との会話は今でも覚えています。

 「先生、加古川市加古川町木村541‐29番地に大和ハウスが売り出している土地が在るのですが、今住んでるアパートから見たら〇〇の方向になります。どうですか?」と聞いたら、「あ・・・その土地はええ土地やからこうとき(買っておきなさい)」と言われたので、何の疑いもなく買って家を建てたのですが、家を建てて、其処に住み始めて、地神様を祀り始めてからよくよく考えてみると、例えば、方位だけに関しても移動する時期、方角の角度の問題もあります。果たしてそれを理解してそう言われたのか、考えてみると、この先生は先祖に関わるものの霊視(人が住んでいる土地、住んでいた土地、墓地)には秀でるものが有りますが、私の家が建つ土地の様に、元は田んぼで、その後長い間会社の倉庫が建っていた様な土地の霊視に関してはどうだったのか。また、この先生の弟子の様な方の家の立地条件を見た時、果たして、こんな土地(形(三角形)、土地の高さ(土地の端と端の高さの違い)に家を建てる事を許したのか。この弟子の様な方の家の方が先生と知り合う前に既に建っていたのかどうかは知りませんが、その土地にはその先生が降ろして来た地神様の御社が祀ってありました。そして商売をされていましたが、直ぐに廃業して、その後、その方は癌で亡くなり、家も売りに出され(夜逃げ)、今は土木の資材置き場になっています。そして地神様の御社だけが長年放置されていましたがいつの間にか無くなっていました。

 私の家の土地にしても、土地自体は建設会社の倉庫だったので周囲の家よりも一段高く地上げがしてあります。

 空いてる土地に木を植えようと思ったのですがスコップでは歯が立たず、つるはしでやっと20センチ程の深さまで掘ると後はつるはしでも歯が立たない様な状態の土地でした。

 元は建設会社の倉庫だったので田んぼを埋め立てる時にはありとあらゆるものを運んで来て地上げをしたと観ます。

 大きな石がゴロゴロと沢山出て来ました。

 見方によれば土地自体は固く固まった土地で良いのですが、下に何が埋まっているのかが分かりません。

 あえて観ないのですが、私の家も含め、横並びの4軒の土地には、墓石の様なものも埋まっていると観ます。

 地神様を祀り始めてまだ日にちが経ってない時、仕事から帰って地神様に蝋燭を立てて斜め後ろを見ると人玉が見えました。

 その当時はそれが何を意味するのかが分かりませんでしたが、少しして夜中に妻が階段から落ちて背骨を折りました。

 そして、今現代、地神様を御祀りしている御社の斜め前の場所は、家を建てて2〜3年間ほどは、台風や大雨が降るとその場所だけに直径1メートル位の水溜りができ、それが短時間で渦を巻いて下に吸い込まれて行っていました。

 その後には、土に渦巻の形がはっきりと出ていました。

 よくよく考えてみると、この場所は昔、野井戸が在った場所と観ます。

 その直径1メートルの場所だけがごそっと下にへこむので、沢山の真砂土を上に敷いたのを覚えています。

 今の場所に住み始めてからの詳細は書きませんが、妻の方には沢山の作用が行った事は確かです。

 地神様を御祀りしていますのでまだこの程度で済んでいると思います。

 
今の私なら、相談されて来られる方がこの様な土地の是非を聞かれた場合、絶対にその様な土地には手を出さない様に伝えると思います

 この様な土地を良い土地と判断する者には罪があります。

 土地という買い物は一生に一度の方が殆どだと思いますので、私の失敗を例に挙げて説明させて頂きました。

 尚、この様な土地の祓いは沢山経験して来ましたので出来るのですが、
この領域というものは自分の事は自分で行っても効果は有りません

 かと言って、細かい正確な霊視が出来て、信用のおける方を誰も知りませんので家を建ててから長い月日が経ってしまいました。

 もう10年近く前、家を建てた後2〜3年程は付き合いが有ったこの領域の先生の所へ世間話でもしょうと思い、その是非を地神様に聞いてみると、「もう行くな」と言うのでそのままになっています。

 土地というものは一軒家でもマンションでも然り、その上に人が家を建てて毎日の生活する場所ですので慎重に選んで欲しいと思います。

 そしてその土地の鑑定は詳細な霊視が出来る者しか出来ません。

 その土地の鑑定をこの領域の者に聞かれる時は決して遠慮せず、くどい程聞かれる事をお勧めします

 そして出来れば、観る者が説明してくれるもの(場面)を絵や図に描いてもらって説明を受けてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 
鳴釜神事の実際と考察